« 2018年7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2014年1月30日

痤そう(ニキビ)の実態調査

皆様、こんにちは。土屋佳奈です。

先日、とある医学雑誌に20歳代女性の痤瘡(ニキビ)と痤瘡瘢痕(ニキビ痕)の実態調査という興味深い記事が載っておりました。

無作為に抽出された20歳代女性ボランティア104人を対象に行われた調査では、全体の98.1%に何らかのニキビの皮疹を認め皮疹のない患者は実に1.9%に過ぎないという結果でした。

また、ニキビの皮疹を認めた98.1%の患者のうち、炎症性ニキビの患者が軽症を含め90.4%面ぽう(炎症のない毛穴の詰まり)のみの患者が7.7%となっていました。

ニキビは昔から青春のシンボルとされています。今では青春時代のみならず、20歳以降もニキビに悩まされる思春期後痤瘡の患者様が非常に多いことは認識しておりましたが、皮膚科医として普段診察に当たっている私自身も、この数字をみて非常に多いことに驚かされました。

さらに、患者自身の回答では、全体のおよそ28%が現在ニキビはないと答えていたようですが、皮膚科医の診察によると、そのうちの約90%に炎症のない面ぽう(隠れニキビ)の患者が含まれていたというのです。この結果から、患者自身は面ぽうをあまり認識していないということが窺い知れます。面ぽうは、炎症がないため自覚症状もなく、肌色の微小な皮疹であるため、治療の対象とならないと思っておられる患者様もたくさんいらっしゃるようですが、面ぽうは立派なニキビの初期疹です。

ニキビの治療においては、ニキビ痕を残さずに治すことが重要な治療ゴールです。今回の調査結果では、全体の65%に瘢痕(ニキビ痕)が見られ、かなりの高い頻度で痕を残しうることが明らかになっています。ニキビ痕は炎症性ニキビから生じますが、元に戻すのはなかなか難しく、フラクショナルレーザーなどによるレーザー治療を複数回要します。ニキビ痕を残さないためには、早期診断と治療、さらには予防が非常に重要となります。

今日では、外用薬であるアダパレンの使用や、ケミカルピーリングなどにより炎症性ニキビのみならず、面ぽうの治療も可能となりました。ニキビの原因となる毛穴の詰まりを解消するため、徐々にニキビの出来にくいお肌へと導きます。

当院では、ニキビの治療として、フォトフェイシャルGentle Laseによる肌質改善治療を行っております。いずれも照射の前に、ケミカルピーリングをサービスで行いますので、より高い治療効果を実感頂けます。ダウンタイムもなく、ニキビのみならず、お顔のシミやくすみにも効果的で、徐毛効果もありますので、当院でも非常に人気の施術となっております。

ニキビでお悩みの方のみならず、幅広い年代の皆様にお勧めです。お気軽に御相談ください。

2014年1月27日

美白信仰

皆様、こんにちは。大野淳子です。

美容に携わる者としてはと思いながらも、私はこんがり焼けたテコラッタ肌が好みです。

紫外線の肌への負担はわかっていますが、ビーチなどできれいに焼いている欧米マダムを見ると

太陽の下、気持ち良さそうだし綺麗に焼けています。

パリに在住の元フジテレビアナウンサーの中村江里子さんの著書にも、日本のような美白信仰はなく

バカンス焼けしたテコラッタ肌が好まれるようです。

最近の著書をみると、以前よりしわやたるみが目立ちますし、

同年代の美魔女の方のほうが若くみえますが素敵に歳をとっている感じでした。

しかし、肌質によっては、日焼けにより真っ赤になってしまったり、水ぶくれができたりするかたもいらっしゃりますし

お仕事上NGなかたもいらっしゃいますよね。(以前娘はバレエの先生に怒られたようです。)

ただ、何が何でも美白=美しいという価値観だけでなくてもいいのではと思うのです。

年中日焼けは大敵ですが、日焼けしてしまったら美白効果、抗酸化効果のあ高濃度ビタミンC点滴や、

シミ予防にナノエッグ(レチノイン酸)やハイドロキノン、ジェネシスなど美容医療もあります。

上手に太陽と付き合っていきたいですね。

2014年1月23日

デルマドローム その2

皆様こんにちは、土屋佳奈です。

前回、内臓悪性腫瘍と関連する皮膚疾患につき御紹介させて頂きましたが、今回は肝臓疾患に伴うデルマドロームについて少し御紹介したいと思います。

デルマドロームとは、デルマ(皮膚)+シンドローム(徴候)のことで、内臓の症状が皮膚の症状として出現してくることを言います。

「沈黙の臓器」といわれる肝臓は、ある程度症状が進行していても無症状で、通常痛みを感じないために発見が遅れるケースが多々あります。食欲不振、全身の倦怠感、体重減少などの全身症状以外に、皮膚病変から疑うべき肝臓疾患について予め御自身で知っておくことが早期発見のためにも非常に重要です。

