« 2018年7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2015年2月 3日

雑誌『エクラéclat』2015年3月号 (2月1日発売 掲載ページP105)

特集「エクラ編集部がリサーチ!頼りにしたい!美容器具とプロの施術」に当院のパーツ治療が掲載されました。

今回éclat世代のパーツケアの特集で、当院の「美ひざ集中治療」をご紹介いただきました。

「美ひざ集中治療」は「ケミカルピーリング」、「ジェントルレーズ」、「スマスアップ」、「脂肪溶解注射」がセットになり、4回に渡って膝の治療を行っていく特別コースです。膝のくすみ、傷跡、たるみ、ムダ毛を解消し、すっきり細い膝を作っていきます。ついついお手入れを怠りがちなボディの細部にこそ、年齢が出やすいとも言えます。

分厚いタイツを脱ぎ捨てる春の前に、クリニックでケアして綺麗な膝を手に入れましょう!

是非ご一読下さい

2015年1月26日

雑誌『美的』2015年3月号 (1月23日発売 掲載ページP129、132)

特集「ズバリ!花粉症にはこれが効く!」に院長の監修記事が掲載されました。

今回、花粉症による肌あれ対策コスメを紹介するコーナーで、皮膚科専門医としてスキンケアアドバイスをしています。
花粉症で起こりやすい肌トラブルが、カサつきやかゆみ、湿疹です。花粉症があっても、肌のバリア機能が正しく働いていれば肌荒れは起きにくいので、お肌の生理に基づいたスキンケアと専門医の見立てが欠かせません。正しいお手入れ方法や、コスメ選び方などもご紹介しています。

花粉症シーズンでもしっかりとお手入れをして、トラブル知らずのお肌を手に入れましょう。

是非ご一読下さい。
2015年1月19日

雑誌『ゆほびか』2015年3月号 (1月16日発売 掲載ページP56~57)

特集『顔を自力で若返らせる「美顔医学」最前線』に取材監修記事が掲載されました。

『お疲れ感・老け感を醸し出す「目の下のくぼみ・クマ」は体を温めると改善』として顔年齢に影響する悪い習慣や改善させるアンチエイジング方法についてお話しています。
年齢が上がるほどに差が出る「顔年齢」を左右するシワ・いぼ・たるみ等の様々な老化のサインはその仕組みから詳しく解説しています。また、アンチエイジングを叶える筋肉トレーニング、必要な栄養素などにも触れています。
お顔のアンチエイジング効果が現れて自信が生まれると、その方の生き方まで前向きに変わってくるものです。良い習慣をプラスし、ハッピーな日常をお過ごしいただけたらと思います。
是非ご一読ください。

2014年12月30日

WEB版 クロワッサン倶楽部『増田美佳の病院へ行こう!』(2014年12月25日掲載)

WEB版 クロワッサン倶楽部『増田美佳の病院へ行こう!』(2014年12月25日掲載)に院長の取材記事が掲載されました。
年齢を重ねると増えるたるみやシワ、シミ、毛穴、くすみ等・・・鏡を見るのが憂鬱になります。

そこで今、美容皮膚科クリニックでは何が行われているのか、気軽に受診できるのかなど美容医療未経験の方が抱く、疑問にお答えしています。
お肌の加齢変化も、外用薬、化粧品、レーザー、光・高周波照射、注射・注入療法などの医療によって、メスを使わずともかなり改善できるようになっています。

美容医療はハードルが高いと思っていらっしゃる方がいるかもしれませんが、美容医療を受ける最も多い年齢は40歳代です。若い時は生まれ持ったものが大きいですが、歳を重ねると積極的なお手入れをしている人と、そうでない人の差が大きくなってくるものです。
40代、50代が気になるたるみ・シワには、ヒアルロン酸注入が「マイナス10歳の見た目年齢」を叶えると大人気です。銀座ケイスキンクリニックは30~40mmのカニューラ針とインジェクションシステムを使用しているため、痛みやダウンタイムが少ないことも好評。
少し前の生き生きとしたご自身のお顔に戻ってみませんか?
是非ご一読下さい。

2014年12月25日

雑誌『MAQUIA』 2015年2月号 (12月23日発売 掲載ページP56〜57)

特集『「塗って寝るだけコスメ」で翌朝ツヤっと高めの肌』に院長の監修記事が掲載されました。

夜ドロドロに疲れて、一刻も早く寝たいからスキンケアをサボってしまう・・・そんな日はありませんか?洗顔してバリア機能が低下したお肌に保湿をしないと、乾燥肌が加速し日中に受けた肌ダメージの修復もうまくいかなくなります。正しい夜のひと手間「塗って寝るだけコスメ」で、ツヤ肌を手にいれましょう。

是非ご一読下さい。

2014年12月24日

テレビ朝日『中居正広のミになる図書館』12月23日(火)23:15~24:15放映 

テレビ朝日『中居正広のミになる図書館』12月23日(火)23:15~24:15放映 
「知らなきゃよかった!」のコーナーに慶田院長が出演しました。

今回「摩擦黒皮症」について皮膚科専門医として解説いたしました。
身体をごしごし洗いすぎると、皮膚への刺激が原因で肌が黒ずむことがあることをご存知でしたか?
白く綺麗にするつもりの清潔ケアも、方法をあやまるとメラニン色素が真皮に落ち込んでしまい、黒くなった皮膚はなかなか元に戻りません。
「摩擦黒皮症」や肌の乾燥を予防するために、こすらずに優しく洗浄することが基本。
皮脂が多い頭皮、顔、上胸部、上背部以外は石鹸などを泡立てて手で拭う程度で十分です。
特に乾燥が気になる季節ですが、一年を通して洗いすぎにはご注意ください。
是非正しい肌のお手入れを方をご実践ください。

2014年12月16日

日経BP会員情報誌『et Rouge』 2014年No.3 (12月5日発行 掲載ページP63~64、75)

特集「私のNew me!計画。」に院長の取材記事が掲載されました。
美容と健康のエキスパート13人が「BEAUTY」と「PRIVATE」それぞれのジャンルで、今年始めた新しいこと、来年してみたいことを挙げている盛り沢山な特集です。
院長もエキスパートの一人として、今年ヒットと感じたものや、実際に体験して良かったもの、今後興味があることなどを沢山紹介しています。

特集「冷えが解消されれば肌もおのずと美しく!もっともっと、綺麗になるお風呂」
では、からだをあたため、美肌を保つ入浴法についてお話しています。1時間以上の半身浴なんて、多忙を極める現代女性には机上の空論とも言えます。お肌に負担無く、効果を最大限にする入浴テクニックで、寒い冬を乗り切りましょう!
なお、会員専用情報誌のため一般発売はございませんのでご了承ください。

特集「私のNew me!計画。」に院長の取材記事が掲載されました。
美容と健康のエキスパート13人が「BEAUTY」と「PRIVATE」それぞれのジャンルで、今年始めた新しいこと、来年してみたいことを挙げている盛り沢山な特集です。
院長もエキスパートの一人として、今年ヒットと感じたものや、実際に体験して良かったもの、今後興味があることなどを沢山紹介しています。

特集「冷えが解消されれば肌もおのずと美しく!もっともっと、綺麗になるお風呂」
では、からだをあたため、美肌を保つ入浴法についてお話しています。1時間以上の半身浴なんて、多忙を極める現代女性には机上の空論とも言えます。お肌に負担無く、効果を最大限にする入浴テクニックで、寒い冬を乗り切りましょう!
なお、会員専用情報誌のため一般発売はございませんのでご了承ください。

雑誌『美人百花』1月号(12月12日発売 掲載ページP.181)

特集「Beauty Topics 2014美の達人・29人のコメント総まとめ!!プロが見すごさなかった美容トレンドをおさらいしつつ、来年の流行も予測」に当院が掲載されています。
美肌の2大要素は "透明感"と"ハリ感"!! その両方と"潤い感"までが手に入るとして、水光注射(ダーマシャインによる極水光プラス)をご紹介いただきました。
韓国で2013年に大流行した施術ですが、当院でもプルプルのお肌になれると大人気です。
ヒアルロン酸とアミノ酸・ビタミン・成長因子などの美肌カクテルを同時に真皮浅層に届けることで、
肌の内側から瑞々しくなり、ハリのあるお肌へ導きます。
乾燥が進むこの季節、潤い美肌を手にいれてみませんか?
是非ご一読下さい。

2014年12月15日

情報誌『シャルレ カフェ』 2014年12月 号(掲載ページP2~5)

特集「コラーゲンで健康&美肌ケア」に院長の監修記事が掲載されました。
今回、美しさと健康な身体づくりになくてはならないコラーゲンについてお話ししています。
そもそもコラーゲンとはなにか?加齢や生活習慣で不足するコラーゲンを補うヒントなど、女性必読の内容です。
なお、会報誌のため一般発売はございませんのでご了承ください。


2014年12月 6日

WEBサイト ウーマンエキサイト(Woman.excite.)

