2023年1月16日

スネコス注射の効果と特徴

非架橋のヒアルロン酸と6種のアミノ酸を配合した製剤

スネコスは、イタリアの医療用アミノ酸製剤を専門とする研究開発会社であるProfessional Dietetics社(プロフェッショナルダイエティクス)が開発した注入剤で、「非架橋のヒアルロン酸」と「6種類のアミノ酸」で構成されています。ヒアルロン酸はコラーゲンを増やすコラーゲンブースターの一種ですが、ヒアルロン酸単独よりも、複数のアミノ酸と特殊比率で配合することで相乗的に効果を発揮します。

細胞間マトリックス(ECM)の再生を促し、 コラーゲンやエラスチンを増生させるための最適な比率であることが立証されています。国際特許を取得した、肌老化の改善で唯一エビデンスのあるアミノ酸配合ヒアルロン酸製剤です。

非架橋のヒアルロン酸
スネコスに配合されているのは、架橋されていない(分子同士が化学結合で結ばれていない)ヒアルロン酸です。粘度が低くさらっとした製剤で、皮膚内の水分を保ち、肌に潤いやハリをもたらし、コラーゲンを徐々に増やす作用があります。

6種類のアミノ酸
アミノ酸は、肌を構成する大切な要素です。うるおいを保つ重要な働きをする角質の天然保湿因子(NMF)はその半分がアミノ酸でできており、肌のハリや弾力を支えるコラーゲンもまた3種のアミノ酸【グリシン(必須)・プロリン・ヒドロキシプロリン等】が繰り返し結合してできています。アミノ酸はお肌にとってなくてはならない重要な成分で、アミノ酸を注射でダイレクトに補充することは若々しいお肌をつくるためにとても有効です。

スネコス注射は、細胞外マトリックス(ECM)のコラーゲン合成のために必要な6種のアミノ酸を最適な配合比率で真皮層にダイレクトに届けます。アミノ酸は元々体にある成分なのでアレルギーの心配がなく安心して取り入れることができます。

スネコスに含まれる成分 作用・効果
ヒアルロン酸 保湿効果・コラーゲン合成促進
6種のアミノ酸 グリシン コラーゲンの合成の必須原料
L-プロリン コラーゲン合成の原料・保湿効果
L-リジン コラーゲンの合成促進・タンパク質の合成促進
L-アラニン コラーゲンの合成促進・エラスチンの合成促進
L-バリン ハリ弾力を維持
L-ロイシン タンパク質の合成促進


高い安全性


sunekos_img02.png■主成分アミノ酸の配合比率で、生産国のイタリアの国際特許・日本での国内特許を取得

■欧州安全基準適合の承認である「CE Class Ⅲ」を取得。EUにおいては医療機器としての認可

国際学会や美容業界の大会での受賞歴(歴史あるイギリスの「Safety in Beaty 2019」など)

架橋剤などの化学物質を含んでいないので副作用やリスクが少なく、臨床試験でも安全性が立証されています。


スネコス注射が肌老化を改善する仕組み

皮膚の構造と老化
皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層から成り立っています。スネコスが作用するのは、お肌のハリや弾力を維持する役割を担う「真皮」です。真皮は、縦横に張り巡らされた網目状の「コラーゲン線維」とそれをしっかりつなぎ合わせる「エラスチン線維」からなる丈夫な立体線維構造で、これらのまわりを埋めつくすように、基質とよばれる「ヒアルロン酸」などのゼリー状物質が水分を抱えながら存在しています。そして、この美肌3大成分は、同じ真皮内にある「線維芽細胞」によって生成されています。

sunekos_img03.png
私たちの肌は、線維芽細胞の働きが活発だと新陳代謝がスムーズに行われ、ふっくらと弾力のある健康な肌を保つことができます。若く健康な肌の代謝サイクルは、ヒアルロン酸が2日、コラーゲン線維はもっと長く約1~2年と言われています。しかし、線維芽細胞は、20代をピークに減少・衰えていき、50歳を過ぎる頃には20代の頃の3分の1程になると言われています。また、乾燥や紫外線、活性酸素など外的要因によっても失われたり、生成するスピードが衰えたりします。コラーゲンやエラスチンはタンパク質なので、糖化変性による劣化も大きく影響します。すると、真皮内のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸量が不十分となり、その結果、肌は弾力を失い水分が減少し、しわ・たるみなどを引き起こすのです。分解(破壊)と合成(再生)のバランスが崩れて骨がスカスカになって骨粗鬆症となってやがて骨折するように、このような状態の肌を「皮膚粗鬆症」と呼びます。つまり、ハリや潤いがある美肌をつくるには、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、そしてそれらを生み出す線維芽細胞の再生スペックの高さが重要なファクターになるのです。

スネコス注射の持つ「細胞外マトリックスの再生効果」
真皮を構成する線維芽細胞の周囲空間を埋め尽くすように存在しているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を総称して「細胞外マトリックス(ECM)」と言います。近年の研究で、この「細胞外マトリックス」が単に細胞間を穴埋めする物質ではなく、線維芽細胞を刺激し、ホメオスタシス(常に新しい細胞を生み出し、肌組織を維持していく働き)を回復させていく作用があることが明らかになってきました。

