ヒアルロン酸注入(他院の修正)の症例写真・体験談

他院修正鼻根ヒアルロン酸溶解(50歳女性 ヒアルロニターゼ ケナコルト注射)

2年前他院にて鼻根部にヒアルロン酸を注入し、2年経過後に結節を生じました。前医で抗生剤の投与を行いましたが改善なく、ご自身で東京女子医科大学を受診し異物肉芽腫と診断されました。ヒアルロン酸溶解目的で当院に紹介いただきヒアルロニターゼとケナコルトの混合液の注入を1回、ケナコルト局注を2回、合計3回の治療にて鼻根部の盛り上がりがほぼフラットな状態に改善され、大変喜んでいただけました。 Hn2018noose.png


40代女性 他院ヒアルロン酸修正 (ヒアルロン酸溶解注射 右目2回、左目1回施術)


他院で目の下にヒアルロン酸注入を受けた後から、酷い膨らみと凸凹が生じ、出勤できなくなった患者様です。担当医からは馴染むので様子を見るように指示されましたが、一刻も早い改善を希望され当院を受診されました。 溶解直後から膨らみは改善し、水分による軽いむくみは2日で消退し、出勤可能な状態に回復しました。1週間後、ヒアルロン酸注入量が多い右目の下に追加溶解を行い、初診の2週間後にはフラットな状態に戻りご満足いただきました。 目の下のシワとたるみは、ウルセラアイリフトやスカーレットRF照射、PRP注入などのコンビネーション治療を行う予定です。このように膨らみが顕著な場合、注入するべきでない鼻の近くにしこりが出来ているような場合は、早期の溶解がお勧めです。長く放置すると、皮膚が伸展してたるみが悪化することがあります。
Htears201803.png

ヒアルロン酸注入後の他院修正・しこり修正注射 50代女性

 目の下・頬・鼻唇溝 他院にて左右の鼻唇溝にジュビダームボリューマーXLを1.0ml、5か月後に同製剤を両目の下・ゴルゴラインへ2.0ml注入され、目の下~鼻唇溝にかけて皮膚の凹凸が出現したため当院を受診しました。

目の下・頬・鼻唇溝にヒアルロニターゼを0.4ml注入し溶解した後、皮膚の凹凸が目立たなくなりました。更に5日後にしこりの目立つ左鼻唇溝にのみヒアルロニターゼを0.5ml追加注入しました。初診の1カ月半後に、しこりと周囲の皮膚の境目をフラットにするために、ベロテロバランスを左口角・左鼻唇溝に0.7ml・右口角に0.3ml注入したところ、段差が目立たなくなりました。鼻唇溝に残った線状のしこりには修正注射【ケナコルト+ミケランジェロ(脂肪溶解薬液)混合】を行ったことで更に凹凸が改善し大変ご満足いただきました。
他院修正は非常に難しくはありますが、当院の経験をもとに毎回オーダーメイドで薬液を混合し、出来るだけ回復させるように努力しています。

hjiaru_fix0012.png

カウンセリング予約

文字サイズの変更