2014年2月28日

2013年のメディア掲載情報

2013.png

『Vitamin ef』VOL.5

雑誌『Vitamin ef』VOL.5(12月20日発売 掲載ページP80−84)

"大人の肌の「5大ヤバイ」に効くコスメ"に院長の取材記事が掲載されました。
忙しい現代女性は時間に追われ、不安に襲われ、ストレスがたまるなど、
何かとピンチなシチュエーションに陥りがちです。

そんな時にこそ使いたいコスメを5つのシーンに別け、各界で活躍中の女性がご紹介。

院長は、絶大な信頼度"お守りコスメ"にラ ロッシュ ポゼのUVイディアXLを、
肌力底上げ"レスキューコスメ"にフィトリフトのクリームを紹介しております。

ぜひご一読ください。

雑誌『Vitamin ef』VOL.5



Metropolitana(メトロポリターナ) Dec.2013 vol.132


Metropolitana(メトロポリターナ) Dec.2013 vol.132

特集『metoro's 診察室 しもやけ』に院長の監修記事が掲載されました。
冬の季節病とも言える"しもやけ"手足に赤味とむずがゆさを感じたら要注意です。
寒さを感じると血管が収縮しますが、元に戻るときに血液がうまく循環せずにうっ血し、炎症が起こるのが"しもやけ"の原因です。
一度発症すると治りにくい"しもやけ"の予防法と、かかってしまった場合の対策をご紹介しております。
ぜひご一読下さい。
「メトロポリターナ」は、自分らしく豊かに美しく年齢を重ねてゆきたいと願うすべての女性に向け作られてたフリーペーパーです。東京メトロ駅構内でお探しください。

Metropolitana(メトロポリターナ) Dec.2013 vol.132



週刊女性2013年12月24日号


週刊女性12月24日号(発売12月10日 掲載ページP69~71)

特集「恐怖の乾燥小じわをなんとかしたい!」に院長の取材記事が掲載されました。

"乾燥小じわ"とは、ちりめんじわが出始めている状態のことで、皮膚に潤いを与えることで改善します。

本格的な"真性しわ"もしっかり保湿をすれば、肌がふっくらして透明感がアップすることで目立たなくなります。

肌表面が乾燥しているとしわは刻まれやすくなりますので、潤いを持続させることが鍵!

"乾燥じわ"をつくらない、悪化させないための日常で気を付けるポイントを"環境""スキンケア""食生活"に分けご紹介しております。

ぜひご一読ください。

shukanjosei201312_2.jpg


『からだにいいこと』2013年1月号


雑誌『からだにいいこと』2013年1月号 (11月16日発売 掲載ページP72-75)

特集「うるおってベタつかない!読者のおすすめを科学的に検証!ハンドクリームガチ対決」
に女性皮膚科専門医として"手の扱い方"を担当し掲載されました。
水だけではなく紙や布なども手の皮脂を奪います。特に冬は大気中の水分量が少ないので皮脂が不足すると
どんどん水分が失われます。そこで、3つのポイント「さわりすぎない」「濡れたままにしない」「洗いすぎない」をご紹介しております。
ぜひご一読下さい。

karadaniiikoto.jpg



『40代からの素敵な時間』


雑誌『40代からの素敵な時間』(10月22日発売 掲載ページP113〜120)

特集、最新情報に基づく美容・健康・ダイエットのイマドキ真実を医療のプロがレクチャー!
昔から言われているコトはもう古い!?
40代からキレイで健康になるウソとホントに院長の取材記事が掲載されました。
皮膚医学の進歩や解明は日進月歩です。
40代読者の素朴な悩み・ご質問に最新医療での解決法をご紹介しております。
ぜひご一読ください。

雑誌『40代からの素敵な時間』


『美ST』2013年12月号


雑誌『美ST』2013年12月号(10月17日発売 掲載ページP116)

特集「やられたらやり返す!いきなりキレイの"倍返し!"美容」
誠意を尽くしても全く容赦することなく襲いかかる老化は敵!
シミ、シワ、たるみに、何を使うかではなく"どう効かせるか"をポイントにこだわりの倍返しケアの特集です。
「理論派美女医の倍返し」コーナーでは、院長の取材記事が掲載され、
自ら行っている先回り倍返し美容法を特別に紹介。
乾燥肌・女性の薄毛・紫外線対策にお薦めの、こだわりの院内化粧品、高濃度ビタミンC点滴、
秋から冬の帽子活用法をご紹介しております。
ぜひご一読ください。

media_bst131023.jpg



『美ST』2013年11月号


雑誌『美ST』2013年11月号(10月17日発売 掲載ページ70P〜71P、221P)