WEBサイト ウーマンエキサイト(Woman.excite.)掲載

WEBサイト ウーマンエキサイト(Woman.excite.)の「乾燥シーズン到来、朝洗顔でキメの整ったすっぴん肌を取り戻せ!」に院長の取材監修記事が掲載されました。

この時期特に、「冬は汗も出ないし、肌が汚れていない」「水やお湯で落とせるから」「洗顔料を使うと乾燥してしまう」等、いろいろな理由から朝洗顔していない方が多いのでは?!
実は、朝起きた後のお肌には、肌の刺激となる゛変性皮脂″が付着しています。これをしっかりとケアしないと時間の経過と共に肌によくない影響を与えることもあるのです。
皮膚科専門医の視点から冬の肌の特徴や、正しい洗顔法などについてお話しています。
冬の朝におすすめの洗顔法を洗顔料の選び方~洗い方~すすぎ方、お肌のバリアを高める正しい保湿方法まで詳しく解説しています。
冬の乾燥時期もキメの整ったすっぴん肌に近づくため、是非習慣にしていただきたい内容です。

雑誌『25ans』 2014年1月号 (11月28日発売 掲載ページP321)

特集「美しければいいってもんじゃない!キレイは結局、好・感・度"エレ感じイイ"になるビューティー♡」

に当院が掲載されています。
今回、医療レーザー脱毛機「ジェントルレーズ」によるお顔の「パーツ脱毛」が紹介されました。
日々こっそりお手入れしているお顔のムダ毛も、クリニックで脱毛すれば、剃り残しなどの心配もなくなります。
眉まわりや、鼻毛などのパーツ脱毛は、当院の隠れ人気メニューです。
細部もしっかりお手入れすることで、美しさに対する自信をより一層アップさせましょう。
是非ご一読ください。

2014年11月25日

雑誌『GLITTER』2014年10月号(10月7日発売 掲載ページ 別冊P10、P14)

特別付録「肌が若返る!成分ビューティガイドBOOK」
に院長の取材記事が掲載されました。

「肌が生まれ変わる、ホームケアで栄養チャージ」のページでは、ターンオーバーに
合わせた正しいスキンケアについてQ&A形式で皆さんのご質問に、女性皮膚専門医として院長がお答えしています。

「処方『成分』ガイダンス」のページでは、医療機関でしか処方出来ないシミに効く特別な成分として、
当院のハイドロキノン、ルミキシル、レチノイン酸などをご掲載頂きました。

また最近注目の美容成分として飲む日焼け止めヘリオケアの「ファーレンブロック」をご紹介しています。
賢い女性はイメージではなくコスメも成分で選ぶ時代です。
是非ご一読下さい。

2014年11月15日

【美レンジャー】(2014年11月10日掲載)

「『乾燥対策に水だけ洗顔』はNO!専門医が教える正しい洗顔法紹介」
に院長の取材監修記事が掲載されました。

皮膚科専門医の視点から冬の肌の特徴や、正しい洗顔法などについてお話していま
す。

秋冬の朝におすすめの洗顔法を洗顔料の選び方~洗い方~すすぎ方まで詳しく解説。

正しい洗顔法で、刺激となる変性皮脂を取り除きながらも、肌に必要な水分やバリア
機能を保ちましょう。

秋冬の乾燥トラブルを避けるため、是非習慣にしていただきたい内容です。

【オールアバウト】(2014年11月7日掲載)

「すっぴん美人の美習慣」『キメの整ったすっぴん美人が叶う、冬の朝洗顔とは?』
に院長の取材監修記事が掲載されました。

皮膚科専門医の視点から冬の肌の特徴や、正しい洗顔法などについてお話していま
す。

秋冬の朝におすすめの洗顔法を洗顔料の選び方~洗い方~すすぎ方まで詳しく解説。

空気に触れると酸化してしまう皮脂(変性皮脂)を取り除きながらも、肌に必要な水
分やバリア機能を守るのがポイントです。

秋冬の乾燥時期も健康的なすっぴん美人に近づくため、是非習慣にしていただきたい
内容です。

2014年11月 6日

雑誌『週刊女性』 2014年11月18日号 (11月4日発売 掲載ページP180〜181)

特集「生え際3㎝が危険ゾーンだった!頭をもめば顔まで若返るってホント?」
『皮膚専門医が教える 若さと美しさに影響する頭皮と皮膚の関係とは?』
に院長の取材監修記事が掲載されました。

今回は、顔のたるみと頭皮、表情筋について詳しく解説しています。また、老化防止に役立つ5つの「顔の血流改善策」はすぐに日常生活に取り入れていただけるので必見です。医療機関でのたるみ治療として、生え際からリフトアップを叶える当院オリジナルの「ヘッドスレッドリフト」と筋膜からリフトアップさせる照射治療「ウルセラリフト」についても掲載されています。
是非ご一読ください。

2014年10月28日

日本テレビ ヒルナンデス10月30日(木)OA 「イカす!クリニック」

日本テレビ ヒルナンデス10月30日(木)OA 「イカす!クリニック」
のコーナーにVTR慶田院長が出演いたします。

今回「乾燥肌対策」について監修しています。

OA時間は12時40分頃~の予定ですが、生放送のため多少早めの時間からチェックをお願いします。
明後日どうぞお見逃しなく。

2014年10月27日

雑誌『美ST』2014年12月号 (10月17日発売 掲載ページP173)

特集「園ママ 小学生ママ 思春期ママ 子育て期別 好感度ビューティ」
に当院の取材記事が掲載されています。

小学生のお子様がいらっしゃる美STモデル菅野安希子様が行きつけサロンとして当院を紹介くださいました。
ノーダウンタイムでしみ、くすみなどを改善し肌のキメを整える「肌質改善ピーリング+ジェントルレーズ照射」と同時に「高濃度ビタミンC点滴」をお受けいただいています。

ビタミンCはしみの改善には勿論のこと、様々なストレスで発生する活性酸素を還元し、免疫力を高めてくれるので疲労回復や抗ガン効果もあります。
他の施術をお受けいただいている間に点滴が出来るので、忙しいママ世代の美容と健康増進に人気のメニューです。
ぜひご一読ください。

bst201412.png

2014年10月 7日

雑誌『ミセス』2014年11月号 (10月7日発売 掲載ページP181)

特集「美容エッセイスト・錦織なつみさんが体験!〈今どき美容医療ルポ〉パルス療法のような高濃度ビタミン点滴」に当院が掲載されています。

今回クリニックオリジナル「高濃度ビタミンC点滴」の体験を紹介くださいました。
ビタミンCはコラーゲンを合成し、健康で美しい肌をつくるのに欠かすことが出来ません。

日々消費されているビタミンCを点滴することで、紫外線・ストレス・たばこなどの影響などによって発生し、からだの老化につながる活性酸素を除去します。

また、免疫力を高め疲労回復にも即効性があります。
錦織様も夏の疲れから風邪気味だった体調を回復されて、効果を実感いただきました。
患者様との対話を大切にしたクリニックの雰囲気も、お感じいただける内容です。

ぜひご一読ください。

2014年9月30日

雑誌『25ansウエディング 2015春』2014年10月号 (9月22日発売 掲載ページP300)

特集「光り輝くオーラを放つ最旬セレブに学べ!幸せ感に満ちた肌、髪、ボディのつくり方」
に当院の「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)集中治療」が掲載されています。

「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」とは二の腕などによく見られる赤黒いブツブツした皮膚症状のこと。東洋人の若年者に多いのですが、有効な治療法がほとんどありませんでした。銀座ケイスキンクリニックでは「ケミカルピーリング」「ジェントルレーズ」「ジェネシス」を組み合わせ、治らないとあきらめていた方にも効果が高い集中メニューを作り、ご好評いただいています。

ウエディングドレスやノースリーブをより美しく、自信を持って着こなしていただきたいとの願いが込められています。ぜひご一読ください。

当院ではブライダルメニューも多数ございます。挙式のご予定がお決まりでしたら、是非お早めにご相談ください。

2014年9月24日

『からだの本』VOL.23 (9月17日発売 掲載ページP29~36)

特集「シミ、白髪・薄毛、ムダ毛...見た目の悩み、どうにかしたい!」
に院長の取材監修記事が掲載されました。

今回、お悩みが最も多いシミとムダ毛について解説。

代表的なシミの種類の解説に始まり、シミを出来にくくするスキンケア、紫外線対策の徹底方法、シミ予防に効果的な食品についてなどを詳しくお話しています。

肌老化をまねく活性酸素とシミとの因果関係や、最近話題の "抗酸化作用"を持つ食品についてもご紹介。

またムダ毛の処理について、セルフケアで迷いがちの「剃毛とアフターケア方法」を部位ごとに写真とイラストで解説。

間違った処理をすると、肌の乾燥や黒ずみをまねくことがあります。思わぬトラブルが多いムダ毛の処理法を、皮膚科専門医がしっかりアドバイスしています。

特集ではイラストレーターさんが当院の人気シミ治療「ケミカルピーリング+ジェントルレーズ照射+アキュチップ照射」を体験。ドキドキから感動の美白肌を手に入れるまでを楽しい漫画形式でご紹介下さいました。

ぜひご一読ください。

『FRAU』2014年10月号 (9月12日発売 掲載ページP104)

特集「5分で、キレイ!美界プロ25人の㊙テクニックを使えば!」
に当院のスマスアップ治療が掲載されました。

エステ・スパジャーナリスト惣流マリコさんの「痛くもコワくもないナチュラルメディカル」のコーナーで「スマスアップ」による額~目まわりのたるみ治療をご紹介いただいています。

高周波と電気刺激のダブル効果で高い引き締め効果が人気のスマスアップは、お目元がパッチリさせるナチュラルアイリフト効果も。

FRAUの読者様限定で、通常は目の下~首照射時のオプションでご案内している目まわり~額の照射メニューを、特別価格でお受けいただけます。

今回のみ単品でお受けいただけるメニューです。

ぜひご一読ください。


「スマスアップ」について詳しくはこちら⇒スマスアップ

2014年8月30日

『女性自身』2014年9月9日号 (8月26日発売 掲載ページP114~116)

特集「家のニオイ、服のニオイ、体のニオイ 決定版 セルフ消臭」
に院長の取材監修記事が掲載されました。

今回『年を重ねてさらに気になる・・・「自分のニオイ」「夫のニオイ」』のコー
ナーを担当。

男女の「加齢臭」、中年男性の「ミドル脂臭」など年齢とともに気になる体臭の原因
と対策についてお話しています。

特に皮脂が多い部位として知られる頭皮、女性のデリケートゾーン、足などの臭いの
メカニズムを解説。

その原因をもとに、部位ごとのセルフケア方法をお教えしています。

臭いが増す要因に応じたケアを行うことで、効果的な消臭対策ができます。

残暑も快適に過ごすために、お役立ていただける内容です。

ぜひご一読ください。

2014年8月29日

雑誌『MAQUIAマキア』2014年10月号 (8月23日発売 掲載ページP196)

