« 2018年7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2018年7月18日

他院ボツリヌストキシン治療後修正

皆様こんにちは。
 当院では今年4月から他院修正のメニューを強化いたしました。他院でのヒアルロン酸注入やボツリヌストキシン製剤、成長因子等の注射による治療後のトラブルのご相談に予想以上に多くの患者様がご来院されています。今回はボツリヌストキシン製剤治療後のトラブルや失敗の修正についてご説明します。
 ボトックスやニューロノックスなどのボツリヌストキシン製剤はアセチルコリンの再取り込みをブロックし、その作用を減弱することで筋肉の収縮や発汗を抑制します。そのため顔の表情ジワの治療や下腿の痩身、ワキや手掌・足底の多汗症の治療に広く用いられています。中和抗体(ボツリヌストキシン製剤に対する抵抗性)が産生されない限り確実に効果の出る良い治療ですが、適応や注射部位、注射方法、使用量によって予想とは異なる結果となり患者様を悩ませてしまいます。
 一番多いトラブルは額への治療後です。もともと加齢に伴う眼瞼下垂があり無意識に眉毛を上げることで、目の開きをよくしている患者様に通常通りの額のボツリヌストキシン製剤の注射を行うと、まぶたの重たさや頭痛、二重の幅の変化等が生じえます。正しい筋肉に作用しないと口周りの表情ジワの治療の後に唇に歪みが生じることもあります。またエラの治療後に頬のコケが顕著になり、かえって老けてみえてしまう場合もあります。
 当院ではそのような症状の患者様にアセチルコリン製剤を用いて修正を行っています。ボツリヌストキシン製剤によって減少されたアセチルコリンを局所に投与し補うことで、筋肉が動き出し上記のような症状を改善できるのです。ボツリヌストキシンの効果が消えるまで我慢するしかないと諦めていた方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談ください。
 またボツリヌストキシン製剤(ボトックス)の治療は顔が動かず不自然になるのでは?と抵抗をお持ちの方がかなりいらっしゃいますが、当院では注射方法や注射深度、使用量を慎重に判断し、笑顔を消さず魅力を高めるナチュラルは仕上がりをご好評いただいています。効果が不十分であれば再診料(¥1000)で追加投与も行っておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

2018年7月11日

アトピー性皮膚炎のかゆみ治療

皆様こんにちは。
かゆみの強い慢性の湿疹を繰り返す皮膚病、「アトピー性皮膚炎」。

アトピー性皮膚炎の方は、遺伝的に角質細胞間脂質の一種であるセラミドの量が
健常人の1/3程度しかありません。
そのため乾燥しやすく、 皮膚のバリア機能も弱く、そうでない方に比べて
ちょっとした汗やハウスダスト、花粉などのアレルゲンが付着すると
すぐに湿疹が生じます。

近年、ストレスとの関係性が深く、大人になってからかゆみや炎症などの症状がでる
「大人のアトピー性皮膚炎」が多くなっています。

また、最近の研究で、アトピー性皮膚炎の炎症を繰り返すうちに、
本来真皮の中にだけ存在するはずの「感覚神経のC線維」が表皮に伸びて、
衣服や髪の毛がほんのちょっと触れただけといった些細な刺激でも
痒くなってしまうという仕組みが明らかになりました。


<そんな痒みを少しでも感じにくい肌にするおすすめ治療>

ジェントルレーズプロ
フォトフェイシャルM22
ジェネシス

レーザーや光がC線維を分断するので、
数回の治療で痒みを感じにくい肌に変えていきます。
痒みが消えると、皮膚炎も徐々に改善していきます。

皮膚科専門医が丁寧に診察し、
湿疹がひどい状態の方はまずは外用療法で症状のコントロールをつけ
落ち着いてから照射をご案内してまいります。
お困りの方、ぜひご相談ください。