『スネコス注射』は、この「細胞外マトリックス」を再生する(本来の組成と構造に近い高品質状態にする)ことで、線維芽細胞を刺激し真皮を再構築する、新しい肌再生治療です。『スネコス注射』が「ECM再生製剤」という新しいジャンルの製剤に分類されているのもこのような背景があります。初回の治療は、1~2週に1回のペースで4回施術を行うと、ECMが再生され、線維芽細胞が活性化する下記のような好循環が生まれます。

sunekos_img04.png
sunekos_img06.png
コラーゲンとエラスチンを同時に合成
お肌のハリに欠かせない成分としてコラーゲンやヒアルロン酸は有名ですが、エラスチンは真皮内での割合が少ないため軽視されがちでした。しかし、近年研究が進み、組織の弾力の維持には欠かせない成分として重要視され始めました。エラスチンは、ゴムの様に伸び縮みする性質を担っており、皮膚や血管、靭帯などに豊富に含まれ、しなやかさの元とも言えます。エラスチンもコラーゲンと同様に年齢とともに減少します。特に紫外線によってエラスチンが塊状に変性し「光線性弾力線維症(solar elastosis)」を生じると深いシワの原因となることは皮膚科医の常識です。ところが、エラスチンの合成を促進する治療法は、残念ながら今までにありませんでした。スネコス注射は、コラーゲン合成だけでなくエラスチン合成も同時に促進できる点が画期的なのです。

即効性・継続性を併せ持つスネコス注射の若返り効果

スネコス注射の効果の現れ方には個人差もありますが、メーカーによる臨床研究の結果では、初回の注入からから120時間後(5日後)には肌のコラーゲンやエラスチンの量が増加することがわかっています。また、注入から約1ヵ月でコラーゲン・エラスチンがさらに増生されて、ツヤ・キメの改善・肌の弾力性が増します。

【特におすすめ】

・くぼみ眼
➡加齢と共に上まぶたの脂肪が萎縮すると、目が落ちくぼみ、眉下の影が深くなって老けて見えます。皮膚のたるみが顕著な場合、有架橋のヒアルロン酸を注入するとダウンタイムの浮腫みが目立ち、重さで垂れ下がるので注入が難しい場合が多々あります。スネコスはダウンタイムが1~2日と短く、繰り返し注射することで、ごく自然にくぼみ眼を改善します。

・目周りの小ジワ改善
➡まつ毛の周囲の浅いシワ、まぶたの浅いシワは医師が手打ちするスネコス注射がおすすめです。

・目の下のクマ改善
➡クマには種類があり、それぞれ原因が異なります。スネコス注射で改善が期待できるのは、目の下の皮膚が薄く下層の静脈血や筋肉の青黒さが透けて見えてしまう「青グマ」や、加齢により、皮膚がハリを失ったことでたるみが生じ影ができてしまう「影グマ」です。真皮内を再構築し、皮膚に厚みをもたらし透けにくくすることで軽減できます。

・口周りの小ジワの改善
➡笑った時のごく浅いシワはスネコスで真皮のリモデリングを行うと自然に目立たなくなります。

・顔全体の肌質改善(ツヤ・キメ・ハリの向上)

・首のハリ、小ジワの改善

・手の甲のハリのなさ改善

・その他、あらゆる部位の肌質を改善


スネコス注射は、打てない箇所がほとんどないため、ボトックスやヒアルロン酸では施術が難しい箇所でも、施術可能なことが特徴のひとつです。1本の製剤で約2.6mlのスネコスが生成でき、全顔または顔半分と首など、ご希望のエリアに注射します。

スネコス注射の痛み

効果の高い外用麻酔のクリームを使用し、十分に冷却した上で、細い針で施術を行います。部分的にチクチクとした軽い痛みと独特の灼熱感(カーッとする感覚)が生じますが注入の瞬間だけです。また、痛みに弱い方には、ブルブルペン(皮膚の震動により痛みを軽減)のご用意もあります。痛みの感覚は個人差が大きく、緊張すると強く感じやすいという特徴もあります。麻酔のアレルギーがある方は、必ずお申し出ください。

スネコス注射のリスクとダウンタイム

<痛み>注入時のみ少し <腫れ> 少し(個人差あり) <内出血> ほとんど無し

shutterstock_1019073862.jpgヒアルロン酸の高保水能により、直後は虫に刺されたように腫れますが、粘度の低いヒアルロン酸のため1~3時間程度で平らになってきます。翌日は上眼瞼(上まぶた)には軽い浮腫みが残りますが、他の部位は消えます。目周りの注射は、大切なイベントの直前3日間は治療を見合わせるべきですが、担当医にご相談ください。また、真皮内に細い針で注射するので内出血は出にくい施術ですが、広範囲に多数注射するので針痕の赤みや小さな内出血点が出ることがあります。いずれもメイクでカバー出来る程度のものです。内出血が出た場合は3日~2週間かけて消褪します。内出血が目立つ場合は、フォトフェイシャル(IPL)照射が有効ですので、早めにご連絡下さい。(目の際と瞼には照射できません)

当日は肌への刺激と負担を最小限にするためメイクをお避け下さい。通常のお化粧、日焼け止めのご使用は翌日より可能です。また、洗顔、軽い入浴は当日から制限はありません。飲酒、サウナ、長風呂、激しい運動は腫れや内出血のリスクを高めるので、当日のみお避け下さい。