特集「マニアックビューティREPORT」に当院の「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせ
ん)集中治療」が掲載されています。

「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」とは聞き慣れない疾患名ですが、二の腕な
どによく見られる赤黒いブツブツした皮膚症状のことです。

かゆみや痛みがないため、特別治療されないことが多い疾患ですが、実際は見た目に
悩んでいる方が沢山いらっしゃいます。

「毛孔性苔癬」は毛穴の角質異常であり、間違ったケア方法でさらに角質が厚くなる
と症状が悪化してしまうこともあります。

そこで、MAQUIAではお肌への刺激を抑えた日常のケア方法を慶田院長が詳しく解説し
ています。

また毛孔性苔癬の最前線治療として、当院の「毛孔性苔癬集中治療」がおすすめされ
ています。

「ケミカルピーリング」「ジェントルレーズ」「ジェネシス」を組み合わせ、治らな
いとあきらめていた方にも効果が高い施術です。

ぜひご一読ください。

2014年8月20日

雑誌『フィッテ』2014年10月号 (8月16日発売 掲載ページP47~61)

特集「8人の医師が本当にやせた!ドクター直伝ダイエット」

に慶田院長の取材記事が掲載されています。

女性向けの健康、ビューティ情報誌「フィッテ」にて、8名の医師が自身のダイエット法を紹介する特集です。
慶田院長は、実際に産後5kgの減量をした「低脂肪&高たんぱくダイエット」を紹介
しています。

このダイエットを主に3つのポイントで解説。

ガマンをしなくても食材の選択や食べる順番の工夫で、健康的な減量が可能。
さらにダイエット中もしっかり美しい肌を保つ点は、美容皮膚科医ならではの内容で
す。

医師としてのサイエンスに基づき、美肌と健康を意識した減量法は必見!

ぜひご一読ください。

2014年8月 7日

ヒルナ ンデス番組内の『イカす!クリニック』2014年5月15日木曜日12:00~

ヒルナンデス番組内の『イカす!クリニック』というコーナーにコメント出演いたしました。(5月15日木曜日12:30~)

初夏によくあるお悩みとして、『テカリ』の原因についてコメントしました。

内容は・・・
夏になるとテカりがひどくなると感じられる方も多いと思いますが、実は皮脂の分泌量は一年を通してずっと変わらないということをご存知でしたか?
では何故夏になるとテカってしまうのか・・・
皮脂が汗と合わさることでさらにテカって、ベタついてしまいます。
テカり防止のスキンケア方法として解説した内容を一部ご紹介いたします。
シートパックは短時間とし、保湿はクリームをしっかり塗ることがポイントです。
この夏はテカリ知らずのお肌を目指しましょう♪

テレビ出演『生活情報マーケットなないろ日和』2014年7月10日木曜日9:28~11: 13

『生活情報マーケット なないろ日和』 に生出演しました。
(テレビ東京7月10日木曜日 9:28 ~11:13)

季節柄、『紫外線対策について』コメントしました。

内容は・・・
日傘の選び方は?
紫外線が一番反射する場所は?
UV加工していない場合も、白は黒よりも圧倒的に光を通します。色が濃い、生地の目が詰まっている程良いまた生活紫外線の恐ろしさ(洗濯物干し、買い物、ガーデニング)も要注意です。有効的な対策法は日焼け止めクリームです。
意外と見落としがちなのが、室内で洗濯物を畳む時だそうです。室内にも届くUVAに要注意です。窓から紫外線A波(紫外線B波はガラスに吸収されます)が射し込んでいます
紫外線を浴びる→活性酸素発生→病気や老化をはすすめます。
紫外線対策に有効なのは、体の酸化を防ぐと言われるビタミン豊富なフルーツ、栄養たっぷりの緑黄色野菜を摂取することです。
ソラニンを含む食品(セロリ、キュウリ、レモン、オレンジ、グレープフルーツの皮に含まれる)がかぶりついた後など、顔についたまま日に当たると、メラニンの活性を高めシミになることは、意外と知らない方が多いですね。
5年後、10年後の美肌を目指し、今日から紫外線対策を心がけましょう!!

2014年7月24日

雑誌『美ST』2014年9月号(7月17日発売) 

雑誌『美ST』2014年9月号 (7月17日発売 掲載ページP152~153)
特集「レシート拝見 今月何買った?」
に慶田院長の取材記事が掲載されています。

創刊号から続く人気連載企画。
この夏、美容に目利きの女性たちが、自腹でゲットした商品を紹介しています。
暑い季節も美しく過ごすために、参考にしたいアイテムが満載です。
慶田院長が紹介するのは小さなトレーニンググッズ、東急ハンズで購入できるそうで
す。

ぜひご一読ください。

2014年7月21日

雑誌『VERY』2014年8月号 (7月7日発売)

雑誌『VERY』2014年8月号 (7月7日発売)掲載ページP273~

特集「2014上半期 各界の"目利き"がジャッジ。凄すぎる名品がここに集結 美容品11選」

にて慶田院長が美容賢者の一人として掲載されました。

各界を代表する6名の美容賢者が目利き審査員として、さまざまな美容アイテムを
ジャッジする特集です。

慶田院長は医学博士の視点から、化粧品やサプリメントなどについてコメントしてい
ます。

是非ご一読ください。

2014年7月10日

雑誌『VERY』2014年8月号(7月7日発売)

雑誌『VERY』2014年8月号 (7月7日発売 掲載ページP186~187)

特集『アンチエイジング美容は、30代から始めよう!』
「銀座Ks Skin clinic慶田朋子先生に聞きました 40歳で美肌でいるために・・・
今、省いちゃいけないケア、見逃しちゃいけないサイン」

に院長の取材監修記事が掲載されました。

見逃しちゃいけないサイン・・・表情ジワ、帯状毛穴
省いちゃいけないケア・・・正しい洗顔、紫外線対策、乾燥予防
それぞれのサイン、ケアごとに慶田院長が行っている注入施術、スキンケアなどトー
タルなアンチエイジング美容を掲載されています。

ポイントをおさえた日常のスキンケアを、皮膚科専門医の立場から、またVERY世代の
働くママの視点からご紹介しています。30代から始めるべき、おすすめの美容医療施
術もお見逃しなく。

ぜひご一読ください。

2014年6月20日

雑誌『週刊女性』2014年7月1日号

雑誌『週刊女性』2014年7月1日号 (6月17日発売 掲載ページP50)

特集「モッタイないアレコレを完璧☆使い切り!」
「NO!無駄習慣 美容&健康 よかれと思っていませんか?あなたのいつもの行動、実は危険信号です!
ちょっと待って!日焼けを促進する習慣」

に院長が監修した記事が掲載されました。

夏の一般的な習慣である・・・

習慣1 麻素材の服を着る

習慣2 薄い色の服を着る

習慣3 朝食に柑橘類を食べる

習慣4 濃い色のサンブラスをする

習慣5 日焼け止めを薄く塗る

のテーマごとに、誤解されがちな美容法の解説をしています。

見た目にも体感的にも爽やかに過ごしたい夏。薄着でもしっかり紫外線対策をする方法や、
UVアイテムなどをご紹介しています。

正しい習慣にチェンジし、今夏すぐに始めていただけるセルフケアです。

ぜひご一読ください。

2014年6月10日

雑誌『SEDA』2014年7月号

雑誌『SEDA』2014年7月号 (6月7日発売 掲載ページP129~135)

特集「腕、脚、背中・・・超見られてる!パーツ徹底ケアBOOK」
に院長が監修した記事が掲載されました。

今回、部位別の正しいムダ毛の処理方法、バランスを崩しがちな夏肌のスキンケア、
ニキビの予防・治療方法などをからだのパーツ別に解説しています。

特に夏の汗・ニオイ、肌の乾燥、デコルテ・背中など露出が増える部位のスキンケア、
紫外線対策など、この時期に気になることをしっかりご理解いただける内容です。

ぜひご一読ください。

雑誌『Marisol』2014年7月号

雑誌『Marisol』2014年7月号 (6月7日発売 掲載ページP176~177)

特集「帰ってきた!マリソル アンチエイジング探検隊hyper 第7回 隠れブサイクな
アラフォー膝に喝!の巻」

で当院の隠れた人気パーツビューティーメニュー「美ひざ集中治療」が掲載されました。

今回、スカート派のマリソルライターI澤さまが、当院のスペシャルコースで、膝のたるみ、
黒ずみのお悩みを解消し、すっきり美ひざを手に入れるまでの体験を紹介くださいました。

ショップの試着室でスカートから覗く膝にかすかな加齢の兆しと違和感を感じたとこ
とから当院へ来院なさいました。

慶田院長から、膝の黒ずみの原因、コラーゲンや筋肉の減少に伴うたるみについてカ
ウンセリングを受け、 膝の美白、脂肪・むくみの除去、脱毛を4回コースで行う
「美ひざ集中治療」を体験いただきました。

実際の照射や脂肪溶解注射の様子、どのような効果があったのかを率直な患者様の目
線でレポート。すべすべ美膝を手に入れたことで、アラフォー世代でも
「加齢を理由に大好きなファッションをあきらめない」と決意されています。

カラー2ページに渡り、たくさんの写真と楽しいイラストで、「美ひざ集中治療」の
全てがおわかりいただける内容です。

ぜひご一読ください。

2014年6月 5日

雑誌『GOETHE』2014年7月号

雑誌『GOETHE』2014年7月号 (5月24日発売 掲載ページP90~91)

特集「美しい男 皮膚科学の権威が断言!組織を代表する男は、肌の美しさを出す時
代」

で銀座ケイスキンクリニック最高顧問 川島眞教授が解説をしています。

『GOETHE』は大人の男性向けのビジネス&ライフスタイル情報誌です。
今やエグゼクティブの世界では、男性も身だしなみが重要視され、美しい肌を保つこ
とはグローバル・スタンダードといえます。