2018年5月29日

ホクロの人相学

皆様こんにちは。

 当院は、ホクロの切除を希望される多くの患者様にご来院いただいています。傷跡になりにくいピコレーザーやCO2レーザーで除去するのですが、まずは良性・悪性の見極めが肝心です。加えて気になるのは「運気的に取るべきか取らざるべきか」ではないでしょうか。ホクロを診る機会が多い医師として多少の知識を持っておこうと思い、ホクロの人相学を勉強した時期がありましたので、今回はそのお話をさせていただきます。
 人相学とは中国の長い歴史の中で培われた統計学に基づいた考え方です。まず基本的に鼻周りはあまりいい相ではありません。小鼻のホクロは散財する傾向があり、鼻中央は対人関係でトラブルが起きやすく、また病気にもかかりやすいホクロと言われています。審美的にも鼻周囲の隆起した大きなホクロは老けてみえるので手術をおすすめしています。ほうれい線の上にかかるホクロも運気を下げると言われます。涙袋のホクロは異性に振り回されやすく、目尻のホクロは時に魅力的ですが、男女間のトラブルをかかえる傾向があるそうです。赤唇の中にホクロがある人は浮気症の傾向があり、口角周囲はおしゃべりな人が多いとのことです。
 今回記載したものはかなり簡略化した表現なので一概には言えません。また活きぼくろ・死にぼくろと分類しそれにより意味が異なってくる考え方もあるようです。年々大きく成長しているホクロを大事に残している芸能人の方をたまに目にしますが、それも人相学に基づいてのことなのかなと思って拝見しています。
 ホクロは大きさ・部位により、メラニンに反応するレーザーでの治療、CO2レーザーや電気メス等での電気焼却から外科的切除(単純な切除縫合、くりぬき巾着縫合、局所皮弁等)まで治療方法は多岐に渡ります。ありふれた疾患ですが、ホクロの治療は奥深いものです。当院では2mm未満の小さなホクロには削らずにピコレーザー(ピコウェイ)の部分照射を行っています。2mm以上のホクロを含む良性腫瘍はCO2レーザーで手術します。7mmを超える大きいものは1/2ずつ、1/3ずつ除去し傷跡を最小限にするよう工夫しています。また、まぶたやまつ毛の間、ボディのホクロも安全に除去できます。
 人相学的または美容的にとりたいホクロをお持ちの方はぜひ一度ご相談ください。また極めてまれに顔つきの悪い皮膚腫瘍がホクロのフリをして潜んでいることがありますが、皮膚科専門医が責任をもって診断させていただきますので、安心してご相談ください。

2018年5月 9日

レーザー脱毛後の硬毛化・多毛化に対する治療

皆様こんにちは。

 硬毛化・多毛化とは、レーザー脱毛や光脱毛した部位の毛が逆に太くなったり(硬毛化)、増えてしまったり(多毛化)する現象です。これは医療脱毛(レーザー脱毛)、エステ脱毛(光脱毛、フラッシュ脱毛等)ともに報告されています。ムダ毛をなくそうとお金を払ってわざわざ脱毛の施術をしたのに最悪ですよね。。。
 レーザー脱毛や光脱毛は、メラニンに吸収性の高いレーザーや光を照射し、メラニンを多く含む毛根や毛根周囲の細胞でレーザーや光が吸収される際に発生する熱によって毛を作る器官を安全に壊し脱毛効果を得ます。硬毛化・多毛化の原因はレーザーや光が、脱毛に効果的な熱エネルギーに変換されず、逆に毛根や毛根周囲の細胞を活性化させるためと言われています。顔やうなじ、背中、二の腕、ひじ、太もも、ひざ等のもともと毛が細い部位に起こりやすく、ヒゲやVIO等の毛が濃い部位には起こりにくい傾向があります。これは毛が細いとメラニン量も少なくレーザーの熱エネルギーが集まりにくいためと考えられます。硬毛化・多毛化が発生する割合は7~8%程度と低く、ホルモンの関与はないと言われています。
 硬毛化・多毛化してしまった場合には、針脱毛(ニードル脱毛)がその打開策としてたびたび取り上げられています。針脱毛は毛穴に直接針を刺し熱を加えるため、メラニン量に関係なく脱毛が可能ですが、施術時の疼痛や施術時間が長いこと、費用が比較的高額であること等からあまり広く普及していないのが現状かもしれません。
 当院ではGentle LASE Pro(ジェントルレーズプロ)というロングパルスアレキサンドライトレーザーで脱毛を行っています。当院オリジナルの硬毛化・多毛化が起きにくい設定・照射方法で行っておりますのでご安心ください。またすでに硬毛化・多毛化してしまった部位にも効果的な照射方法で改善させることも可能です。他院でのレーザー脱毛や光脱毛後の硬毛化・多毛化でお悩みの方、硬毛化が心配で安全に脱毛を行いたい方、ぜひ一度ご相談ください。