特集 40代、全力美人は「肌より髪質」!月刊美髪ニュース!美髪医療
美STジャーナリストが突撃取材をしました。40代の髪と頭皮の救世主「美髪医療」の真相

に当院の取材記事が掲載されました。
スカーレットRFで話題の育毛治を受けて頂き、カウンセリングから施術終了まで
美ST限定のお得なメニューと合わせてを紹介しております。
また、ドクターウサコが行く美の特捜最前線では
たるみ治療の新定番、ダーマシャインを使用したボトックスリフト水光プラスをご紹介しています。
ぜひご一読ください。

雑誌『美ST』11月号


『大人のための美人ヘアカタログ2013年秋冬号』


雑誌『大人のための美人ヘアカタログ』2013年秋冬号(7月12日発売 掲載ページP110)

今回は、美肌女医6人のビューティライフ「本当に肌に効くコスメと生活習慣」

〝食事・睡眠・排泄・運動 ストレスコントロールが重要″をモットーに
院長が自ら行っていることをご紹介しています。
不規則な生活以外にも、紫外線やタバコ、過剰な運動、ストレスによる酸化、
誤った食事方法による糖化、運動不足、便秘など複数の要因が老化を加速させます。
そこで実践中のキレイを保つ方法もご紹介しています。

また美肌3カ条として・・・
①ホームケア・・・肌に必要な成分をきちんと導入する
②運動・・・筋肉量を増やし代謝を上げれば体幹が鍛えられトラブル回避
③クリニック・・・高周波と局所電気刺激でリフトアップが叶う
3つのお手入れをご紹介しています。

そして長年愛用しているリピートコスメもご紹介しています。
ぜひご一読ください。

bijinhaircatalogue.jpg


『日経ヘルス』2013年10月号


雑誌『日経ヘルス』2013年10月号(9月2日発売 掲載ページP50-54)

巻頭特集 女の「肌悩み」&「老け見え」解決!
"シミだけじゃない!5000円からできる納得の美肌治療"
を当院が監修しました。
シミ・ホクロ・いぼ・血管腫・シワ・たるみと女性のおもな悩みを項目別に、図解と症例写真で分かりやすく解説。
当院で読者モデルの方々を実際に治療した前後写真や、詳しい治療内容から予算まで紹介しております。
とても分かりやすく読み応えのある内容になっており、永久保存版です。ぜひご一読ください。

nikkeihealth201310.jpg



『美ST』2013年10月号


雑誌『美ST』10月号(8月17日発売 掲載ページP63、208、229)

メイン特集「大人の女の試練、坂は全力で駆け上がり、壁はぶち壊し、崖はパラシュートで着地せよ!」
「40歳の坂」「45歳の壁」「49歳の崖」になんか負けない!

まずはここから全力美活!心に刻んでおくべき坂道を駆け上がるための美格言
「アブラは敵ではなく友」について解説しております。
テカリとニキビの原因として厄介者あつかいされがちな皮脂は肌を守ってくれる「天然のクリーム」と呼ばれ、角質層から水分の蒸発を防ぐ蓋のような存在です。30歳以降、皮脂を取りすぎると、自ら乾燥性敏感肌を作り出してしまうので要注意。

特集「連載43 Dr.ウサコが行く美の特捜最前線」"夏疲れ肌、最強リセットメニュー!"では当院の「ケミカルピーリング」、「高濃度ビタミンC点滴」が紹介されました。

加齢によってターンオーバーは滞り角質が厚くなり皮膚の保護機能が落ちてしまうので、適切な頻度でのケミカルピーリングが有効です。特に、夏の紫外線と酷暑の肌疲れには、ケミカルピーリングと同時に施術できる「高濃度ビタミンC点滴」で活性酸素を速やかに還元して紫外線ダメージをなかったことに。