"皮膚は目に見える臓器"心身の健康のバロメーターであり、不摂生な印象を与えな
いためにも、男性も肌のお手入れは重要です。

今回の特集では、肌老化の最大の原因である皮膚の乾燥、紫外線対策について、男性
の皮膚の特性にあわせたケア法などを解説しています。

美容を熟知した数少ない男性皮膚科専門医として、また自身もエグゼクティブ代表の
視点から、男性の肌を正しく理解し、美しい肌を作る重要性をお話しています。

新常識として読み応えがあり、多くの男性に知っていただきたい内容です。

ぜひご一読ください。

2014年6月 2日

雑誌『Domani』2014年7月号

雑誌『Domani』2014年7月号 (5月31日発売 掲載ページP243~245)
特集『気になる「毛」問題、みんなホントはどうしてる?』
「今、どうにかしたい場所ナンバー1!アンダーヘア脱毛の2大スタンダードを探
る!」

に当院の医療レーザー脱毛治療が掲載されました。
レーザー脱毛といっても、実際にクリニックではどのようなことが行われているの
か、デリケートゾーンなだけに些細なことも気がかりです。
今回の特集では、ご来院からお帰りまでの体験いただいた詳細を、イラストレーター
さんが漫画形式でご紹介下さっています。
女性医師によるカウンセリング、お着替え、剃毛、外用麻酔の様子など、安全にレー
ザー照射を行うために大切な準備がわかりやすく描かれています。
施術前の「ドキドキ」気分から一変、お帰りには「女子力グイ~ンとアップ↑」「彼
氏ができそう!!」など気分上々に。
医療レーザー脱毛の魅力を楽しくお読みいただける内容です。
ぜひご一読ください。

2014年5月28日

雑誌『Figue Beauty』2014年7月号

☆雑誌『Figue Beauty』2014年7月号 (5月27日発売 掲載ページP100~101)

特集「恋愛上級者はみ~~んなつるすべ♥ 脱毛で憧れ素肌をゲットする!」
に当院が紹介されました。


編集部員の方が、実際に当院で体験したアンダーヘア脱毛の様子が、かわいく、わかりやすいイラスト付きで掲載されています。

アンダーヘアの処理がマナーとして知られてきましたが、「実際のお手入れ部位は?」「痛みは?」「恥ずかしさは?」「形は?」といった疑問を、体験レポート形式で紹介しています。

医師が行う医療レーザー脱毛の安全性や、高い脱毛・美肌効果、外用麻酔を用いた痛くない施術の魅力がおわかりいただける内容となっています。

ぜひご一読ください。

雑誌『VOGUE』2014年7月号

雑誌『VOGUE』2014年7月号 (5月28日発売 掲載ページP121)

特集「My Secret Beauty Salon 美の賢者が選ぶ、ボディーパーツ別マストアドレス。」
に当院が紹介されました。

パーツ別のヒップケアとして、当院の痩身治療の一つ、スマスアップのボディトリートメントが掲載されました。

スマスアップは高周波+電気刺激で脂肪層・筋肉に働きかけ、脂肪厚を減らし、老廃物・セルライト除去し、皮膚の引き締めも叶える人気施術です。痛くない点もお勧めです。

ぜひご一読ください。

雑誌『ヴァンサンカン』2014年7月号

雑誌『ヴァンサンカン』2014年7月号 (5月28日発売 掲載ページP110)

特集「"きちんと感が見直される今の時代にぴったりのスタイルとは?"夏こそ"マナーがおしゃれ"です!」

Contents Part⑤「暑~い日本のビューティーマナーを更新!」
「もはや常識!デリケートゾーンケア最前線」
に院長の監修記事が掲載されました。

デリケートゾーンは黒ずみや、衛生面でのトラブルで人知れずお悩みの方も多いエリア。

今回の特集では、淑女のたしなみとして常識になりつつあるデリケートゾーンのケアや、脱毛について、ドクターの専門的目線から詳しく解説しています。

また、最新のお手入れ法として、当院で人気治療の一つ、医師のもとで行う「ロングパルスアレキサンドライトレーザー(ジェントルレーズ)」の医療レーザー脱毛をご紹介いただきました。ムダ毛はもちろん、黒ずみや臭いまで改善する人気治療です。火傷を起こしやすいので、専門医のもとで受けるのが、賢女の選択です。

ぜひご一読ください。

2014年5月23日

雑誌『女性自身』2014年6月3日号

雑誌『女性自身』2014年6月3日号 (5月20日発売 掲載ページP111~117)

特集「自宅で簡単 正しいムダ毛処理でスマイル美肌(^o^)」
に院長の監修記事が掲載されました。

薄着の季節を迎え、気なるのがムダ毛の処理方法です。間違ったお手入れは肌を傷め
炎症を起こしたり、黒ずみや、ブツブツ毛穴の原因になります。

今回、「覚えておきたい除毛3カ条」として除毛方法と、剃ったあとのお手入れ方法
をご紹介しています。

また、部位別に処理のポイントや、除毛品の選択方法なども掲載しています。
ぜひご一読ください。

2014年5月13日

雑誌『Marisol』2014年6月号 (5月7日発売 掲載ページP164)

特集「アラフォー美女医のセルフ美容㊙カルテ」
に院長の美容法が掲載されました。
美の最前線で活躍する女医の美しさの秘密を、アラフォー世代ならではの美容法をまじえ、
"自分カルテ"として公開しています。また"美女医のテクニック"として院長が実践している、
美容の秘訣についてご紹介しています。
ぜひご一読ください。

2014年4月14日

『GOLD』2014年5月号

雑誌『GOLD』2014年5月号

『GOLD』2014年5月号 (4月7日発売 掲載ページP196~199)
「特集Catch of the beauty and the health シワ対策だけじゃない!ボトックス活用術」
にクリニックの取材記事が掲載されました。
額や目元の表情ジワの他に、小顔、多汗症、痩身、花粉症治療など美容医療では幅広 く活用されるようになったボトックスの裏技も特集されています。
GOLD世代におすすめの"メソボトックス水光プラス"とガーミースマイル(歯茎が見 え過ぎる笑顔)へのボトックス注射が詳しく紹介されました。
通常、ボトックスは筋肉内に注射しますが、"メソボトックス水光プラス"は低濃度 のボトックスを注射するのが特徴です。肌がピンと張り、毛穴が引き締まりつるつる になります。シワを完全に消さないナチュラルな仕上がりでありながら、リフトアッ プ効果もある点もうれしいですね。近赤外線照射でコラーゲンを増やす"タイタ ン"、RF高周波照射の"スマスアップ"を合わせて行うと肌力が上がりおすすめで す。ガミースマイルボトックス注射は解剖学や筋肉の走行を熟知しデザイン力が必要 な特に難しい治療。ぜひご一読ください。

『VOGUE』2014年5月号

雑誌『VOGUE』2014年5月号
『VOGUE』2014年5月号(3月26日発売 掲載ページP218~223)
特集「Brighter Day 2014年度版、あなた仕様のカスタム美白」
に院長の監修記事が掲載されました。

色白美肌になるための理想的な一日を皮膚科専門医の立場から、タイムテーブルにまとめてご紹介しています。
しみ・そばかすができるメカニズムを知って、効果的かつ効率的なケア方法を身につけましょう。

しみ・そばかすの大元は"酸化ストレス"であり、代表的なものはご存じのとおり紫外線です。美白のための第一歩として、紫外線から肌を守るために、日焼け止めの効果を最大に生かす使用法(2度塗り、ランチ前塗り)をご紹介しています。
また、大気汚染物質や、タバコ、過剰な運動、精神的&肉体的ストレスや食品添加物なども酸化ストレスをもたらします。お食事の際に心がけるインナーケアとして抗酸化作用の高い食品を意識して摂りましょう。ビタミンCを豊富に含むベリー類や、柑橘系フルーツや、アスタキサンチンを含む鮭などの食材がオススメ。意外な落とし穴として、メラニンを活性化させる"セロリ"は朝は避けるべき食品です。柑橘類や、きゅうりの皮に含まれるソラニンもシミやシミや色素沈着を引き起こす光感作物質を含むので要注意。まるごとかじったり、皮を剥くときの汁はねにもご注意くださいね。

すでにしみやそばかすが出ている場合は皮膚科を受診し、しみの種類を見極めたうえで、適切なケアを行うことが賢者の美白と言えるでしょう。ぜひご一読ください。

2014年1月17日

雑誌『美ST』2014年3月号

雑誌『美ST』2014年3月号(1月17日発売 掲載P114)

特集「コスメ・クローゼットの出番待ちたちにはすべて意味がある!
賢い美女は自宅にズラリ!"スットック・コスメ"」
に院長が紹介されました。
各分野の著名人から美ST世代の主婦まで、総勢25人のお宅訪問レポートです。
きれいな人ほど"常備コスメがあると安心"という共通認識!
院長が実際使用しているお気に入りコスメもご覧いただけます。
ぜひご一読ください。

雑誌『美ST』3月号(1月17日発売 掲載P114)

2014年1月15日

雑誌『Hanako』2014.1.23号

雑誌『Hanako』2014.1.23号(1月9日発売 掲載ページP84)

雑誌一冊が、「女性に優しい病院探し&不調ケア」特集です。
"切らないハッピーリバースエイジング®"をモットーに正しい診断と的確な治療を身上とし、
ナチュラルに仕上げる高度な注入と美的センスに定評があるクリニックとして紹介されました。
ぜひご一読ください。

雑誌『Hanako』2014.1.23号

2013年12月20日

雑誌『美ST』2014年2月号

雑誌『美ST』2014年2月号(2013年12月17日発売 P139-141)