2018年5月 8日

眼瞼下垂かも?

皆様こんにちは。

 昨今、TVや雑誌等で肩こりや頭痛、腰痛などが眼瞼下垂から引き起こされるという情報を耳にした方も多いのではないでしょうか。瞼(まぶた)を上げる上眼瞼挙筋という筋肉と瞼の支持組織である瞼板(けんばん)の接合が緩み、瞼が下がり始めると、代償性に瞼を上げるためにミュラー筋(上眼瞼挙筋と同様に瞼の開閉に関与する筋肉)または前頭筋(眉毛を上げる筋肉)を収縮させて目を開くようになります。その結果、眼精疲労・頭痛が生じ、さらには肩こりや腰痛まで引き起こします。
 眼瞼下垂というと、高齢の方のお悩みというイメージを持たれている方も多いかもしれません。たしかに加齢性(主には皮膚弛緩症による偽性眼瞼下垂+腱膜性眼瞼下垂)が多いのは事実ですが、緑内障・白内障術後、コンタクトレンズの長期使用・花粉症・アトピー性皮膚炎等による機械的刺激も眼瞼下垂の原因となりえます。
 医学的に眼瞼下垂とはMRD:margin reflex distance-1(黒目の中心点と上眼瞼下縁の距離)で評価されます。ちなみにMRD-2は下眼瞼の評価に用います。MRD-1が3.5-5.5mmは正常範囲内であり、3.5mm以下は眼瞼下垂と診断します。またその際には無意識に前頭筋を収縮させて瞼を上げてしまわないようリラックスした状態での眉毛の位置を固定した状態でMRD-1を測定する必要があります。
 自覚はなくても軽度の眼瞼下垂の方は意外といらっしゃいます。程度により手術が適応となりますが、極軽度の方や手術療法に踏み切れない方も多くいらっしゃるかと思います。当院ではウルセラによるアイリフト・ブローリフトと額へのヒアルロン酸注入を組み合わせ、目の開きやすさ・瞼の重たさの改善は期待できます。ぜひ一度ご相談ください。

