« 2018年7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2013年12月28日

脂腺母斑

皆様こんにちは、大野淳子です。

脂腺母斑とは、表面がごつごつした少し盛り上がりのあるあざです。

皮膚の色々な成分が混ざって黄色~茶色のごつごつした面をつくります。

脂腺母斑は頭部に出来ることが多く、生まれたときはやや赤みのある髪の毛が生えない斑状ですが、

年齢とともに見た目の感じも変化して、じょじょに盛り上がっていぼ状になり、茶褐色へと変化していきます。

脂腺母斑の上に皮膚癌が出来る可能性があるため、ある程度の年齢で切除してしまうことが必要です。

近年は、以前より脂腺母斑悪性腫瘍伴うという考えかたが、変わってきているようです。

二次的に腫瘍を併発するには、10%以下ではという報告もあります。

しかし、最近のお話しですが、私の知人の60近い方が、脂腺母斑を将来癌化を防ぐために

切除したのですが、その後の組織検査にて基底細胞癌が発見されました。

もちろん手術で切除できましたが、術後の痛みは想像以上に長く、辛かったようです。

やはり、成人になればなるほど皮膚の進展が悪くなるため、思春期までの適切な

時期に切除してしまったほうがいいのではと思います。

2013年12月21日

デルマドローム 

皆様こんにちは、土屋佳奈です。

『デルマドローム』とは、一体何でしょうか?

あまり聞き慣れない用語だと思いますが、これは「全身疾患と関連して生じる皮膚病変」を意味します。

皮膚は内臓の鏡です。皮膚に現れた一見些細な病変が、隠れた悪性腫瘍や代謝性疾患、感染症の診断に役立つことがあります。

デルマドロームの一つに、「Laser-Trelat徴候」というものがあります。

これは、内臓悪性腫瘍に伴うデルマドロームです。

中高年の脂漏性角化症が、短期間(6ヶ月)で突然、その数と大きさが異常に増えた状態で、数百から多い時には数千個まで増えることがあります。脂漏性角化症とは、加齢にともなって出来るイボで、30代頃より徐々にでき始め、全身を探せば誰でも数個は見受けられる、ありふれた良性腫瘍ですが、短期間で異常に増えてきた場合には要注意です。

関連する内臓悪性腫瘍の頻度としては、胃癌>大腸癌>肺癌>乳癌>菌状息肉症(皮膚リンパ腫)の順となっています。

皮膚疾患はその多くが皮膚自体の異常によるもので、すべての症状を内臓疾患と関連付ける必要はありません。しかし、その中には特徴的な症状で内臓疾患を示唆するものもあるという一例です。

皮膚の変化から全身状態の変化を察知するのも皮膚科医の重要な責務です。

「これは何だろう」、「これは大丈夫だろうか」・・・どんな些細なことでも構いません。お肌のことで気になることがありましたら、是非、皮膚科専門医にご相談下さい。

2013年12月20日

雑誌『美ST』2014年2月号

雑誌『美ST』2014年2月号(2013年12月17日発売 P139-141)

特集「施術はもちろん、自分の女磨きも"私、失敗しないので!"美のドクターX 18人 "私たち間違った美容はいたしません!"」に院長の取材記事が掲載されました。
日頃、自分の顔をキャンバスに見立て研究を重ねてきた、美女医の熟練した医療メソッドを徹底解説。
院長自身が行っている組み合わせ治療を図解で詳しくご紹介しています。12年前からのプライベート写真を交えた美容医療経歴も初公開です。
ナチュラルな美容医療のためには、照射系と注入系を組み合わせ、良い製剤を選び、調和を考えた控えめな施術を行うというクリニックのポリシーが分かる内容となっております。ぜひご一読ください。

雑誌『美ST』2014年2月号

雑誌『Vitamin ef』VOL.5

雑誌『Vitamin ef』VOL.5(12月20日発売 掲載ページP80−84)

"大人の肌の「5大ヤバイ」に効くコスメ"に院長の取材記事が掲載されました。
忙しい現代女性は時間に追われ、不安に襲われ、ストレスがたまるなど、
何かとピンチなシチュエーションに陥りがちです。