特集「施術はもちろん、自分の女磨きも"私、失敗しないので!"美のドクターX 18人 "私たち間違った美容はいたしません!"」に院長の取材記事が掲載されました。
日頃、自分の顔をキャンバスに見立て研究を重ねてきた、美女医の熟練した医療メソッドを徹底解説。
院長自身が行っている組み合わせ治療を図解で詳しくご紹介しています。12年前からのプライベート写真を交えた美容医療経歴も初公開です。
ナチュラルな美容医療のためには、照射系と注入系を組み合わせ、良い製剤を選び、調和を考えた控えめな施術を行うというクリニックのポリシーが分かる内容となっております。ぜひご一読ください。

雑誌『美ST』2014年2月号

雑誌『Vitamin ef』VOL.5

雑誌『Vitamin ef』VOL.5(12月20日発売 掲載ページP80−84)

"大人の肌の「5大ヤバイ」に効くコスメ"に院長の取材記事が掲載されました。
忙しい現代女性は時間に追われ、不安に襲われ、ストレスがたまるなど、
何かとピンチなシチュエーションに陥りがちです。

そんな時にこそ使いたいコスメを5つのシーンに別け、各界で活躍中の女性がご紹介。

院長は、絶大な信頼度"お守りコスメ"にラ ロッシュ ポゼのUVイディアXLを、
肌力底上げ"レスキューコスメ"にフィトリフトのクリームを紹介しております。

ぜひご一読ください。

雑誌『Vitamin ef』VOL.5

Metropolitana(メトロポリターナ) Dec.2013 vol.132

Metropolitana(メトロポリターナ) Dec.2013 vol.132

特集『metoro's 診察室 しもやけ』に院長の監修記事が掲載されました。
冬の季節病とも言える"しもやけ"手足に赤味とむずがゆさを感じたら要注意です。
寒さを感じると血管が収縮しますが、元に戻るときに血液がうまく循環せずにうっ血し、炎症が起こるのが"しもやけ"の原因です。
一度発症すると治りにくい"しもやけ"の予防法と、かかってしまった場合の対策をご紹介しております。
ぜひご一読下さい。
「メトロポリターナ」は、自分らしく豊かに美しく年齢を重ねてゆきたいと願うすべての女性に向け作られてたフリーペーパーです。東京メトロ駅構内でお探しください。

Metropolitana(メトロポリターナ) Dec.2013 vol.132

2013年12月16日

週刊女性12月24号

週刊女性12月24号週刊女性12月24号(発売12月10日 掲載ページP69~71)

特集「恐怖の乾燥小じわをなんとかしたい!」に院長の取材記事が掲載されました。

"乾燥小じわ"とは、ちりめんじわが出始めている状態のことで、皮膚に潤いを与えることで改善します。

本格的な"真性しわ"もしっかり保湿をすれば、肌がふっくらして透明感がアップすることで目立たなくなります。

肌表面が乾燥しているとしわは刻まれやすくなりますので、潤いを持続させることが鍵!

"乾燥じわ"をつくらない、悪化させないための日常で気を付けるポイントを"環境""スキンケア""食生活"に分けご紹介しております。

ぜひご一読ください。


週刊女性12月24号

2013年11月20日

雑誌『美ST』2014年1月号

雑誌『美ST』2014年1月号(11月17日発売 掲載ページP160)

特集「見えているところも見えていないところも、今年の汚れは今年のうちに 年末恒例 カラダの"あそこ"大掃除」
に院長の取材記事が掲載されました。
院長は"背中"部門を担当、背中ケアのポイントをご紹介しております。
自分ではなかなか見えない背中ですが、実はトラブルを抱えている女性も少なくありません。
ゴシゴシ洗うのはNG、泡で優しく拭うように洗う事をおすすめしております。
ぜひご一読ください。

雑誌『美ST』2014年1月号

雑誌『からだにいいこと』1月号

雑誌『からだにいいこと』1月号 (11月16日発売 掲載ページP72-75)

特集「うるおってベタつかない!読者のおすすめを科学的に検証!ハンドクリームガチ対決」
に女性皮膚科専門医として"手の扱い方"を担当し掲載されました。
水だけではなく紙や布なども手の皮脂を奪います。特に冬は大気中の水分量が少ないので皮脂が不足すると
どんどん水分が失われます。そこで、3つのポイント「さわりすぎない」「濡れたままにしない」「洗いすぎない」をご紹介しております。
ぜひご一読下さい。

雑誌『からだにいいこと』1月号

2013年11月 6日

雑誌『40代からの素敵な時間』

雑誌『40代からの素敵な時間』(10月22日発売 掲載ページP113〜120)

特集、最新情報に基づく美容・健康・ダイエットのイマドキ真実を医療のプロがレクチャー!
昔から言われているコトはもう古い!?
40代からキレイで健康になるウソとホントに院長の取材記事が掲載されました。
皮膚医学の進歩や解明は日進月歩です。
40代読者の素朴な悩み・ご質問に最新医療での解決法をご紹介しております。
ぜひご一読ください。

雑誌『40代からの素敵な時間』

2013年10月23日

雑誌『美ST』12月号

雑誌『美ST』12月号(10月17日発売 掲載ページP116)

特集「やられたらやり返す!いきなりキレイの"倍返し!"美容」
誠意を尽くしても全く容赦することなく襲いかかる老化は敵!
シミ、シワ、たるみに、何を使うかではなく"どう効かせるか"をポイントにこだわりの倍返しケアの特集です。
「理論派美女医の倍返し」コーナーでは、院長の取材記事が掲載され、
自ら行っている先回り倍返し美容法を特別に紹介。
乾燥肌・女性の薄毛・紫外線対策にお薦めの、こだわりの院内化粧品、高濃度ビタミンC点滴、
秋から冬の帽子活用法をご紹介しております。
ぜひご一読ください。

雑誌『美ST』12月号

2013年9月24日

雑誌『美ST』11月号

雑誌『美ST』11月号(10月17日発売 掲載ページ70P〜71P、221P)

特集 40代、全力美人は「肌より髪質」!月刊美髪ニュース!美髪医療
美STジャーナリストが突撃取材をしました。40代の髪と頭皮の救世主「美髪医療」の真相

に当院の取材記事が掲載されました。
スカーレットRFで話題の育毛治を受けて頂き、カウンセリングから施術終了まで
美ST限定のお得なメニューと合わせてを紹介しております。
また、ドクターウサコが行く美の特捜最前線では
たるみ治療の新定番、ダーマシャインを使用したボトックスリフト水光プラスをご紹介しています。
ぜひご一読ください。

雑誌『美ST』11月号

2013年9月17日

雑誌『大人のための美人ヘアカタログ』

雑誌『大人のための美人ヘアカタログ』2013年 秋冬号(7月12日発売 掲載ページP110)

今回は、美肌女医6人のビューティライフ「本当に肌に効くコスメと生活習慣」

〝食事・睡眠・排泄・運動 ストレスコントロールが重要″をモットーに
院長が自ら行っていることをご紹介しています。
不規則な生活以外にも、紫外線やタバコ、過剰な運動、ストレスによる酸化、
誤った食事方法による糖化、運動不足、便秘など複数の要因が老化を加速させます。
そこで実践中のキレイを保つ方法もご紹介しています。

また美肌3カ条として・・・
①ホームケア・・・肌に必要な成分をきちんと導入する
②運動・・・筋肉量を増やし代謝を上げれば体幹が鍛えられトラブル回避
③クリニック・・・高周波と局所電気刺激でリフトアップが叶う
3つのお手入れをご紹介しています。

そして長年愛用しているリピートコスメもご紹介しています。
ぜひご一読ください。

雑誌『大人のための美人ヘアカタログ』

2013年9月 4日

雑誌『日経ヘルス』

雑誌『日経ヘルス』(9月2日発売 掲載ページP50-54)

巻頭特集 女の「肌悩み」&「老け見え」解決!
"シミだけじゃない!5000円からできる納得の美肌治療"
を当院が監修しました。
シミ・ホクロ・いぼ・血管腫・シワ・たるみと女性のおもな悩みを項目別に、図解と症例写真で分かりやすく解説。
当院で読者モデルの方々を実際に治療した前後写真や、詳しい治療内容から予算まで紹介しております。
とても分かりやすく読み応えのある内容になっており、永久保存版です。ぜひご一読ください。

雑誌『日経ヘルス』

2013年8月26日

雑誌『美ST』10月号

雑誌『美ST』10月号(8月17日発売 掲載ページP63、208、229)

メイン特集「大人の女の試練、坂は全力で駆け上がり、壁はぶち壊し、崖はパラシュートで着地せよ!」
「40歳の坂」「45歳の壁」「49歳の崖」になんか負けない!