2018年5月 1日

あなたはどのクマ?②

 皆様こんにちは。

 前回はクマの種類についてご説明しました。ご自身のクマのタイプはわかりましたでしょうか?今回はそれぞれの治療法をご紹介します。
 まず1つ目の茶グマは過剰に産生されたメラニンが原因なので、ハイドロキノンなどの美白剤の外用やケミカルピーリング、イオン導入、レーザー治療、光治療で改善できます。当院では最新のピコレーザー(ピコウェイ)やジェントルレーズプロ、フォトフェイシャルM22で治療可能です。医療機関専用の各種美白外用剤との併用が相乗効果もあり、おすすめです。
 2つ目の青グマは薄い皮膚から直下の眼輪筋や血管が透けないようコラーゲンの生成を促し、薄い皮膚に厚みを持たせてあげる必要があります。当院のメニューではPRP注入(採血したご自身の血液から成長因子を放出する成分を抽出し皮膚へ注入する方法)や水光注射、ダーマスタンプ、ウルセラ、ソノクイーン、スカーレットRF照射などがそれにあたります。ウルセラやソノクイーン、スカーレットRFは引き締め効果も高いので、黒グマ・たるみグマが混在している方にはなおさらおすすめです。
 3つ目の黒グマ・たるみグマはゆるんでしまった皮膚を引き締めたり、手術や脂肪溶解注射で突出してしまった眼窩内脂肪を減量することで改善できます。当院では脂肪溶解注射に加えウルセラやソノクイーン、スカーレットRFなどの皮膚の引き締めの照射機器を組み合わせてご提案いたします。
 4つ目の凹みグマには失われてしまったボリューム部分を補充してあげなければいけません。ヒアルロン酸注入が一番効果的な場合が多いですが、浅い凹みの場合にはPRP注入や水光注射などで皮膚に厚みやハリを出す治療もおすすめです。
 大人の目元のクマは、いくつかの原因が混在していることも多くあります。正確に診断のうえご自身にあった治療方法をご提案させていただきますので、ぜひ一度ご相談ください。

2018年4月24日

あなたはどのクマ?①

 皆様こんにちは。

 鏡の中の自分の顔にクマがあると気分が落ちてしまいますよね。若い頃からあるから。。と諦めている方も多いのではないでしょうか?クマにはいくつかの種類があり、そのタイプに合わせた治療をすることが重要です。長くなってしまうので、今回はクマのタイプについて、次回はその治療法をご説明します。
 まず1つ目は茶グマです。花粉症やアトピー性皮膚炎などの炎症や紫外線が加わると自分の肌を守ろうとメラニンを作ってしまい、その色素沈着がクマとして見えるタイプです。繊細な目元の皮膚はメイクオフなどの過度な摩擦刺激も茶グマを悪化させる原因となります。
 2つ目は青グマです。冷えや疲れで血流が滞り、皮膚直下の眼輪筋や血管が、薄い皮膚から透けて見え、クマっぽく見えるのがこのタイプです。若い頃からクマの自覚がある方はこのタイプかもしれません。皮膚が薄く色白な方に多い傾向があります。
 3つ目は黒グマ・たるみグマです。眼窩内脂肪の突出や皮膚のたるみが原因です。突出した部分の下に影ができ、それがクマとして見えるタイプです。年をとると誰にでも現れます。
 4つ目は凹みグマです。加齢に伴う骨や脂肪の萎縮から目の下のボリュームがなくなりその凹みがクマとして見えるタイプです。こちらも年齢を重ねるにつれ目立ってきます。
 ご自身はどのタイプでしょうか。大人の場合、2-3種類のクマが混在している場合がほとんどです。ご来院いただければあなたのクマのタイプを診断し、的確な治療方法をご提案させていただきます。では、次回はそれぞれの治療法についてお話ししますね。

2018年4月14日

キズとキズアト②

皆様こんにちは。
キズとキズアト①に続いて病的な瘢痕の種類と目立たなくするための治療方法についてお話します。
まず病的な瘢痕(はんこん)としては肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)とケロイドという病態があります。まだ解明されていない部分もありますが、どちらも隆起し赤みを帯び、痒みを伴うことがあります。元々のキズから広がらず自然に消失することもあるものを肥厚性瘢痕といい、元々のキズから周囲の正常だった組織へ拡大し自然に改善することがほとんどないものをケロイドといいます。これらの病的な瘢痕に対しては、保険診療内で圧迫療法やステロイドのテープ・注射、電子線療法を併用した外科的切除などいくつかの治療法があります。
 また肥厚性瘢痕やケロイドのように病的な瘢痕ではなくても、段差やひきつれ、広い幅、凹み等により瘢痕がかなり目立ってしまったり、指が動かしづらいなどの機能障害を伴うことがあります。そのような瘢痕に対しては、瘢痕を切り取り再度縫合する手術や周囲の皮膚をうまく移動させる手術(瘢痕形成術、局所皮弁、z-plasty、w-plasty等)等でなるべく目立たなくすることができます。
 当院のメニューの中ではフラクショナルCO2レーザーやスカーレットRF、ダーマローラは肌を入れかえることで瘢痕を目立ちにくく、周囲組織となじませることが可能です。これ以上できることがない言われ、諦めていたキズアトをお持ちの方はぜひ一度ご相談ください。

