« 2018年7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2013年11月21日

帯状疱疹の予防

皆様こんにちは、土屋佳奈です。

日毎に寒さが厳しくなって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

この時期、一年間の疲れも相まって、皮膚科の外来では帯状疱疹に罹患された患者さまを数多く拝見致します。

帯状疱疹とは、一体どんな病気なのでしょうか??

その原因は、自分の体内に潜んでいる水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)です。

水痘とは水ぼうそうのことですが、水ぼうそうは多くの人が子供のころにかかり、1週間程度で治ります。しかし、治ったあとも、VZVは体内の神経節に一生涯住みついています。そして、疲労やストレス,病気などがきっかけで宿主の免疫力が低下すると、神経節内で再び活動を始めます。

すると、まず皮膚にチクチクするような痛みが生じます。

次に、痛みを感じた部位にブツブツした赤い発疹ができ、小さな水ぶくれとなって帯状に拡がります。この時、症状が現れるのはからだの左右どちらか片側だけであるのが特徴です。

その後、水ぶくれからカサブタになって症状は治まっていきますが、多くの場合この経過中、強い痛みを伴います。

痛みは、ズキズキと皮膚を刺すような鋭い痛みだったり、衣服と触れるようなわずかな刺激でピリピリする痛みだったり、電気がビリビリと走るような痛みだったり、様々です。そして、帯状疱疹後神経痛といい、皮膚症状が回復しても痛みだけが残り、いつまでも続く場合があるので要注意です。

帯状疱疹の治療の基本は、抗ヘルペスウイルス薬を用いて帯状疱疹の原因であるウイルスの増殖を抑えることと痛みを和らげることにあります。帯状疱疹が重症になると、その罹患部位によっては脳炎・髄膜炎・顔面神経麻痺・めまい・難聴・排尿障害などの合併症を引き起こす恐れがあります。また十分に帯状疱疹の治療が行われないと帯状疱疹後神経痛を発症し易くなってしまいます。

帯状疱疹は、50歳以降の年代で発症率が増加しますので、その前にワクチンを接種することで、帯状疱疹にかかることを予防したり、仮にかかったとしても症状を軽く済ませることができます。

これを機会に、是非皆様も接種されることをお勧め致します!

当院でもお取り扱いがございますので、お気軽にご相談下さいませ。

2013年11月20日

雑誌『美ST』2014年1月号

雑誌『美ST』2014年1月号(11月17日発売 掲載ページP160)

特集「見えているところも見えていないところも、今年の汚れは今年のうちに 年末恒例 カラダの"あそこ"大掃除」
に院長の取材記事が掲載されました。
院長は"背中"部門を担当、背中ケアのポイントをご紹介しております。
自分ではなかなか見えない背中ですが、実はトラブルを抱えている女性も少なくありません。
ゴシゴシ洗うのはNG、泡で優しく拭うように洗う事をおすすめしております。
ぜひご一読ください。

雑誌『美ST』2014年1月号

雑誌『からだにいいこと』1月号

雑誌『からだにいいこと』1月号 (11月16日発売 掲載ページP72-75)

特集「うるおってベタつかない!読者のおすすめを科学的に検証!ハンドクリームガチ対決」
に女性皮膚科専門医として"手の扱い方"を担当し掲載されました。
水だけではなく紙や布なども手の皮脂を奪います。特に冬は大気中の水分量が少ないので皮脂が不足すると
どんどん水分が失われます。そこで、3つのポイント「さわりすぎない」「濡れたままにしない」「洗いすぎない」をご紹介しております。
ぜひご一読下さい。

雑誌『からだにいいこと』1月号

2013年11月18日

下まぶたのたるみ

皆様こんにちは、大野淳子です。

下まぶたのたるみにお悩みのかたも多いかと思います。

たるみの程度によりますが、根本的な改善には、手術で脱脂(外科的処置で下まぶたの脂肪を除去する手術)

することになります。

しかし目の下の脱脂の手術は、わずかな脂肪の量の違いで変わってしまうため難しい手術です。

その結果、凹んでしまってヒアルロン酸を注入する事になるかたもいらっしゃいます。

手術以外ですと、レーザー照射と場合によってはPRP注入が適応になります。

レーザーはCO2フラクショナルレーザーにて、肌の入れ替えと皮膚再生を促進させ引き締めていきます。

手術と違い一度の治療では難しく、個人差や症状によりますが、3回~10回の照射が必要となります。

目の下のたるみのよる小ジワが気になるかたには、さらにPRPを併用する場合もあります。

気にされている方、お気軽にご相談ください。

2013年11月14日

dirty neckの治療


皆様、こんにちは。土屋佳奈です。

dirty neckとは、いったい何でしょうか?

成人期アトピー性皮膚炎の患者さんに見られる特有の皮膚変化を指す言葉です。

慢性・再発性の炎症により、さざなみ様の褐色色素沈着、色素脱失、皮膚萎縮などが混在する局面が、主に頸部、鎖骨上窩、上胸部などにかけて見られます。

慢性・再発性に炎症が起こると、皮膚の内部では一体どんな変化が起こるのでしょうか?

