« 2018年7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2014年12月30日

WEB版 クロワッサン倶楽部『増田美佳の病院へ行こう!』(2014年12月25日掲載)

WEB版 クロワッサン倶楽部『増田美佳の病院へ行こう!』(2014年12月25日掲載)に院長の取材記事が掲載されました。
年齢を重ねると増えるたるみやシワ、シミ、毛穴、くすみ等・・・鏡を見るのが憂鬱になります。

そこで今、美容皮膚科クリニックでは何が行われているのか、気軽に受診できるのかなど美容医療未経験の方が抱く、疑問にお答えしています。
お肌の加齢変化も、外用薬、化粧品、レーザー、光・高周波照射、注射・注入療法などの医療によって、メスを使わずともかなり改善できるようになっています。

美容医療はハードルが高いと思っていらっしゃる方がいるかもしれませんが、美容医療を受ける最も多い年齢は40歳代です。若い時は生まれ持ったものが大きいですが、歳を重ねると積極的なお手入れをしている人と、そうでない人の差が大きくなってくるものです。
40代、50代が気になるたるみ・シワには、ヒアルロン酸注入が「マイナス10歳の見た目年齢」を叶えると大人気です。銀座ケイスキンクリニックは30~40mmのカニューラ針とインジェクションシステムを使用しているため、痛みやダウンタイムが少ないことも好評。
少し前の生き生きとしたご自身のお顔に戻ってみませんか?
是非ご一読下さい。

2014年12月27日

当院の年末年始のお休みは12/30~1/4までとなります。

相談メールの対応は12/30~1/4まではお休みさせていただきますので、ご了承くださいませ。

お休み中にいただきました相談メールは休み明けの1/5より順次返信させていただきます。

なお、かかりつけの患者様で術後の経過など、緊急性を要するご心配事がありましたらホームページの相談メールより、
名前(フルネーム)・繋がりやすいお電話番号・現在の状況(どんな施術を受けて、今どのような症状が出ているのか等)など
を記載してお知らせ下さい。なるべく迅速にご連絡させていただきます。

2014年12月26日

今年始めたこと

今年最後の美ブログですので、ちょっと脱線してアラフォーの私が始めたことかきますね。

きっかけは、娘がピアノを放棄したことからでした。もったいないと20年以上ぶりにピアノを再開しました。

自己流は時間の無駄だと思いレッスンに通い始めました。

ピアノは弾いていなくても、音楽鑑賞や尊敬する音楽家や指揮者の伝記など読んでいたせいか

以外と楽譜はよめたし昔の曲も覚えていて驚きました。語学は全然覚えていなのに脳って不思議

ですよね。

人生紆余曲折経て、再度ドビュッシーにチャレンジしてみました。今練習してみるとなんて幻想的な響きなんだろうと感動してしましまいます。雨の庭という曲ですが、小学校のころはただ楽譜どうりにひいて満足してましたが、今はフランスにも訪れ、なんとなくドビュッシーが過ごしたフランスの雨の庭を自分なりに想い描いたりして。日本のじめじめした雨とは違い、からっとした中で雨がふり、そして雨がやみだんだん明るくなっていくイメージが想像でき美しいのです。

そんな情景を思い浮かべながら練習していると20年前に演奏したときよりテクニックはおちていますが、掘り下げて丁寧に楽譜をみられるようになりました。ショパン、ベートーベンにも再チャレンジです。

日々日常の生活から一人ピアノにむかう時間はかけがえのない楽しみの一つです。またタッチの違いで微妙に音が変わってきます。最近読んだ本にもピアニストによって、曲によってどんな音を好むのかを理解し活躍していた日本人の話も興味深かったです。

日々の診療の仕事も、同じ施術でも患者様それぞれのお肌によりアプローチも違いますし、

注射系は繊細な手先の感覚や感性が大事なため、いろいろなことを吸収して日々の診察に生かしていきたいです。

来年も皆様の綺麗を誠心誠意つくして頑張ります。

2014年12月25日

雑誌『MAQUIA』 2015年2月号 (12月23日発売 掲載ページP56〜57)