特集「誰にも言えない 美魔女の保健室」では
当院でお受け頂ける、育毛薬剤をカクテル導入する頭皮治療をご紹介。

毛母細胞の再生力が高い40代から積極的な「薄毛治療」がおすすめです。
院長流・薄毛対策もご紹介しております。
とても盛りだくさんの内容です。ぜひご一読ください。



美意識の高いきれいな人の「美メンテ術」そっと教えます


美意識の高いきれいな人の「美メンテ術」そっと教えます(8月8日発売 掲載ページP48‐51、129)

年を重ねるごとに美しさを極めていく女性でありたいをコンセプトに、
美意識が高い人だけが知っているパーツビューティの名医28人が
綺麗のメンテナンス方法をご紹介しています。

慶田院長は小顔治療として「スカーレットRF」をご紹介しています。
美を底上げすればマイナス7歳は実現可能!!
メスを使わない自然な若返り、〝ハッピーリバースエイジング″や
慶田院長の「美」へのこだわりについてもふれています。

他にも、ドクター推薦のコスメとしてバリア機能を補う
当院のオリジナルコスメ「バリアクリーム」が紹介されています。

また院長がプライベートで実践していることもご紹介しています。
ぜひご一読くださいませ。

美意識の高いきれいな人の「美メンテ術」そっと教えます



『美ST』2013年9月号


雑誌『美ST』2013年9月号(7月17日発売 掲載ページP102-103、194-195)

特集 夏こそ温活!「汗っかきビューティ」に院長の取材記事が掲載されました。
厚さに負けずに絶賛温活中には理由があるという事で、院長の温活をご紹介。
16年間継続中のジャズダンス姿をご覧いただけます。
体温が一度下がると、免疫力が30%下がるとも言われており、冷えは不調の原因・美容の大敵です。
また「Dr.ウサコが行く美の特捜最前線」"「水光プラス」「レーザー」「ピーリング」肌の艶感こそが若さのあかし"ではピーリング部門で、院長お薦めの「ドクターコルバートMD ピーリングディスク」をご紹介しております。
ニューヨーク5番街の美容皮膚科メニューがご自宅で再現できるとご好評いただいております。
ぜひご一読くださいませ。

雑誌『美ST』9月号


雑誌『in CELEB style』8AUG 2013


雑誌『in CELEB style』8AUG  2013 (8月15日発売 掲載ページP49)

雑誌『 in CELEB style(インセレブスタイル)』は、20代から40代向けのセレブファッション情報誌です。
今回、クリニックで取り扱っている、ニューヨークドクターズコスメ「コルバートMD」が紹介されました。
ニューヨーク5番街にあるセレブクリニック「NYDG」、多くの著名人が通うクリニックです。
クリニックの美白メニューをご自宅でも、と生まれたのが、
ドクターコルバートのピーリングシステム『コルバートMD』です。
国内での取り扱いは当院のみとなり大変好評いただいております。

雑誌『in CELEB style』8AUG 2013


『IN RED』2013年8月号


雑誌『IN RED』2013年8月号(8月7日発売 掲載ページP170-171)

特集「暑い季節、悩める女子が急増中! デリケートゾーンのお悩みQ&A」です。

人にはなかなか打ち明けることができないデリケートゾーンの悩みについて、
女性皮膚科専門医としてお応えしております。
正しい対処法を知ることで快適な夏をお過ごしくださいませ。
ぜひご一読ください。

雑誌『IN RED』2013年8月号


『美ST』2013年8月号


雑誌『美ST』2013年8月号(6月17日発売 掲載ページP96〜99、P122)

特集「旅先の美トラブルにご用心 ここまで徹底すべきです
"教えて美女医さん!肌とカラダのYELLOW PAGE"」
院長が取材を受け掲載されました。

せっかくの旅も肌や体が不調では楽しめません。そこで夏のバーケーション前に、
美女医が実践する徹底した予防対策を7つの項目に分けご紹介しています。

院長が担当したのは、旅行中の便秘対策、ホテルでのスキンケアについてです。
旅行ストレスがら肌と体をを守る"攻め"と"守り"の対策をご紹介し、当院の院内化粧品も紹介されました。
うっかり浴びた紫外線は48時間以内の美白ケアが有効です。
他にも、それぞれの部門で院長が実際に行っているケアを紹介しております。