実際に皮膚生検といって皮膚を一部採取し顕微鏡で観察すると、表皮基底細胞の変性と、それに伴う真皮へのメラニンの滴落が見られます。これが色素沈着の原因です。

アトピー性皮膚炎の患者さん以外でも、入浴時のナイロンタオルによる機械的刺激などで同じ様な皮膚の状態を生みだし兼ねないので、注意が必要です。入浴時はナイロンタオルは使用せず、泡をよく立てて手で優しく洗うようにしましょう。

さて、dirty neckの治療についてですが、今まで有効な治療方法はなく、非常に難治とされてきました。

しかし、当院にてフラクショナルレーザーで治療した結果、非常に良好な結果が得られました。長年、お悩みだった方には自信をもって、オススメしたい治療です!

<施術前>

<3回施術後>

フラクショナルレーザーの詳細につきましては、是非、当院のHpも御覧ください。

2013年11月13日

色素性母斑(ほくろ)に似た悪性腫瘍~基底細胞腫(癌)~

皆様こんにちは、高山有由美です。

美容クリニックでの色素性母斑(ほくろ)の炭酸ガスレーザー手術は、とても人気の施術の一つです。
メスで切り取って線状に縫い合わせる手術に比べて、傷跡が目立ちにくいのがメリットです。

ただし、色素性母斑(ほくろ)に似た疾患の中には悪性のものもあり、
施術の前には必ず判別が必要です。

色素性母斑に似ている腫瘍の中に、
「基底細胞腫または基底細胞癌」と呼ばれる悪性腫瘍があります。

80%以上がお顔にみられ、その中でも特に鼻周りなどお顔の中央に多く見られます。

日本人の場合、黒色調のものがほとんどですが、
白人ではメラニンを産生せず、皮膚と同じ色か、血管拡張を伴って少しピンク色なので
診察時は基底細胞癌も念頭に置かないと見落とします。

この腫瘍はという名前こそついていますが、
悪性度は低く、滅多に転移することもありません。
そんな背景をふまえ、「基底細胞腫」と呼ぶ人も少なくありません。

よっぽど潰瘍化したりお顔が崩れるほど放置しない限り、
腫瘍からある程度の安全域を含めて側方、下方ともに
きちんとメスで切り取って手術切除し、
組織学的に取りきれているか確認してしまえば問題のない腫瘍です。

黒色で、ぱっと見は色素性母斑(ほくろ)に似ているため、
当院では
前回ご紹介した皮膚科医の診察道具の一つ、
「ダーモスコピー」を使用してきちんと診断をつけた上で
良性疾患であれば炭酸ガスレーザーで切除を行っています。

簡単に受けられるようになった最近の色素性母斑(ほくろ)の切除ですが、
皮膚科専門医のいるクリニックできちんと診断をうけた上での治療が求められます。

2013年11月12日

眉間のしわにはやっぱりボトックス

皆様こんにちは。

医長の大野淳子です。

先日院長から、「先生話す時に眉間にしわがよっているわよ、ボトックスしなきゃ」

と言われててしまいました。

そういえば最近、反抗期ばかりする娘に怒ってばかりいました。。。。

患者様や、お話している相手の方のしわは、気になるのにいざ自分のこととなると、全然気が

つかないものですね。

鏡を見るときは、しわを寄せないので気づかない方が多いのです!

しわが深くなる前に「早めのボトックス」が一番☆

当院では厚生労働省認可の「ボトックスビスタ」を使用しています。

バランスの修正も含んだご料金ですので、ご安心ください!

ニキビ跡にもスカーレットRFが効果的!

皆様こんにちは、慶田朋子です。

たるみ、毛穴、小じわの改善に大人気のスカーレットRFですが

2013年9月に「European Academy of Dermatology and Venereology」オンライン誌より
ニキビ跡の改善効果に関する論文が発表されました。

アジア人の陥凹性ニキビ跡を持つ患者30人に
フラクショナル高周波マイクロニードルシステム(スカーレットRFと同様のタイプの機器)
1ヶ月おきに計3回施術し
6ヵ月後に皮膚科医による主観的な評価
UVAビデオカメラによる客観的評価で検討しています。

治療を完了した26人中42.3%の人がニキビ跡の26-50%の改善を報告しています。

陥凹性のにきび跡の治療といえば
フラクショナルレーザーが主体となってきていますが

ダウンタイムの強いablative typeの機器を使用した照射では
もちろん効果も高いのですが
施術後の紅斑や微細なカサブタの遷延がおつらいという声が多く聞かれていました。

スカーレットRFでは
このような施術後のダウンタイムを少なくしながら
最長3.5mmと針の長さを長く設定したり、パス数を多く重ねることで
深い陥凹性 のにきび跡の治療効果にも期待が持てます。

ダウンタイムのために治療をあきらめていた方、是非一度お試しください。
引用:
The efficiancy in treatment of facial atrophic acne sars in asians with a fractionalradiofrequency microneedle system.