1、黄疸

肝臓から胆のうを経て排泄されるはずのビリルビンが、血液中にたまると黄疸になります。

眼瞼と眼球の結膜部が黄色く染まり、ついで皮膚も黄色、あるいは黄褐色に染まります。

2、皮膚瘙痒症

黄疸があるとき、黄疸がなくても血液中に胆汁酸が増加したとき、または正体不明の成分によって、

肝臓が障害されたときなどには、皮膚が乾燥してかゆくなります。また、掻いているうちに二次的に湿疹を引き起こすこともあります。

3、手掌紅斑、くも状血管腫、女性化乳房

肝臓病のときには、血管が広がる症状がでやすくなります。

血液中にエストロゲンという女性ホルモンが増えるためというのが、原因の1つと考えられています。

手のひらが赤くなる手掌紅斑、小さな傘を開いたような形の血管拡張症であるくも状血管腫がみられます。

また、男性の乳房が大きくなる女性化乳房もみられることがあります。

なお、肝硬変が進むと、胸腹壁の静脈が怒張(膨れて隆起した状態)して皮膚表面に浮き出すようになります。

これをメドューサの頭といいます。

以上、代表的な3つを御紹介致しました。

「これはどうかしら?」「これは大丈夫かしら・・」御自身で少しでもご心配に感じられるようでしたら、早めに皮膚科専門医へ一度ご相談ください。

2014年1月17日

雑誌『美ST』2014年3月号

雑誌『美ST』2014年3月号(1月17日発売 掲載P114)

特集「コスメ・クローゼットの出番待ちたちにはすべて意味がある!
賢い美女は自宅にズラリ!"スットック・コスメ"」
に院長が紹介されました。
各分野の著名人から美ST世代の主婦まで、総勢25人のお宅訪問レポートです。
きれいな人ほど"常備コスメがあると安心"という共通認識!
院長が実際使用しているお気に入りコスメもご覧いただけます。
ぜひご一読ください。

雑誌『美ST』3月号(1月17日発売 掲載P114)

2014年1月16日

子供のレーザー脱毛

院長の慶田朋子です。
最近は寒さに弱く、「夏でも生脚なんてとんでもない」今年40歳になるわたくしです。
10代から20代の頃はストッキングが大嫌いで生脚でした。

お子さんのレーザー脱毛の適応について、時折ご相談を受けます。
施術に関しては、安全性の高い機器なので、小学生でも全く問題なしなのです☆
そして、「この毛を減らしたい!!」というご本人の意欲の有無も大切なポイント。

しかしながら、体毛の生え方がどの程度かによっては、
「少し待ってみましょう」とご案内することもあります。
成長期ですので、成人に比較して、トータルの施術回数が多くなる可能性もありますが、成人まで待つ必要はないのではと考えています。
なぜなら、思春期が一番、脱毛によるベネフィット(利点)を楽しめる時期だと思うからです。
「生脚+ソックス」、「水泳の授業」、「夏は薄着」などなど、、、

「脱毛は回数がかかるから。。。」
と二の足を踏まれる方もいらっしゃいますが、
少しでも薄くなって、軟毛化するだけで、剃毛も楽になりますし、
剃った後のチクチク感も無くなって気持ち良いものです。☆☆☆
お年頃のお嬢様は入浴時などに「毛づくろい」に時間がかかるものと伺います。

何を隠そう、わたくしも、中高時代は勉強の逃避行動として毛抜きで無駄毛を抜くのが好きでした。
いったいどれだけの時間を、無駄毛に無駄に費やしたことか(笑)
レーザー脱毛すれば、お勉強に集中できるかも?
時間もかからないので、忙しい学生さんにもおすすめです。
両脇なら、2分ほどで終了。