スネコス注射の施術頻度や持続について

肌の組織自体に変化を促す治療なので、効果を得るためには、初回は2週に1回のペースで4回集中して施術を受けていただく必要があります。そのため、施術開始は、集中的にご来院できる期間を選んでお受けいただくことをおすすめしております。個人差はありますが、メーカーによる臨床研究の結果では、初回の注入からから120時間後(5日後)には肌のコラーゲンやエラスチンの量が増加すること実証されています。その後、次第に肌組織内のコラーゲンやエラスチンなどが増生されていくため、最終的な結果が肌にでるのは4回目の施術後1~2ヶ月後のことが多いです。多くの方は2回目の施術から2週間後には肌質改善効果を実感します。また、4回の初期治療終了後は、6~10か月毎に繰り返し治療(メンテナンス)すると、効果の持続期間は延長します。効果の持続期間は、施術開始年齢や肌年齢によりますので医師にご相談ください。

スネコス注射の禁忌事項

下記に該当される方は、この治療を受けられないことがあるのでご相談ください。

・過去にスネコス治療で異常反応があった方
・妊娠中の女性
・真性ケロイドの方、異物反応を生じやすい体質の方
・コントロール不良の糖尿病、急性感染症、膠原病、精神疾患
・注入希望部位に未治療の感染症や皮膚疾患がある方

※安全のため、他院での美容医療の治療歴を担当者にお伝えください。
麻酔薬や内服薬に対してアレルギーのある方、喘息の既往がある方は事前にお申し出下さい。但し、今までにそのような経験がなくても、麻酔薬に対するアナフィラキシーショック(呼吸が苦しくなる、血圧が下がるなど)を生じることは極めてまれに起こりえます。その場合は、速やかに適切な処置を致します。

プロファイロの効果と特徴

革新的な特許技術で開発された架橋剤を含まない高純度のヒアルロン酸profhilo_img02.pngプロファイロは、スイス最大の民間多国籍製薬企業「IBSA社」が開発した注入剤です。架橋剤を使わずに、国際特許を取得した「NAHYCO®テクノロジー」と呼ばれる特殊な熱処処理法で、「高分子」と「低分子」のヒアルロン酸を水素結合させた次世代型ハイブリッドヒアルロン酸です。

美容クリニックで使用するヒアルロン酸製剤には、効果を維持するために、従来「架橋剤」という接着剤のような役割の化学物質が添加されています。ヒアルロン酸自体は、元々人の体内にあるものなので、アレルギーを起こすことはほとんどありませんが、この架橋剤にアレルギーや拒絶反応を起こす方が約数千人に1人の割合でいます。これに対して、プロファイロは、架橋剤をはじめとする化学物質が一切含まれていない純度の高いヒアルロン酸製剤で、アレルギーや副作用などのリスクが極めて低い、安全性の高い治療と言えます。

profhilo_img03.jpg2015年にイタリアで販売が開始され、瞬く間に人気が広がり、現在ヨーロッパをはじめとする世界80か国以上で使用実績があります。これまでに50万症例以上が報告がされている他、国際的に著名な賞(AMEC & AESTHETICS)の受賞歴もあり、安全性や効果が世界的に認められています。





浸透・拡散性に優れ、皮膚全層を再構築 プロファイロには、「高分子」と「低分子」のヒアルロン酸が、1本(2ml)に64㎎と高濃度に配合されています。そのため、組織に均一に拡散しやすく、粘着性も高いので、注入部位に馴染んで生着することで自然な仕上がりとなり、さらに効果の持続期間も長くなります。1カ所に注入すると、そこから2cm四方に効果が波及するため、顔・首の場合は、わずか10ポイントで全体に作用します。

また、注入した真皮層への効果のみならず、浸透する過程でその上方の表皮や下方の脂肪層と、多層に働きかけます。その結果、角化細胞、線維芽細胞、脂肪細胞が活性化されるので、皮膚、皮下組織全層にわたる広範囲にリモデリング効果が生じます。

■角化細胞(表皮)の再生作用(角質のターンオーバー促進・蓄積した角質やメラニン色素を排出)
くすみの改善・美白効果

■線維芽細胞(真皮)の再生作用(コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の産生を促進)
キメハリが整う・小ジワ・毛穴の改善

■脂肪細胞・脂肪幹細胞(皮下組織)の再生作用(老化や炎症で減少した脂肪細胞を増やす・脂肪萎縮を予防)
ハリ・弾力を高める・ボリュームの回復・リフトアップ効果

■細胞外マトリックスの再生作用
老化によって乱れた真皮の構造を再構築する・レーザーなど照射治療の効果を高める



細胞外マトリックスとは

真皮内には、「線維芽細胞」と呼ばれる肌の若々しさを保つコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出している細胞があります。この線維芽細胞を取り囲む部分を総称して「細胞外マトリックス(ECM)」と言います。近年の研究で、この「細胞外マトリックス」が、細胞にとって物理的な足場となるだけではなく、線維芽細胞を刺激し、ホメオスタシス(常に新しい細胞を生み出し肌組織を維持していく働き)を回復させていくことが明らかになっています。

mtr_img001.png

プロファイロの効果

プロファイロは1本2mlです。下記の各部位で1本使用します。1回で使用できる本数の上限は4本です。必要な本数は、骨格、皮下脂肪量、肌老化の程度、目的により異なります。

