ソノクイーン(アイシャドウ・スマイルHIFU)と他の施術比較

ウルセラシステムとの比較

ウルセラシステムはHIFUの先駆けであり、現在でも他機種を寄せ付けない高い効果と安全性を誇る機種です。医師が1ショットずつ皮膚超音波検査を行いながら照射できるので、深部照射でも副反応のリスクを最小限にすることができます。ソノクィーンは画像検査が出来ないので、顔面の深部照射には用いません。額など必要に応じてウルセラで予め確認した後に、2.0mmの深度に限り照射します。一方、ソノクィーンが優れている点は、直径5mmの小さなトランスデューサーで細かく照射できることです。カーブの強い額、眉下、目の下、小鼻近く、口唇上方など、ウルセラで攻めきれなかった部位にも丁寧に照射することで、効果を高めることができます。


ソノクイーン(アイシャドウ・スマイルHIFU)のポイント特徴

照射治療light.png 治療効果★★★★★ 痛み★★☆☆☆ ダウンタイム★☆☆☆☆

効果
■目の下のたるみの改善 ■眼瞼下垂の改善■目周りのシワの改善 ■額のシワの改善 ■眉間のシワの改善 ■スモーカーズラインの改善 ■マリオネットラインの改善 ■ほうれい線の改善※痛みやダウンタイム、効果には個人差がありますので、あらかじめご了承ください。

ソノクィーン(アイシャドウ・スマイルHIFU)のワンポイントアドバイスワンポイントアドバイス「目の下のたるみと小じわには何が一番いいですか?」というご質問をよくいただきます。「フラクショナルCO2レーザーのアイリフト」が最強ではありますが、お仕事柄、赤味とざらつきなどのダウンタイムがどうしても難しい場合は「ソノクィーン(アイシャドウHIFU)」と「ウルセラアイリフト」のコンビネーション治療がベストでしょう。私もアイシャドウHIFUを照射すると、眩しい表情をしたときに目立っていた「目袋」が改善し、目が大きく見える効果もあるのでとても気に入っています。上瞼にも、眼窩の骨に当てるように皮膚を引っ張って照射すると、眼瞼下垂の重さが楽になると患者様からも好評です。眉上の『眼窩靭帯』やほうれい線基部の『上顎靭帯』に集中して照射すると、引き上げ効果が増すので、まずはトータル照射がおすすめです。たるみ治療機の最高峰「ウルセラリフト」にプラスして、アイシャドウを塗るエリアまで照射できるニッチなHIFU治療を是非お試し下さい。

ソノクィーン(アイシャドウ・スマイルHIFU)の施術の流れflowドクター診察、カウンセリング施術前に、担当する医師が気になる症状や部位についてお伺いします。肌の状態を診て、照射する部位や回数など治療プランを決めていきます。 注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明いたしますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。

flow同意書記入スタッフより治療内容・施術後の注意・治療費・治療スケジュールなど詳細をご案内させていただき、同意書にサインいただきます。

flow照射目をガードし、皮膚に透明のジェルを乗せます。医師が1ショットずつ丁寧に照射します。部分的に皮膚深部熱感の痛みを感じる場合があります。1回の照射に要する時間は、アイシャドウHIFUミニで10分、アイシャドウHIFUトータルで15分、スマイルHIFUミニで10分、スマイルHIFUで15分、ネックHIFUで10分、ソノクィーンプレミアム(アイシャドウHIFUトータル+スマイルHIFUトータル)で25分程度です。

flow終了ダウンタイムがないので、終了後すぐにメイクをしてお帰りいただけます。

カウンセリング予約

文字サイズの変更