« 2018年7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2012年12月19日

『美ST』2013年2月号に当院が掲載されました!

『美ST』2013年2月号(2012年12月17日発売 掲載ページP83,P102)
【特集】
日本の「美名医」全員集合!Dr.ウサコ認定ドクター大回診 40代は「美容医療と真剣交際中♡」

・Part1.きれいな人は、みんな「行きつけ」ドクターがいた!」
 美STライターさんのかかりつけとして当院のスカーレットRF治 療が紹介されました。
・Part4.「クリニック・コスメ」処方箋当院で処方している「トレチノイン ナノエッグ」が掲載されました。

2月号のメイン特集として読み応えある内容になっております。
是非ご一読下さい。



2012年12月 8日

『読売新聞』12月8日朝刊:特集「冬の知恵(荒れ編)」に院長の取材記事が掲載されました。

『読売新聞』(12月8日朝刊)特集「冬の知恵(荒れ編)」に、院長の取材記事が掲載されました。
(ページP14)
冬が近づくと気になってくるのが、気温や湿度の低下による肌トラブル。
皮脂腺が少なく、皮脂が出にくい「すね」は体の中でも特に乾燥しやすい部位で、
表面がひび割れてめくれ上がる症は、30・40代の女性に急増しているようです。
このような症状の予防に、院長が皮膚科医ならではの視点で三つの工夫をご紹介しています。
尿素についてのミニ知識をご紹介しておりますので、是非ご一読下さい。
読売新聞記事肌の乾燥

2012年12月 6日

手のシミ

皆様、こんにちは。土屋佳奈です。

手の甲のシミが気になって、人前に手を出すのが恥ずかしいという方はいらっしゃいませんか??

お手元は意外と人に見られる機会が多いですよね。

お顔と同じように、手の甲は紫外線照射を受けやすい、いわゆる露光部です。

お顔のケアは熱心に行っても、手のケアはおろそかになりがち、という方も多くいらっしゃるかと思います。

手の甲にできるシミも、お顔と同じく紫外線が原因で、主なものとして脂漏性角化症や老人性色素斑などが挙げられます。

脂漏性角化症は常色から褐色調のやや隆起したシミで、日光性色素斑は褐色調で扁平ないわゆるシミです。

脂漏性角化症の盛り上がりの強いタイプにはCO2レーザーでの施術もお勧めですし、よりダウンタイムの少ないCO2フラクショナルレーザーを何回か照射するのもお勧めです。

日光性色素斑の場合には、アキュチップ照射やGentle Laseによる高出力での部分照射、またはこちらもよりダウンタイムの少ないCO2フラクショナルレーザーがお勧めです。

CO2フラクショナルレーザーは、お肌に小さな穴をあけることで、その傷を治そうとする創傷治癒効果により、新しい健康なお肌に入れ替えるという画期的なレーザーです。

照射直後から2時間程度は赤みがでますが、翌日から2日後にはほぼ赤味は消退し、ごく小さなかさぶた(痂皮)が点状に形成されます。肌表面がややざらざらした感触になりますが、1週間から10日で痂皮が自然に取れたあとは、新しいお肌に生まれ変わりツルツルになります。いまなら産休キャンペーンでの、お得な3回セットでのお取り扱いもございます。http://www.ks-skin.com/price-list/campaign/

そして、今後、シミを増やさないためには、紫外線をブロックすることが重要ですので、お顔にサンブロックを塗る際にはお手元にも忘れずに一緒に塗るようにいたしましょう。

銀座Ks Skin Clinic
美ブログ

女性皮膚科専門医による、
美のトータルサポート

ホームページへ