スカーレットRF

スカーレットRFは、針刺激による創傷治癒効果と高周波(RF)の熱効果を融合させた最新式リフトアップ治療器です。スカーレットRFは真皮内で25本の針電極から直接RFを発生させ照射します。

施術の深さは0.5〜3.5ミリ、表皮はもちろん、真皮から皮下組織上層までの広範囲深部照射が可能です。先発品のイントラセルは、針の先端から0.3mmというごく狭い範囲のみRFが照射されるのに対し、スカーレットRFは針全体から広範囲にRFが照射されますので、より高いRFによるサーマルトリートメント効果があり、少ない施術で高い効果が得られます。

また、イントラセルよりも痛みの少ない設計のため、患者様のご負担も軽くトライしやすい治療器です。既存の経皮的RF照射と比較して、スカーレットRFはコラーゲン密度の増加が格段にアップし、毛穴、しわ、ニキビ跡、たるみ治療に最適です。今までのレーザー治療では難しかった、頭皮、まぶた、目周り、口周りにも照射可能で、頭皮からお顔全体、首までトータルなタイトニング効果で理想的な若々しいフェイスラインが手に入ります。

スカーレットRFはショックフリーニードルテクノロジーを用いた高度な制御で痛みが少なく、ダウンタイムも短縮され、出血、副反応も最小限なのでトリートメント後はすぐに外出することが可能です。銀座ケイスキンクリニックでは、スカーレットRF照射のアフターケアとして、EGF(上皮細胞増殖因子)、bFGF(塩基性線維芽細胞成長因子)、IGF(インシュリン様成長因子)の3種の成長因子のカクテル製剤の導入をサービスさせていただいています。成長因子とは、特定の細胞の増殖や分化を促進するタンパク質の総称で、組織修復、血管新生、線維芽細胞の活性化、コラーゲン線維、ヒアルロン酸の増加など、肌の再生を促進する働きがあります。

スカーレットRFにより、微細な針穴が開いた肌に塗布することで、成長因子が肌の奥深くまで浸透し、細胞レベルで肌の老化を修復します。また、スカーレットRFによって刺激を受けた皮膚の治癒プロセスが活性化され、肌のキメやハリ感が得られます。今までのレーザーでは難しかった頭皮にも照射可能で、トータルリフト(頭~顔全体~顎下)を行うことで、頭皮からのリフトアップや育毛も期待できます。微細な針穴から、育毛に有効なミノキシジルなどを導入する育毛治療も人気があります。コンビネーション治療として、スカーレットRF照射後に、ヒアルロン酸注入やボトックス注射もお受けいただけます。 先に、注入をお受けいただいた場合、ボトック注射後1週間、ヒアルロン酸注入後2週間(水光注射後は1週間)空けていただければスカーレットRFの照射が可能です。相乗効果も期待できるので併用を推奨しております。

関連治療

スカーレットRF
カウンセリング予約

文字サイズの変更