パントガール

パントガールは、女性の薄毛や抜け毛を改善し、発毛を促す内服薬として世界で初めて効果と安全性が認められた薄毛治療薬(医薬品)です。

ドイツで開発され、びまん性脱毛症や毛髪構造退行性変化に対して非常に有効な治療薬です。これまで、薄毛治療の内服薬は、男性対象の製品(プロペシア・ミノキシジルタブレット等)しかなく、女性の薄毛治療薬としては外用薬や頭皮への注入法しか選択肢がありませんでした。

パントガールは、細胞代謝を通して堅固で弾力性に富む毛髪構築に必要なアミノ酸、たんぱく質、ビタミンB群などを特別に組み合わせた栄養成分を含み、健康な毛髪成長を刺激し、女性の脱毛症の減少、健全な発毛促進、髪質や抵抗力の改善に効果的に働きます。これまで副作用の報告も無く、安全性が高い薬のため、継続的・長期的にご使用いただけます。

銀座ケイスキンクリニックでは、内服薬での治療の他に、ホームケアとして薄毛の気になる部分に直接塗布する抜け毛抑制剤の『パントスチン』の併用治療をおすすめしています。
パントスチンの有効成分アルファトラジオールは、5αリダクターゼの活動を阻害し、脱毛因子ジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑制するため、遺伝性脱毛と加齢による抜け毛・薄毛を改善します。

また、薄毛の気になる頭皮にダーマローラーもしくはスカーレットRFにて細かい穴をあけ、育毛・発毛作用のある薬液(ダーマヒールやミノキシジル)を導入していく頭皮療法や、『育毛水光プラス』というダーマシャイン®(自動式メソセラピー注入機)を使用し薄毛の気になる部分に育毛・発毛効果のある薬液を直接注入していく治療方法もあり、確実な効果が得られる治療です。

関連治療

育毛、発毛


カウンセリング予約

文字サイズの変更