そんな時にこそ使いたいコスメを5つのシーンに別け、各界で活躍中の女性がご紹介。

院長は、絶大な信頼度"お守りコスメ"にラ ロッシュ ポゼのUVイディアXLを、
肌力底上げ"レスキューコスメ"にフィトリフトのクリームを紹介しております。

ぜひご一読ください。

雑誌『Vitamin ef』VOL.5

Metropolitana(メトロポリターナ) Dec.2013 vol.132

Metropolitana(メトロポリターナ) Dec.2013 vol.132

特集『metoro's 診察室 しもやけ』に院長の監修記事が掲載されました。
冬の季節病とも言える"しもやけ"手足に赤味とむずがゆさを感じたら要注意です。
寒さを感じると血管が収縮しますが、元に戻るときに血液がうまく循環せずにうっ血し、炎症が起こるのが"しもやけ"の原因です。
一度発症すると治りにくい"しもやけ"の予防法と、かかってしまった場合の対策をご紹介しております。
ぜひご一読下さい。
「メトロポリターナ」は、自分らしく豊かに美しく年齢を重ねてゆきたいと願うすべての女性に向け作られてたフリーペーパーです。東京メトロ駅構内でお探しください。

Metropolitana(メトロポリターナ) Dec.2013 vol.132

2013年12月18日

コンビネーション治療~パート3「タイスマ」~

皆様こんにちは、高山有由美です。

ノーダウンタイム、痛み、針刺し治療NGの方のたるみ治療の強い味方
「タイタン」
「スマスアップ」

当院にかかりつけの患者様であれば、
いずれも単体で一度はお受けいただいたことのある治療かと思いますが、
りフェイスラインの引き締めを強くお望みの方には、

両者を同日照射する名付けて「タイスマ」がおすすめです!!

「タイタン」真皮をターゲットに近赤外線を照射し、

「スマスアップ」真皮~脂肪織、筋膜まで深く、広く
高周波を照射しながら筋肉に電気刺激を与えて
リフトアップが可能な治療です。

この2種を併用することで、異なる熱源の治療で照射域がさらに広くなり、
かつ表皮にダメージを与えることなく真皮により熱が入るため、
相乗効果でフェイスラインの引き締め力がよりアップします。

即時効果直後から引き締まりが実感いただけますので、
是非クリスマスや年末・年始のイベントの前日など、直前の施術がおすすめです!

もちろん長期的な効果として、約1ヶ月後から少しずつコラーゲン増生よる
ハリ、小顔効果がさらに現れますので楽しみにお待ち下さい。

2013年12月16日

週刊女性12月24号

週刊女性12月24号週刊女性12月24号(発売12月10日 掲載ページP69~71)

特集「恐怖の乾燥小じわをなんとかしたい!」に院長の取材記事が掲載されました。

"乾燥小じわ"とは、ちりめんじわが出始めている状態のことで、皮膚に潤いを与えることで改善します。

本格的な"真性しわ"もしっかり保湿をすれば、肌がふっくらして透明感がアップすることで目立たなくなります。

肌表面が乾燥しているとしわは刻まれやすくなりますので、潤いを持続させることが鍵!

"乾燥じわ"をつくらない、悪化させないための日常で気を付けるポイントを"環境""スキンケア""食生活"に分けご紹介しております。

ぜひご一読ください。


週刊女性12月24号

扁平母斑

皆様こんにちは、大野淳子です。

出生時より、ミルクコーヒー様な色の平坦なあざがみられる方、いらっしゃると思います。

このあざとは、扁平母斑といい生まれつきの色素斑で、身体のどの部位にでも生じ、皮膚のもりあがりのない褐色斑です。

治療しない限り自然消褪はしません。

多くは生まれつきに存在しますが、思春期になって発生する場合は、毛が同時に生えてくる場合が多くあります。

治療ですが、レーザー開発されてからは、短パルスレーザー(Qスイッチレーザーなど)によるレーザーが第一選択です。

しかし1回の照射できれいになる場合もありますが、大部分は照射後に色が濃くなったり、

毛穴に一致して黒色の斑点が生ずることもあります。

そして半年~1年で元の茶あざに戻ります。

上記の全ての方に、レーザーが有効ではありません。

5人に1人の割合で有効という報告もあります。

思春期になって発生する遅発性扁平母斑では、多くの方に効果を認めます。

なるべく早い小児期よりレーザー治療を行うと、効果を認めることが多くなります。

最近では皮膚の薄い0歳からレーザー治療を行う施設が増えてきているようです。

お悩みのかたは、なるべく早くに皮膚科もしくは形成外科の専門医にご相談ください。

2013年12月13日

上まぶたのくぼみ;Sunken eye(サンケンアイ)

