« 2017年2月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  •  
  •  
  •  
  •  
2017年2月 1日

マイルドなダウンタイムでお肌の入れ替え

皆様こんにちは。
炭酸ガスフラクショナルレーザーといえば、ニキビ跡や開いた毛穴治療にガンガンパワーをあげて、赤みやざらつきが長引くけれど効果を求めたい!!という方向けの治療、という印象が強いかもしれません。
けれども、実はごくごくマイルドなパワーにして、ダウンタイムを少な目にしつつお肌の入れかえ、ハリ、キメを整えるのにも使えます!シミが気になる方にももちろんおすすめです。なぜならシミのある部分ごとドット状にお肌を欠損させて入れ替えていくため、徐々にシミの範囲が縮小していきます。1回10~15%ずつの照射のため、全体の入れ替えには5~6回は繰り返し治療が必要になります。
薄いシミやくすみが気になっている方、糖化による黄ぐすみにもおすすめです。マイルドなパワーでもコラーゲン線維を産生する指令はしっかり出ますので、軽い小じわやキメの改善にも効果があります。
気になる赤みは1日程度、ざらつきも1週間程度と軽くすみます。裏技として、照射後にACEオイルも併用いただくと、ビタミンAの浸透効果が高まり、さらに早くざらつきが取れます!
炭酸ガスフラクショナルレーザーを敬遠されていた方も、まずは週末是非お試しください。

2017年1月28日

食事プラス運動によって誘発される蕁麻疹

shutterstock_175570568.jpg

皆様こんにちは。
かゆみを伴うみみずばれのような蕁麻疹。時々出るけれど、自然に消えてしまっている、というのが特徴です。原因は何??と気になってしまう方も多いと思いますが、そのほとんどは原因不明の特発性蕁麻疹です。

原因が明確な蕁麻疹の中でもとても珍しいタイプ!?

原因が明確な蕁麻疹の中でもとても珍しいタイプの蕁麻疹として、食事+運動で誘発される蕁麻疹があります。食事だけでも出ないし、運動だけでも出ないのですが、原因となる食物を摂取した後遅くとも3時間以内に運動をすると出るという、少し変わった蕁麻疹です。一番多いのが小麦、次いでエビ、イカ、カニなどが原因となります。原因食物の摂取量にも個人差があり、少量でも出る方やある程度の量を摂取しないと出ない方がいます。また、運動も個人差があり、家の掃除程度で出る方や、激しい運動をしないと出ない方など様々です。さらにアスピリンなどの解熱鎮痛薬の服用、疲労、ストレス、アルコール摂取などが加わると出やすくなる方がいらっしゃいます。

予防はその食物を摂取しないこと、摂取した場合は運動負荷をかけないこと。そうすれば防ぐことができます。この蕁麻疹の怖いところは、呼吸苦や血圧低下、意識消失などアナフィラキシーショックを起こすことがあり、最悪死に至ることがあるということです。治療は抗ヒスタミン剤の内服が主体になりますが、予期せず原因食物を摂取してしまっていた、ということもあり得ますから、重症になりやすい方には、緊急用にステロイドの内服薬やエピペン(アドレナリンの自己注射)を持ち歩いていただいたりすることもあります。

蕁麻疹の原因検索は細かい問診と、ご自宅での蕁麻疹ノートの記載が肝心です。いつ、何を摂取したとき、どのような状況で出たかを毎回記入し、少しずつ原因を絞っていきます。ある程度めぼしがつけば、血液検査やスクラッチテスト、プリックテスト、負荷試験などを行って原因を特定していきます。
ご心配な方は皮膚科専門医へご相談下さい。



銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら



お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00)
0120-282-764

ご心配な方はぜひ皮膚科専門医にご相談下さい。

2017年1月26日

調和

皆様こんにちは。
私は創造性に乏しいですが、好きなことで感性を少しでも磨きたく細々とピアノを弾いておりあす。涙がでて、身震いするほど感動することができるのが音楽です。
音の調和を考えていると、ふと仕事のことを考えました。人によって骨格や目鼻だち、顔のバランスは違うので、ヒアルロン酸やボトックスを同じように同じ場所に同じ量をいれるものではないし、ある量を超えてしまうとお顔だちによっては何か違和感、その違和感が調和を崩してしまいます。美人の条件にも左右対称は必須ですが、バッハの曲などもまさに右手と同じように左手も繰り返すため、どうしても苦手な左手はリズムが崩れたり、音の粒が揃わなかったりで同じようには弾けなく、その違いがでればでるほど調和は崩れひどい演奏になってしまいます。お顔も極端に一部分だけ改善するよりは、全体的に緩やかに改善し、左右、前後、周りとのバランスがとれていることが大切なことと思います。
少しでも皆様がナチュラルに美しくなるお手伝いができるように、今後もバランス感覚を磨くよう精進いたします。

