ヒアルロン酸注入(美人顔デザイン注入)の効果と特徴

保水性が高くお肌のハリに不可欠なヒアルロン酸も、コラーゲン線維と同様20歳頃から急速に減少していきます。また、加齢による皮下脂肪織の減少と萎縮がシワやたるみの原因であることも分かってきました。シワの凹みやボリュームの少ない部分にヒアルロン酸製剤を注入すると、自己のヒアルロン酸と融合し、自然なふくらみをもたらし、半年〜1年間効果が持続するため、満足度が高く、当院でも人気ナンバー1の注入治療です。

ヒアルロン酸注入に必要なのは、医師の美的感覚と立体視する能力です。そして、安全な製剤を適切な部位に適切な量注入する技術がなくしては、ナチュラルな若々しさを作り出すことが出来ないのです。加齢によるたるみが顕著なお肌に、ヒアルロン酸を注入しても、30代前半までのように完璧な仕上がりにはなりません。注入エリアの皮膚が伸びて、支える力が無くなっていると、シワが消えきらなかったり、かえってたるみが目立ったりすることもあります。まずは、照射治療で、伸びて劣化したコラーゲン線維の引き締めと新しいコラーゲン線維の再生を図るのが、遠回りなようで、確実に理想の状態に近づく方法なのです。


美シャンパンシェイプ(Yライン)
ふっくらと丸くバランスの良い額、縦ジワのない女性らしい穏やかな眉間、すっきりしたノーブルな鼻筋・・・額から鼻筋までを、理想的なシャンパンシェイプに仕上げるプランです。運気まで下げてしまう眉間の縦ジワは、ボトックス注射で浅くして、シワが深く刻まれることも予防します。ヒアルロン酸注入の本数に応じて、「フルデザイン」と「プチデザイン」があります。額の横ジワが目立つ方や張り出した眉の男性的な輪郭にお悩みの方には、額全体からこめかみまで、ふっくら女性的なラインに整える「フルデザイン」がおすすめです。眉間の縦ジワと額中央の凹み、鼻筋を少し通す程度で良いという方は「プチデザイン」でも十分ご満足いただけると思います。

美EYEライン
目じりから目の下のシワを解消してエレガントな目元を作ります。目周りの皮膚がたるんでくる世代には超音波の熱で強力に皮膚を引き締め、コラーゲン線維を増生させる「ウルセラアイリフト」を併用する「フルデザイン」がおすすめです。目尻の表情ジワを浅くして、ほんの少し、目の下の影を浅くすれば十分な方には「プチデザイン」からお試し下さい。ナチュラルで、魅力溢れるお目元をよみがえらせます。

美唇・美口囲ハッピースマイルライン
銀座ケイスキンクリニック人気NO.1のメニューです。縦ジワがない豊かなリップと張りのある若々しい顎(あご)のラインを整え、ほうれい線とマリオネットラインを浅くして、上品で理想的なEラインを作ります。ヒアルロン酸はシワの程度に合わせた硬さの3本を厳選してご使用しますので、効果も十分です。笑顔の引き立つ美しい口元をつくりましょう。

美Vフェイスライン
頬たるみと二重あごを解消し、シャープなフェイスラインの逆三角形の顔立ちを作ります。たるみ治療の最高機種ウルセラは超音波の熱で、お肌を支えるスマス筋腱膜と皮下脂肪織のコラーゲン線維を太く変え、大量に増やします。ウルセラチークリフトで頬のたるみを根本的に引き上げるので、マリオネットラインやほうれい線も浅くなります。さらに、ヒアルロン酸を注入して凹みとシワを浅くできるので、全方向どこから見ても隙のない横顔美人を作ります。

美ネックライン
年齢と共に増える年輪状のシワとたるみを解消し、バレリーナの様に美しい首筋から鎖骨のラインを作ります。タイトニングとコラーゲン線維再生効果が高い、タイタンの照射がセットなので、お肌を根本的に若返らせます。首に刻まれた線状の折りジワには、軟らかいヒアルロン酸を一滴ずつ丁寧に注入し、段階的に浅くしていくことが出来ます。首は年齢が一番出るとも言われるパーツです。お顔だけでなく、シワのないすっきりしたネックラインならジュエリーも一層映えることでしょう。

ガルデルマ社認定 ヒアルロン酸注入トレーナー医師

GAL.png


顔面解剖学マスタークラス履修


img016_000001.jpg慶田院長と大野医師は、2015年4月25日から26日に韓国で開催された、ヒアルロン酸フィラー注入経験豊富な医師のための、顔面解剖学マスタークラスで講義と実習を受けています。日本国内では法律上叶わない、冷凍保存のご遺体での実習はその後の注入治療の糧となっています。慶田院長と高山副院長は2016年10月15日に日本で開催されたGALAAにて顔面解剖学をスライド講義と3D動画で深く学びました。注入治療を熟知した解剖学の教授が、顔面の美容医療に関わる医師向けに作成した動画やスライドは何度見ても勉強になります。私たちは定期的に受講と実習を繰り返し、患者様の安全のために身を引き締めて診療にあたっております。