当院のジェントルレーズは、DCDシステム搭載。
冷却ガスが当たって、直後にレーザーが照射されるので
その名の通り、優しいGentleなのです。

超痛がりさんでも、麻酔を塗れば大丈夫ですのでご安心を。
両親譲りで毛多めの長女は既に、口回り・眉間を2回、ひざ~すねを2回照射済み。

中学受験が終わったら、長女のお友達も始めます。
目安としては、生理が来る前は、3~4か月に1度程度、
生理が来た後は、大人と同じく1か月半から2か月毎に6回程度の繰り返し照射をお勧めしています。
医療レーザー脱毛について詳しくはコチラ↓

マイクロニードル美容法、スカーレットRF

院長の慶田朋子です。
皆さま、お正月はどのように過ごされましたか?
私は、テレビを観たり、本を読んだりしてのんびり過ごしました。

先日お正月番組TBS「嵐を呼ぶあぶない熟女VII」の、熟女禁断の美容法で、マイクロニードル美容法を実践されていると、
美容ジャーナリストの南美希子さんがご紹介されていました。
施術中の血だらけの様子もすべて見せていらして、さすが、美の伝道師です☆

機種は異なりますが、当院の場合は「スカーレットRF」がマイクロニードル治療にあたります。
1ショットで25本の針電極から真皮内でRF(高周波)が照射されます。

当院の機種は施術中ほぼ無血、出血しません♪
針長は最長3.5㎜と皮下組織まで届くほど長いのですが、
高周波の照射時間が十分のため止血効果があるのです。
ほとんど出血しない⇒内出血なしと言うわけなのでご安心くださいませ!!
さらに、施術の範囲は、基本のフルフェイルで全顔~顎下~首、耳下まで。眉下や目の際まで含むので非常にお得です。
満足度も高くリピート率80パーセント以上☆

スカーレットRFについて詳しくはコチラ↓

加齢臭とは違う!?ミドル脂臭『ジアセチル』とは?

成熟男性は少し脂っぽい独特の臭いがありますよね。
そうです。ご主人やお父様の枕カバーのにおいです。
今までは加齢臭として一括されていましたが、
30~40代の男性の脂っぽい独特の臭いの原因成分『ジアセチル』が初めて明らかにされました!
加齢臭の原因ノネナールとは違う、成熟世代の臭いは『ミドル脂臭』と名付けられ、頭部から多く発生します。
汗に含まれる乳酸を、表皮ブドウ球菌などの皮膚常在菌が代謝して出来るとのこと。
男性は毎日、ある程度脱脂力の強い洗浄剤で頭から首をしっかり洗うと良さそうですね!

ワキガにお悩みの方は、当院でも人気のレーザー脱毛とボトックスビスタの注射が即効性もありおすすめです。
日本人には真正のワキガのかたはほとんどいらっしゃらないので、この治療法で十分満足されると思います。

ボトックスの効果は半年から1年持続します。

株式会社マンダムでは、「ミドル男性特有の体臭」について原因となるニオイ成分の特定と、それを効果的に抑制する技術の開発に取り組んでいます。
30~40歳代のミドル男性における不快な脂っぽいニオイ「ミドル脂臭」の原因成分が、
頭部とその周辺から発生する「ジアセチル」であることを、独自の解析手法により世界で初めて明らかにしました。

また、この「ジアセチル」は、表皮ブドウ球菌などの皮膚常在細菌が汗に含まれる「乳酸」を代謝することで発生することを解明するとともに、
数種のフラボノイド含有植物エキスが、皮膚常在細菌の「乳酸代謝」を阻害し、ジアセチルの発生を効果的に抑制することを見出しました。
この「ミドル脂臭抑制技術」は、近く、ミドル男性向けのデオドラント剤などに応用される予定だということです。



銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら



お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00)
0120-282-764

2014年1月15日

雑誌『Hanako』2014.1.23号

雑誌『Hanako』2014.1.23号(1月9日発売 掲載ページP84)

雑誌一冊が、「女性に優しい病院探し&不調ケア」特集です。
"切らないハッピーリバースエイジング®"をモットーに正しい診断と的確な治療を身上とし、
ナチュラルに仕上げる高度な注入と美的センスに定評があるクリニックとして紹介されました。
ぜひご一読ください。

雑誌『Hanako』2014.1.23号

銀座Ks Skin Clinic
美ブログ

女性皮膚科専門医による、
美のトータルサポート

ホームページへ