■ 頬から口元のたるみ・萎みの改善

■ 額のシワ・まぶたの窪みの改善

■ 首のシワ・たるみ・萎みの改善

■ 手背・手指のシワ・老化の改善

■ 肘のシワ・老化の改善

■ クレーター状のニキビ痕、瘢痕(傷痕)の改善

効果を最大に引き出す注入法

BAP注入法(バイオエステティックポイント注入法) 治療は、基本的に開発メーカーIBSA社が推奨するBAP注入法に基づき行います。これは加齢により真皮の萎縮が生じやすい下顔面1/3への適応と、血管や神経が通っていない解剖学的に安全性の高い箇所に焦点をあて、リスクを抑えつつ効果を最大に引き出す、とても理にかなった注入法です。

1か所につき0.2mlずつ注入し、1回の治療で1本(2ml)使用します。プロファイロは、流動性が高く、1カ所の注入部位から約2cm四方にわたって拡散するので、顔は片側わずか5ポイントに注入するだけでお顔全体に自然に広がります。(首は10ポイント)肌全体を再構築する画期的な治療であるにも関わらず、針を刺す回数は最低限に留めるため、注射を刺す際の不快感を少なくしたい、できるだけ短い施術時間で効果を得たいという方にもおすすめです。

profhilo_img04.png

銀座ケイスキンクリニック オリジナル注入法 顔の大きさ、骨格、たるみの目立つ位置、首の長さ、手の大きさなどは個人差が大きいため、銀座ケイスキンクリニックでは、慶田院長の経験から、注入ポイントを適正化し、一部の分注量を調整することで効果を最大限に高める独自の銀座ケイスキンクリニックオリジナルプロトコールで注入しています。

■例1:顔全体の若返り希望で口元のたるみとくぼみ目が顕著の場合・・・1回に2本4.0ml使用
➡両頬~下顎にBAP注入法で10ポイントに1本2.0ml。額~上下瞼~こめかみにメソ注入法で1.6ml、残1.0mlをマリオネットライン外側の口元のたるみに左右で0.4ml。合計2本4.0ml使用。

■例2:首が長く顎下から首全体のたるみが顕著な場合・・・1回に1.5本3.0ml使用
➡首のBAP注入法で10ポイントに1本2.0ml。顎下~フェイスライン、首外側に0.15mlずつ9か所に約1.0ml注入し残は保管。1か月後の2回目注入時に残1.0mlと追加1本2.0mlの合計で3.0mlを注入。

■例3:両手から指の老化が目立ち、手が大きい場合・・・1回に両手~手指背で1.5本3.0ml使用
➡額や目回りと同様にメソ打ちのテクニックで小さな水玉をたくさん作るように細かく分注。

プロファイロの効果をより高めるコンビネーション治療

プロファイロを定期的に注入することで、肌質改善効果は期待できますが、シワやたるみが深い場合、毛穴の開大が顕著な場合、高齢の場合は、『ウルセラ』『ソノクイーン』『サーマクールFLX』『スカーレットS(ニードルRF)』などのハイフや高周波などを組み合わせて頂くことをおすすめします。熱の刺激により、線維芽細胞が刺激を受けることで、よりコラーゲンの増生効果が高まり、脂肪組織が若返るためリフトアップ効果が上がります。

また、プロファイロはボリュームを出す効果は薄いため、頬のコケなどボリュームを補いたい場合や輪郭形成には、架橋のあるヒアルロン酸製剤を用いる『ヒアルロン酸注入』を併用することで、ナチュラルな若返りが実現できます。深い凹みや影をヒアルロン酸注入で整え、脂肪のゆるみと皮膚の萎縮、シワ感をプロファイロ注入で改善しつつ、合間もしくは前後でハイフ照射、サーマクール照射、スカーレットS照射、タイタン、スマスアップ照射などを受けていただくと、ヒアルロン酸注入量を最小限に、最大の効果をもたらすことができます。

プロファイロの痛み

外用麻酔クリームの効果が十分に効いてから、細い針で施術するので、刺す瞬間は部分的にチクっとした軽い痛みです。プロファイロは非架橋のヒアルロン酸製剤ですが、粘度が高く、浅層に注入するため、注入の5~10秒間独特のじわっとした痛みがあります。痛いのは一瞬で終わるのでストレスはありません。プロファイロは、皮膚の中で拡散・浸透しやすい特長があり、BAP注入法の場合はポイントが少ないので、注入時の痛みの負担が軽い点が魅力で注入治療が初めての方にもおすすめです。お痛みが心配な場合はまず1部位1本の注入をお試しください。ほとんどの方が、1回に2本以上を注入なさいます。