2018年3月20日

キズとキズアト①

 
 皆様こんにちは。
 今回は形成外科医として大学病院に勤務していた頃の経験から派生してキズとキズアトについて書かせていただきます。少し長くなってしまいそうなので2回に分けてお話しますね。
 大学病院勤務時代は、子供から大人まで外傷の縫合や熱傷の治療を多数経験しました。その際によく聞かれるのが、"キズアト残りますか?"という質問です。その際には、"残念ながら一度皮膚にできてしまったキズは程度の差はあれ必ずキズアトとして残ります。ただなるべく目立たないキズアトにするのが形成外科の得意分野です。"と答えるようにしていました。
 そもそも医学的にキズアトという言葉はありません。医学用語では瘢痕(はんこん)という言葉が一番近いのかなと考えています。外傷や手術などで傷ついた皮膚は線維組織が修復し治癒します。その修復した線維組織を医学的には瘢痕と言います。損傷が表皮内にとどまるような浅い熱傷や外傷であれば、表皮は再生能が高いため修復ではなく再生により治癒するため瘢痕にはなりませんが、この例外を除けば一度キズがついた部分には瘢痕が残ってしまうのです。
 しかしいかに目立たない瘢痕にするかは、私達が介入できる部分です。その方法についてはまた次回お話させてください。

2018年1月17日

成長因子注入によるしこり

皆様こんにちは。

成長因子といえば、当院ではダーマローラーやスカーレット、フラクショナルレーザーなどの孔をあける系の治療をした際、コラーゲン線維の産生をさらに高めるため、塗布してパックをしています。
成長因子の種類はたくさんありますが、その中でもbFGFを使用した薬は、糖尿病壊疽や、褥瘡などでどうしたものかしら、というくらいとても深い潰瘍になってしまった患者様の傷に振りかけて、むくむくと赤色の肉芽が増殖する頼もしい治療薬なのです。けれども、効果が絶大なゆえ、使い方を誤ると、悲しい症状を引き起こすこともあります。残念なことに一部のクリニックでは、PRPに混入したり、単体で直接注入したりすることにより、しこりが生じる合併症が報告され注意が呼びかけられています。

成長因子の種類や投与する量・混合するものにもよると思いますが、固まり注入ですと、1箇所に高濃度の成長因子が入るため、その部位のみに強いコラーゲン産生の刺激が働き、硬いしこりとなってしまう例が見受けられます。この刺激は量や手技などでコントロールすることができないため、線維化の具合も調節が不可能ゆえ、人によってしこったり、しこらなかったりします。改善方法は基本的には手術で除去することですが、顔に傷をつけてまで除去するほどではない、とそのまま放置されている方も多いと思います。けれども硬く触れて嫌だな、という思いはどこかにあるはずです。当院では、そんな方に少しでも治療方法の一選択肢をご提案できればと思います。

3年前に他院で鼻唇溝に単独注入した成長因子が、しこりとなり硬く触れ、隆起していたものが、ケナコルト(ステロイド)を3回注射したところ、しこりが柔らかくなり、隆起もほぼ改善された症例がありましたのでご紹介いたします。この方は鼻唇溝も気にされており、しこり周囲の鼻唇溝上の脂肪組織に対して脂肪溶解注射も3回併用しています。

当院では、このように、他院でのトラブルに対する修正治療についてもご相談を承っております。なかなか相談するところがなくてお悩みの方、ぜひご相談ください。

銀座Ks Skin Clinic
美ブログ

女性皮膚科専門医による、
美のトータルサポート

ホームページへ