« 2017年4月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2017年4月20日

2017年4月 8日

ダーマシャインがバージョンアップ!「ダーマシャイン・バランス」

皆様こんにちは。
水光プラス、育毛水光と大人気のダーマシャインですが、この度、バージョンアップ機種のダーマシャイン・バランスが導入されました!!

今までのダーマシャインとの違いは・・・
①針が31G→32Gとさらに細くなりました!!
⇒内出血のリスクが減り、痛みがさらに軽減されます。もちろん外用麻酔も致します。
②針数が5本→9本にup!
⇒1回の吸引で注入できる量が増えるため、刺す回数が減り、短時間で終わります。針が増えても細くなったので痛みは軽減されます。
③液漏れしにくい!
針を抜く際にどうしても少量漏れてしまっていたのですが、今回漏れにくくなったことで薬液のロスが減り、その分注入量がアップするため効果アップにつながります。
④吸引部が円形から四角に変更
円形の場合、打ち損じてしまう部分が出てくるため重ね打ちしていたものが、四角になったことで、治療部位に隙間なく均一に注入できるようになりました。

是非新しくなったダーマシャイン・バランスで潤い、つやのあるお肌を取り戻してください。

2017年4月 4日

あなたの日焼け止め、本当にきちんと塗れていると思いますか??

皆様こんにちは。
徐々に晴れた日の紫外線が強くなってきているのを実感する今日この頃ですね。

シミを増やさない、濃くしないためにも、しわ・たるみの予防にも、UVケアは必須です。1年中日焼け止めを使用する人も増えてきましたが、正しく外用できている人は実は少ないのです。紫外線を防ぐには"塗る量"がとても重要です。カウンセリングやブログなどで再三言われるため、ご存知な方も多いと思いますが、皆様が実際に塗る量はSPF試験の半分以下という報告があり、実使用での効果は表示の数値よりかなり低下することがわかっています。効果的に日焼け止めを使用するには、顔にパール3個分程度を重ね塗りするか、高い数値の製品を使う必要があります。SPF30以上、PA+++以上なら、厚塗りしなくても日常の紫外線を防ぐ効果は得られるので、高SPF値のサンプロテクトを日常使いしましょう。

紫外線を浴びてから24時間後に肌が赤くなるのに必要な、最小限の紫外線照射量をMEDという単位で表しますが、一般的な日本人の場合、1MEDは真夏の紫外線量が多い昼前後に約20分間紫外線を浴びた量に相当すると言われています。ある研究では、日本人が1年間に浴びている紫外線量の平均は200MEDと算出されています。また、紫外線量が蓄積して4000MEDに達すると、シミができるという報告があります。つまり、生まれてからずっとUVケアせずにいると、20歳になるころにはシミができてしまうのです。
紫外線を浴びると皮膚の細胞の遺伝子に傷がつき、それが蓄積することでシミになったり、ひどい場合皮膚癌になりったりします。私達が人生で浴びる紫外線の80%は18歳までに浴びるというデータもあります。光老化は蓄積なので、子どものころから対策することがとても大切です。小さなころから親がケUVアをしてあげて、大人になった時に「美肌」をプレゼントしてあげたいですね!!

紫外線は悪者にされがちですが、よい点もあります。照射によりビタミンDを形成することができます。緯度・季節・天気・露出面積によって一定量のビタミンDをつくるために必要な照射時間は変わり、条件によってかなり差が出ますが、数分~数十分です。ただ、ビタミンDのために何十分も直接紫外線を浴びることは皮膚科医としてはおすすめできません。ビタミンDは干しシイタケやきくらげ、魚などの食事やサプリメントからも摂取できますので、UVケアとあわせて不足分のビタミンD摂取もこころがけましょう。

2017年3月30日

気をつけて ジーマーミ(沖縄豆腐)はピーナッツ

皆様こんにちは。沖縄に観光にいかれるかた多いかと思います。
沖縄料理のジーマーミご存知でしょうか。
沖縄豆腐ともいうため、成分がピーナッツであるとは知らないかたにが多いかと。
知らずに食べた観光客が救急搬送される事例が相次いでいるようです。
先日も患者様で、沖縄でジーマーミを食べたところ、急性のアレルギー症状が出現されたかたがいらっしゃいました。問診していくと、お子様はピーナッツアレルギーは判明しており、気をつけていたのですが、豆腐とながついているため成分がピーナッツとはしらなかったようです。
欧米では食物アレルギーによるアナフィラキシーで死亡する例の大部分はピーナッツですし、日本でも食物アレルギーをもつ低年齢のお子様も増えています。幸い死にはいたらなかったが、あと5分遅けれがどうなっていたか、という事例もあります。
沖縄料理のジーマーミ、くれぐれもお気を付けください。


