エムスカルプト(EMSCULPT)の効果と特徴

5つの特許技術で筋肉を鍛え、脂肪を燃焼させる

筋肉は人体の約35%を占めているにも関わらず、従来の痩身治療器のほとんどが脂肪に着目したものでした。つまり「脂肪は減少しても、筋肉はゆるんだまま」なので、ボディラインまで美しく整えることは難しい状態でした。また、臀部の形状改善(ヒップアップ)においてはヒアルロン酸注入や外科的手術以外の選択肢がありませんでした。

『エムスカルプト』は、磁力を応用した新技術「高密度焦点式電磁(HIFEM/ハイフェム)」により「筋肉量を効率良く増やし、脂肪を燃焼させる」「筋肉不足または加齢による臀部の下垂に、筋肉を増やすことで理想的ハートヒップに整える」効果を可能にした唯一のボディデザインマシンです。筋肉増強+脂肪減少、さらには基礎代謝も上がるという画期的な医療痩身機器なのです。FDA認可、USPTO(米国特許商標庁)による筋肉と脂肪を対象とした非侵襲的技術の特許を5つ取得しています。


エムスカルプトのメカニズム

高密度焦点式電磁(HIFEM) 技術を使用
『エムスカルプト』は、痩身医療機器として初めて導入された※HIFEM(High-Intensity Focused ElectroMagnetic Field:高密度焦点式電磁場:ハイフェム)技術を利用した痩身システムです。HIFEM は、MRIに使用される0.5〜1.8Tテスラの電磁場を利用したテクノロジーで、筋肉量を効率良く増やし、脂肪を燃焼させます。HIFEMは選択的に運動ニューロンのみに作用するため、皮膚や内臓などほかの組織への影響は一切ありません。FDA認可、USPTO(米国特許商標庁)による5個の特許を取得済みでダウンタイムがないので、全年齢層の方に安心してお受けいただけます。

1回の治療30分間で約2万回の筋収縮を誘発
自発的な筋トレの場合、どんなに激しい運動であっても、実際には筋肉の一部しか収縮されません。またEMSの場合、大部分のエネルギーは表面層約1cmに集中し、皮下脂肪の厚さで筋肉の深部まで届きません。それに対して『エムスカルプト』は、HIFEM技術よって、1回の施術(30分間)で皮下7cm、つまり筋肉の最深部まで作用して「筋肉全体」を約2万回「均一に」収縮させ、筋トレやEMSでは不可能な‟超極大筋収縮"を誘発します。また、治療中は高い臨床効果を得るため、様々な組み合わせのパルスを発生させ3パターンの刺激を与えま

【エムスカルプトと電気刺激装置の比較】
ms_image006.png


【HIFEM技術の刺激パターン】
初めての施術を受ける方は、開始時のウォーミングアップでも体験したことのない激しい収縮に驚かれますが、段階的にパワーを調整することですぐに慣れていきます。一番激しいのは、超極大筋収縮のパートで、腹部の場合、胴体全体が捻じ曲げられるような強い刺激が頻回に来ます。最後は老廃物の排出を促すパートで、こちらは少しリラックスできます。このサイクルを数回繰り返していきます。(パワーを調節するので運動経験の浅い方でもストレスはありません。)

ms_image007.png

筋肉増加と脂肪破壊における新アプローチ
ms_image009.png


1.超極大筋収縮による筋肉の成長
1回の治療につき約2万回の筋収縮を誘発し、自発的な運動では達成不可能な‟超極大筋収縮"を発生させます。超極大筋収縮に達すると、筋組織はこのような極限状態に対して強制的に適応するので、筋肉が急激に成長します。筋肉の深部を再構築する筋原線維の成長(筋肥大)と、新しいタンパク質および筋線維(筋過形成)の生成を伴う反応を示します。その結果、筋肉の密度と体積が増加するのです。『エムスカルプト』で効率的に鍛えた筋肉により基礎代謝がアップし、痩せやすく太りにくい、リバウンドしにくい身体を作ります。

ms_image011.jpg

2.超極大筋収縮により誘発されるアポトーシス(脂肪細胞死)
『エムスカルプト』により発生される超極大筋収縮は、効率よく筋肉を鍛えるだけでなく脂肪細胞の機能障害を引き起こすことで脂肪分解を促します。分解が始まった脂肪細胞は徐々にアポトーシス(脂肪細胞死)へと至り、数週間に渡って安全に体外へと排出されていきます。

産後の膣の引き締めや加齢による尿漏れ改善
「尿もれ」は、膀胱などを支えたり尿道や肛門を締めたりする働きを担う骨盤底筋(こつばんていきん)という筋肉がゆるみ、そこにくしゃみ、咳、運動などでおなかに強い圧力(腹圧)が加わると、起こりやすくなります(腹圧性尿失禁)。加齢とともに増加しますが、妊娠出産で骨盤底筋が緩むことによって若年者でも生じます。腹圧性の軽い尿もれであれば、骨盤底筋を鍛えるだけで治すことができます。臀部への『エムスカルプト』施術ではHIFEMの作用で骨盤底筋群まで強力に収縮するので、産後の膣の引き締めや尿もれの改善にも効果的です。

エムスカルプトで作る美しいボディライン

ms_image013.jpgエムスカルプトはアプリケーターが2つあります。腹部の場合は、その方の体型により、1つのみ、または両方使用します。臀部・大腿の場合は、左右に一つずつアプリケーターを使います。アプリケーターが、治療部位からはみ出していないか、皮膚に完全に接触していて筋収縮しているかが重要です。