プロファイロのリスクとダウンタイム<痛み>チクチクする程度 <腫れ・浮腫み・凹凸> 2日間注入ポイントに膨疹様のしこり(上まぶたは3~4日程度全体的な軽いむくみ・重さ) <内出血> 無し~針痕が数日程度 

shutterstock_1019073862.jpg皮内注射のため、施術直後から24~48時間程度、膨疹様のしこり(ブヨに刺されたような膨らみ)が出現しますが、時間と共にヒアルロン酸は拡散して膨らみは消失しますのでご安心ください。翌朝には半分以下になりかなり目立たなくなりますが、数日間少し硬さや軽い膨らみを感じることがあります。腫れや赤みを伴う場合や、むくみによる違和感(上まぶたに注入した場合は2日程度軽く浮腫みます)を感じる場合がありますが、いずれも翌日には消褪します。首や手の甲、額など脂肪の薄い部位への施術の場合は、これらの症状の消失まで2~3日かかることがあります。

また、注入治療のため、一時的な内出血が起きる可能性はあります。しかし、注入層は真皮浅層であり、27Gの細い鋭針を用いるため解剖学的に内出血が起こりづらく、そして最低限の注入ポイント(片側5か所)とした「BAPテクニック」を使用することで 内出血の可能性を更に低減させています。直後から通常通りのメイクやスキンケアが可能です。長風呂、激しい運動、飲酒は内出血と腫れのリスクを高めるので、当日のみお避け下さい。プロファイロは自然に拡散することで、組織のリモデリング効果が最大となるので、しこりを揉み解すなど治療部位に対する強いマッサージなどは、1ヶ月半は避けてください。

プロファイロの施術頻度や持続について

プロファイロは直後から効果を感じる方もいらっしゃいますが、本来の効果は、皮膚のリモデリングが進んだ3~4週間後です。ハリや弾力が高まり、肌のキメ、明るさの改善・シワやほうれい線が浅くなるなどの変化が見られます。1回目の施術から効果を得られますが、初回は、1~2ヶ月間隔で同範囲に2回施術を行うと、リフトアップ効果、肌の引き締まりや質感の違いなど、しっかりとした変化を実感できます。また、効果持続期間は半年~1年程度なので、半年後に再注入したり、1年毎に繰り返し治療を続けると、肌のコンディションを維持できます。

プロファイロの禁忌事項

下記に該当される方は、この治療を受けられないことがあるのでご相談ください。

・過去に注入治療で異常反応があった方
・妊娠中の女性
・真性ケロイドの方、異物反応を生じやすい体質の方
・コントロール不良の糖尿病、急性感染症、膠原病、精神疾患
・注入希望部位に未治療の感染症や皮膚疾患がある方

*安全のため、他院での美容医療の治療歴を担当者にお伝えください。
*麻酔薬や内服薬に対してアレルギーのある方、喘息の既往がある方は事前にお申し出下さい。但し、今までにそのような経験がなくても、外用麻酔薬に対するアナフィラキシーショック(呼吸が苦しくなる、血圧が下がるなど)を生じることは極めてまれに起こりえます。その場合は、速やかに適切な処置を致します。
*プロファイロは麻酔薬を含まない製剤のため、キシロカイン(リドカイン)アレルギーの方もお受けいただけます。ただし、その場合は、外用麻酔は用いず、局所の冷却で痛みを緩和して注入します。

2023年1月14日

スネコス注射と他の施術比較

プロファイロ(PROFHILO®)との違い

どちらも第三世代のヒアルロン酸として注目され、ハリ弾力の維持に欠かせないコラーゲンやエラスチン増生して、年齢によって衰えた皮膚の構造を再構築する「肌育治療」というコンセプトは同じです。大きな違いとしては、作用部位の違いがあげられます。『スネコス注射』は真皮層に働きかけるのに対して、『プロファイロ』は、表皮~真皮~脂肪組織までマルチレイヤ―に働きかけるので、肌全体が自然にふっくら若返る効果も期待できます。また、施術方法や効果が出るまでの回数、ダウンタイムなどにも違いがあります。スネコスは柔らかい製剤で、目元をはじめどの部位にも注入でき、1本が2.6mlと多く、一度に広範囲にメソ打ちで注入します。直後の小さく蚊に刺されたような膨らみは1~3時間で消えてしまい、瞼への注入の浮腫みも1日半程度で落ち着きます。

一方、プロファイロは、1カ所の注入部位から約2cm四方にわたって拡散する特徴があり「片頬に数か所」など、ピンポイントに注入する方式(BAP注入法)が基本です。粘度と硬さがある製剤なので、注射を刺す際の独特の圧迫感に加え、施術後はブヨに刺されたように1~2日間しこります。プロファイロも、額や目周り、手背・手指背には少量ずつメソ打ちしますのでブヨというより蚊に刺された感じになりますが、スネコス注射よりも膨らみが目立ち長引きます。目周りの細かいシワやくぼみ目に注入した場合、むくみや軽い重さが3~4日間持続するのでダウンタイムが長めです。また、初期治療はプロファイロが2回であるのに対してスネコス注射は4回必要です。

それぞれの施術の特長から、当院では、ハリがなく薄くてシワシワした額、眉間、目尻、首や、目の下のクマなどのパーツ改善には『スネコス注射』、顔や首全体のたるみや萎みが気になる場合は、広範囲に作用し、皮膚のハリを高め、ふんわりした自然なボリュームでシワを改善する『プロファイロ』をおすすめしています。当然、どちらも気になる方も多いので、当院ではこの2治療の同日に行うコンビネーション治療も人気です。実際の適応については、皮膚科専門医がしっかりとその方の肌状態を確認しご提案させていただきます。

sunekos_img07.jpg

水光注射との違い

『スネコス注射』と同じ、非架橋のヒアルロン酸を注入する施術として『水光注射』があります。水光注射で使用する非架橋のヒアルロン酸にもアミノ酸が含まれますが、スネコス注射は、そのアミノ酸の種類や配合に国際特許があり、細胞レベルで肌を若返らせる再生治療に近いコンセプトで開発された治療です。スネコス注射は、医師が手打ちで注入します。打てない箇所がほとんどない点も特徴のひとつです。