まずはここから全力美活!心に刻んでおくべき坂道を駆け上がるための美格言
「アブラは敵ではなく友」について解説しております。
テカリとニキビの原因として厄介者あつかいされがちな皮脂は肌を守ってくれる「天然のクリーム」と呼ばれ、角質層から水分の蒸発を防ぐ蓋のような存在です。30歳以降、皮脂を取りすぎると、自ら乾燥性敏感肌を作り出してしまうので要注意。


特集「連載43 Dr.ウサコが行く美の特捜最前線」"夏疲れ肌、最強リセットメニュー!"では当院の「ケミカルピーリング」、「高濃度ビタミンC点滴」が紹介されました。

加齢によってターンオーバーは滞り角質が厚くなり皮膚の保護機能が落ちてしまうので、適切な頻度でのケミカルピーリングが有効です。特に、夏の紫外線と酷暑の肌疲れには、ケミカルピーリングと同時に施術できる「高濃度ビタミンC点滴」で活性酸素を速やかに還元して紫外線ダメージをなかったことに。

特集「誰にも言えない 美魔女の保健室」では
当院でお受け頂ける、育毛薬剤をカクテル導入する頭皮治療をご紹介。

毛母細胞の再生力が高い40代から積極的な「薄毛治療」がおすすめです。
院長流・薄毛対策もご紹介しております。
とても盛りだくさんの内容です。ぜひご一読ください。

2013年8月 8日

美意識の高いきれいな人の「美メンテ術」そっと教えます

美意識の高いきれいな人の「美メンテ術」そっと教えます(8月8日発売 掲載ページP48‐51、129)

年を重ねるごとに美しさを極めていく女性でありたいをコンセプトに、
美意識が高い人だけが知っているパーツビューティの名医28人が
綺麗のメンテナンス方法をご紹介しています。

慶田院長は小顔治療として「スカーレットRF」をご紹介しています。
美を底上げすればマイナス7歳は実現可能!!
メスを使わない自然な若返り、〝ハッピーリバースエイジング″や
慶田院長の「美」へのこだわりについてもふれています。

他にも、ドクター推薦のコスメとしてバリア機能を補う
当院のオリジナルコスメ「バリアクリーム」が紹介されています。

また院長がプライベートで実践していることもご紹介しています。
ぜひご一読くださいませ。

美意識の高いきれいな人の「美メンテ術」そっと教えます

2013年7月19日

雑誌『美ST』9月号

雑誌『美ST』9月号(7月17日発売 掲載ページP102-103、194-195)

特集 夏こそ温活!「汗っかきビューティ」に院長の取材記事が掲載されました。
厚さに負けずに絶賛温活中には理由があるという事で、院長の温活をご紹介。
16年間継続中のジャズダンス姿をご覧いただけます。
体温が一度下がると、免疫力が30%下がるとも言われており、冷えは不調の原因・美容の大敵です。
また「Dr.ウサコが行く美の特捜最前線」"「水光プラス」「レーザー」「ピーリング」肌の艶感こそが若さのあかし"ではピーリング部門で、院長お薦めの「ドクターコルバートMD ピーリングディスク」をご紹介しております。
ニューヨーク5番街の美容皮膚科メニューがご自宅で再現できるとご好評いただいております。
ぜひご一読くださいませ。

雑誌『美ST』9月号

2013年7月 5日

雑誌『in CELEB style』8AUG 2013

雑誌『in CELEB style』8AUG 2013 (8月15日発売 掲載ページP49)

雑誌『 in CELEB style(インセレブスタイル)』は、
20代から40代向けのセレブファッション情報誌です。
今回、クリニックで取り扱っている、ニューヨークドクターズコスメ
「コルバートMD」が紹介されました。
ニューヨーク5番街にあるセレブクリニック「NYDG」、多くの著名人が通うクリニックです。
クリニックの美白メニューをご自宅でも、と生まれたのが、
ドクターコルバートのピーリングシステム『コルバートMD』です。
国内での取り扱いは当院のみとなり大変好評いただいております。

雑誌『in CELEB style』8AUC 2013

雑誌『IN RED』2013年8月号

雑誌『IN RED』2013年8月号(8月7日発売 掲載ページP170-171)

特集「暑い季節、悩める女子が急増中! デリケートゾーンのお悩みQ&A」です。

人にはなかなか打ち明けることができないデリケートゾーンの悩みについて、
女性皮膚科専門医としてお応えしております。
正しい対処法を知ることで快適な夏をお過ごしくださいませ。
ぜひご一読ください。

雑誌『IN RED』2013年8月号

2013年7月 4日

雑誌『週刊女性』7月9日号

雑誌『週刊女性』7月9日号 (6月25日発売 掲載ページP48-51)

院長の監修記事が掲載されました。
特集「夏のお悩み解決110番」ということで
「日焼け」「ムダ毛」「角質」について院長が担当いたしました。

「日焼け」部門では、紫外線を過剰に浴びることにより"活性酸素"が発生しますが、
この活性酸素が与える影響や"抗酸化作用"が高い食材ついて、
また紫外線予防策についてご紹介しております。

「脱毛」・「角質」部門では、自宅でできるトラブル予防をはじめ、
女性が気になる"臭い"についてもご紹介しております。
本格的な夏到来の前に、是非ご一読ください。
ぜひご一読ください。

雑誌『週刊女性』7月9日号

2013年6月21日

雑誌『美ST』8月号

雑誌『美ST』8月号(6月17日発売 掲載ページP96〜99、P122)

特集「旅先の美トラブルにご用心 ここまで徹底すべきです
"教えて美女医さん!肌とカラダのYELLOW PAGE"」
院長が取材を受け掲載されました。

せっかくの旅も肌や体が不調では楽しめません。そこで夏のバーケーション前に、
美女医が実践する徹底した予防対策を7つの項目に分けご紹介しています。

院長が担当したのは、旅行中の便秘対策、ホテルでのスキンケアについてです。
旅行ストレスがら肌と体をを守る"攻め"と"守り"の対策をご紹介し、当院の院内化粧品も紹介されました。
うっかり浴びた紫外線は48時間以内の美白ケアが有効です。
他にも、それぞれの部門で院長が実際に行っているケアを紹介しております。

また、特集「大人の事情で大きな声では言えませんが...あるんです!白髪に効くヘアケア」では
今、注目されている、コラーゲンと線維やヒアルロン酸を増やす再生医療の
スカルプ治療をご紹介しています。ぜひご一読ください。

雑誌『美ST』8月号

2013年5月 4日

雑誌『日経ヘルス』 6月号

雑誌『日経ヘルス』 6月号(5月2日発売 掲載雑誌P112~P115)

【特集】
「今すぐ始める!肌荒れ改善スキンケア」に院長の取材記事が掲載されました。

今回は、20代から50代の女性を対象に、
「どんな肌トラブルで悩んでいるか」アンケート調査を実施しました。

調査結果によると約70%の肌トラブルは、
皮膚内部で起こっている「炎症」が関与すると考えられます。

繰り返す肌トラブルには炎症を鎮めるのはもちろん肌のバリア機能をしっかり守ることも大事です!
肌荒れ対策のスキン術もお紹介しておりますので、是非ご一読下さい。

日経ヘルス6月号

5/8(水)東京MXテレビ「ハーフタイム」に出演します。

5月8日(水)東京MXテレビ「ハーフタイム」慶田院長が出演の予定です。
放送時間は11:30~12:00です。
"脱毛&ムダ毛処理について"テーマ内容ですが、さて一体どんなお話でしょう??
詳細は、ご覧になってからのお楽しみ!!
時間のある方は、是非ご覧ください!

2013年4月30日

雑誌『美的』6月号

雑誌『美的』2013年6月号 (4月23日発売 掲載雑誌P204~P205)

【特集】
『ヨーグルト×アロエで体の中からキレイ習慣スタート』の取材を受けました。

肌と腸内環境は深く関わっており、腸内環境を整える食習慣が、健康や美肌につなが
ることを紹介しております。
読み応えある内容になっておりますので、ぜひ一読ください。
bst2013年6月号

2013年4月24日

雑誌『美ST』6月号

雑誌『美ST』2013年6月号 (4月17日発売 掲載雑誌P184~P185,P220~P221)
に取材記事が掲載されました♪

【特集】
『私の肌は紫外線なんて大っ嫌い!!!』

今回のテーマは肌の大敵"紫外線"『私の肌は紫外線なんて大っ嫌い!!!』 という
ことで予防策の特集です。

「ニッポンの誇る『イバれる日傘』総選挙」に皮膚科医代表として、7本の日傘を持
つ院長が審査員長になり登場しております!遮光率100%!紫外線もカット!進化す
るハイテク日傘は、機能性のみならずおしゃれで涼しげなデザインの日傘が増えまし
た♪

また、"ドクターウサコが行く美の特捜最前線"
『美肌の新常識、ピーリングで老けない肌づくり』では、

マンハッタンにあるセレブクリニック「NYDG」の美白メニューを自宅で体験できる、
ドクターコルバートMDをご紹介、使用前後で肌の状態を検証しています。

こちらのコスメの取り扱いは、国内では当院のみとなります!

ぜひ、ご覧になってください!

bst2013年6月号

2013年4月16日

雑誌『壮快』6月号

雑誌『壮快』2013年6月号 (4月16日発売 掲載雑誌P20〜P23)

雑誌『壮快』は、最先端の医学知識をベースに、ほかにはない『壮快流』の健康情報 を紹介しています。

今回、「腰の激痛療法」特集で院長が取材を受けました。

院長お薦めの簡単「ヨガ」ポーズなどを紹介、健康的に、

そして美しくある為の秘訣 が3ページに渡り掲載されました。是非、ご一読ください。

2013年4月 3日

雑誌『BiAnza』spring 2013 volume2

雑誌『BiAnza』spring 2013年 volume2

アラフォー世代の妊婦さんも満足するような、ちょっと「大人」な雑誌です!今回、
「マタニティスキンケア トータル美容ガイド」 の監修をいたしました♪

院長の「マタニティー日記」 もちょこっと掲載されております。

ご興味のある方、是非ご一読下さい。

bst2013年3月号

2013年3月18日

雑誌『美ST』5月号

雑誌『美ST』2013年5月号 (3月17日発売 掲載雑誌P77,P83)

