2010年8月31日

膣のゆるみ・尿漏れ・女性器

膣のゆるみ・尿漏れ・女性器の治療一覧

ヴィーナスハイフ(V-HIFU)

detail_uv2.jpgヴィーナスハイフ(V-HIFU)に用いるウルトラベラは、超音波を用いて女性器(膣・会陰部など)のたるみを強力に引き締める、世界初の「膣引き締め機器」です。顔のたるみ治療の最高峰「ウルセラ」と同じ超音波によるHIFUシステムを用いた「女性器専用若返り治療」マシンです。表面には傷をつけずに、エネルギーを正確に狙った層(深さ)に届け、点状に65~70℃の熱凝固点を多数作ります。施術直後には伸びたコラーゲン線維の収縮による引き締め効果が、長期的には新しいコラーゲン線維の再生により、緩んだ膣や膣口を強力に引き締めます。


膣周囲を支える「筋層」にまで作用し、土台から収縮させます。深部への効果が強力なので、尿漏れや子宮下垂の予防にも効果的です。施術時間は30分程度、1回の治療で緩みが改善します。治療後のダウンタイム(赤みや腫れなど)がほとんどないため、治療直後から普段通りの生活をしていただける点も人気の治療です。


ヴィーナスハイフ(V-HIFU)についてさらに詳しく

医療レーザー脱毛

shutterstock_421600222.png『女性器や肛門周囲のヘア処理は大人の女性の嗜みです。医療機関でのレーザー脱毛なら、色素が濃く、デリケートな会陰部~肛門周囲まで、女性医師が丁寧に診察し照射しますので安心です。塗る麻酔薬を使用するので、ストレスフリーな施術です。使用する機種は、唯一厚生労働省の認可を受けたジェントルレーズプロ。痛みが少なく、減毛効果が高いうえ、気になる黒ずみも改善します。



医療レーザー脱毛さらに詳しく

ボトックス注射(すそわきが・外陰部臭症)

sample『 すそわきが (すそ腋臭、裾わきが)』とは、デリケートゾーンや外陰部の臭いのことで、「外陰部臭症」「しもわきが」などとも呼ばれます。ニオイのもととなるエクリン汗腺やアポクリン汗腺が、女性器や陰毛部にも多数存在するために、わきがと同じような刺激臭を発することがあります。"メスを使わない多汗症・わきが治療"として人気の『ボトックス注射』は、ニオイのもととなるアポクリン汗腺、ニオイを拡散させる原因ともなるエクリン汗腺の働きを弱め、ニオイと汗量を軽減させます。外性器周辺と陰毛部に注射を打つだけなので施術時間が15分程度と短く手軽でありながら、効果は半年~10か月程持続します。




ボトックス注射(すそわきが・外陰部臭症)さらに詳しく

院内調合オリジナル化粧品

院内調合オリジナル化粧品女性器の黒ずみやくすみは、生理的なものなので、あまり気にすることはありません。もしも下着の擦れや股ずれによる炎症後色素沈着の場合は、ぜひ医療機関で処方する美白剤をお試しください。ハイドロキノンクリーム、ルミキシルクリーム、VCAAローション(高濃度ビタミンC・アミノ酸)、ナビジョンTAエマルジョン(トラネキサム酸)によるメラニン色素の産生抑制効果、美白還元作用に加えて、既に増えてしまったメラニン色素を外に排出するピーリング効果のあるGAローションやレチノイン酸クリーム(トレチノインナノエッグ)をいくつか組み合わせることで、市販品には無い確実な美白・美肌効果を実感頂けるでしょう。

院内調合オリジナル化粧品についてさらに詳しく

院内処方外用薬・内服薬

0613_130.jpg女性器の黒ずみやくすみは、生理的なものなのであまり気にすることはありません。下着の擦れや股ずれによる炎症後色素沈着の場合は、ぜひ医療機関で処方する美白内服薬をお試しください。外陰部の黒ずみは、性ホルモンの影響に加え、加齢によるターンオーバーの低下や、炎症や物理的な刺激によるメラノサイトの活性化が原因・増悪因子と言われています。日本人の場合は、メラニン活性が高いので、内服薬の併用がおすすめです。

美白の要ビタミンC、抗プラスミン効果のあるトラネキサム酸、抗酸化力の高いビタミンE、ハイチオールはそれぞれ相乗効果があるので美白の基本となる内服薬です。体の中から美肌効果を実感頂くことができ、レーザー治療の効果を高めます。

院内処方外用薬・内服薬についてさらに詳しく




エムスカルプト(EMSCULPT)


ms_image013.jpg『エムスカルプト』の磁力を応用した新技術「高密度焦点式電磁(HIFEM/ハイフェム)」は、皮下7cm、つまり筋肉の最深部まで強力に作用し、1回の施術(30分間)で〝筋肉全体"を約2万回〝均一に収縮"させます。臀部への『エムスカルプト』施術では、HIFEMの作用で骨盤底筋群まで強力に収縮するので、産後の膣の引き締めや尿もれの改善にも効果的です。「尿もれ」は、膀胱などを支えたり尿道や肛門を締めたりする働きを担う骨盤底筋(こつばんていきん)という筋肉がゆるみ、そこにくしゃみ、咳、運動などでおなかに強い圧力(腹圧)が加わると、起こりやすくなります(腹圧性尿失禁)。

加齢とともに増加しますが、妊娠出産で骨盤底筋が緩むことによって若年者でも生じます。腹圧性の軽い尿もれであれば、骨盤底筋を鍛えるだけで治すことが可能です。これだけの効果を持ちながら、HIFEMのエネルギーは選択的に運動ニューロンのみに影響するため、皮膚へのダメージは一切ありません。FDA認可、USPTO(米国特許商標庁)による5個の特許を取得済みなので、全年齢層の方に安心して受けて頂けます。


エムスカルプト(EMSCULPT)についてさらに詳しく


カウンセリング予約

文字サイズの変更