2017年3月25日

国際特許取得ハイブリッドペプチド含有ホームケア剤

皆様こんにちは。
先日ご案内した新しい育毛注入治療『Dr.CYJヘアフィラー』ですが、ご自宅でのホームケアにも育毛・抜け毛・白髪に効果のある機能性ハイブリッドペプチド(国際特許取得)が配合されたペロバームシャンプ、ペロバームコンディショナー、ペロバームローションのライン使いがおススメです。
=配合成分=
<3種のハイブリッドペプチド>
デカペプチド25 フィナステリドよりも強力な5αリゼクターゼの阻害効果
オリゴペプチド54 強力なBMPブロッカー、頭皮の血液循環促進による育毛、血行促進
オリゴペプチド41 ストレスやUVなどからの毛母細胞へのダメージを予防
<2つのビタミン>
パルミチン酸レチニル 強力な抗酸化作用
ビオチン        血行促進・皮脂の過剰分泌を抑制
その他5つの天然植物エキス配合

特に育毛ローションに配合されているデカペプチド25は、男性型脱毛の内服治療で使用されるフィナステリド(プロペシア)と同様に5αリダクターゼ阻害効果があり女性の男性型脱毛症の方におすすめです。脂溶性のフィナステリドとは異なり、水溶性ですので経皮吸収がよく、外用でも効果を発揮し、男性でも女性でも使用できます。
ご興味のある方はぜひお気軽にご相談下さい。

2017年3月21日

新たな育毛治療「Dr.CYJヘアフィラー」

皆様こんにちは。
世界初の機能性ペプチド含有育毛専用フィラー『Dr.CYJヘアフィラー』が新たに導入となりました!!
効果をしっかりと実感したい方に人気の育毛治療「育毛水光」では、ミノキシジルや発毛を促す成長因子などの薬液をダーマシャインを用いて注入していました。
今回導入の「Dr.CYJヘアフィラー」も同じく注入治療になりますが、画期的な点は、毛髪再生効果のある7種の機能性ペプチドがヒアルロン酸ジェルに包まれており、中のペプチドが15日間に渡ってゆっくりと放出される点です。
毛包に対する作用時間が長く、長期的な効果を発揮します。2週間毎に4回の施術で抜け毛が減り、髪の密度と太さが平均20%増えたと報告されています。発毛させるだけでなく白髪防止効果もあるという頼もしいフィラーです。
34Gの極細針3本がセットされた特殊針からハイジェッタという専用の自動注入器で微量注入するので痛みもチクチクする程度です。育毛水光同様麻酔クリームの外用がおすすめです。1本1.0mlの製剤で手のひら大の範囲に施術可能です。
分け目や生え際のボリュームがなんとなく減ってきたとお感じの方、ぜひご相談ください。

2017年3月 8日

汗管腫と似た皮膚疾患「顔面播種状粟粒性狼瘡」

皆様こんにちは。
黄白色~皮膚と同じ色の目の周りの小さなブツブツ。当院でよくお見かけし、炭酸ガスレーザーで治療するのは「汗管腫」と言ってエックリン汗腺系の腫瘍で、思春期をすぎた女性のまぶた、特に下まぶたによくできます。

この「汗管腫」と似た見た目の皮膚疾患に、「顔面播種状粟粒性狼瘡」という疾患があります。何やら難しげな病名ですが、20~30代の男女のお顔に肉芽腫と呼ばれるブツブツをつくる疾患です。こちらも汗管腫と同じく、黄白色~皮膚と同じ色、あるいは紅色の小さい丘疹で、下まぶたが好発部位です。左右対称にできて、膿疱となることもあります。時に中心が陥凹することもあり、慢性の経過をたどり、瘢痕化したりすることがあります。まぶた以外にも鼻の周囲の頬など、お顔の他の部位にもできるので鑑別点として重要です。

かつては皮膚結核の一種とされていましたが、現在は否定されていて、毛穴や毛穴の分解産物、皮脂、にきびダニに対する肉芽腫性反応と推定されており、酒さ性ざ瘡に近い疾患との意見もあります。なかなか視診だけでは診断がつかないこともあり、皮膚生検による病理検査で中心壊死と類上皮細胞肉芽腫を認めることにより確定診断が可能です。治療には数か月~1年程度、長い方だと数年かかりますが、テトラサイクリンの少量内服が基本です。
ご心配な方は皮膚科専門医へご相談ください。

2017年2月25日

新機種「ソノクイーン」!まずおすすめは「アイシャドウハイフ」

皆様こんにちは。
もうお試しになった方もいらっしゃると思いますが、新しいリフトアップ機器「ソノクイーン」の「アイシャドウハイフ」がとても良いです!!特に上まぶたのたるみや、目袋の突出、下瞼の小じわ・たるみなどが気になっている方にはとてもおススメです。効果を確認するために、私は左半分だけに照射しましたが、直後から左右で上瞼の形が全く変わり、目尻もキュッと引きあがりとてもいいです。痛がりの私でさえ、最高出力でもほとんど痛くなく、ウルセラでつらかった方も余裕でお受けいただけます。

