ニンニク注射の効果と特徴

にんにく注射といっても、ニンニクのすりおろしを注射するわけではありません。主成分はビタミンB群(B1やB2など)とグリコーゲンで、このビタミンB1の構成成分がにんにく臭のすることから、にんにく注射と呼ばれています。ビタミンB1が血液に乗って全身にいきわたり、蓄積した乳酸を燃やし、疲労を軽減してくれます。また、血行も良くなって代謝が高まり、残った疲労物質を洗い流すデトックス効果もあります。アルコールの分解にもビタミンB1が必要なため、二日酔いの改善にも効果があります。

ビタミンB2は美容ビタミンといわれる程、美容と関係が深く、健康的なお肌を作るのに欠かせない栄養素です。皮膚や各器官の粘膜を正常に保ち健康な肌や髪、爪を作り成長を促します。生体内においてはエネルギー源(糖質・脂質・たんぱく質)の代謝に補酵素として関与し、特に脂質の代謝に深く関わるためダイエットの際にも欠かせない栄養素です。


こんな方におすすめです!

・疲労が蓄積しているにもかかわらず、今日も徹夜仕事が残っている。
・日頃からよくアルコールを摂取する。
・二日酔いがなかなかぬけない。
・最近、疲れの回復が遅い気がする。
・なんとなく、身体がだるく、風邪の引き始めらしい。
・ダイエット効果を高めたい。


ニンニク注射のリスクとダウンタイム<痛み・腫れ> なし / <内出血> なし

ビタミンB1は水溶性ビタミンのため、過剰摂取の心配はありません。また、息や汗がニンニク臭くなることはありませんのでご安心ください。日常生活の制限は特にありません。

ニンニク注射の持続と頻度について

ニンニク注射は疲れたと感じた時、風邪引きそうと感じた時など体の状態に合わせてお受け下さい。水溶性ビタミンのため、過剰投与による副作用は一切なく、週に1~2回、または2週間に1回程度と、ご自身のペースでお受け下さい。疲れのひどい方は毎日でも投与可能です。継続していただくことでアンチエイジング効果も期待できます。
ニンニク注射点滴の痛み

針を刺す際のチクッとした痛みがありますが、治療後に痛みは残りません。

ニンニク注射の禁忌事項について

非常にまれですが、ビタミンB1、B2、グリコーゲンに過敏症の既往がある場合はお受けいただけません。

カウンセリング予約

文字サイズの変更