また、特集「大人の事情で大きな声では言えませんが...あるんです!白髪に効くヘアケア」では
今、注目されている、コラーゲンと線維やヒアルロン酸を増やす再生医療のスカルプ治療をご紹介しています。
ぜひご一読ください。

『美ST』8月号


『日経ヘルス 』2013年6月号


雑誌『日経ヘルス』 6月号(5月2日発売 掲載雑誌P112~P115)

【特集】
「今すぐ始める!肌荒れ改善スキンケア」に院長の取材記事が掲載されました。

繰り返す肌トラブルには炎症を鎮めるのはもちろん肌のバリア機能をしっかり守ることも大事です!
肌荒れ対策のスキン術もお紹介しておりますので、是非ご一読下さい。
日経ヘルス6月号

雑誌『美的』2013年6月号


雑誌『美的』2013年6月号 (4月23日発売 掲載雑誌P204~P205)

【特集】
『ヨーグルト×アロエで体の中からキレイ習慣スタート』の取材を受けました。

肌と腸内環境は深く関わっており、腸内環境を整える食習慣が、健康や美肌につなが
ることを紹介しております。
読み応えある内容になっておりますので、ぜひ一読ください。
bst2013年6月号

雑誌『美ST』2013年6月号


雑誌『美ST』2013年6月号 (4月17日発売 掲載雑誌P184~P185,P220~P221)
に取材記事が掲載されました♪

"ドクターウサコが行く美の特捜最前線"
『美肌の新常識、ピーリングで老けない肌づくり』で当院で取り扱っているコスメが紹介されました。

マンハッタンにあるセレブクリニック「NYDG」の美白メニューを自宅で体験できる、
ドクターコルバートMDをご紹介、使用前後で肌の状態を検証しています。

こちらのコスメの取り扱いは、国内では当院のみとなります!

ぜひ、ご覧になってください!

bst2013年6月号


『壮快』2013年6月号


雑誌『壮快』2013年6月号 (4月16日発売 掲載雑誌P20〜P23)

雑誌『壮快』は、最先端の医学知識をベースに、ほかにはない『壮快流』の健康情報 を紹介しています。

今回、「腰の激痛療法」 特集で院長が取材を受けました。

院長お薦めの簡単「ヨガ」ポーズなどを紹介、健康的に、

そして美しくある為の秘訣 が3ページに渡り掲載されました。是非、ご一読ください。


雑誌『BiAnza』spring 2013 volume2


雑誌『BiAnza』spring 2013年 volume2
アラフォー世代の妊婦さんも満足するような、ちょっと「大人」な雑誌です!今回、
「マタニティスキンケア トータル美容ガイド」 の監修をいたしました♪

院長の「マタニティー日記」 もちょこっと掲載されております。

ご興味のある方、是非ご一読下さい。

bst2013年3月号


『美ST』2013年5月号


雑誌『美ST』2013年5月号 (3月17日発売 掲載雑誌P77,P83)
【特集】

「コスメか?美容医療か?美白戦争2013」 で取材を受けました。

今回の美STの検証で1回のダーマローラー施術で肌の透明度が10%アップし、拡大写真でもお肌理が格段にアップしている結果がはっきりと出ました。

また、当院の院内専用化粧品も紹介されました。

読み応えある内容になっております。是非ご一読下さい。

bst2013年3月号


『美ST』2013年4月号


雑誌「美ST20134月号217日発売(掲載ページ 204P


『Dr.ウサコが行く美の特捜最前線』


<Dr.ウサコが発表!2013年春夏「美容医療」コレクション>で、当院で取り扱っているNYセレブ御用達の酸コスメが紹介されました。

ご興味のある方はぜひご一読ください。



画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます。


フレッツ光メンバーズクラブwebサイト『大人の心得帳』


フレッツ光メンバーズクラブのwebサイト


知って嬉しい「ちょっとした知識」を集めたWEBマガジン「大人の心得帳」のコーナーに、

慶田院長監修記事「風邪やカサカサ肌を撃退!うるおいを保つ乾燥ケア」が掲載されました。

肌が乾燥するメカニズム、体の内側・外側からのケア方法など、読み応え十分の内容となっていますので、


ぜひ、ご覧くださいね。

うるおいを保つ、乾燥ケア」のページは下記のバナーをクリック



うるおいを保つ乾燥ケア



『美ST』2013年3月号


雑誌「美ST20133月号117日発売(掲載ページ 53P


特集、キレイな人ほどチャレンジしている!「美ST代表ファイブ2013年 美レボリューション」に、当院で販売しているアメリカで大人気のDr.コスメが掲載されました。