特集『「塗って寝るだけコスメ」で翌朝ツヤっと高めの肌』に院長の監修記事が掲載されました。

夜ドロドロに疲れて、一刻も早く寝たいからスキンケアをサボってしまう・・・そんな日はありませんか?洗顔してバリア機能が低下したお肌に保湿をしないと、乾燥肌が加速し日中に受けた肌ダメージの修復もうまくいかなくなります。正しい夜のひと手間「塗って寝るだけコスメ」で、ツヤ肌を手にいれましょう。

是非ご一読下さい。

2014年12月24日

テレビ朝日『中居正広のミになる図書館』12月23日(火)23:15~24:15放映 

テレビ朝日『中居正広のミになる図書館』12月23日(火)23:15~24:15放映 
「知らなきゃよかった!」のコーナーに慶田院長が出演しました。

今回「摩擦黒皮症」について皮膚科専門医として解説いたしました。
身体をごしごし洗いすぎると、皮膚への刺激が原因で肌が黒ずむことがあることをご存知でしたか?
白く綺麗にするつもりの清潔ケアも、方法をあやまるとメラニン色素が真皮に落ち込んでしまい、黒くなった皮膚はなかなか元に戻りません。
「摩擦黒皮症」や肌の乾燥を予防するために、こすらずに優しく洗浄することが基本。
皮脂が多い頭皮、顔、上胸部、上背部以外は石鹸などを泡立てて手で拭う程度で十分です。
特に乾燥が気になる季節ですが、一年を通して洗いすぎにはご注意ください。
是非正しい肌のお手入れを方をご実践ください。

2014年12月16日

日経BP会員情報誌『et Rouge』 2014年No.3 (12月5日発行 掲載ページP63~64、75)

特集「私のNew me!計画。」に院長の取材記事が掲載されました。
美容と健康のエキスパート13人が「BEAUTY」と「PRIVATE」それぞれのジャンルで、今年始めた新しいこと、来年してみたいことを挙げている盛り沢山な特集です。
院長もエキスパートの一人として、今年ヒットと感じたものや、実際に体験して良かったもの、今後興味があることなどを沢山紹介しています。

特集「冷えが解消されれば肌もおのずと美しく!もっともっと、綺麗になるお風呂」
では、からだをあたため、美肌を保つ入浴法についてお話しています。1時間以上の半身浴なんて、多忙を極める現代女性には机上の空論とも言えます。お肌に負担無く、効果を最大限にする入浴テクニックで、寒い冬を乗り切りましょう!
なお、会員専用情報誌のため一般発売はございませんのでご了承ください。

特集「私のNew me!計画。」に院長の取材記事が掲載されました。
美容と健康のエキスパート13人が「BEAUTY」と「PRIVATE」それぞれのジャンルで、今年始めた新しいこと、来年してみたいことを挙げている盛り沢山な特集です。
院長もエキスパートの一人として、今年ヒットと感じたものや、実際に体験して良かったもの、今後興味があることなどを沢山紹介しています。

特集「冷えが解消されれば肌もおのずと美しく!もっともっと、綺麗になるお風呂」
では、からだをあたため、美肌を保つ入浴法についてお話しています。1時間以上の半身浴なんて、多忙を極める現代女性には机上の空論とも言えます。お肌に負担無く、効果を最大限にする入浴テクニックで、寒い冬を乗り切りましょう!
なお、会員専用情報誌のため一般発売はございませんのでご了承ください。

雑誌『美人百花』1月号(12月12日発売 掲載ページP.181)

特集「Beauty Topics 2014美の達人・29人のコメント総まとめ!!プロが見すごさなかった美容トレンドをおさらいしつつ、来年の流行も予測」に当院が掲載されています。
美肌の2大要素は "透明感"と"ハリ感"!! その両方と"潤い感"までが手に入るとして、水光注射(ダーマシャインによる極水光プラス)をご紹介いただきました。
韓国で2013年に大流行した施術ですが、当院でもプルプルのお肌になれると大人気です。
ヒアルロン酸とアミノ酸・ビタミン・成長因子などの美肌カクテルを同時に真皮浅層に届けることで、
肌の内側から瑞々しくなり、ハリのあるお肌へ導きます。
乾燥が進むこの季節、潤い美肌を手にいれてみませんか?
是非ご一読下さい。

