« 2018年7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2018年7月18日

他院ボツリヌストキシン治療後修正

皆様こんにちは。
 当院では今年4月から他院修正のメニューを強化いたしました。他院でのヒアルロン酸注入やボツリヌストキシン製剤、成長因子等の注射による治療後のトラブルのご相談に予想以上に多くの患者様がご来院されています。今回はボツリヌストキシン製剤治療後のトラブルや失敗の修正についてご説明します。
 ボトックスやニューロノックスなどのボツリヌストキシン製剤はアセチルコリンの再取り込みをブロックし、その作用を減弱することで筋肉の収縮や発汗を抑制します。そのため顔の表情ジワの治療や下腿の痩身、ワキや手掌・足底の多汗症の治療に広く用いられています。中和抗体(ボツリヌストキシン製剤に対する抵抗性)が産生されない限り確実に効果の出る良い治療ですが、適応や注射部位、注射方法、使用量によって予想とは異なる結果となり患者様を悩ませてしまいます。
 一番多いトラブルは額への治療後です。もともと加齢に伴う眼瞼下垂があり無意識に眉毛を上げることで、目の開きをよくしている患者様に通常通りの額のボツリヌストキシン製剤の注射を行うと、まぶたの重たさや頭痛、二重の幅の変化等が生じえます。正しい筋肉に作用しないと口周りの表情ジワの治療の後に唇に歪みが生じることもあります。またエラの治療後に頬のコケが顕著になり、かえって老けてみえてしまう場合もあります。
 当院ではそのような症状の患者様にアセチルコリン製剤を用いて修正を行っています。ボツリヌストキシン製剤によって減少されたアセチルコリンを局所に投与し補うことで、筋肉が動き出し上記のような症状を改善できるのです。ボツリヌストキシンの効果が消えるまで我慢するしかないと諦めていた方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談ください。
 またボツリヌストキシン製剤(ボトックス)の治療は顔が動かず不自然になるのでは?と抵抗をお持ちの方がかなりいらっしゃいますが、当院では注射方法や注射深度、使用量を慎重に判断し、笑顔を消さず魅力を高めるナチュラルは仕上がりをご好評いただいています。効果が不十分であれば再診料(¥1000)で追加投与も行っておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

銀座Ks Skin Clinic
美ブログ

女性皮膚科専門医による、
美のトータルサポート

ホームページへ