他院施術の修正

他院美容医療が一般的になり、施術件数が増えるにつれ、トラブルや失敗例も多く報告されています。せっかく、綺麗になるために、ヒアルロン酸注入やボトックス注射を受けたのに・・・「ボコボコして失敗だった」「しこりが出来てしまった」「前よりたるみが目立ってしまった」「表情が不自然になった」と、人知れずお悩みの方はいらっしゃいませんか?


注射注入は手術と同じで、医師による仕上がりの差が大きく出ます。これらは、手技の未熟さ、製剤の質、肌老化の程度や骨格の違いを考えずに注入したことなどが主な原因です。何よりも、医師それぞれの、『美への感性』『美のバランス感覚』が影響します。ヒアルロン酸製剤は、ヒアルロニダーゼという分解酵素で溶解し、必要な部位に追加注入することで修正が可能です。ボトックス注射や溶けないフィラー注入後のトラブル、傷跡に関しても、あきらめずにご相談下さい。そして、美容医療の素晴らしさを再確認していただきたいと思います。


シ他院施術の修正の治療一覧

ヒアルロン酸注入(他院の修正)

_DSC8484.jpgせっかく、綺麗になるために、ヒアルロン酸注入を受けたのに・・・「ボコボコして失敗だった」「しこりが出来てしまった」「思うようにシワが消えなかった」「かえって、たるみが目立ってしまった」と、人知れずお悩みの方はいらっしゃいませんか?注入したヒアルロン酸はきちんとなじませている限り、1年から1年半で分解吸収される安全性の高い注入治療ですが、硬く粗悪な製剤を使い、きちんと馴染ませず塊のまま入ってしまうと、周りが線維化(カプセル化)し、何年にも渡ってしこりが残ることがあります。ヒアルロン酸製剤は、ヒアルロニダーゼという分解酵素で溶解出来るので、修正が可能です。あきらめずに是非ご相談下さい。

ヒアルロン酸注入(他院の修正)についてさらに詳しく


溶けないフィラー・非吸収性注入製剤(他院の修正)

_DSC8497.jpg注入剤の安全性が問題になっている昨今ですが、「エンドプラスト」や「アクアミド」のように生体内で吸収されずに永久的に残る製剤が未だに使用されています。これらは異物反応を起こしやすく、不自然なしこり出来てしまった場合、除去する方法は手術しかありません。また、「レディエッセ」や「エランセ」のように数年で吸収される製剤でも、溶解剤が存在しない製剤は、オーバーボリュームになったり、固くしこってしまったりした場合の対処ができず、悲しい思いをしている方もいらっしゃいます。どちらのタイプも、血管内塞栓や血流障害を生じた場合に、ヒアルロン酸のようにすぐにヒアルロニダーゼで溶解することができないので、重大な事故につながることもあります。 基本的には吸収される製剤は完全吸収されるまで待つ、非吸収性のものの場合手術で除去する、といったことが必要になりますが、当クリニックでは、それ以外の対症療法で、少しでも改善の一助ができればと考えます。

溶けないフィラー・非吸収性注入製剤(他院の修正)についてさらに詳しく

ボトックス修正注射(アセチルコリン塩化物注射)

_DSC8501.jpg

ボツリヌストキシン製剤注射(以下、「ボトックス注射」)は、表情ジワの治療に最適な治療ですが、注入部位・深さ・量が不適切だと、表情筋の動きが悪くなり「笑顔がつくれない」「額やまぶたが重く、目が開けづらい」「眉が吊り上がっている」「口が開けにくく、上手く食べ物が噛めない」など仕上がりに違和感が出て、生活に支障をきたしたり、不自然なほど表情が固まってしまったりすることがあります。3~4ヶ月程度で効果がきれて元の状態に戻るのが、ボトックス注射の特徴ですが、その間の心労は計り知れません。当院では、ボトックス注射後のトラブルを少しでも早く回復させるため、効きすぎたボトックスの効果を弱める注射(アセチルコリン塩化物)をご用意しています。他院で受けた治療の経過・効果・仕上がり等のご不満に対して、丁寧なカウンセリングと修正治療のご相談を承ります。あきらめないで、まずは当院へご相談ください。

ボトックス修正注射(アセチルコリン塩化物注射)についてさらに詳しく

傷跡(きずあと)修正

_DSC8235.jpg

怪我やヤケドによる傷跡、瘢痕だけでなく、手術による傷跡も、目立たなくする施術があります。一つ目は、炭酸ガスレーザーを小さなドット状に分割して照射することで、皮膚へのダメージを極力抑えながら、肌の入れ替えと再生を促進させる『フラクショナルCO2レーザー』です。1回の照射で施術部位の10~15%が新しい肌へ入れ替わり、6~10回の治療を繰り返すことで、肌全体が新しい皮膚へ再構築されます。お肌を洗う「クリーニング」でなく新しい肌に「お仕立て直し」するイメージの画期的な美肌治療です。傷がしこって盛り上がってしまっている場合は、ケナコルト注射も併用すると有効です。反対に傷が凹んでしまっている場合は、柔らかいヒアルロン酸製剤を少量ずつ注射することもできます。注入部位に新しいコラーゲンが再構築され、2~3回の繰り返し注入治療で浅くなってきます。傷跡にはごく少量のヒアルロン酸で十分なので、3か月以内に分割して使用します。

kuwashiku3.pngkuwashiku4.png
カウンセリング予約

文字サイズの変更