2018年9月22日

ヒアルロン酸注入(お尻・ヒップ)の価格表 

「ハイアコープ(Body Contouring MLF-1) 」
(お尻)1本:10ml(施術料金)
1本 ¥60,000

残注入手技料

2週間以内
1回
\1,000
2週間以降
1回
\5,000

※ 2週間以内に追加ご購入の場合は2本目の割引き料金が適用されます。
※ 残ったヒアルロン酸製剤は3ヶ月間保存できます。2週間以内の残注入は1回まで再診料金で承ります。以後は手技料が発生しますのでご了承ください。
※ ヒアルロン酸製剤は1本あたり1.0mlです。

外用麻酔

ペインブロッククリーム 1ブロック(10cm角) \1,000
ペンレス 1枚(3cm×5cm) \200
エムラクリーム 1本(5g) \1,000

※ ペンレス・エムラクリームは事前にご購入いただき、予約時間の30分以上前にご自身で外用いただく麻酔です。麻酔料金が割安になり、時間短縮になるので2回目以降の施術の方におすすめです。
※ペインブロッククリームは作用発現時間が短いので、クリニックで15~20分間外用いたします。


お支払いについて

お支払い方法は、現金、デビットカード、クレジットカード一括払い(VISA・MASTER・AMEX)があります。 クレジットカード2枚に分けてのお支払いや、現金、デビットカードとの併用も可能です。詳しくは、クリニックにお問合せください。

card

銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00)0120-282-764

2018年9月21日

ヒアルロン酸注入(お尻・ヒップ)の症例写真

ヒップへのヒアルロン酸注入(39歳女性「ハイアコープ(Body Contouring MLF-1) 」右:50.5ml 左:60.5ml 計120ml注入)
ヒップ外側の深い凹み・中央の形状を2回に分けての注入で整えました。1回目の注入で一番気にされていた外側の凹みがふっくらし、ハリが出ました。2回目の注入では、ヒップ中央上方にボリュームを出し、ヒップアップ効果が得られ大変ご満足いただきました。

hip_hial_case01.png
hip_hial_case02.png

2018年9月20日

ヒアルロン酸注入(お尻・ヒップ)のよくある質問

【Q】痛みが心配です。
【A】注入前に、刺入点へ局所麻酔の注射をしてから、先端の丸いロングソフトカニューラ針でゆっくりと注入し痛みを軽減させています。痛みの感覚は個人差が大きく、緊張すると強く感じやすいという特徴もありますが、お尻へのヒアルロン酸注入は、ほとんど痛みを感じない方が多い治療です。お受けになった患者様はイメージよりも楽だったとおっしゃいます。もし、強い痛みを感じた場合は、お知らせください。そのエリアを避けて注入します。痛みを感じるのは、治療中の15分程度だけですので、ほとんど全ての方がご辛抱頂ける程度です。注入後は麻酔と施術の刺激で腫れぼったい感じがしますが、数時間後には気にならなくなります。

【Q】アレルギーが出ることはありますか?
【A】ヒアルロン酸は、もともと人の体内にある成分であり、アレルギーなどの悪影響をおよぼす可能性は極めて低い成分ですが、ごく稀に架橋剤などの成分にアレルギー反応が生じる方もいらっしゃいます。その場合は、適切に対処すると回復します。既往歴、美容施術歴は全て担当スタッフにお申し出ください。

【Q】ヒアルロン酸注入後に、凹凸になったり不自然になるのが心配です。
【A】通常はありませんので、ご安心ください。ヒアルロン酸注入で問題になる凸凹や不自然さは、ヒアルロン酸そのものの品質と医師の技術が大きく関係します。当院では高密度のヒアルロン酸を採用し、熟練した医師によって肌がなめらかになるよう丁寧に注入しております。過去に脂肪注入やヒアルロン酸注入で、シコリや凹凸になった既往のある方は必ずご相談ください。また、事前に十分なカウンセリングを行っており、ご満足いただける仕上がりをお届けしています。初めての注入でご不安な場合は、様子をみながら何度かに分けて注入することをおすすめします。


【Q】注入にはどれくらいの量が必要ですか?
【A】注入する範囲やボリュームアップしたい程度により異なりますが、お尻の1回の目安量は、片側30ml~60ml(3~6本)程度です。その方の状態とご希望にあわせて、適切なヒアルロン酸製剤の量をご提案させていただきます

【Q】何度かに分けて注入する場合、どれくらいの間隔を開ける必要がありますか?
【A】また、ヒアルロン酸は高保水成分で、注入後1カ月程度水分を吸収して軽く浮腫みます。水分が再吸収され馴染んでくる2か月後以降に追加注入をおすすめします。

【Q】ヒアルロン酸注入後に、照射系の治療(レーザー・高周波)はできますか?
【A】当院で照射治療をご希望の場合、注入から2週間経過後から照射が可能です。他院での照射に関しては、最低1ヶ月程度、間を開けてください。尚、他院での美容施術に関しての治療内容はすべて問診票にご記入ください。治療歴を隠されたまま施術を行うと思わぬ副反応が生じる可能性もあるのでご協力ください。

【Q】施術にはどのくらいの時間がかかりますか?
【A】当院は初診の患者様に30~40分のカウンセリング時間を取っております。医師が治療方針をお見立てしてから、お見積書を作成し、同意書にご記入いただき、お会計を済ませてからの施術となります。実際の施術時間については、デザインと途中の確認も含め、20分程度です。問診票記入から施術、治療後の説明まで含めると2時間~2時間半のゆとりをもって受診してください。

カウンセリング予約

文字サイズの変更