皆様こんにちは、高山有由美です。

上まぶたのくぼみ「西洋人のように彫りが深くなって嬉しい!」
とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、
日本人の場合、やはり老け感が強く感じられてしまいますよね。

眼窩脂肪といって眼球の周りを取り囲んでいる脂肪がありますが、
急激に痩せたり、加齢に伴ってそのボリュームが減ることにより くぼみが生じます。

その他に、眼瞼下垂のある方も
まぶたを引き上げる瞼挙筋や挙筋腱膜が伸びてゆるくなることにより、
その直上にある 眼窩脂肪が奥に引き込まれて後退し、くぼみが生じます。

これがいわゆるSunken eye(サンケンアイ)です。

後者の場合は、眼瞼下垂の手術により 眼窩脂肪が元の位置まで手前に戻ってくると改善されますが、
「軽度だし、気にはなるけれども手術までは気が引ける、、、」という方には
くぼみの部分へのヒアルロン酸注入がおすすめです。

2013年12月12日

冬の乾燥肌対策

皆様こんにちは、土屋佳奈です。

連日、乾燥注意報が出されるほど湿度の低い日が続いておりますが、皆様お肌の調子はいかがでしょうか?

お肌によい湿度は65~75%と言われています。
ところが、東京の冬場の湿度は50%を下回ることが多いため、必然的にお肌は乾燥に傾きやすくなってしまいます。

大気中の湿度が下がってくると、角層から水分が急激に蒸発しやすくなります。健康なお肌の角層には約20%もの水分が含まれていますが、湿度の低下により角層の水分が20%以下になった状態が「乾燥肌」です。
そこで、お肌から水分が減らないようにつなぎとめているのが、セラミドなどの保湿物質です。セラミドは、お肌の一番外側にある角層の細胞と細胞のすき間を埋めている「角質細胞間脂質」の一種です。

保湿とは、水分を与えることではなく、水分をお肌にキープするセラミドなどの保湿成分を与えることです。
頑張って保湿をしようと、シートマスクなどを長時間行ったり、化粧水を何度も頻繁につけるのは却って乾燥をまねくことがあるのであまりおススメではありません。

保湿成分には、
①水分をはさみこむタイプ  ②水分を抱え込むタイプ  ③水分をつかむタイプの3種類があります。

それぞれ代表的なものに①→セラミド ②→ヒアルロン酸、コラーゲン、ヘパリン類似物質 ③→天然保湿因子などがあるので、それらが配合されている保湿ケア用品を選ぶのがよいでしょう。

クリニックで出来る施術の中で、乾燥対策におススメなのは断然、『水光プラス』です。

ヒアルロン酸と極上美肌カクテルを、お顔ぜんたいにまんべんなく注入します。皮膚を軽く吸引しながら、一定量を一定の深さに、均一かつ確実に届けることができます。赤み、内出血や注入後の膨疹など、施術後のダウンタイムが従来の水光注射に比べ、少ないのが特徴です。ヒアルロン酸は、水分を抱え込む効果が非常に高いため、施術後は肌の内側からみずみずしく、煌めきとハリ感がアップします。また、ヒアルロン酸で刺激された線維芽細胞が少しずつ新しいコラーゲン線維を産生する効果もあります。

一回での効果の持続は弱いため、3-4週間に1回程度3-4回続けてお受けいただくのがおススメです。

今月はお得なキャンペーンでのお取り扱いもございますので、是非一度御体験ください。

2013年12月 9日

年内は12/30月曜日まで診察いたします。

先日お知らせいたしました、年末年始の休診期間が変更になりましたので、お知らせいたします。
12月31日(火)〜1月6日(月)まで年末年始のお休みをいただきます。
年内は12月30日(月)まで診療いたします。担当医師は医長の大野です。
年始は1月7日(火)より通常通りの診療時間にて診察いたします。担当医師は副院長の高山です。
年内は混み合っておりますが、12/30月曜日はまだゆとりがございます。ダウンタイムを要する施術に挑戦するチャンスですのでお早めにご予約いただきますようお願いいたします。なお、施術内容により最終受付時間が異なりますので、お問い合わせください。
本年のご愛顧を心より感謝申し上げるとともに、皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