2014年12月15日

情報誌『シャルレ カフェ』 2014年12月 号(掲載ページP2~5)

特集「コラーゲンで健康&美肌ケア」に院長の監修記事が掲載されました。
今回、美しさと健康な身体づくりになくてはならないコラーゲンについてお話ししています。
そもそもコラーゲンとはなにか?加齢や生活習慣で不足するコラーゲンを補うヒントなど、女性必読の内容です。
なお、会報誌のため一般発売はございませんのでご了承ください。


2014年12月 9日

非認証ボツリヌス製剤注入による異物肉芽腫

shutterstock_238281955.jpg

ボトックス注入といえば、美容治療の中でも人気の高い治療の一つです。
実は、このボトックス製剤、色々なメーカーのものがあることをご存じでしょうか。

その中でも、米国のFDA(日本でいうところの厚労省のようなところ)並びに
国内で唯一製造販売認証を得ているのが
アラガン社のA型ボツリヌス毒素製剤「ボトックスビスタ」です。

当院では、承認薬であるこの「ボトックスビスタ」を使用していますが、
どの製剤を使用しているかはクリニックによって異なります。

最近ではホームページ上にきちんと記載してるクリニックが多いようですが、
FDAにも認可されていないような製剤が使用されていることもありますので、
特に記載がない場合は確認いただくことをおすすめします。

他国で安価に製造されている非認証ボツリヌス製剤の中には、
溶剤にウシやブタ由来の蛋白を利用したものなどもあり、
注入部位に、アレルギー反応や異物反応から
肉芽腫と呼ばれる赤みを伴ったしこりを発症し、治療に数か月要した症例も出ています。

注入の際には、こういった反応のリスクの少ない製剤を使用しているクリニックでの施術をおすすめします。
また、万が一アレルギー反応や異物反応が起こってしまった場合も含め、
きちんと対処できるようなクリニック選びも大切です。

銀座ケイスキンクリニックでは皮膚科専門医が診療・施術にあたり、
施術後の変化にも責任を持って対応しております。



銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら



お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00)
0120-282-764

2014年12月 6日

WEBサイト ウーマンエキサイト(Woman.excite.)

WEBサイト ウーマンエキサイト(Woman.excite.)掲載

WEBサイト ウーマンエキサイト(Woman.excite.)の「乾燥シーズン到来、朝洗顔でキメの整ったすっぴん肌を取り戻せ!」に院長の取材監修記事が掲載されました。

この時期特に、「冬は汗も出ないし、肌が汚れていない」「水やお湯で落とせるから」「洗顔料を使うと乾燥してしまう」等、いろいろな理由から朝洗顔していない方が多いのでは?!
実は、朝起きた後のお肌には、肌の刺激となる゛変性皮脂″が付着しています。これをしっかりとケアしないと時間の経過と共に肌によくない影響を与えることもあるのです。
皮膚科専門医の視点から冬の肌の特徴や、正しい洗顔法などについてお話しています。
冬の朝におすすめの洗顔法を洗顔料の選び方~洗い方~すすぎ方、お肌のバリアを高める正しい保湿方法まで詳しく解説しています。
冬の乾燥時期もキメの整ったすっぴん肌に近づくため、是非習慣にしていただきたい内容です。

雑誌『25ans』 2014年1月号 (11月28日発売 掲載ページP321)

特集「美しければいいってもんじゃない!キレイは結局、好・感・度"エレ感じイイ"になるビューティー♡」

に当院が掲載されています。
今回、医療レーザー脱毛機「ジェントルレーズ」によるお顔の「パーツ脱毛」が紹介されました。
日々こっそりお手入れしているお顔のムダ毛も、クリニックで脱毛すれば、剃り残しなどの心配もなくなります。
眉まわりや、鼻毛などのパーツ脱毛は、当院の隠れ人気メニューです。
細部もしっかりお手入れすることで、美しさに対する自信をより一層アップさせましょう。
是非ご一読ください。

銀座Ks Skin Clinic
美ブログ

女性皮膚科専門医による、
美のトータルサポート

ホームページへ