ソノクイーン(アイシャドウ・スマイルハイフ)は、ウルセラには劣りますが、ウルセラ同様HIFU(High Intensity Focused Ultrasound、 高密度焦点式超音波治療法)を使用した照射方法で皮膚のたるみを強力にリフトアップします。ウルセラにはない小回りのきく5㎜径の小型のハンドピースで2㎜の深さに1点ずつ真皮深層~脂肪織へ照射できるため、ウルセラの大きいハンドピースでは届きにくかった目の下の内側部分やきわなどの照射に適しています。また、眉下の靭帯部分の強化や、額の丸いカーブに合わせて照射が可能です。直後にはコラーゲン線維の熱収縮によるリフトアップ効果が得られ、長期的には新しいコラーゲン線維の再生によるリフトアップ効果が得られます。

たるみの顕著な方にはウルセラとのダブル照射がおすすめです!!スマイルハイフでは、神経の走行上ウルセラでは照射が難しかった鼻唇溝上方基部や、マリオネットライン周囲をしっかりと照射いたします。

2017年2月 1日

マイルドなダウンタイムでお肌の入れ替え

皆様こんにちは。
炭酸ガスフラクショナルレーザーといえば、ニキビ跡や開いた毛穴治療にガンガンパワーをあげて、赤みやざらつきが長引くけれど効果を求めたい!!という方向けの治療、という印象が強いかもしれません。
けれども、実はごくごくマイルドなパワーにして、ダウンタイムを少な目にしつつお肌の入れかえ、ハリ、キメを整えるのにも使えます!シミが気になる方にももちろんおすすめです。なぜならシミのある部分ごとドット状にお肌を欠損させて入れ替えていくため、徐々にシミの範囲が縮小していきます。1回10~15%ずつの照射のため、全体の入れ替えには5~6回は繰り返し治療が必要になります。
薄いシミやくすみが気になっている方、糖化による黄ぐすみにもおすすめです。マイルドなパワーでもコラーゲン線維を産生する指令はしっかり出ますので、軽い小じわやキメの改善にも効果があります。
気になる赤みは1日程度、ざらつきも1週間程度と軽くすみます。裏技として、照射後にACEオイルも併用いただくと、ビタミンAの浸透効果が高まり、さらに早くざらつきが取れます!
炭酸ガスフラクショナルレーザーを敬遠されていた方も、まずは週末是非お試しください。

2017年1月28日

食事プラス運動によって誘発される蕁麻疹

shutterstock_175570568.jpg

皆様こんにちは。
かゆみを伴うみみずばれのような蕁麻疹。時々出るけれど、自然に消えてしまっている、というのが特徴です。原因は何??と気になってしまう方も多いと思いますが、そのほとんどは原因不明の特発性蕁麻疹です。

原因が明確な蕁麻疹の中でもとても珍しいタイプ!?

原因が明確な蕁麻疹の中でもとても珍しいタイプの蕁麻疹として、食事+運動で誘発される蕁麻疹があります。食事だけでも出ないし、運動だけでも出ないのですが、原因となる食物を摂取した後遅くとも3時間以内に運動をすると出るという、少し変わった蕁麻疹です。一番多いのが小麦、次いでエビ、イカ、カニなどが原因となります。原因食物の摂取量にも個人差があり、少量でも出る方やある程度の量を摂取しないと出ない方がいます。また、運動も個人差があり、家の掃除程度で出る方や、激しい運動をしないと出ない方など様々です。さらにアスピリンなどの解熱鎮痛薬の服用、疲労、ストレス、アルコール摂取などが加わると出やすくなる方がいらっしゃいます。

予防はその食物を摂取しないこと、摂取した場合は運動負荷をかけないこと。そうすれば防ぐことができます。この蕁麻疹の怖いところは、呼吸苦や血圧低下、意識消失などアナフィラキシーショックを起こすことがあり、最悪死に至ることがあるということです。治療は抗ヒスタミン剤の内服が主体になりますが、予期せず原因食物を摂取してしまっていた、ということもあり得ますから、重症になりやすい方には、緊急用にステロイドの内服薬やエピペン(アドレナリンの自己注射)を持ち歩いていただいたりすることもあります。

蕁麻疹の原因検索は細かい問診と、ご自宅での蕁麻疹ノートの記載が肝心です。いつ、何を摂取したとき、どのような状況で出たかを毎回記入し、少しずつ原因を絞っていきます。ある程度めぼしがつけば、血液検査やスクラッチテスト、プリックテスト、負荷試験などを行って原因を特定していきます。
ご心配な方は皮膚科専門医へご相談下さい。



銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら



お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00)
0120-282-764

ご心配な方はぜひ皮膚科専門医にご相談下さい。

銀座Ks Skin Clinic
美ブログ

女性皮膚科専門医による、
美のトータルサポート

ホームページへ