一方、水光注射は、専用の注入機器(9本の針)を用いて美肌効果の高い薬剤をお顔全体にスタンプ式に注入する治療です。肌全体に潤いとツヤ、内側から押し上げるようなハリ感が生まれ、回数を重ねるごとに若々しい肌に導きます。マシンならではの効果で、美容成分を均一かつ広範囲に注入できる点が魅力です。当院では、「非架橋のヒアルロン酸」の他に、毛穴をピンと引き締める「アルジルリン」、コラーゲンブースターと呼ばれる溶ける糸の成分(PCL)が配合された「ミラクルH」などの製剤をご用意しています。額や目尻、ほうれい線や首などの線状の小ジワを浅くしたい場合は、シワに沿って一滴ずつ手打ちで注入する『スネコス注射』がおすすめです。肌全体の質感を向上させたい場合は、水光注射が効果的です。肌全体を底上げしつつ、気になるシワも改善したい場合はコンビネーション治療もおすすめです。

スネコス注射のワンポイントアドバイスワンポイントアドバイス若い頃の弾むようなハリと瑞々しさは、ひとえに真皮の骨格であるコラーゲンとエラスチン、そのすき間に水分を抱えながら存在し様々な細胞の活動を支えるヒアルロン酸がたっぷり満ちているからです。残念ながら、これらは永遠ではありません。悲しいことに、再生力が衰え始める20歳ごろから、分解(破壊)と合成(再生)のバランスが崩れてきます。骨がスカスカになって骨粗鬆症となって骨折するように、このような状態の肌を「皮膚粗鬆症」と呼び、シワやたるみ、毛穴開きなどの老化症状が現れるのです。さらに、泣きたくなりますが「老化=不健康な状態」なので、線維芽細胞の再生力が低下した状態では、適切な熱刺激・針刺激を与えても美容医療の結果が出にくくなってくるのです。

実際、慶田も40代半ば頃から、真皮の衰えを実感し、水光注射を定期的に行うようになりました。私たちの体に標準搭載された抗酸化力・強力な組織修復力は「神様がかけてくれた魔法」のようなもので、期間限定、およそ38歳ごろから激減します。医学と栄養が発達し、寿命は100年時代になりましたが、衰えた皮膚と体でこの先50年生き抜くためには、様々な仕掛けが欠かせません。

スネコス注射は、真皮の細胞外マトリックス(ECM)をを健康な状態に若返らせ、美肌の鍵、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の合成を担う線維芽細胞を活性化し、再生力旺盛なあの頃の肌に育てなおす治療です。これまで存在しなかった、エラスチンの合成をも同時に促進する点が画期的な薬剤です。スネコスの組織再構築効果を例えるなら、工場で1時間に1万個の製品を作るレーンがあったとして、機械をバージョンアップし、職場環境を改善させ、製品の原料も追加して1時間に1万5000個作れるようにするイメージです。

スネコス注射後は、肌再生のスペックが高まっていますから、各種照射治療の効果も文字通り爆上がりします。個人的には、2回目の注入で肌のハリを感じ、3回目の注入から2週間経ったころに肌がふっくらし、くぼみ眼が良くなったので驚きました。顔や体の皮膚の老化を感じ始めた30代半ば以降の全ての方、肌質を改善させたい方、アトピー性皮膚炎やニキビなどの炎症を繰り返し萎縮した皮膚にお悩みの方に心からおすすめできます。当院はメソセラピーに注力していますので、最大の効果を発揮する真皮浅層に正しく注射します。浅く入れれば入れるほど、注射直後は悪い虫にいっぱい刺されまくった状態になりますが、お家に帰るころには平らになってしまいます。プロファイロや水光注射など他のメソセラピー、複数の照射治療やヒアルロン酸注入などの注射注入治療とのコンビネーション治療を、お一人お一人の症状とライフスタイルに合わせて組み立てご提案しますのでご安心くださいね。4回頑張るだけの価値はあると自信を持ってお勧めできます。

プロファイロと他の施術比較

ヒアルロン酸注入(ヒアルロン酸フィラー・架橋あり)との違い

そもそもヒアルロン酸は天然のコラーゲンブースター(バイオリモデリング製剤)です。従来のヒアルロン酸は、ジェル状態を1~2年保ち、加齢による骨や脂肪の萎縮を改善したり、靭帯のゆるみを強化することによってシワや凹みを改善したり、リフトアップ効果を狙っています。さらに、慶田院長の注入テクニックでは、同時にヒアルロン酸製剤が足場となり周囲の組織を再構築させるため、臨床的な効果実感は製剤が完全に分解された後も2~3年後まで続き、長持ちすると評判です。ただし、架橋タイプのヒアルロン酸製剤は、萎縮が顕著な部位に限定して控えめに注入しないと、「ヒアルロン酸過剰注入症候群(Over Filled Syndrome)」を引き起こします。慶田院長は注入のアセスメントと注入量を最小限に最大の効果を発揮するように医師のトレーニングと啓発にも尽力しています。

