概要

毛孔性苔癬集中治療肌を露出する季節になると気になる、二の腕や背中のボツボツは毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という難治性の皮膚病です。でも、治らないとあきらめる必要はありません。

毛孔性苔癬集中治療は「ケミカルピーリング」、「ジェントルレーズ」照射、「ジェネシス」照射を同じ日に行い、それぞれの治療効果を最大限に高めるコンビネーション治療です。ブツブツの原因である毛穴のつまりと角栓、ねじれて埋まったムダ毛を解消して、すべすべのお肌に導くことができます。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)集中治療の効果と特徴

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とは

毛孔性角化症や毛嚢性角化症と言われる、毛穴の角質異常のひとつです。皮膚の一番外側にある角質細胞がうまれてから剥がれ落ちるまでの過程を角化と言い、通常、新陳代謝により一定のサイクルを繰り返します。この角化に異常が起きる(角化異常)と、剥がれ落ちるはずの角質(垢)は毛穴の中に満たされ角栓として詰まり、毛穴が開いてしまいます。
この詰まった角栓の先端部が表皮に突出し、肌色から褐色調の丘疹(ブツブツ・ボツボツ)ができる事で、肌表面がざらざらとした状態になり毛孔性苔癬となります。

毛孔性苔癬集中治療は、同日に連続して下記施術を1回ずつ行います。

ケミカルピーリング ~美白効果・ザラつき・毛穴のつまり改善~
mou3.pngケミカルピーリングはフルーツ酸によって皮膚の角層をごく薄く溶かし、毛穴のつまりを解消します。角質への適切な刺激で、お肌のターンオーバーが正常化し、白く滑らかに変わって行きます。毛穴に詰まった角栓を溶かする効果から、毛孔性苔癬のざらつきを改善し、埋まった毛が排出されやすくなります。医療用のピーリング剤を使用するため、施術中はほんの少しピリピリすることもありますが、短期間で効果が得られるのが特徴です。ピーリングで皮膚が薄くなることはありません。


ジェントルレーズ照射 ~美白効果・脱毛~
※写真差し替え予定
mou2.png角質とともに毛穴をふさぐ原因となっているのが、角質にフタをされてねじれて埋もれた状態のムダ毛です。その毛と毛穴周りの黒色にのみ反応するロングパルスアレクサンドライトレーザーを照射することで、埋まった毛と黒ずみを除去することができます。
黒ずみ対策として、ハイドロキノンクリーム、ルミキシルクリーム、トレチノインナノエッグ(レチノイン酸)等の美白剤の併用がおすすめです。これらは医療機関でのみ処方できる医薬品です。詳しくは「院内処方外用薬・内服薬」をご覧下さい。

ジェネシス ~ザラつき改善・キメを整える~
mou4.pngロングパルスNd:YAG レーザーの作用で、表皮から真皮の浅層に適切な熱が加わります。これによって、ターンオーバーが整い、お肌の弾力の源であるコラーゲン線維が増え、キメが整います。ジェネシスはレーザーピーリング効果が高く、「産毛の除毛」と「皮膚代謝の促進」の相乗効果で、ブツブツした肌を滑らかな肌へ導きます。


毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)集中治療のリスクとダウンタイム<痛み>ほとんど無し <腫れ>無し  <内出血>無し

肌質や色調と産毛の濃さによって、適切な出力に設定するため、いずれの施術もノーダウンタイムで痛みに弱い方も安心して受けて頂ける治療です。産毛の濃い部分とシミやホクロの周囲は、治療直後少し赤くなりますが、すぐに消えていくのでご安心ください。治療中は副反応を避け、効果を高めるために、日焼け止めや美白剤の外用、美白に効く内服薬(ビタミンC とトラネキサム酸など)、飲む日焼け止めヘリオケアの併用をおすすめしています。


毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)集中治療の施術頻度や持続について

1 ヵ月~1 ヵ月半毎に3 回の治療でほとんどの方が効果を実感されます。角化の程度と日焼けの有無、肌の色にもよりますが、6 回でかなり滑らかになって、色も白くなります。自己処理で黒ずんだ肌も、美白剤外用との併用で、1 回毎に目立たなくなってきます。一度改善すると、すぐに元に戻ることはありません。毛穴が角化しにくいスキンケアや生活習慣を治療中にアドバイスいたします。しかしながら体質的に再発しやすい方もいらっしゃるので、症状が気になりだしたらご相談下さい。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)集中治療の痛み

ケミカルピーリングはジェルがひんやりと冷たく、時にむずがゆいような刺激がありますが、施術中のみの感覚です。ジェントルレーズは、産毛や毛穴の黒ずみが目立つ場合、部分的に少し熱く感じることがありますが、回数を重ね、産毛が減ってお肌が白くなるにつれて感じにくくなります。ジェネシスは、温かく気持ちの良い治療で痛みはありません。いずれの施術もノーダウンタイムで痛みに弱い方も安心して受けて頂ける治療です。通常は麻酔不要の治療ではありますが、痛みに不安を感じる場合は、テスト照射も承っておりますので、お気軽に担当医師にご相談ください。


毛孔性苔癬集中治療のの禁忌事項について

下記に該当される方は、この治療を受けられないことがあるのでご相談ください。
・光線過敏症の方
・光感受性を高める薬を内服/外用している方(薬の添付文書の副作用に「光線過敏症」と記載あり)
・激しい日焼け直後の方
・照射希望部位に未治療の感染症及び炎症がある方
また、安全のため、他院での美容医療の治療歴を担当者にお伝えください。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)集中治療と他の施術比較

フラクショナルCO2 レーザーとの比較

毛孔性苔癬集中治療は、ぶつぶつの原因である、埋まった毛の脱毛と毛穴の角化や黒ずみを改善する目的の治療を組み合わせたコンビネーション治療です。ノーダウンタイムのマイルドな施術ですが、同日に組み合わせることで、効果を高めています。通常6回程度で、症状が改善しますが、重症度によっては、より積極的な治療を併用するのもおすすめです。

フラクショナルCO2 レーザーは、CO2レーザーを小さなドット状に分割して照射することで、皮膚へのダメージを極力抑えながら、肌の入れ替えと皮膚再生を促進させ、『新しい肌にリセット』させることができます。1 回の照射で施術部位の10~15%が新しい肌へ入れ替わり、6~10回の治療を繰り返すことで、肌全体が新しい皮膚へ再構築されるので、根本解決に適した治療です。


毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)集中治療のポイント特徴

複合治療fukugou.gif 治療効果★★★☆☆ 痛み☆☆☆☆☆ ダウンタイム☆☆☆☆☆

効果
■毛孔性苔癬の改善※痛みやダウンタイム、効果には個人差がありますので、あらかじめご了承ください。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)集中治療のワンポイントアドバイスワンポイントアドバイス若い世代の二の腕や背中に多く見られる、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」は難治性で、見た目だけの問題のため、皮膚科医は積極的な治療をしてきませんでした。でも、「恥ずかしくてノースリーブになれない」「ビーチに行けない」とコンプレックスを感じていらっしゃる方が多くいらっしゃいます。「若い時こそ腕や背中を思い切り出して、ファッションを思い切り楽しんで頂きたい」そんな思いから『毛孔性苔癬集中治療』を組み立てました。「ケミカルピーリング」、「ジェントルレーズ」照射、「ジェネシス」照射を同じ日に行い、それぞれの治療効果を最大限に高め、ブツブツの原因である毛穴のつまりと角栓、ねじれて埋まったムダ毛を解消して、すべすべのお肌に導きます。と心から願っています。折角スタイルの良い美しい女性が、好みのファッションを制限してしまうのは残念でなりません。クリニックの施術で症状が目立たなくなると、「今年はタンクワンピースやホルターネックのドレスに挑戦します!」と表情まで明るくなられ、皮膚科医冥利に尽きる瞬間です。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)集中治療の施術の流れflowドクター診察、カウンセリング施術前に、担当する医師が理想とする状態についてお伺いします。まぶたの状態を診て、注入する部位や量など治療プランを決めていきます。注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明いたしますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。

