« 2018年7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2016年4月21日

光老化

皆様こんにちは。光老化、院長のブログにもかかれていますね。
光老化とは、日光があたる肌や目にみられる老化現象のことです。
加齢による老化とは原因が異なります。
皮膚の症状は、肌の色がくすんできたり、張りがなくなってきて、しみ、しわ、たるみとして現れます。光の波長が短い紫外線UVBは、しみの原因になります。表皮にある色素細胞(メラノサイト)が、しみの原因となるメラニンをつくります。過剰に日焼けするとメラ二ンが大量につくられ、表皮細胞内にたまってしまいしみの原因となります。
UVAや近赤外線(以前ブログでお話ししましたね)は、UVBより波長が長く、張りや弾力(しわ、たるみ)に影響します。
シミがではじめるまでの紫外線量ですが、MEDという単位であらわします。
MEDとは、赤くなる最小の光の単位です。日本人の1MEDは、約20分の太陽光線を浴びた量に相当します。累積4000MEDの紫外線を浴びるとシミ(最初の光老化)がでてくるといわれています。日本人が1年間に浴びる紫外線量は約200MEDなため、20歳でしみができはじめることになります。紫外線量とシミの関係は、鹿児島県では、秋田県より20歳も早くしみが増えるという報告があります。鹿児島の年間平均紫外線B量は、秋田の約2倍弱であるためです。
それでも個人差はあり、私のようにすぐに赤くならないで黒くなるスキンタイプは、MEDが低くなるためしみの出現も遅いです。反対にお肌が白く、日光にあたると赤くなるようなかたはMEDが高いため、早い年齢からしみができます。
女性は化粧や日傘、帽子など対策してらっしゃるかた多いですが、これからは男性のかたもケアする時代かと思います。スポーツ、仕事、レジャーなど屋外に長期間でられるときは、男性もUVケアをおすすめいたします。患者様でもゴルフなど屋外のスポーツを定期的になさってるかたは、全体的にしみ(老人性色素班)やいぼ(老人性疣贅)がみられるかた多いです。
またM22(フォトフェイシャル)、ジェントル、ジェネシスといった当院にある肌質改善の施術は、しみの改善、予防はもちろん小じわ、はりの改善、予防にもなりますので定期的施術が効果的な予防対策です。

2016年4月13日

新しいフォトフェイシャルファースト m22

shutterstock_165311699.jpg

皆様こんにちは。本日は当院で新たに導入いたしましたフォトセラピーの機械のご紹介です。もうお試しになられた方もいらっしゃると思いますが、『フォトフェイシャルファーストm22』、とてもすごいんです。

簡単に申しますと、1種類のフィルターでパワーを調節するのではなく、多数のフィルターの中からお肌に合ったフィルターを選択できるようになったため、よりオーダーメイド治療が可能となり、切れ味よく様々なお悩みに対応できるようになりました。

m22は、ルミナス社の最新IPL技術と高性能ヘッドによって様々な肌トラブルを一台の機器で改善し、リバースエイジングとアンチエイジングを叶える治療機器です。従来のIPL治療器と同様、顔全体に穏やかな光を照射する痛みの無い治療で、かさぶたや一過性の色素沈着といったダウンタイムがなく、施術直後からメイクが可能ですので、治療中であることが周囲に分かりません。

脱毛でお馴染みのジェントルレーズもそうですが、このフォトフェイシャルファーストM22も日本厚生労働省の薬事承認済み医療機器です。

従来の機種と比較しますと、まず、カットフィルター(波長を変えるフィルター)が8種類もあり、シミ治療においては、色白な方から色黒な方、肝斑を合併されている方など、ベースの肌色ごとにフィルターを変更して治療が可能となり、副作用を防ぎながら効果をアップしてくれます。シミ・ソバカスの原因であるメラニン(黒色素)のみならず、赤ら顔の原因であるヘモグロビン(赤色素)にも選択的に吸収されるため、赤ら顔やニキビの赤みの治療もできます。さらに、当院では、殺菌作用も兼ね備えたニキビ専用フィルター、毛細血管拡張専用フィルター、部分照射用の6㎜径のハンドピースも搭載し、個々のお悩みに合った治療が可能です。従来のIPL照射では治療できなかったような薄いシミの他、小ジワや毛穴など真皮ダメージへの効果も期待できるようになりました。

さらに、波長だけではなく、エネルギー量はもちろん、照射間隔などを細かく設定できるのもルミナス社製品の特長です。当院では医師が毎回肌状態をみながら治療方針を決め、その時のお肌に最適な照射法を選択し、2種のフィルターを選んで重ねて照射します。治療するたびに、一歩先を行く結果が見えるよう、担当医の力量を発揮できるIPL治療器それがフォトフェイシャルM22なのです。

ぜひ一度おためし下さい。



銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら



お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00)
0120-282-764

2016年4月 7日

すそワキガ

皆様こんにちは。すそわきがをご存じでしょうか。ワキから独特な臭いがするわきがと同様な臭いが陰部にも生じることです。
汗の腺には、アポクリン腺とエクリン腺があります。臭いの原因はアポクリン汗腺から分泌される成分が、皮脂腺から分泌される脂肪酸と混じり合い、皮膚にある常在菌により分解されることでにおいが発生するといわれています。アポクリン汗腺はワキだけではなく、陰部や乳輪などにもあり、ワキガと同じような臭いをはなつことがあります。病気ではなく、遺伝によるものが大きいといわれています。
性別ですが、女性のほうが男性よりい多いといわれています。また性行為の際にも臭いが強くなり、臭いが気になって恋人を作れない、人と近づくのが怖いなど深刻なお悩みになるかと思います。
治療ですが外科的な手術が一般的ですが、ボトックスによっても治療できます。汗の量を軽減することで臭いも軽減できます。施術メニューにはありませんがお困りのかたがいらっしゃいましたらご相談ください。

銀座Ks Skin Clinic
美ブログ

女性皮膚科専門医による、
美のトータルサポート

ホームページへ