そこで、ヒアルロン酸の組織再構築作用のみを最大限に発揮すべく開発されたのが、『プロファイロ』です。従来のヒアルロン酸製剤がボリュームアップ+組織再構築の作用であるのに対して、プロファイロは、組織再構築のみに特化させた「肌そのものが若返る」再生治療に近いコンセプトで開発された次世代型のヒアルロン酸です(最強のバイオリモデリング製剤)。肌本来の力を強力に活性化し、天然のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった肌の若返りに必要な細胞外基質を増生させ、老化した脂肪層まで若返らせる点が、今までのヒアルロン酸注入と全く異なる新しい点です。肌を育てて元気にするということから、別名「肌育注射」などと呼ばれています。また、架橋剤を用いていないので、アレルギーの発生率がほぼゼロと非常に低い点も特徴です。ただし、プロファイロはボリュームを出すような効果は薄いため、頬のコケなどボリュームを補いたい場合や輪郭形成には、『ヒアルロン酸注入』を併用するのがおすすめです。プロファイロ注入と併用することで、ヒアルロン酸注入量は最小限にしながら、自然な若返り効果をもたらすことができます。

スネコス注射との違い

『スネコス注射』は、非架橋の低分子ヒアルロン酸と6種のアミノ酸を特許比率で配合した製剤です。ヒアルロン酸は単独よりも、複数のアミノ酸と特殊比率で配合することで相乗的に効果を発揮します。どちらも第三世代のヒアルロン酸として注目され、ハリ弾力の維持に欠かせないコラーゲンやエラスチン増生して、年齢によって衰えた皮膚の構造を再構築する「肌育治療」というコンセプトは同じです。大きな違いとして、『プロファイロ』は脂肪層まで浸透して、皮膚全層にわたりアンチエイジング効果が得られる点があげられます。角化細胞を活性化して、ターンオーバーを促進、脂肪細胞も再生して老化した細胞を若返らせるといった効果があります。

ただし、プロファイロはある程度の粘度と硬さがあるため、BAP注入法ではブヨに刺されたように1~2日間しこります。目周りの細かいシワやくぼみ目に注入した場合、むくみや軽い重さが3~4日間持続するのでダウンタイムが長めです。一方、スネコスは、プロファイロよりも柔らかい製剤で、目元をはじめどの部位にも注入でき、直後の小さく蚊に刺されたような膨らみは1~3時間で消えてしまいます。瞼のむくみも1日程度と短く、窪み目治療に推奨できます。1本が2.6mlと多く、一度に広範囲にメソ打ちで注入するため、額、眉間、目尻などの小じわや目の下のクマなどを改善する働きが期待できます。初期治療はプロファイロ注入が2回であるのに対してスネコスは4回必要です。それぞれにメリットがあるので、スネコス注射とプロファイロ注入を同時に行うのも人気です。

プロファイロ注入:ブヨに刺されたようにしこりや腫れが長めに出るが脂肪組織まで若返らせる。初期治療1エリア2回。
スネコス注射:大量に蚊に刺されたように浮腫むが3時間で消え、1本で広範囲に注射可能。初期治療1エリア4回。

Dexifarennto001.jpeg プロファイロのワンポイントアドバイスワンポイントアドバイス最近、サーマクールやウルセラ(ハイフ)の効果を実感しにくくなった」、「何が原因か分からないけれど、顔がたるんで顔が四角くなってきた」「脂肪は少なめなのに二重あごが目立つ」「首のシワが横にも縦にも出てきた」「手が老けて悲しい」「笑った時に細かいシワができて、毛穴も目立ってきた」こんなお悩みをよく耳にします。これは、加齢により、肌組織全体の構造が緩み、垂れ下がり、真皮や脂肪が萎縮しだぶついていることが原因です。さらに、「老化=不健康な状態」なので、若い頃のような再生力が低下し、適切な熱刺激・針刺激を与えても美容医療の結果が出にくくなってくるのです。実際、慶田も40代半ば頃から、『サーマクールFLX』や『ウルセラ』の効果持続時間が少し短くなったように感じ、たるみ毛穴や細かいシワの目立ちを感じていました。32歳で開業してから様々な施術を自らの肌で試してきましたが、若い頃にはメソセラピー、バイオリモデリング製剤治療の真の価値を実感できていなかったかもしれません。まさに、『水光注射』を定期的に始めたのが45歳でした。残念ながら、人間は生物学・遺伝学的には38歳で死ぬように設計されているようです。私はこれを「神様がかけてくれた魔法」と呼んでいます。私たちの体に標準搭載された抗酸化力・強力な組織修復力も、次世代に命を繋ぎ終わったであろう40歳前後で激減するため、いわゆる生活習慣病はじめ様々な疾患にかかりやすくなります。医学と栄養が発達し、寿命は100年時代になりましたが、衰えた皮膚と体でこれから50年生き抜くためには、様々な仕掛けが欠かせません。