【特集】

「コスメか?美容医療か?美白戦争2013」 で取材を受けました。

美STライターの右顔に当院のダーマローラー施術を1回お受け頂き、左顔は他社のコスメを1週間ためし、
施術前後で肌の黒ぐすみを検証しました。

今回の美STの検証で1回のダーマローラー施術で肌の透明度が10%アップし、
拡大写真でもお肌理が格段にアップしている結果がはっきりと出ました。

また、当院の院内専用化粧品も紹介されました。

刺激が少なく安定化されたハイドロキノンクリーム・ルミキシルは
デパートカウンターでは出会えない高濃度成分や新成分で高い美白効果が得られます。

特許取得製剤トレチノインナノエッグは、従来のレチノイン酸で生じる赤味と炎症反応を軽減し、
ニキビや小ジワにも有効です。

読み応えある内容になっております。是非ご一読下さい。

bst2013年3月号

2013年2月17日

雑誌『美ST』4月号

雑誌『美ST』2013年4月号 (2月17日発売 掲載雑誌P184,P204)
【特集】
「Dr.ウサコが行く美の特捜最前線」

<Dr.ウサコが発表!2013年春夏「美容医療」コレクション>で、当院で取り扱っているNYセレブ御用達の酸コスメが紹介されました。

「検証!ニベア最強伝説のウソ・ホント」では院長が監修し、噂の真相を皮膚科専門医ならではの視点で解説しております。

ご興味のある方はぜひご一読ください。

bst2013041.jpg

2013年2月 6日

フレッツ光webサイトに院長監修記事「うるおいを保つ、乾燥ケア」が掲載されました。

フレッツ光メンバーズクラブのwebサイト
知って嬉しい「ちょっとした知識」を集めたWEBマガジン「大人の心得帳」のコーナーに、
慶田院長監修記事「風邪やカサカサ肌を撃退!うるおいを保つ乾燥ケア」が掲載されました。
肌が乾燥するメカニズム、体の内側・外側からのケア方法など、読み応え十分の内容となっていますので、
ぜひ、ご覧くださいね。
 
「うるおいを保つ、乾燥ケア」のページは下記のバナーをクリック
 ↓
うるおいを保つ乾燥ケア

 

2013年2月 4日

2/5(火)フジテレビ「笑っていいとも!」にコメント出演します。

明日、2月5日(火)フジテレビの「笑っていいとも!」に、慶田院長がコメント出演の予定です。
出演時間は、12時40分〜12時50分頃の予定です。
シワと関わりの深い "あること" がテーマの内容なのですが、さて一体どんなお話でしょう?
詳細は、ご覧になってからのお楽しみ!!
お時間のある方は、ぜひご覧ください!

2013年1月17日

雑誌『美ST』2013年3月号に当院取扱いのDr.コスメが掲載されました。

雑誌「美ST」2013年3月号1月17日発売(掲載ページ 53P)
特集、キレイな人ほどチャレンジしている!「美ST代表ファイブ2013年 美レボリューション」に、当院で販売しているアメリカで大人気のDr.コスメが掲載されました。
ぜひご一読下さい。

↑画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます。

2013年1月15日

『女性セブン』2013年1月24日号に院長の取材記事が掲載されました。

「女性セブン」1月24日号(掲載ページ111-113P)冬の不調肌に読む処方箋「大人の乾燥&敏感肌」克服BOOKで、乾燥&敏感肌の原因について院長の取材記事が掲載されました。
湿度の低下や洗いすぎで角質を覆う皮脂が奪われると、"セラミド"も流れてしまいバリア機能が低下し、乾燥や外部刺激に敏感になります。
"セラミド"という肌の潤いには欠かせない必須成分のメカニズムを紹介しております。
ぜひご一読下さい。

『週間女性』2013年1月22日号 特集記事「乾燥」を院長が担当しました。

週刊女性1月22日号(掲載ページ52-53p)
「2013年テッパン&超保存版 冬の悩み110番エキスパートがズバリ解決!」10ページの特集の「乾燥」について院長が担当しました。

体を洗いすぎない事や、長風呂を控えることが体の乾燥予防になることは何度かお伝えしおりますが、最新版と言う事で、髪の毛や、お顔、のどなど細部の乾燥ケアについて皮膚科医の視点でご紹介しております。
是非ご一読下さい。

2013年1月 7日

『GINGER』2013年1月号に当院が掲載されました!

雑誌『GINGER』
美しき女医たちのやせる生活完全ガイド 特別編集(2012年12月25日発売掲載ページP91)
に、院長が掲載されました。
出産経験のある院長がメリハリのある「カーヴィーボディー」でいられる秘訣をご紹介しております。
サイズダウンだけを目的とせず、健康体を維持する知識を特集しておりますので、ぜひご一読下さいませ。

2012年12月19日

『美ST』2013年2月号に当院が掲載されました!

『美ST』2013年2月号(2012年12月17日発売 掲載ページP83,P102)
【特集】
日本の「美名医」全員集合!Dr.ウサコ認定ドクター大回診 40代は「美容医療と真剣交際中♡」

・Part1.きれいな人は、みんな「行きつけ」ドクターがいた!」
 美STライターさんのかかりつけとして当院のスカーレットRF治 療が紹介されました。
・Part4.「クリニック・コスメ」処方箋当院で処方している「トレチノイン ナノエッグ」が掲載されました。

2月号のメイン特集として読み応えある内容になっております。
是非ご一読下さい。



2012年12月 8日

『読売新聞』12月8日朝刊:特集「冬の知恵(荒れ編)」に院長の取材記事が掲載されました。

『読売新聞』(12月8日朝刊)特集「冬の知恵(荒れ編)」に、院長の取材記事が掲載されました。
(ページP14)
冬が近づくと気になってくるのが、気温や湿度の低下による肌トラブル。
皮脂腺が少なく、皮脂が出にくい「すね」は体の中でも特に乾燥しやすい部位で、
表面がひび割れてめくれ上がる症は、30・40代の女性に急増しているようです。
このような症状の予防に、院長が皮膚科医ならではの視点で三つの工夫をご紹介しています。
尿素についてのミニ知識をご紹介しておりますので、是非ご一読下さい。
読売新聞記事肌の乾燥

2012年11月27日

『女性自身』2012年12月4日号に院長の取材記事が紹介されました!

雑誌『女性自身』12年12月4日号に、院長の取材記事が掲載されました。(掲載ページP86~P87)

冬のお肌は、寒さによる冷えや、乾燥による水分・皮脂量の減少でトラブルが多発します。症状の改善には、「肌の保湿」「肌細胞の修復力の回復」の2点から治療する事が基本です。

症状別、部位別に治療薬を選ぶことや、普段の生活に取り入れられる知識を医師ならではの視点でご紹介しております。
是非ご一読ください。
院長掲載誌 女性自身院長掲載誌 女性自身院長掲載誌 女性自身

2012年11月14日

産経ニュースネット『くらしナビ』に、慶田院長の取材記事が紹介されました!

〜女性は「かかと」「手」「すね」も気になります。〜
「ムヒ」で知られる医薬品製造販売、池田模範堂(富山県)の意識調査によれば、肌がかさつきがちな冬の季節、気になる乾燥部位はかかと、手、すね-の3カ所を挙げる女性が多いそうです。
(9月末、ネットを通じ女性千人20~60代を対象に調査を実施)
トラブルが発生しやすい、かかと、指を含む手、すねは「冬の三大乾燥部位」と呼ばれています。
院長の慶田が、部位別ケアの効果についてアドバイスしています。
ぜひ、ご覧ください。


(産経新聞 東京版 掲載記事より)

2012年11月13日

『女性セブン』2012年11月22号に取材記事が紹介されました!

雑誌『女性セブン』2012年11月22号に、慶田院長の取材記事が紹介されました!
併せて、WEBサイト「NEWSポストセブン」にも掲載されています。
<コラムタイトル>
『手、かかと、すね...部位で異なる乾燥メカニズムを医師が解説』

いよいよ、お肌にとって大敵の乾燥シーズンに突入。
お顔だけでなく、最近では「手・かかと、すね」など、体も乾燥する人が増えてきています。
痒みや痛みを引き起こす乾燥のメカニズムや、乾燥の原因が異なるパーツ別の保湿対策など、
慶田院長がアドバイスしています。
皆様、乾燥に負けない肌作りの参考になさってください!
「NEWSポストセブン」掲載ページはこちら


(女性セブン 2012年11月22日号)

2012年10月22日

『美ST』2012年12月号に当院の水光注射が紹介されました!

雑誌『美ST12月号』掲載ページ(>P224〜P225)
当院の水光注射が紹介されました☆
創刊時からの大人気コーナー『Drウサコ』のコーナーです!

水光注射は深いシワが無い部分にも真皮の潤いの要、ヒアルロン酸の補充を均等に行う施術。
まるで水のベールを纏ったような潤い美がすぐに手に入ります!

取材の読者モデルさんは3回の水光注射を受けられて、
額の横ジワの解消とお顔全体の若返り&潤い感アップに驚かれていました!
高い美容液など使わなくても発光するような美肌に

ナパージュ法で注入するので、ノーダウンタイムの治療です!

ぜひご一読ください。

2012bst12.jpg

2012年10月 5日

『25ansヴァンサンカン』スペシャリストブログに新メンバーとして紹介されました。

雑誌『25ansヴァンサンカン』のスペシャリストブログ
 "Beauty & Health Specialists Fukubijin BLOG" に、このたび新メンバーとしてご紹介いただきました。
Beauty &Health スペシャリスト集団「福美神」の一員として、
これから、美と健康について、そして私の日常生活など、幅広く様々な記事を書いていきたいと思います。
ぜひ、お読みになってくださいね。
 
ブログへGo!  ↓
ヴァンサンカン 副美人ブログ

2012年9月26日

『美的』2012年11月号に慶田院長が掲載されました!

雑誌『美的』11月号(9月23日発売)に、慶田院長が掲載されました。
掲載ページ(P 151~155)

「大人にきびの、いいこと、悪いこと」で院長が取材を受けました。
美的読者の悩み「大人ニキビ」にお答えしております。
意外とわかっていなかったニキビの原因、ホルモン周期に合わせた肌ケア方などをご紹介しております。
この機会に日ごろの肌ケアを振り返り、正しい知識を取り入れましょう!!
ぜひご一読くださいませ。

     
 

2012年9月19日

『美ST』2012年11月号に慶田院長が掲載されました!

雑誌『美ST11月号』掲載ページ(P56)
特集 美肌先輩はこう乗り越えた!「10年後もキレイな私でいる方法」

『負けるもんか。45歳の壁』の取材を院長が受けました。
美魔女世代が意識して摂取するべき抗酸化物質の摂取と美容治療について、
女性皮膚科医ならではの視点でご紹介しております。
読み応えある内容になっておりますので、ぜひご一読下さい。

2012年9月 1日

『Ginger(ジンジャー)』2012年10月号に慶田院長が掲載されました!

