顧問紹介

銀座ケイスキンクリニック顧問


銀座ケイスキンクリニック 顧問
東京女子医科大学 皮膚科学教室 教授・講座主任
石黒直子(Naoko Ishiguro)



石黒直子教授によるクリニック推薦文

慶田朋子院長は、東京女子医大皮膚科にて幅広い皮膚科の知識・技能を身につけられ、さらには聖母病院皮膚科で数多くのレーザー治療に携わり、実践的な皮膚科診療の実力を蓄えられた。それらに裏打ちされた美容皮膚科診療は高い水準を維持している。さらには精神面に配慮したきめ細やかな対応は、東京女子医大時代から継続して変わらずみられる基本姿勢であり、来院された方に充分な安心感と高い満足感を与える医療の実現につながっている。今後美容皮膚科の領域をさらにリードしていってくれものと期待している。

Dr.MEMO

女子医大で学び、卒後女子医大で研究と臨床経験を積み、多数の皮膚科医を育成し、皮膚科学の発展に尽くしてきた姿は、同門皆が誇りに思う存在。その瞳を見た瞬間から、誰もが温かな人柄の虜になってしまう。誠実・勤勉・奉仕という医師が持つべき至誠の精神を、石黒教授の日々の診療と研究姿勢を見て自然に身に付けていくので、『皮膚科の良心』と呼ばれている。仕事を休むことなく二人のお嬢様を育て上げた理想的なロールモデルでもある。プライベートではペンネーム『佳静』として詩人の顔も持つ。
 

経歴

昭和60年 東京女子医科大学医学部 卒業
東京女子医科大学皮膚科 入局
平成3年 東京女子医科大学皮膚科 助教
平成6年 東京女子医科大学皮膚科 医局長
博士(医学)学位取得
平成7年 東京女子医科大学皮膚科 講師
平成18年 東京女子医科大学皮膚科 准教授
平成26年 東京女子医科大学看護学部 准教授(兼担)
平成30年  東京女子医科大学皮膚科 教授・講座主任 現在に至る

所属学会

  • 東京女子医科大学学会(評議委員, 監事)
  • 日本皮膚科学会(代議員)
  • 日本皮膚免疫アレルギー学会(代議員)
  • 日本アレルギー学会
  • 日本研究皮膚科学会
  • 日本小児皮膚科学会
  • 日本乾癬学会
  • 日本性感染症学会
  • 日本臨床皮膚科医会
  • 日本医学教育学会

主な研究分野

  • 膠原病、血管炎、じんましん
カウンセリング予約

文字サイズの変更