ミノキシジル

1960年代に血管拡張剤として開発された成分で、元々は高血圧の経口薬として用いられていました。しかしその副作用として全身の多毛症を頻繁に引き起こすことから、頭皮用外用薬としての臨床試験が実施され、脱毛症への有効性が確認されました。その後1980年代に脱毛症の治療として2%のミノキシジル外用液「Rogaine®(ロゲイン)」が発売されました。

男性ホルモンによる脱毛を抑制するプロペシア錠(フィナステリド錠)とは異なり、ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけ、血流を増やすことで毛根に栄養を多くいきわたらせ髪の成長を促進します。そのため、ミノキシジルは女性にも有効です。

フィナステリドは脱毛を抑制し、ミノキシジルが発毛を促進するため、併用することで相乗効果が得られます。当院では薄毛の気になる頭皮にスカーレットRF、ダーマローラーにて細かい穴をあけ、髪の成長を促す成長因子などの薬剤を導入していきます。ミクロの針穴から、育毛・発毛作用のある成長因子やミノキシジルなどの薬液を直接導入するので浸透率が高く、確実な効果を得られる治療です。また育毛水光プラスは薬液をダーマシャイン®で確実に頭皮に注入するので更に効果的で、手打ちと比較して圧倒的に痛みが少ないので人気です。

男性ではプロペシアの内服、女性ではパントスチンの外用・パントガールの内服を併用することで相乗効果が得られます。

関連治療

スカーレットRFダーマローラーダーマシャイン®育毛治療

カウンセリング予約

文字サイズの変更