毛穴の開き・黒ずみ

毛穴の開き頬や額、顎の毛穴は、出口部分だけではなく、周囲もすり鉢状に窪んだ構造をしていて影となって目立ちやすい特徴があります。若年層では過剰な皮脂分泌と毛穴周囲の角化により毛穴が詰まって押し広げられ、表面が酸化して黒ずんで見えます。30代以降では加齢に伴うたるみにより、特に頬部がたるみ毛穴として目立ちます。

たるみ毛穴は老化によって真皮のコラーゲン線維やエラスチン線維の合成力が衰え、毛穴を土台から支える力が低下することで起こり、老けた印象を与えます。また産毛の断面も黒っぽく見え、黒ずみの原因となります。

対策として、まずケミカルピーリングなどで毛穴を清潔に保ち、肌のターンオーバーを整え、はりや弾力を回復させます。次にジェントルレーズ(Gentle LASE)により産毛を目立たなくして毛穴をひきしめ、さらにダーマローラー、スカーレットRF照射、CO2フラクショナルレーザー照射、ダーマシャインRRによる水光プラスなど、皮膚に小さな傷をつけ、成長因子を導入、増加させる治療を行うことにより、新しい皮膚の再生を促し、肌の弾力と保湿力をアップさせ、たるみ毛穴に効果的に引き締めをします。

銀座ケイスキンクリニックでは最適な治療を組み合わせてご提案し、お一人お一人に合わせ、毛穴のひらき・黒ずみの悩みを一緒に解決してまいります

毛穴のひらき・黒ずみの治療一覧

ジェントルレーズ(Gentle LASE)

gentlelase.png

毛穴の周りはメラニン活性が高く黒ずみやすい部位。また、毛や毛穴に詰まった酸化した皮脂も毛穴を目立たせる原因です。ジェントルレーズ(Gentle LASE)照射で産毛を脱毛し、毛穴のつまりを解消すると、黒ずみが軽減されます。また毛穴周囲のコラーゲン線維が増え、毛穴が引き締まります。さらに脂腺の分泌が抑制され、毛穴の開きを予防します。



ジェントルレーズ(Gentle LASE)についてさらに詳しく

ジェネシス

jyenesisu.png

ジェネシスは、レーザーピーリング効果を持ち合わせたレーザー治療器なので、角質層(肌表面)の古い角質や汚れを取り除き、ターンオーバーの正常化を促進します。この作用で、毛穴が目立たなくなり、ニキビ跡の赤み、でこぼこなどの肌質改善が見込めます。もちろんレーザー照射で真皮上層部に熱を加えることで、コラーゲン繊維を増生することが可能です。これにより開いた毛穴を引き締めて、肌のキメ、ハリ、小じわの改善につながります。



ジェネシスについてさらに詳しく

フラクショナルCO?レーザー

co2.pngフラクショナルCO?レーザーとは、レーザーを小さなドット状に分割して真皮に照射することで、皮膚へのダメージを極力抑えながら、高出力のレーザー照射を可能にし、肌の入れ替えと皮膚再生を促進させ、『新しい肌にリセットさせる』レーザー治療です。照射によって出来た微細なドットが治癒する際に皮膚が収縮します。その収縮がタイトニング効果となり、たるみによる毛穴の開きが改善されます。


フラクショナルCO?レーザーについてさらに詳しく

毛穴引締めジェントルレーズ(Gentle LASE)

gentlelase.png

レーザーの特質を利用し、狙った標的である毛穴のみをきちんと収縮させることが可能なカーボンオイルを併用したジェントルレーズ(Gentle LASE)で余分な毛穴の黒ずみを排出・解消すると同時に毛穴が引き締めます。またジェネシスで真皮の一番上の層が加熱しコラーゲン繊維を増やし、肌のキメを整えハリを改善させます。肌の代謝が良くなり、毛穴開きやくすみも改善します。



毛穴引締めジェントルレーズ(Gentle LASE)についてさらに詳しく

ボトックス注射(メソボトックス)

botx_s.png年齢と共にますます気になるのが、毛穴の開きです。ボトックス注射(メソボトックス)は、皮膚の浅い層(真皮層)に極少量のボトックスを細かく注射し、開大毛穴の引き締めを叶える治療法で、マイクロボトックス注射とも呼ばれます。メソボトックス注射は通常の表情ジワへのボトックス注射と異なり、メソダーム(真皮層)にごく少量ずつ注射されたボトックスが適切な範囲に拡散し、加齢によるたるみ毛穴の縮小効果もある人気治療です。さらに過剰な皮脂や発汗も軽減しテカリを抑えます。34Gナノニードル(極細針)を使用するので、針の跡が残らず、ほとんど痛みを感じることなく施術をお受けいただけます。

ボトックス注射(表情じわ)についてさらに詳しく

水光プラス(ダーマシャインR)

da-ma_s.png

たるみ毛穴は老化によって真皮のコラーゲン繊維線維やエラスチン線維の合成力が衰え、毛穴を土台から支える力が低下することで起こり、老けた印象を与えます。メソボトックス水光プラスでは、低濃度ボトックスを皮膚の浅い層(真皮)に細かく均一に注入することで、肌のリフティング、毛穴の引き締め効果などが期待でき、ポアレス肌を叶えます。通常のボトックス注射よりナチュラルに、額や目尻の小ジワやたるみによる毛穴の開きを改善します。



水光プラス(ダーマシャインR)についてさらに詳しく

ダーマローラー

da-ma.png

ダーマローラーは約200本の極微細な医療グレードのステンレススチール製針がついたローラーです。これを肌表面の上で転がし、表皮の角質と真皮に微細な穴を開けます。この微細な刺し傷に対し、皮膚の細胞から様々な成長因子が分泌されます。加齢と共にコラーゲンが減少したことが原因で起こる毛穴の開きに、痛みやダウンタイムなく効果を発揮します。