flow同意書記入スタッフより治療内容・施術後の注意・治療費・治療スケジュールなど詳細をご案内させていただき、同意書にサインいただきます。
(未成年の方の治療については親権者の同意が必要になりますので、こちらをご確認ください。)
この間に必要な場合は麻酔クリームを外用しますので、痛みに弱い方もご安心下さい。

flow治療の開始ピーリング、ジェントルレーズ、ジェネシスを照射していきます。

flow終了施術は終了です。術後に腫れがある場合はメイクや洗顔はできません。術後に状態などの説明を行いますので、その際にメイクや洗顔の可否をお伝え致します。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)集中治療の価格表

ケミカルピーリング 両上腕・背中・ヒップ
各1部位
1回 通常価格\90,000
特別価格\39,000(56%オフ)
ジェントルレーズ照射
ジェネシス照射
ケミカルピーリング
ジェントルレーズ照射とセットの場合
両上腕外側 \15,000
\10,000
ジェントルレーズ照射 両上腕全周 \40,000
ジェントルレーズ照射 両上腕外側 \20,000
ジェネシス照射 両上腕外側 \35,000
お支払いについて

お支払い方法は、現金、デビットカード、クレジットカード一括払い(VISA・MASTER)があります。 クレジットカード2枚に分けてのお支払いや、現金、デビットカードとの併用も可能です。詳しくは、クリニックにお問合せください。

card
銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の症例写真・体験談

角化によるざらつき、色調共に著明に改善し、大満足していただきました。赤みがかった症状は難治ですが3~4回の照射で消えています。
なお、右上腕の色素性母斑(ホクロ)を3ヶ所CO2レーザーで治療をしており、かすかにピンクの傷痕を残し治癒しています。

taiseisenn1.png.jpgのサムネール画像
hitaiseisenndari01.pngのサムネール画像

患者さまの声

20代女性:ゴムではじかれるような痛みはありましたが、短時間で我慢できる程度の痛みでした。熱さも少し感じる程度でした。 voice04.pngのサムネール画像

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)集中治療のよくある質問

【Q】
どのような方が悩んでいますか?

【A】
毛孔性苔癬は東洋人の若年層に好発する皮膚病ですが、特に気にしてご相談にいらっしゃるのは、20 代から30 代前半の女性やブライダル前の女性です。「夏でも必ず腕を隠しています」「水着になるのが嫌です」とコンプレックスを感じていらっしゃる方が結構いらっしゃいます。若く美しい女性が、ファッションを制限してしまうのはとても残念なことです。治らないとあきらめずに、クリニックにご相談下さい。

【Q】
どのくらいで効果が実感できますか。目安を教えてください?

【A】
1 ヵ月~1 ヵ月半毎に3 回でほとんどの方が質感の改善効果を実感されます。角化の程度と日焼けの有無、肌の色にもよりますが、6 回お受けになるとかなり滑らかになって、色も白くなります。自己処理で黒ずんだ肌も、美白剤外用との併用で1 回毎に目立ちにくくなってきます。

【Q】
どのような併用治療が必要ですか?

【A】
毛孔性苔癬は毛穴周囲が黒ずみやすいという特徴があります。また、埋まった毛を自己処理でほじくったり、剃毛の刺激で黒ずんだりしている方も多く、ホームケアのピーリングや美白剤をご使用いただく必要があります。具体的には、ピーリング効果のあるGAローションとトレチノインナノエッグ(レチノイン酸)、美白効果の高いハイドロキノンクリームとルミキシルクリームの併用がおすすめです。また、治療効果を高め、日焼けによる角化を防ぐため、治療中は美白に効く内服薬(ビタミンC とトラネキサム酸)、日焼け止めクリームの外用と飲む日焼け止めヘリオケアも併せてお願いしています。これらは医療機関でのみ処方できる医薬品です。詳しくは「院内処方外用薬・内服薬」をご覧下さい。

銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764

カウンセリング予約

文字サイズの変更