男性の薄毛(男性型脱毛症=Androgenetic Alopecia(AGA)・壮年性脱毛症・遺伝性脱毛症)

男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia「AGA」・壮年性脱毛症・遺伝性脱毛症)は思春期以後の男性にみられる最も一般的な薄毛で、早い方では20歳代前半から発症し、徐々に頭髪が薄くなります。初期には頭頂部~前頭部の毛が細く短くなって軟毛になり、最終的には生え際が後退し、頭頂部の毛髪がなくなります。

毛は成長期、退行期、休止期のサイクルを繰り返していますが、男性型脱毛症の初期は、成長期毛包が十分に大きく育たないうちに退行期になり、進行するとミニチュア化した小さな毛包のまま毛周期を繰り返すため軟毛となり、徐々に休止期にとどまってしまう毛包が増えて無毛化していきます。

原因は遺伝の要素が強く、男性ホルモンとの関連が言われています。前頭部や頭頂部などには、男性ホルモン感受性毛包と呼ばれるホルモン受容体を持った毛包が存在します。この毛包でⅡ型5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きによって血中のテストステロン(男性ホルモン)が、より活性の強い男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に高濃度に変換され、このホルモン受容体と結合すると、毛の増殖を抑制してしまいます。人種の中では白人で発症頻度が高く、日本人成人男性では約3人に1人が男性型脱毛症になると言われています。男性型脱毛症は「病気」というよりも加齢に伴う自然な変化であるという側面もありますが、若い人では大きな悩みになります。

近年様々な研究が進み、有効な治療方法が登場しています。日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」ではミノキシジルを含有した外用剤(市販薬ではリアップ®:5%ミノキシジル含有)とフィナステリド(プロペシア)の内服薬がエビデンスのある治療として推奨されています。ミノキシジルは毛乳頭細胞を刺激して毛母細胞の増殖を促す成長因子を放出させ毛の成長を促し、フィナステリド(プロペシア®)はII型5α-リダクターゼの作用を抑えて、毛包のミニチュア化を防ぎます。

銀座ケイスキンクリニックでは、ダーマローラー・スカーレットRFにて細かい穴をあけ、毛髪再生に有効な薬剤(成長因子、ミノキシジル)を導入する方法や、ダーマシャイン®®を使用し毛髪再生に有効な薬剤(成長因子、ミノキシジル)を直接注入する頭皮療法「育毛水光プラス」、フィナステリド(プロぺシア®)内服などを組み合わせたトータル的育毛治療を行っております。

関連治療

プロペシア
カウンセリング予約

文字サイズの変更