2017年1月21日

新年おすすめ治療・その4

shutterstock_536693068.jpgのサムネール画像

皆様こんにちは。
今回は新年おすすめ福袋治療「その4」です。

☆分け目・頭頂部の薄毛が少しずつ気になってきた方☆
☆薄毛まではいかないけれど、髪が細くなってハリ・コシがなくなってきた方☆

育毛水光プラス6ブロックセット(ブロック10cm角)

髪のお手入は後回しになりがちですし、そもそも治療でどうにかなるものでもないし、と諦めていらっしゃる方が多いかと思います。男性ホルモン由来の男性型脱毛症は実は、男性のみのものではなく、女性にもあります。その他加齢やストレス、過剰なダイエットに伴う薄毛など、女性の薄毛には様々な要因が含まれています。育毛水光プラスは5つの針から同時に薬液を一定量ずつ注入できる機械を使って、地肌に成長因子や血流促進のミノキシジルなどを直接注入することで育毛効果が促進されます。2~4週間おきに4回ほど継続されると徐々に髪の根元の立ち上がりがよくなり、効果を実感できます。外用クリームの表面麻酔を行いますので痛みはごくごく軽度です。さらに内服サプリメントのパントスチンや外用薬のパントガールを併用するとより効果的です。

銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764

2017年1月18日

新年おすすめ治療・その3

shutterstock_239929399.jpg


皆様こんにちは。
今回は新年おすすめ福袋治療「その3」です。

☆お正月に食べ過ぎて頬がパンパンに!!春に向けてすっきり小顔に戻したい☆
☆頬はこけてきたけど顎下の脂肪がなかなか取れなくて二重顎がどうしようもない☆

脂肪溶解注射(口回り・頬)3ブロック

年齢とともに脂肪が委縮してコケてしまう部分と、もともとある脂肪が下がってたるみがより顕著になる部分とがあります。脂肪溶解注射だと、いらない脂肪のみをターゲットにして注射できるため、部分痩身が可能となります。痩せ型の方ですと2~3回、ぽっちゃり型の方で4~5回を目安に1ヶ月おきに継続いただくと効果的です。注入後は糖質制限や運動、マッサージなどを併用いただくと、より効果的です。

銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764

2017年1月11日

新年おすすめ治療・その2

shutterstock_530421862.jpg


皆様こんにちは。
今回は新年おすすめ福袋治療「その2」です。

☆注射は勇気が出ないけど、照射系治療で少しずつでも緩やかに効果を出したい☆
☆次の日も予定あり、ダウンタイムは絶対避けたい☆

ウルセラアイリフト2回セット&スカーレットRF3回セット

ウルセラアイリフトは前回お伝えした通りですが、直後の引き締め感もさることながら、1ヶ月後頃より徐々にコラーゲン線維が増え始め、3ヶ月後にピークを迎え、1年程度効果が持続します。目袋の突出の激しい方、たるみが顕著な方は、1~2ヶ月後に2回目の照射がおススメです。
スカーレットRFは針でザクザク刺しながら高周波を流すというややアグレッシブな治療のように思えますが、出血はなく、針あとも数時間でふさがるため、直後はうっすら赤みがあるものの、こちらも数時間で消えてしまい、翌日からは通常通りお化粧も可能でほぼノーダウンタイムの治療になっています。針の長さが最長3.5㎜まで深く入るため、部位に応じて針の長さを変えることができ、目の下の小じわ、毛穴、肌のキメ、ニキビ跡、軽度のたるみ治療まで行うことができます。2-3ヶ月ごとに照射を継続することで、より効果を実感できます。

銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764


2017年1月10日

新年おすすめ治療・その1

shutterstock_486287761.jpg


皆様こんにちは。
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

これまでの自分から新たに生まれ変わりたい!
という方におすすめの新年まずやっておきたい福袋治療「その1」は・・・

☆すぐに変化がわかる、ダウンタイム少な目治療☆
ウルセラアイリフト&ヒアルロン酸トゥルーリフトポイント注入&額・顎ボトックス注入です。

福袋限定特別メニューの目の下集中ウルセラアイリフトは、普段の料金設定にはない特別なメニューです。目袋のたるみや小じわが気になる方には特におすすめです。
ヒアルロン酸トゥルーリフトポイント(真性靭帯基部)注入は以前にもお話しましたが少量ずつをお顔全体にちりばめて靭帯の柱の補強をすることでリフトアップを図ります。少ない本数でもお顔全体の印象を変えることができるのでおすすめの注入方法です。
額のメソボトックスは小じわを撃退しつつ、つるっとした肌質も手に入れることができます。セットになっている顎の梅干しジワ撃退ボトックス注入は、自分では気づかない部位ですが、人からはよく見える老け顔ポイントの治療の一つです。下顎が後退していたり、前歯が突出しているような骨格、歯列の場合、口(下唇)を閉じるときに下顎の中央にあるオトガイ筋にグッと力を入れなければならず、オトガイ筋がギュッと収縮します。そのためにあの独特のぼこぼこした、梅干しのような顎になってしまうのです。そこで、この筋肉をボトックス注射で緩めることによりつるっとした顎にすることができます。