ぜひご一読下さい。



画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます。


『女性セブン』2013年1月24日号


「女性セブン」124日号(掲載ページ111-113P)冬の不調肌に読む処方箋「大人の乾燥&敏感肌」克服BOOKで、乾燥&敏感肌の原因について院長の取材記事が掲載されました。


湿度の低下や洗いすぎで角質を覆う皮脂が奪われると、"セラミド"も流れてしまいバリア機能が低下し、乾燥や外部刺激に敏感になります。


"セラミド"という肌の潤いには欠かせない必須成分のメカニズムを紹介しております。

ぜひご一読下さい。




『週間女性』2013年1月22日号


週刊女性122日号(掲載ページ52-53p


2013年テッパン&超保存版 冬の悩み110番エキスパートがズバリ解決!10ページの特集の「乾燥」について院長が担当しました。

体を洗いすぎない事や、長風呂を控えることが体の乾燥予防になることは何度かお伝えしおりますが、最新版と言う事で、髪の毛や、お顔、のどなど細部の乾燥ケアについて皮膚科医の視点でご紹介しております。


是非ご一読下さい。




『美ST』2013年2月号


『美ST』2013年2月号(2012年12月17日発売 掲載ページP83,P102)

【特集】


日本の「美名医」全員集合!Dr.ウサコ認定ドクター大回診 40代は「美容医療と真剣交際中♡」


  • Part1.きれいな人は、みんな「行きつけ」ドクターがいた!」 美STライターさんのかかりつけとして当院のスカーレットRF治療が紹介されました。

  • Part4.「クリニック・コスメ」処方箋 当院で処方している「トレチノイン ナノエッグ」が掲載されました。


2月号のメイン特集として読み応えある内容になっております。

是非ご一読下さい。


『Ginger』2013年1月号


雑誌『GINGER


美しき女医たちのやせる生活完全ガイド 特別編集(2012年12月25日発売 掲載ページP91)に、院長が掲載されました。

出産経験のある院長がメリハリのある「カーヴィーボディー」でいられる秘訣をご紹介しております。


サイズダウンだけを目的とせず、健康体を維持する知識を特集しておりますので、ぜひご一読下さいませ。

いちご鼻危険 度チェック/お肌に悪い夜の過ごし方

お肌の仕組みを学ぶ人気サイト「スキンケア大学」の、新しいセルフチェック・診断を監修いたしました。

・あなたの毛穴は大丈夫? いちご鼻危険度チェック

・その疲れの原因は? お肌に悪い夜の過ごし方診断

簡単な質問に答えるだけの診断テストになっています。
是非お試しください。

2014年2月27日

スマスアップの効果と特徴

photoスマスアップ(SMAS-up)とは、シワ・たるみ・部分痩身にスピーディかつ、即時的アプローチを行うアンチエイジングトリートメントします。皮膚の深部に有効な高周波(RF)と局所電気刺激(DMA)を同時に用いて、コラーゲンの生成や筋肉を最大限に活性化させ、基礎代謝をアップします。

外的作用(ハンドピースを押し付ける圧力)と内的作用(熱エネルギーと電気刺激)から脂肪層に対し圧力を同時にかけることで老廃物や脂肪の除去作用を促進します。また、内的作用により直下の筋肉層に作用し筋肉を隆起させ、これにより皮下組織も上部へ引き上げられ、デトックス効果が生じます。

またスマスアップ(SMAS-up)は、顔だけでなくすべての部位に適応され、痛みやダウンタイムがないのが特徴です。フェイスラインでは、今までメスなしにケア出来なかったSMAS筋を引き上げ、痛みなく安全かつ効果的にリフトアップが出来ます。更に、熱エネルギーによる皮膚深部の加熱によりコラーゲンが再生成され、ハリのある美肌へと導きます。

ボディラインでは、脂肪溶解、セルライト除去などのデトックス効果や基礎代謝が改善されることで、目に見える痩身効果を実感出来ます。施術後、即時に体感できる引き締め効果、長い持続性が特徴です。