ダーマローラーについてさらに詳しく

スカーレットRF

S_rf.pngコラーゲン線維を増生するスカーレットRFは、お肌にハリを出し、涙状にたるんだ毛穴やニキビ跡の毛穴のひらきを引き締めます。また、脂腺の抑制効果で皮脂分泌をおさえ、皮脂による角栓、毛穴のひらきを改善します。





スカーレットRFについてさらに詳しく

PRP(多血小板血漿)注入

wprp_nayami_img.pngたるみ毛穴は加齢により毛穴の周りのコラーゲン線維が減ってくることにより目立ってきます。PRP(多血小板血漿)注入によって皮膚内でコラーゲン繊維とヒアルロン酸が2週間から数ヶ月をかけて少しずつ作りだされます。即効性は期待出来ませんが、ハリが出て、毛穴がキュッとひきしまり、目立ちにくなります。銀座ケイスキンクリニックではヒアルロン酸の注入部位にも追加注入可能で、光治療やタイタン、レーザー治療(2週間経過後から治療可能)など相乗効果の高い治療を組み合わせております。


PRP(多血小板血漿)注入についてさらに詳しく

タイタン

xeo.jpgのサムネール画像のサムネール画像

タイタンは近赤外線の照射で真皮層を50度まで加熱することにより、真皮組織の熱収縮を促します。さらに真皮層の線維芽細胞を刺激することで長期的にコラーゲン繊維の再構成、生成による引き締め効果で、たるみによる毛穴のひらきなどの改善に効果的です。照射直後からリフトアップ効果を実感頂けますが、効果の持続・更なる改善のため、3~4週間に1回の照射をお勧めしております。



タイタンについてさらに詳しく

ショッピングスレッドリフト

shop1.jpg齢を重ねるにつれ弾力を失っていき、脂肪を支えることができなくなり、結果、支えをなくした脂肪が重力の方向に垂れ下がり、出来てしまった顔のたるみは毛穴の開きの原因になります。この毛穴のひらきは脂肪と脂肪の間のコラーゲンでできた線維状(ネット)の組織が伸びてしまっているので、吸収糸を挿入することで、皮下組織に刺激を与え続けコラーゲン繊維を増やし密度をアップさせることで、伸びてしまったコラーゲン繊維のネットの密度を増やし、たるんでしまったお顔をリフトアップし、毛穴のひらきを解消します。

ショッピングスレッドリフトについてさらに詳しく

フォトフェイシャルM22(光治療・IPL)

フォトフェイシャルM22フォトフェイシャルM22は、パルスライトという沢山の波長の光が集合したものを利用した機器です。従来のレーザー機器による治療に比べて、精度が非常に高いのが特徴です。フォトフェイシャルM22は光エネルギーの肌への働きかけが強いため、色素(メラニン)の除去作用や、コラーゲン繊維を活性化させる効果があります。肌の働きを活発にする事で毛穴の縮小や肌質改善、ソバカスの解消、薄いシミや広範囲に及ぶシミに効果を発揮します。また、フォトフェイシャルM22で使われる光は散乱光がなく低出力でもきちんとパルス光が届くので、肌の表面を傷つけず治療後のダウンタイムも副作用や痛みもほとんどないです。

フォトフェイシャルM22(光治療・IPL)についてさらに詳しく

イオン導入(イオントフォレーシス)

S_rf.pngビタミンAは皮膚のターンオーバーを促し、ゆがんだ表皮構造を補修します。また、表皮細胞の成長を促し、厚みのある丈夫な表皮になります。自らの力でNMF(天然保湿因子)や角質細胞間脂質が作られるので、角質のバリア機能も強化され、肌自体の保湿力が高まり、毛穴開きが改善します。 さらに、ビタミンAは真皮でコラーゲンやエラスチン、グリコサミノグリカンの生成を促すことで、真皮の構造を強固にします。また、コラーゲンが壊されないよう保護する役割もあり、たるみ毛穴を防ぎ、改善するために欠かせません。イオン導入で医療用レチノールを高容量で浸透させることで、ポアレススキン導きます。

イオン導入(イオントフォレーシス)についてさらに詳しく

院内調合オリジナル化粧品

毛穴の入り口は、紫外線や物理的な刺激で、過剰な角化(過角化)により角栓が出来やすく、一度できると脱落しにくいという特徴があります。角栓によって毛穴が押し広げられたり、表面が酸化して黒ずんだりします。ピーリング効果のある外用薬(GAローション・トレチノインナノエッグ)は、毛穴の入り口(毛漏斗部)の角質をマイルドに溶かし、毛穴のつまりを改善し、毛穴を引き締め、黒ずみも改善します。さらに、美白効果の高いルミキシルクリームやハイドロキノンクリームを併用すれば、毛穴の色素沈着をナチュラルに薄くしていくことも出来ます。

院内調合オリジナル化粧品についてさらに詳しく

院内処方外用薬・内服薬

お鼻まわりや頬の内側、眉間などは皮脂腺が発達していて皮脂の分泌が盛んな場所で、角栓で毛穴が押し広げられたり、表面が酸化して黒ずんだりします。ビタミンB群の内服で肌の新陳代謝を整え、皮脂の分泌を調整することで毛穴の開きを目立ちにくくする効果が期待できます。毛穴の黒ずみが目立つ場合はシミ4種(ビタミンC、トラネキサム酸、ビタミンE、ハイチオール)の内服も有効です。

院内処方外用薬・内服薬についてさらに詳しく

カウンセリング予約

文字サイズの変更