« 2018年7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2016年7月26日

改訂版:尋常性ざそう(ニキビ)治療ガイドライン2016

shutterstock_329133236.jpg

皆様こんにちは。

数年前によく流れていた、「ニキビは皮膚科へ」というテレビCMが耳に残っている方も多いのではないでしょうか?「ニキビは青春のシンボル。生活習慣、洗顔、民間療法や化粧品で治すもの」、と思っていた時代もあったかと思います。

2008年以降、日本皮膚科学会ではエビデンスに基づいた標準的なニキビ治療を目指して「尋常性ざそう治療ガイドライン」を作成し、改訂を繰り返してきましたが、2008年10月にディフェリンゲル(アダパレン)が保険承認されて以降、世界の標準治療から大きく遅れを取っていた日本のニキビ治療が大きくかわりました。

女子医大皮膚科の恩師で、現虎ノ門病院皮膚科部長の林伸和先生が中心となって著名な先生方とお作りなられた素晴らしいガイドラインです。

今回、新しい治療薬として

2015年4月:べピオゲル(過酸化ベンゾイル(BPO)2.5%)
2015年5月:デュアック配合ゲル(クリンダマイシン1%、BPO3%)
2016年1月:ゼビアックスローション2%(オゼノキサシン)

が保険適用の医薬品として承認されたのを踏まえ、さらなる治療レベルの向上を目指しガイドラインが改訂されています。

尋常性ざそう(ニキビ)治療ガイドライン改訂のポイントとしては?

①抗菌薬の適正使用
②過酸化ベンゾイル(BPO)の登場
③併用療法の重要性
④維持療法の重要性

の4点。近年、抗菌薬に対するアクネ桿菌の耐性獲得が世界的に問題となっており、薬剤耐性菌を回避するための抗菌薬治療が見直されています。

過酸化ベンゾイル(BPO)はピーリング作用、アクネ菌の殺菌作用、抗炎症作用を持っていながら、抗生剤ではないので長期使用で耐性菌が生じにくい点から急性炎症期から維持療法までずっと使用することが可能です。べピオゲル、デュアック配合ゲルのどちらにも過酸化ベンゾイル(BPO)が含まれています。

急性炎症期には抗生剤内服もしくは外用と過酸化ベンゾイル(BPO)もしくはアダパレンの併用療法が強く推奨されており、維持期には過酸化ベンゾイル(BPO)もしくはアダパレンの単剤使用が強く推奨されています。

ゼビアックスローション2%(オゼノキサシン;ニューキノロン系抗生剤)は1日1回外用で効果を発揮してくれるため、忙しくて2回外用するのを忘れてしまうような方にもおすすめですね。

ニキビ治療は皮膚科専門医にぜひご相談ください。



銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら



お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00)
0120-282-764


2016年7月13日

硬化性萎縮性苔癬(Lichen sclerosus et atrophicus;LSA)

shutterstock_449418523.jpg

皆様こんにちは。

なかなか聞きなれない病名かと思いますが、硬化性萎縮性苔癬(Lichen sclerosus et atrophicus;LSA)という50~60代の女性の陰部に好発する病気があります。

直径2~3㎜の白色の扁平なやや硬い丘疹が集まって局面を形成し、のちに白色局面は委縮して羊皮様に硬くなります。女性ホルモン消失との関連もいわれていますが、1:5~15で女性に多く、陰部の他、うなじ、上背部、上腕、亀頭、肛囲にも生じることがあります。10歳以下の若年者にみられることもありますが、成人とは異なり、自然治癒が期待されます。

自覚症状としてはかゆみや痛みを伴うことがあり、治療はステロイドの外用が一般的ですが、成人では慢性に経過して難治なことが多いというやっかいな疾患です。
注意すべき点は、外陰部では数%の症例で有棘細胞癌の発生があるということです。

陰部の白色変化は白板症と呼ばれる前癌病変のこともあり、こちらもしこりやびらん、潰瘍などを伴ってきた場合は注意が必要です。

当院はドクター・スタッフともに女性のみです。ご心配な方、デリケートゾーンの診察も遠慮なくご相談ください。

銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764


2016年7月 5日

屋外での行動はご用心?虫刺症

shutterstock_435551755.jpg

皆様こんにちは。

夏は屋外にでることも多く、虫に刺される機会も増えますよね。日常的な生活において虫刺症の原因となる虫は、カ類、ノミ類、ブユ類、イエダニ類がほとんどです。

ハチ類、アブ類、クモ類、ムカデ類などは刺された瞬間に激しい疼痛を生じるため原因がその場で判明することが多いです。

虫刺症でみとめられる皮疹の原因は?

虫刺症でみとめられる皮疹は、刺咬の際に皮膚に注入される唾液腺物質に対するアレルギー反応によるものです。

皮膚症状の現れ方には個人差が大きいです。一般的には刺されて1~2日後に皮疹が出現する症例が多いため、刺されたことにきずかないことが多いです。外来でも、何に刺されましたかと聞かれることがあります。個々の皮疹だけでは原因虫まで確定できませんが、参考になるのは皮疹の好発部位です。

カやブユは四肢の露出部、ノミは下腿~足、イエダニは、腋周囲や陰股部などの被覆部をさすことが多いです。ノミ刺症では水疱を形成しやすいのが特徴です。カ刺症は年齢とともに皮膚の反応性が変化します。一般に乳幼児期には強い遅発型反応を生じることが多いため紅斑、腫脹、熱感が強い場合が多いです。

カやノミは室内や人家周辺、イエダニは室内(とくに寝室)、ブユは高原や山間部の川沿いなどが多いです。

以上の皮疹、好発部位、生活環境、行動などをてがかりにして原因虫を推測します。屋外や野外での活動の際には肌の露出を避け、必要に応じて防虫スプレーなどの禁避薬をお勧めいたします。

銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764


銀座Ks Skin Clinic
美ブログ

女性皮膚科専門医による、
美のトータルサポート

ホームページへ