スマスアップと他の施術比較

今までの高周波(Radio Frequency)による「たるみ治療(サーマクールなど)」は、麻酔を必要とするほどの強い痛みが伴いました。さらに治療費が高額だったこともあり、治療にチャレンジできなかった方も多くいらっしゃいましたが、スマスアップは費用も抑えられ、痛みもほとんどないのに効果が実感できる施術として非常に人気があります。


モノポーラ、バイポーラ(トリポーラ)の違い
サーマクールなどはモノポーラ方式と言う照射方式で外から皮膚に向けて強い電気を通し、真皮にエネルギーを与えます。この方法ではエネルギーロスが多いと言われており、皮膚の深部で効果的なエネルギーを得るためには強いエネルギーが必要のため、痛みを伴います。

バイポーラは、2つの電極の間に高周波を流すタイプで、電極を水平な状態で表皮に接触させます。高周波は電極間の最短部分を流れるため、表皮を中心の浅い部分を加温します。

スマスアップの場合はトリポーラという3つの電極から高周波を皮膚に流すタイプになり、3本の波が干渉波を生み、痛みを伴わない程度の出力で、皮下脂肪織~筋膜レベルという深部まで効率良くエネルギーを伝えることが可能です。

サーマクールとの違い
サーマクールはそもそも引き締めに対する施術で、大まかに説明すると、加齢と共に落ちてしまった脂肪を元に戻す事が出来ないので、潰してしまう施術です。人気のある施術だけに効果もあるのですが、やはりコチラも痛みを伴います(特に旧型の機種だと堪えられない方が多いです)。また費用も高額で、効果とのバランスから考えると継続的に受けるのは難しいかと思います。加齢と共にシワ、たるみは増えるため、一度受けたら永遠にというわけには行きません。

一部のクリニックで格安のサーマクールを目にしますが、これは本来メーカー純正品を使う必要がある先端のカートリッジをリサイクル品の利用しているからです。もちろんメーカー品が認めているものではなく、安全性などは保障されておりません。とくにサーマクールのカートリッジは使用期限、回数が決められており、それを無視した使用をしてしまうと、先端にあるフィルム状のものが破れてしまい、破裂することになります。結果、顔に大きな火傷をおった例もあります。


スマスアップのポイント特徴

照射治療light.png 治療効果★★★☆☆ 痛み★☆☆☆☆ ダウンタイム★☆☆☆☆

効果
■たるみ・シワの改善 ■小顔・フェイスラインの改善 ■デトックス作用 ■むくみ改善 ■ボディラインの引き締め ■部分痩身
※痛みやダウンタイム、効果には個人差がありますので、あらかじめご了承ください。

スマスアップのワンポイントアドバイスワンポイントアドバイススマスアップのリピート率は当院でもピカイチ。熱作用による若返り照射機器(サーマルトリートメント)の場合、「痛みと効果は比例する」ためサーマクールなど「綺麗は我慢」と痛みが辛い機器も多いのです。一方、スマスアップは高周波と局所電気刺激で表皮・真皮・皮下組織・筋肉までの4層を同時に活性化するリフトアップ治療器でありながら、最新技術で温かく気持ちが良いと評判です。当院では全顔から首、肩までしっかり施術するので、凝りをほぐし、デトックス効果も抜群。タイタンと同時に照射する「タイスマ」は私も気に入っている治療です。

スマスアップの施術の流れflowカウンセリング施術前に、担当する医師がお肌の状態を診察します。理想とする状態について詳しく伺いながら、治療回数や併用療法など治療プランを決めていきます。注意点やアフターケアについても詳しく説明いたしますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。

flow同意書記入スタッフより治療内容・施術後の注意・治療費・治療スケジュールなど詳細をご案内させていただき、同意書にサインを頂戴します。

flowスマスアップ照射スマスアップは痛みもなく、気持ちの良い施術です。皮下脂肪の少ない部位や目周りなどは少し熱く感じることがあるので、出力を調整しながら、丁寧に照射します。熱い場合は我慢せず、お声掛けください。

flow終了施術後は冷却する必要がなく、すぐにメイクをしてお帰りいただくことが出来ます。担当者から治療後の状態や併用療法などの説明を行い、メイクルームへご案内します。

カウンセリング予約

文字サイズの変更