SMAS筋膜とは
表在性筋膜群(Superficial Musclo-Aponeurotic System)の略称です、外科的治療(フェイスリフト)の際には「SMAS筋膜の処理が手術の結果を左右する」といわれるほどタルミ治療にとっては重要なパーツです。皮膚とSMAS筋膜はつながっているので、伸びやすい皮膚を引き上げるよりも、伸びないSMAS筋膜を引き上げた方が、効果も大きく、効果の持続も長くなると言われております。

即時の効果
コラーゲンの束が熱エネルギーと電気刺激により引っ張られスキンタイトニング効果が生まれます。

長い持続性
熱効果により線維芽細胞の代謝が促進され、コラーゲンの再構築や長期にわたる効果が持続されます。

筋肉の活性化
高周波(RF)と電気刺激により筋肉層に作用し、筋肉を隆起させることで、脂肪組織も上部に引き上げられ、デトックス効果が生じます。

スマスアップ(SMAS-up)は年齢問わず受けることが可能ですが、20代ならむくみや脂肪を代謝させ小顔効果を。30代にはたるみ予防としての効果、40代以降は負担の少ないたるみ治療とお考えください。

photo1:高周波(トリポーラRF)
高周波(RF)の照射にはいくつかの方法があり、このスマスアップ(SMAS-up)はTripollar(トリポーラ)という技術を取り入れております。バイポーラ(ポラリス)やモノポーラ(サーマクール)などに比べ深い層まで効率的に熱量を伝えることが可能です。その熱変性によりコラーゲンが即時に結びつき、お肌がキュッと引き締まります。約1ヶ月後からは新しいコラーゲンの生成が始まり効果は長く持続します。また温熱効果で血行やリンパの流れが促進され、むくみのないシャープな小顔に。デトックス効果で、内側からみずみずしい美肌がよみがえります。

2:局所電気刺激(DMA)で筋肉の活性化
照射時に流れるマイルドな局所電気刺激で表情筋や骨格筋を収縮させるので、高周波(RF)のみの治療にくらべ、RFが深部に作用します。また、筋肉を活性化することで、リフトアップ効果を高め、代謝を高めます。

スマスアップ(SMAS-UP)のリスクとダウンタイム<痛み>ほとんど無し <腫れ>ほとんど無し  <内出血>なし
shutterstock_1019073862.jpgスマスアップ照射後のダウンタイムはほとんどなく、治療直後からメイクが可能です。日常生活の制限もありません。麻酔も治療後の冷却も不要なので、ランチタイムに気軽にお受け頂ける施術です。
施術中に強い熱感や痛みを生じた場合はすぐにお申し出ください。マイルドな治療のため通常副作用はございませんが、他の照射治療と同様、痛みを我慢すると熱傷を生じる可能性があります。万が一、照射後に水疱や痛みが出た場合は、すぐにご連絡ください。
治療期間中は紫外線の影響を避けるために必ずUV対策を行ってください。


スマスアップ(SMAS-up)の持続と頻度についてスマスアップはノーダウンタイムでマイルドな治療方法です。スマスアップ(SMAS-up)は1回でも効果を実感できますが、一定の効果と持続を求める方には2~4週間毎に3~6回の繰り返し治療を推奨しております。他のリフトアップ系照射治療と併用すると、効果が高まります。


スマスアップ(SMAS-up)の痛みほんのりと温かく感じる程度の気持ち良い施術で、痛みに弱い方でも安心です。治療後はお風呂上がりの様なピンク色に温まります。ストレスなく、繰り返し治療を受けて頂けることでしょう。スマスアップ(SMAS-up)の施術中の痛みは、ほとんどありません。電気刺激に弱い方を除けば、マッサージを受けるような感覚で施術が可能です。リフトアップ施術に興味があるが痛みに対して恐怖感がある方、ウルセラシステムやサーマクールの治療が最後まで耐えられなかった方などにオススメです。

スマスアップ(SMAS-up)の禁忌事項について
下記に該当される方は、この治療を受けられないことがあるのでご相談ください。
・激しい日焼け直後の方
・照射希望部位に無治療の感染症及び炎症がある方
・治療部位に金の糸など金属が挿入されている方
また、安全のため、他院での美容医療の治療歴を担当者にお伝えください。


カウンセリング予約

文字サイズの変更