V.Vejjabhinanata, R.Wanitphakdeedecha, P.Limtanyakul, W.Manuskiatti
European Academy of Dermatology and Venereology

脂漏性角化症(老人性いぼ)・・・って知ってますか?

皆さまこんにちは!院長の慶田朋子です。

年齢と共に出てくる、様々な症状を「老徴(ろうちょう)」と呼びます。嫌な言葉ですね~。

具体的には、しわ、たるみ、しみ、老人性脂腺増殖症、老人性血管腫、アクロコルドン(スキンタッグ)、そして、脂漏性角化症(老人性いぼ)が多く見られます。

「しみと思って高級美白化粧品を塗っているのに全然効かないわ」とお思いのあなた、もしかしたら「いぼ」かもしれません!

写真は脂漏性角化症(老人性いぼ)と呼ばれる良性腫瘍です。

初期は平らでしみと紛らわしいのが特徴。早ければ30歳代から、主には中年以降に発生し、加齢とともに増えて、ゆっくりと盛り上がってきます。主に紫外線などが原因で、皮膚の老化現象のひとつとされています。顔面・前胸部・背部・頭部によく見られますが、全身どこでも発生します。色は肌色~褐色調~黒色調のものまで、様々な濃さのものがあります。大きさは数㎜から2~3㎝くらいで、わずかに盛り上がるものからドーム状に突出しているものまで、様々な形状があります。ごくわずかしか盛り上がっていないものは、一見しみのように見えます。

治療法としては、液体窒素による冷凍療法もありますが、冷凍火傷ごの色素沈着(しみ)が強く残ることがあります。特に顔面で傷跡やしみが残らないようにきれいに治療するには炭酸ガスレーザーを使った治療が最適です。炭酸ガスレーザーで脂漏性角化症を蒸散させ、皮膚表面からごく浅く削り取ります。傷はすりむいた程度の浅さなので、傷跡をほとんど残さずにきれいに治すことができます。

この治療は当院でも大人気治療の一つですので、お気軽にご相談ください(^^)

ご料金は小さいものは5個以上まとめると1個1000円です。直後の炎症後色素沈着の状態で、この後2~4カ月かけて薄くなってまいります。

<治療前>

<治療後>

2013年11月 6日

雑誌『40代からの素敵な時間』

雑誌『40代からの素敵な時間』(10月22日発売 掲載ページP113〜120)

特集、最新情報に基づく美容・健康・ダイエットのイマドキ真実を医療のプロがレクチャー!
昔から言われているコトはもう古い!?
40代からキレイで健康になるウソとホントに院長の取材記事が掲載されました。
皮膚医学の進歩や解明は日進月歩です。
40代読者の素朴な悩み・ご質問に最新医療での解決法をご紹介しております。
ぜひご一読ください。

雑誌『40代からの素敵な時間』

皮膚科医の必須道具「ダーモスコピー」

皆様こんにちは、高山有由美です。

ほぼ全ての皮膚科医が診察時に頻用する道具に
「ダーモスコピー」というものがあります。

ざっくり言うと虫眼鏡、ですが、単なる拡大鏡ではありません。

皮膚に見られる色を作り出しているものには、
メラニン、血液、角質、脂肪、石灰、異物固有の色調以外に
光の散乱、屈折という光学的効果も加わっています。

表面反射により隆起や陥凹といった情報は良くわかりますが、
反射が多くなるとぼんやりした色調になり、
詳細な情報が分かりにくくなってしまいます。

そこで、表面反射をゼリーで押えたり
ゼリーの代わりに偏光フィルターをつけて反射を 押えたりして見えやすくしたものが
「ダーモスコピー」です。

この「ダーモスコピー」は、悪性腫瘍の鑑別時に重宝されます。
数ある色素性母斑を見てきた皮膚科専門医ならば、
肉眼でも何となく怪しいな、と思うことがありますが、
この特殊な拡大鏡「ダーモスコピー」を使用することにより、
さらにその判断の確率を上げることができます。

ゼリーをつけて見やすくするものや、
PCにつないで画像を映し出して皆で見ることが可能なもの、
ゼリーなし、ハンディタイプで簡単に使用できるものなど、
様々なタイプがあります。

私は普段はゼリーなし、ハンディタイプをポケットに入れて持ち歩き、
色素性母斑に限らず、
イボ(尋常性疣贅、老人性疣贅)から血管腫、シミに至るまで、
隆起したもの、色のついた疾患は何でもこれで確認しています。

その疾患によって特徴的な所見があるため、
数を沢山見ることが、自分の判断材料の幅を広げるのです☆☆

銀座Ks Skin Clinic
美ブログ

女性皮膚科専門医による、
美のトータルサポート

ホームページへ