雑誌GINGER(ジンジャー)10月号 10月1日発売

「美人女医の秘密のダイエット」特集で院長が取材を受けました。(掲載ページP184-P185)
院長自らが2年で-5㎏の減量に成功した秘訣をご紹介しております。
日々の習慣を少し工夫するだけで、細さだけではない美しいボディラインが手に入ります。
ぜひご一読ください。
慶田院長掲載誌 GINGER2012年10月号慶田院長掲載誌 GINGER2012年10月号

2012年7月31日

『エクラ』2012年9月号に慶田院長が掲載されました!

雑誌『エクラ』9月号 8/1発売別冊付録、特集『夏に"老けない"からだケアBOOK』の取材を受けました。(掲載ページP194)

エクラはミドル世代に人気の雑誌です。
エクラ世代に知っていただきたい「夏老け防御術」を18ページにわたり大特集。
院長の担当は『紫外線老け対策』の肌部門です。日焼け止めの正しい使い方、帽子・日傘の選び方、紫外線ダメージを防ぐ食事の工夫を女性皮膚科専門医ならではの視点でご紹介しております。

3度塗りで効果アップ!意外と知らない日焼け止めの真実、忘れがちな髪への紫外線対策、選ぶ服の色や素材でUVカット効果アップなど、読み応えある内容になってお ります。 ぜひご一読下さい。
 
院長掲載誌 エクラ2012年9月号

2012年7月30日

『美的』2012年9月号に慶田院長が掲載されました!

雑誌『美的』7/23発売9月号 掲載ページ(P170-177)

『美容賢者が喝!夏、これだけはしてはいけない!』特集 
肌のスペシャリストで慶田院長が取材を受けました。

夏、短時間の外出時、帽子とサングラスで日焼け対策!とやりがちな行動ですが、
実は間違った習慣です。
紫外線は反射光にも注意が必要、顔や体にしっかり日焼け止めを塗ることを院長がアドバイスし、
上手な日焼け止めの使用方法
も掲載されています。
「ついつい」「いいと思って」やりがちな間違った習慣を、この機会に美習慣へチェンジしましょう!
ぜひ、ご一読下さい。


2012年7月18日

『美ST』2012年9月号に慶田院長が掲載されました!

美ST2012年9月号 ケイスキンクリニック掲載
美ST9月号(7月17日発行)
『Drウサコが行く美の特捜最前線!!』で、院長が取材を受けました。
掲載ページ(P188-P189)

美しい唇の持ち主である院長の秘訣、唇のヒアルロン酸注入を紹介しております。当院ではご希望されるイメージに合わせ、ドクターがヒアルロン酸の製剤を選びます。
ヒアルロン酸もボトックスも医師の技術力によって仕上がりはかなり左右されるので、信頼できるドクターに出会うことがアンチエイジングを成功させる鍵と、美容に精通するDr.ウサコもお薦めしています。

『美ST』2012年9月号別冊付録
美ST別冊 ケイスキンクリニック掲載誌
別冊付録『"夏老け"は医療でなかったことに」BOOK(掲載ページP6)
別紙(p6)は、読者の"夏老け"対策特集です。当院でお受け頂けるシミ、くすみ、黒ずみ毛穴レスキューコース、高濃度ビタミンC点滴+ピーリング+ジェントルレーズ+スマスアップ+ジェネシスを、『美ST』読者限定のお得なプランでご紹介しております。
ぜひ一読下さい。

2012年6月19日

『美ST』2012年8月号に慶田院長が掲載されました!

ST 8月号(617日発行)
Drウサコが行く美の特捜最前線!!』で、院長お薦めの治療法が紹介されました。
掲載ページ(P194-P195)

今回のテーマは『目周りのシワ~ボトックス以外の美容医療~』ということで、インジェクションシステムを使用し、院長自らが施術している様子を紹介しております。
ボトックスでは解消されないシワやクマにはヒアルロン酸注入が効果的です。
美容医療に精通するDrウサコも、良い製剤での注入がヒアルロン酸治療成功の鍵とコメント。
当院では、ジュビダームシリーズ、エセリスシリーズ、メソリス+、モデリスを使用しています。

『美ST』2012年8月号別冊付録

美ST2012年8月号 2012評判のいい美女医名鑑

別冊付録『2012評判のいい美女医名鑑』(掲載ページP9)では、頼りになるかかりつけ美女医として院長が紹介され、クリニックにかかりつけの美ST世代の体験談等も紹介されています。

2012年5月28日

『 VOUGE』2012年7月号に慶田院長が掲載されました!


雑誌『VOGUE71日発売 7月号
に、慶田院長が掲載されました。
掲載ページ(P216219

UVケアと紫外線の常識・非常識』の特集で、素朴な疑問から意外な真実まで
UVケアと紫外線にまつわる最新情報を、慶田院長が紹介しております。

慶田院長のUVケア術も紹介しており、この季節必見です!!
読み応えのある内容になっておりますので、ぜひご一読下さい。

2012年5月23日

『 美ST』2012年7月号に院長が掲載されました!

『美女のグリーンスムージー腕比べ』に院長が掲載されています。(掲載ページP.194.195

美肌効果、デトックス、ダイエットにもいいと、美容と健康に敏感なモデルやセレブたちの間で流行中のグリーンスムージー。
簡単・おいしい・健康的の三拍子揃った完全食。すぐに効果が実感できると噂の魔女の飲み物、グリーンスムージーを試してみませんか?

P.195『ビタミンC宝庫の食材で作る美肌スムージー』をご紹介。
くせがなくフルーティな酸味で飲むとお肌がツルツルになります。
体の中からケアすることが美肌の秘訣!!食材も載っておりますので、ぜひご一読下さい。

2012年5月21日

『オレンジページ』2012年6・2月号に慶田院長が掲載されました!

『オレンジページ』2012年6・2月号


『初夏のbeautyレッスン帳』(掲載ページP150)に院長が掲載されています。

紫外線が容赦なく照りつける季節ですが、肌にダメージを残さないためのケアポイントを、朝、日中、夜に分けご紹介しております。ぜひご一読ください。



2012年4月24日

『美的』2012年6月号で、夏のお悩み対策を慶田院長が紹介しています。


<掲載ページP149ーP156>
 
『淑女夏悩み解決集中講座』読者500人アンケートのリアルな声に応えて院長が取材を受けました。
高温多湿の日本の夏は汗が関係する肌のトラブルが急増します。
汗疹、多汗が誘因となる金属アレルギー、虫刺されの痕のお悩みなど、皮膚科医ならではの対策をご紹介しています。
当院でお受け頂けるワキ汗を抑えるボトック治療もご紹介しており、読み応え十分な内容になっておりますのでぜひご一読ください。

2012年3月 3日

『日経ヘルス』2012年4月号に当院が紹介されました。

『日経ヘルス』2012年4月号

『日経ヘルス』2012年4月号 「信頼できる美容クリニックガイド」(P60)に当院が紹介されました。




2012年3月 2日

『Marisol』2012年3月号に慶田院長先生が掲載されました。

『Marisol(マリソル)』3月号 (P190-P191)に慶田院長先生が紹介されました。

  • 「体当たり体験レポート!ダイエット後たるみを持ち上げる!」
     スマスアップの施術を紹介。

ぜひ、ご一読ください!


2012年2月 9日

女性セブン2月2日発売号に慶田院長先生が掲載されました。

 

『女性セブン』(2月2日発売号)に、慶田院長先生が紹介されました。

乾燥肌特集(掲載ページ P77〜)

●「保湿命!の女道」

●「ホンマでっか?を徹底検証!」

冬から春先にかけて、乾燥が特に気になる季節の対処法。
皆様、ぜひご覧くださいね。

 

2012年2月 7日

『ミセス3月号』に当院が掲載されました。

「ミセス」2012年3月号(文化出版局 2月7日発売)に当院が掲載されました。
ビューティー特集ページ 季節の変わり目、花粉症などトラブルが起こる春先、『大人の敏感肌』に悩む女性へのおすすめクリニックとして紹介されています。
ぜひ、ご覧になってみてくださいね。
 

 

2012年1月27日

メディア掲載「GLOW3月号」「アップルタウン3月号」に慶田院長が紹介されました!

「GLOW」2012年3月号(宝島社 1月28日発売)に慶田院長が掲載されました。

掲載ページ P135-P137『皮膚科医が教える乾燥肌を救うスキンケア』
40代女性のための<目から鱗>乾燥肌撃退対策を、4ページにわたって紹介しています。
乾燥肌を引き起こす間違いだらけのスキンケアと、ノーマル肌を取り戻すお手入れ方法についてのアドバイスです。

まだまだ寒さと乾燥が厳しい季節の40代のための乾燥対策etc. ぜひご一読を!

 

「アップルタウン」2012年3月号(アパホテル 2月5日発売)達人コーナーに慶田院長の特集記事が掲載されました。

慶田院長の特集記事掲載ページはこちらからご覧いただけます。

 

2012年1月16日

本日夕方、日テレ「News Every」の取材を受けました!

2012年1月16日(月)、日本テレビ「News Every」の取材を受けました! 
銀座の街頭で、女性のお肌をチェックするという企画で、18時〜より放送されました。

最近の乾燥と寒さはお肌にもツライですよね♪
皆様も、冬のお手入れは抜かりなく!

2011年11月 6日

「VOGUE JAPAN」2011年12月号に慶田先生が掲載されました。

「VOGUE JAPAN」2011年12月号(2011年10月28日発売)に慶田先生が掲載されました。

綴込付録『VOGUE Beauty ”たるみは女の大敵です!』に、肌の引き締め、たるみに効果的なSMS-upについて紹介しています。

ぜひ、ご覧ください!。

銀座Ks Skin Clinic
美ブログ

女性皮膚科専門医による、
美のトータルサポート

ホームページへ