銀座ケイスキンクリニック院長 慶田朋子

2013年12月 6日

単純ヘルペス

皆様、こんにちは。大野淳子です。

美ブログでも土屋先生が帯状疱疹について書かれていましが、お仲間の単純ヘルペスについてお話しします。

実は私は毎年1回、口唇ヘルペスが再燃するのです。

疲労が重なったとき、免疫力が落ちてるときなど起こる原因は色々です。

今回は気温がグッと下がる土地で朝からハイキングをし、夕方まで外で過ごしていたところ下唇横にむずむずっと掻痒が。

抗ウイリス薬を携帯しておらず内服できないまま、3日後に水疱が出現し、この時点で内服しました。

普段は掻痒感の時点で内服するため、症状も軽くてすむのですが、今回は瘡蓋が取れるまで約3週間もかかってしまいました。

口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスが原因で起こります。

単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、直接的な接触のほかにウイルスがついたタオルやグラスなどを介しても感染します。

したがって親子、夫婦など親密な間柄で感染することが多いのです。

このウイルスの特徴は最初に感染(初感染)して免疫を獲得して、その人に抗体ができても機会があれば再感染や再発を繰り返します。

大人にみられる口唇ヘルペスのほとんどが再発型で、年に1~2回の再発が多いようです。

単純ヘルペスウイルスには1型と2型の2つのタイプがあります。

1型はくちびる、顔面などの上半身に、2型は性器を中心とする下半身に主に発症します。

以前はほとんどの人が、乳幼児期に周囲の人々との接触により1型に感染して抗体を持っていましたが、

衛生状態の改善や核家族化などの影響で、今日では20~30代でも半数ぐらいの人しか抗体を持っていません。

乳幼児期の初感染は症状がないか、あっても軽いのに対し、大人の初感染は症状が重くなりがちです。

なお1型に対する抗体を持っていると、1型だけでなく2型にも感染しにくく、発症しても軽症です。

乳幼児期の単純ヘルペスウイルス1型の初感染は、ヘルペス性口内炎などで現れることもありますが、たいていは症状がでません。

初感染の後、ウイルスは神経節にひそみ、何らかのきっかけで、で出して口唇ヘルペスなどとして再発します。

初感染で口唇ヘルペスということもありますが、日常みられるのはほとんどが再発型です。

口唇は食事をしたり、話したりする大事な部位ですのでヘルペスがでるとQOLが低下してしまいます。

症状を悪化させないためには、水疱が出る前に違和感がでてきたら早めに内服することです。

2013年12月 4日

商標登録完了のお知らせ

かねてより申請しておりました「切らないハッピーリバースエイジング®」「ksリバースエイジング®」「ヘッドスレッドリフト®」の商標登録が完了いたしました。
当院では、メスを使わず肌年齢を若く戻すことで気持ちも前向きになっていただきたいとの願いから、「切らないハッピーリバースエイジング®」をコンセプトにしております。
一人一人が求める美しさやライフスタイルに合わせた治療プログラムを完全オーダーメードで組み立て、ご提案してまいります。「ヘッドスレッドリフト®」はショッピングスレッドを頭皮に挿入し、頭皮からリフトアップさせる当院オリジナルの治療法です。今後とも銀座ケイスキンクリニックをどうぞよろしくお願い申し上げます。

2013年12月 1日

コルバートMD取扱い中止のお知らせ

大変好評いただいておりました【コルバートMD】ですが、今月をもちまして当院での取扱いを中止とさせて頂きます。今後は各正規販売店にてご購入頂くことができます。
若干の在庫がございますので、ご購入ご希望の方はお早めにご連絡下さいませ。

銀座Ks Skin Clinic
美ブログ

女性皮膚科専門医による、
美のトータルサポート

ホームページへ