注入系は内出血のリスクはありますが、いずれもポイント注射なので、万一出てしまってもその針の部位だけの小範囲の内出血で、コンシーラーでのカバーが何とか可能です。ウルセラは数時間のみ線状の軽いみみず腫れ様の赤みが出ますが、他は軽い鈍痛のみでひどい腫れやむくみはありません。



銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら



お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00)
0120-282-764


2016年12月28日

内出血出現時の裏メニュー

皆様こんにちは。
ダウンタイムの中でも、内出血のリスクのある治療って、意外と多いですよね。ヒアルロン酸注入、ボトックス注射、ショッピングスレッドなどなど、針を使う治療はやはり内出血になることがあります。一度出ると2週間は紫色がつきまとい、メイクでのカバーに悪戦苦闘してしまいますね。私たちも、なるべく内出血にならないように気を付けながら、細い針を使用したり、鈍針を使用したり、止血点滴や、処置前後のクーリング、圧迫止血の徹底を行っていますが、残念ながら内出血になってしまうことがあります。
そこで、数日でも早く引いてくれれば、、、という思いから、裏メニューとしてフォトフェイシャルM22の血管に効くフィルターを使用した、内出血部への部分照射をご案内しています。出血直後からせいぜい2,3日までの鮮紅色の時がベストタイミングです。後からじわじわ出てくることがありますので早く撃退したい方はお早目のご連絡をお待ちしています。

2016年12月27日

さらなるリフトアップに「トルネードリフト」

shutterstock_289142792.jpg


皆様こんにちは。
前回たるみ治療の肝になる「リガメント(靭帯)」のお話をしましたが、その補強として、ヒアルロン酸とダブルでおすすめなのが「トルネードリフト」です。
お肌の骨格補強としてこめかみ~フェイスライン~頬に格子状に100本近く挿入する「ショッピングスレッド」はご存知の方も多いと思いますが、この「トルネードリフト」はショッピングスレッドの細い糸にトゲトゲのコグと言われる構造がついていて、挿入の部位、方向などによって、皮内の組織にひっかかりながらお肌をリフトアップする効果があります。「トルネードリフト」も「ショッピングスレッド」と同様に溶ける糸でできていますので、安心で安全な治療です。6~8か月程度で吸収されますが、リフトアップの持続は1年程度で、コラーゲン貯金ももれなく増えます♪この「トルネードリフト」を、たるみ治療の肝、「リガメント(靭帯)」部位に狙って挿入することで、よりリフトアップの効果が出ます。片側5~10本程度の少ない本数で済みますし、なんと、針の形状がカニューラタイプになっていますので、内出血の確率もショッピングスレッドより少なくなっています。是非お試しください。



銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら



お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00)
0120-282-764


2016年12月24日

たるみ治療でポイントになってくるのは「リガメント:靭帯」

shutterstock_282501320.jpg

皆様こんにちは。

たるみ治療でとても重要になってくるのがリガメント:靭帯、特に真性靭帯です。

これは、皮下脂肪・SMAS筋膜、筋肉をこえて、皮膚と骨の間に強力に付着して皮膚がずり
落ちないように支えとなっている構造です。経年変化でこの真性靭帯がゆるむと、皮膚を支えることができなくなって下に下がる、いわゆるたるみにつながります。その他にも、皮膚自体がたるんだり、脂肪量が減少・下垂したり、骨が委縮したりすることによって、複合的な要因でしわ・たるみ・輪郭の崩れが起こります。

そこで、リフティング効果の高いヒアルロン酸を、ゆるんだ真性靭帯の根元に少量ずつポイント注射することで、柱の支えが復活し、顔全体のリフトアップにつながります。30~40代のたるみの軽い方なら、少ない本数でもお顔全体の治療が可能で自然な若返りが図れます。
50代以降の方は、たるみの程度にもよりますが、リガメントの補強にも少しヒアルロン酸の量が必要になります。さらにたるみの状態や委縮の程度により、ゴルゴライン、頬外側、こめかみ、額中央などボリュームアップが必要になってくることが多く、より多くのヒアルロン酸が必要になってきます。

理想の輪郭は逆たまご型、ハート型のつるんとした輪郭です。ポイント注射でリガメントを補強し、でこぼこした凹凸をなるべく減らすべく、足りないところにはヒアルロン酸を足し、ゆるんだ皮膚は照射機器を利用したサーマルトリートメントやスレッドリフトで引き締めるのがおすすめです。たるみ治療には複合治療が必須になります。



銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら



お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00)
0120-282-764


銀座Ks Skin Clinic
美ブログ

女性皮膚科専門医による、
美のトータルサポート

ホームページへ