« 2018年7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2014年9月30日

雑誌『25ansウエディング 2015春』2014年10月号 (9月22日発売 掲載ページP300)

特集「光り輝くオーラを放つ最旬セレブに学べ!幸せ感に満ちた肌、髪、ボディのつくり方」
に当院の「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)集中治療」が掲載されています。

「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」とは二の腕などによく見られる赤黒いブツブツした皮膚症状のこと。東洋人の若年者に多いのですが、有効な治療法がほとんどありませんでした。銀座ケイスキンクリニックでは「ケミカルピーリング」「ジェントルレーズ」「ジェネシス」を組み合わせ、治らないとあきらめていた方にも効果が高い集中メニューを作り、ご好評いただいています。

ウエディングドレスやノースリーブをより美しく、自信を持って着こなしていただきたいとの願いが込められています。ぜひご一読ください。

当院ではブライダルメニューも多数ございます。挙式のご予定がお決まりでしたら、是非お早めにご相談ください。

2014年9月24日

『からだの本』VOL.23 (9月17日発売 掲載ページP29~36)

特集「シミ、白髪・薄毛、ムダ毛...見た目の悩み、どうにかしたい!」
に院長の取材監修記事が掲載されました。

今回、お悩みが最も多いシミとムダ毛について解説。

代表的なシミの種類の解説に始まり、シミを出来にくくするスキンケア、紫外線対策の徹底方法、シミ予防に効果的な食品についてなどを詳しくお話しています。

肌老化をまねく活性酸素とシミとの因果関係や、最近話題の "抗酸化作用"を持つ食品についてもご紹介。

またムダ毛の処理について、セルフケアで迷いがちの「剃毛とアフターケア方法」を部位ごとに写真とイラストで解説。

間違った処理をすると、肌の乾燥や黒ずみをまねくことがあります。思わぬトラブルが多いムダ毛の処理法を、皮膚科専門医がしっかりアドバイスしています。

特集ではイラストレーターさんが当院の人気シミ治療「ケミカルピーリング+ジェントルレーズ照射+アキュチップ照射」を体験。ドキドキから感動の美白肌を手に入れるまでを楽しい漫画形式でご紹介下さいました。

ぜひご一読ください。

『FRAU』2014年10月号 (9月12日発売 掲載ページP104)

特集「5分で、キレイ!美界プロ25人の㊙テクニックを使えば!」
に当院のスマスアップ治療が掲載されました。

エステ・スパジャーナリスト惣流マリコさんの「痛くもコワくもないナチュラルメディカル」のコーナーで「スマスアップ」による額~目まわりのたるみ治療をご紹介いただいています。

高周波と電気刺激のダブル効果で高い引き締め効果が人気のスマスアップは、お目元がパッチリさせるナチュラルアイリフト効果も。

FRAUの読者様限定で、通常は目の下~首照射時のオプションでご案内している目まわり~額の照射メニューを、特別価格でお受けいただけます。

今回のみ単品でお受けいただけるメニューです。

ぜひご一読ください。


「スマスアップ」について詳しくはこちら⇒スマスアップ

2014年9月16日

しつこい炎症性のニキビにスカーレットRF

ニキビ痕の凹みや開いた毛穴、たるみ、こじわにおすすめのスカーレットRFですが、

膿を持ったり、赤く腫れ上がった炎症性のニキビにも効果を発揮してくれることが、
韓国のDrより報告されています。

ニキビは①皮脂の過剰な産生、②毛穴周囲の過角化、③アクネ菌の増殖によって引き起こされますが、
スカーレットRFは、高周波(RF)による熱刺激によって皮脂腺の活動を抑制し、
ニキビの原因となる過剰な皮脂の産生を抑えます。

また、コラーゲン線維やエラスチンの産生を促し、肌自体をふっくらさせてハリを出し、
ニキビ痕や毛穴の開大を改善する効果もあります。

ピーリング+フォトセラピー、抗生剤の内服や外用、ビタミン剤の服用などでも
なかなか効果が出ない方におすすめです。

是非一度ご相談ください。

2014年9月 2日

近赤外線とお肌の関係②

先日「近赤外線とお肌の関係①」近赤外線についてお話ししましたが、

今回はお肌への影響についてお話ししたいと思います。

近赤外線は、水とヘモグロビン(血液の赤い色素)に吸収されるため、
強い近赤外線に暴露されると
血管が拡張して紅斑が出たり、
水とヘモグロビンを皮膚表面に集積させ、
さらに汗をかいて皮膚の水分量を増加させ、
それでも水分が足りなければ水疱をつくって深部の組織を防御しようとします。

また、筋肉のミオグロビンにも吸収されるため、
日常的に太陽光の強い近赤外線に暴露されると皮下の筋肉が菲薄化します。

その他、光線過敏症を悪化させたり、
毛細血管拡張(赤ら顔)光老化によるしわやたるみなどをひきおこす可能性があると言われています。

強すぎる太陽光の近赤外線は様々な悪影響を及ぼす一方で、

波長や照射条件の工夫によっては
生体深部にまで光を到達させ、強い生物学的作用を及ぼすことが期待できます

銀座ケイスキンクリニックでも、フェイスラインの引き締めで大人気のタイタンですが、
実はこれは近赤外線を利用したたるみの治療機です。

近赤外線が深部に到達する特徴を活かして、
真皮の中層~下層の深い部分に熱を加えることにより、
線維芽細胞を活性化して、コラーゲン線維やエラスチン、ヒアルロン酸の産生を促します

組織学的にもこの所見は確認されていて、
ゆっくりとした変化ではありますが、実際お肌にハリが出て、リフトアップ感が得られます。

お肌にとって悪とされがちな近赤外線ですが、
それは強すぎる太陽光の近赤外線のお話です。

タイタンのように、波長や照射条件を工夫した機器によっては、
逆にお肌の再生が可能であり、光老化によるしわ・たるみの治療ができるのです。

ぜひ一度お試し下さい。

銀座Ks Skin Clinic
美ブログ

女性皮膚科専門医による、
美のトータルサポート

ホームページへ