美しいくびれウエスト
ms_image016.jpgプロトコル1 筋肉増大+脂肪減少
プロトコル2 筋肉増大 (皮下脂肪を減らさず筋肉だけにアプローチ)

どちらかをお選びいただけます。脂肪が少ない方や筋肉の引き締まりだけを望む方にも適応があるのが新しい点です。腹筋を鍛えることで重力に負けて下垂していた内臓を押し上げ、正常な位置に戻してポッコリお腹を解消します。また、体感が安定するので、背筋が伸び、姿勢がキレイになって、腰痛や肩こりも起こりづらくなります。ゴルフやスキー、水泳、様々な球技など、体幹の強化が必須なスポーツのパフォーマンスが向上します


丸くて上向きの美しいヒップ
ms_image018.jpgプロトコル2 筋肉増大+ヒップアップ (皮下脂肪を減らさず筋肉だけにアプローチ)
お尻の垂れ下がりは、脂肪の重みだけではなく筋肉の衰えも原因です。『エムスカルプト』で効率的にヒップの筋肉(大臀筋・中臀筋・小臀筋)を鍛え、筋肉量を増やすことでツンと上向きの引き締まったハートヒップに整えます。外科手術やヒアルロン酸注入に頼らず、ご自身の筋肉でヒップアップができるのが魅力です。また、トレーニング目的の患者様の場合、1回の効率が高まり、臀部の強化や持久力を向上させます。タイトスカートやスキニーパンツを美しく装いたい方、ダンスやスポーツのパフォーマンスを上げたい方におすすめです。

脚力アップ・転倒予防
ms_image020.jpg加齢により大腿の筋肉が衰えることで、転倒しやすくなり、寝たきりにつながることが社会問題になっています。『エムスカルプト』は、50代以上の成熟世代の筋肉強化にもおすすめです。

■エムスカルプトのリスクとダウンタイム

<痛み>なし <腫れ>ほとんど無し <内出血>なし
ms_image022.jpgダウンタイムは基本的にありません。人によって、施術翌日から数日間、筋肉痛を感じることがあります。(運動による筋肉痛と同様の症状です。)筋肉痛にならなくても、効果(筋肥大)はあります。筋肉量・日々の運動量・損傷した筋線維の修復(回復)スピードなどの理由で個人差があります。効果は筋肉痛を目安にするものではありません。また、飲酒・入浴・運動など制限はありませんが、施術後は、適度な運動と健康的な食生活をお勧めいたします。

【補助食】プロテインや分子鎖アミノ酸など、施術前後に摂取すると筋肉増強効果が高まります。
【食事制限】特に施術後の食事制限はありませんが、施術前後の2~3時間は、身体が栄養を吸収しやすい状態です。アルコール摂取、暴飲暴食は効果減弱につながります。高タンパク・低糖質食にすると痩身効果は高まります。

エムスカルプトの持続と頻度について

推奨頻度【治療回数】1クール4回 【治療間隔】1~2週間間隔 【所要時間】1部位30分 

1回の照射で効果を感じる方、回数を重ねるごとに徐々に変化を感じられる方など、筋肉量、脂肪量によって体感は様々です。治療の有効性を高めるためには、4回の継続が必要です。筋肉痛がなければ、前回の施術の3日後から照射可能です。筋肉痛が出ている間は、まだ筋線維の修復が終わっていないことを示しています。個人差もありますが、回復には約48~72時間ほど必要とされます。ですから基本的には筋肉痛が取れてからの施術を推奨いたします。また、施術が1クール終わった後、3~6ヶ月間効果が持続しますが、引き締めを定着させるために、2クール目をおすすめする場合もございます。運動やトレーニングとの併用が効率的です。もともと筋肉量が少ない方の場合、治療回数増やしていただくこともあります。

推奨併用治療
加齢による皮膚のたるみの引き締めには、高周波(RF)作用でコラーゲンを再生させるサーマクールFLXやスマスアップがおすすめです。

脂肪溶解注射サーマクールFLXスマスアップ

エムスカルプトの痛み

初めての施術を受ける方は、体験したことのない筋肉の激しい収縮に驚かれますが、段階的にパワーを調整することですぐに慣れていきますのでご安心ください。パワーの強弱は細かく様子を見ながら段階的に調整し、出力最大を目指してレベルを上げていきます。筋肉の付き具合によっても感じ方に個人差があります。

エムスカルプトの禁忌事項について

お腹の調子が悪い方の施術はお勧めできません。

下記に該当される方は、治療を受けられないことがあるのでご相談ください。

・ペースメーカーや植え込み型除細動器、神経刺激装置のインプラント、電子インプラント、金属インプラントを挿入されている方
・照射希望部位に未治療の感染症及び炎症がある方
・腹部に手術歴や既往症がある方
・治療部位に金の糸など金属、シリコンが挿入されている方
・注入直後の皮膚充填剤(ヒアルロン酸など)が入っている方
・妊娠中の方
・出産3カ月未満の方
・悪性腫瘍、肺機能不全、重度の心臓疾患、精神疾患、てんかん、自己免疫疾患、ベル麻痺の方、
・副腎皮質ステロイド内服薬を投与されている方

*安全のため、他院での美容医療の治療歴を担当者にお伝えください。

カウンセリング予約

文字サイズの変更