『プロファイロ』は、顔を膨らませることなく、表皮・真皮・皮下組織までを健康な状態に若返らせ、再生力旺盛なあの頃の肌に育てなおす治療です。プロファイロの組織再構築効果を例えるなら、工場で1時間に1万個の製品を作るレーンがあったとして、機械をバージョンアップし、職場環境を改善させ、製品の原料も追加して1時間に1万5000個作れるようにするイメージです。

プロファイロ注入後は、スペックが高まっていますから、各種照射治療の効果も文字通り爆上がりします。個人的には、1回目の注入で肌のハリを感じ、2回目の注入から2週間経ったころにサーマクール照射後のように顔が揺れにくくなり、引き締まり「これがプロファイロの底力か!」と驚きました。顔や体の皮膚の老化を感じ始めた30代半ば以降の全ての方、通常のヒアルロン酸注入に抵抗がある方、アトピー性皮膚炎やニキビなどの炎症を繰り返し萎縮した皮膚にお悩みの方に心からおすすめできます。当院は基本のBAP注入法をアレンジしたオリジナル注入テクニックと照射や他の注射注入治療とのコンビネーション治療を組み立ててご提案しますので、ぜひご相談くださいね。

プロファイロの施術の流れflowドクター診察、カウンセリング施術前に、担当する医師がお肌の状態を診て、治療する範囲や回数、併用療法などの治療プランを決めていきます。注意点やアフターケアについても詳しく説明いたしますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。 flow同意書記入スタッフより治療内容・施術後の注意・治療費・治療スケジュールなど詳細をご案内させていただき、同意書にサインを頂戴します。この間に麻酔クリームを外用しますので、痛みに弱い方もご安心下さい。 flowプロファイロ注入外用麻酔クリームの効果が十分に効いてから、細い針で施術するので、刺す瞬間は部分的にチクっとした軽い痛みです。プロファイロは非架橋のヒアルロン酸製剤ですが、粘度が高く、浅層に注入するため、注入の5~10秒間独特のじわっとした痛みがあります。痛いのは一瞬で終わるのでストレスはありません。 flow終了皮内注射のため、施術直後から24~48時間程度、膨疹様のしこり(ブヨに刺されたような膨らみ)が出現しますが、時間と共にヒアルロン酸は拡散して膨らみは消失しますのでご安心ください。直後から通常通りのメイクやスキンケアが可能です。長風呂、激しい運動、飲酒は内出血と腫れのリスクを高めるので、当日のみお避け下さい。

2023年1月13日

プロファイロの価格表

プロファイロ注入(1本2ml):1~2ヶ月毎に2回で1クール
初回トライアル1本 1本 2ヶ月以内の施術1本目
(10%OFF)
同日2本目 同日3~4本目
¥90,000 ¥120,000 ¥108,000 ¥80,000 ¥70,000
※麻酔をご希望の場合は、別途麻酔代を頂戴いたします。
※プロファイロ1本で、両頬~顎/額~目周り/首前面/両手背に注入できます。
※1回に注入できる本数は最大4本です。

お支払いについて

お支払い方法は、現金、デビットカード、クレジットカード一括払い(VISA・MASTER・AMEX)があります。 クレジットカード2枚に分けてのお支払いや、現金、デビットカードとの併用も可能です。詳しくは、クリニックにお問合せください。

card
銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764

2023年1月12日

スネコス注射の価格表

スネコス注入(1本2.6ml):2~4週間毎に4回で1クール

初回トライアル1本 1本 2回セット
¥75,000 ¥85,000 ¥150,000
※麻酔代は含まれていません。全顔に注入される場合は、麻酔代3000円がかかります。
※院長施術をご希望の場合は、別途院長料金¥5,000を頂戴いたします。
※スネコス1本で上下瞼を含む全顔治療ができます。顔半分と首前面などご希望エリアに注入します。
※2回セットの期限は、購入日から2ヶ月間です。

お支払いについて

お支払い方法は、現金、デビットカード、クレジットカード一括払い(VISA・MASTER・AMEX)があります。 クレジットカード2枚に分けてのお支払いや、現金、デビットカードとの併用も可能です。詳しくは、クリニックにお問合せください。

card
銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764

2023年1月10日

スネコス注射の症例写真・体験談

目の下の小ジワ改善・自然なハリが出てクマも目立ちにくい状態に 50代女性

【年齢・性別】:50歳女性
【お悩み・症状】目元のシワ・クマ 
【施術】スネコス注射 2回
【価格】2回セット¥150,000
【リスク・副作用】紅斑・むくみ・熱感・内出血など
【施術後】目周りの浅いシワやクマが気になっている患者さまです。施術は、目周りを密に、残りを額や口周りの浅いシワなど老化症状の気になるところに行いました。スネコス注射は、2~3週間毎に4回の施術が必要ですが、目の下は2回でもシワが浅くなり、ハリが出ているのがわかります。患者様の効果実感も高く、治療は継続中です。目周りの細かな折りジワやクマは治療が難しいですが、真皮のコラーゲン産生の環境を整え、再生力を高めるスネコス注射はおすすめできる治療です。医師がまつ毛の際まで、その方のシワの分布状態に合わせて最適なデザインで注射します。34Gの極細針で注射するので、内出血は目立ちにくく、針痕が赤くなる程度です

  • Before(ビフォー)

  • After(アフター)


カウンセリング予約

文字サイズの変更