ヒアルロン酸注入(美人顔デザイン注入)のリスクとダウンタイム
<痛み>軽度あり <腫れ> 少し(個人差あり) <内出血> ほとんど無し~10日程度

外用麻酔を塗ると15分ほどで表面の感覚がほとんどなくなります。注入治療でもっとも多く生じるダウンタイムは内出血です。内出血しやすい方や、広範囲に注入後希望の方、目周りへの注入の際は止血点滴をあらかじめお受けいただくことでリスクを減らすことが出来ます。また、Stat Veinで血管を避けて針を刺すポイントを選択し、十分な圧迫止血を心掛けています。このような取り組みで、注入による内出血のリスクは少なく、出たとしても軽く済むようになりました。

ヒアルロン酸は高保水成分のため、特に皮膚の薄い目周りなどは、注入後1カ月程度水分を吸収して軽く浮腫みます。そのため、初回の注入量はやや少なめとし、水分が再吸収され馴染んでくる1~2か月後にタッチアップすると周囲に気づかれることも無く、効果の持続期間が延長します。医師が施術直後にマッサージをしてなじませますが、特に医師の指示がない限りヒアルロン酸が定着するまでの約1か月程度、強いマッサージは控えてください。
ボトックス注射による表情の違和感を避けるため、初回は弱めの仕上がりとしています。2週間後に必要な場合はタッチアップします。ボトックス注射部位は決して揉まないで下さい。メイクはカニューラ針孔を避けて頂ければ、直後から可能です。また洗顔、軽い入浴、食事、接触も当日から制限はありません。飲酒、サウナ、長風呂、激しい運動は内出血のリスクを高めるので、当日のみお避け下さい。

ウルセラやタイタン照射直後の赤みは30分程度で目立たなくなります。タイタンはその後違和感が出ることはほとんどありません。ウルセラ照射部位に、直後から3週間程度、肌をさわると軽い圧痛を感じる場合がありますが、これは効いている証拠で自然におさまります。


ヒアルロン酸注入(美人顔デザイン注入)の持続と頻度について

ヒアルロン酸注入の効果は注入直後から鏡でご確認いただくことが出来ます。注入したヒアルロン酸は代謝・分解されてしまうことから、平均して10か月から1年くらいで効果が弱まります。注入した注入したヒアルロン酸の周囲に自己のコラーゲン線維が新生するため、1年後に完全に元に戻ることはありません。半年以内にタッチアップをしたり、1年毎に繰り返し治療したりすると、効果の持続期間は延長します。
ボトックス注射の効果は2~3日で現れ、約2週間で効果が安定します。その後は、徐々に効果が失われ、4~6ヶ月に一度の追加治療が必要になります。繰り返し治療で、効果の持続期間は延長します。
ウルセラリフトのリフトアップ効果は、3ヶ月高まり続け、1年持続します。
タイタンは3~6ヵ月毎に追加照射をおすすめ致します。


ヒアルロン酸注入(美人顔デザイン注入)の痛み
表面麻酔のクリームを使用し、十分に冷却した上で、ヒアルロン酸は刺入点に局所麻酔の注射をしてから、先端の丸いロングソフトカニューラ針でボトックスは極細針でゆっくりと注入することで、痛みを軽減させています。痛みの感覚は個人差が大きく、緊張すると強く感じやすいという特徴もあります。2回目以降は楽に感じられる方が多いようです。痛みを感じるのは、治療中の5~10分程度だけですので、ほとんど全ての方がご辛抱頂ける程度です。注入後は麻酔と注入の刺激で腫れぼったい感じがしますが、数時間後には気にならなくなります。

ウルセラリフトは、安全にコラーゲン線維生成に最も適した温度(60~70℃)まで到達することができます。そのため、皮膚深部やあご・額など部分的に熱感や軽い痛みを感じることがあります。タイタンは真皮深層から皮下組織浅層を55~61℃に加熱し、コラーゲン線維を再生させます。ところにより一瞬熱い感覚があります。お痛みの感じ方によって出力を調整いたします。


ヒアルロン酸注入(美人顔デザイン注入)の禁忌事項について

ヒアルロン酸注入:ヒアルロン酸自体は体内にも存在する成分なので、アレルギーの心配はありません。また、注入された純粋なヒアルロン酸は水に分解されて100%体内で吸収されます。真性ケロイドの方など、異物反応を生じやすい体質の方はヒアルロン酸が馴染まず、シコリのようになる人がいます。ヒアルロン酸は体内にある成分ごく稀に、架橋剤などの添加成分にアレルギーを起こす報告もあるので、過去にトラブルのご経験がある場合などは事前にご相談下さい。

ボトックス注射:安全性の高いボツリヌストキシン製剤を使用した場合、副作用もほとんどなく、アレルギーテストは不要です。ボトックスの過剰な拡散を防ぐため、施術後数日間は治療部位を決して揉まないようにご注意ください。表情筋の強さに左右差があることが多いので、1回の施術ではベストな状態に仕上がらないこともあります。そのため、2週間後に再診し、必要な場合はタッチアップをさせて頂きます。

ウルセラ・タイタン照射:
治療部位に未治療の皮膚炎・感染症がある方、ケロイドがある方、重度の光線過敏症の方、コントロール不良の糖尿病のある方、重篤な基礎疾患がある方、ペースメーカーや埋め込み式除細動器を入れている方は、治療をお受けいただけないことがあります。また、シリコン、金属製インプラントなどの直上には照射できません。詳しくはご相談下さい。通常は麻酔不要の治療ではありますが、痛みに不安を感じる場合はテスト照射も承りますので、お気軽にご相談ください。

カウンセリング予約

文字サイズの変更