医療用まつげ・眉 美容液ビマトプロストの効果と特徴

頭髪や体毛と同様、まつ毛にも毛周期(ヘアサイクル)があります。ビマトプロストは毛包(毛を作る毛根と毛を包む組織)に作用することで、毛周期における成長期を延長するため、まつ毛を長く、太くします。また、毛幹数を増やすことで毛の本数を増やすという効果もありますが、毛包の数自体を増やすことはできないので、発毛ではなく、あくまでも育毛効果です。

0.03%のビマトプロスト(Prostaglandin F2α誘導体)を含むグラッシュビスタはボトックスビスタの薬剤で知られる、米国アラガン社で開発されたもので、世界で初めてFDA(米国食品医薬品局)にて、効能・効果・安全性が認められ、2014年に日本の厚生労働省が「グラッシュビスタ外用液剤」を認可しました。長さの平均改善度はベースライン(使用前)と比較して24%アップ、太さは45%アップという報告があります。


ビマトプロストの作用・効果


lumigan22.jpg


ビマトプロストのご使用方法


上まぶたのまつ毛のつけ根、眉毛の基部に毎晩1回塗布してください。(目や下まぶたには使用しないで下さい。)

ステップ1

lumigan_step1.jpg
メイクを落とし、洗顔後に塗布します。*コンタクトレンズを使用している方は、塗布する前に外してください。再度コンタクトレンズを装着する場合は、塗布後15分以上経過してから装着してください。

ステップ2

lumigan_step2.jpg片眼ごとに細筆または綿棒にビマトプロストを1~2滴垂らします。使用量が多いと希望部位以外の多毛や黒ずみの原因となるため、ご注意ください。

ステップ3

lumigan_step3.jpg細筆または綿棒で上まつげの根元に塗布します。目頭から目尻に向かって、アイライナーを引くようにスーッと一塗りしてください。何度も重ね塗りすることは厳禁です。付いているか分からない程度に薄く塗ることがポイントです。眉にも塗る場合は、先にまつ毛に塗るようにしてください。

<ステップ4>

lumigan_step4.jpg塗布後、塗布部分以外の余分な薬剤を拭き取ってください。

※ブラシはリップブラシを、綿棒はメイク用又は赤ちゃん用の綿棒をおすすめいたします。清潔に使用していただくため、ブラシは毎回洗っていただき、綿棒は使い捨てでご使用下さい。


医療用まつげ・眉 美容液 ビマトプロストのリスクとダウンタイム
結膜充血、眼の痒み、眼の刺激感、眼の乾燥、眼瞼の紅斑が出現することがあります。症状が出た場合は、使用を中止してください。再開する場合は、外用量と頻度を調整する必要があるので、担当医にご相談下さい。メラニンの増加により黒目(虹彩)の色が濃くなることがあります。この変化は投与を中止しても元にもどらないことがあります。

外用部位の皮膚に色素沈着(黒ずみ)と多毛が高頻度で出現します。色素沈着に関しては、女性の場合アイラインやアイシャドウを塗る部位のため気にならないことが多いですが、使用量が多すぎると、目尻や目の下に色素沈着が出ることがあります。まつ毛以外の多毛は避けるべきですので、指示通りに、少量を1回だけ、上まつ毛の際に塗るようにしてください。皮膚の色素沈着は、使用を中止すると徐々に薄くなります。多毛は部位によっては、レーザー脱毛で対処出来ます。


医療用まつげ・眉 美容液 ビマトプロストの持続と効果
まつ毛の成長速度はゆっくりです。効果がはっきり見えるまで少なくとも2ヶ月間塗布を続けることを推奨します。効果を持続させるには、継続して使う必要があります。使用を中止すると、数週間から数ヵ月かけて、まつげや眉毛の平均的な毛周期に伴って、徐々に元の毛量に戻っていきます。

医療用まつげ・眉 美容液 ビマトプロストの痛み
外用時に眼に入ると刺激感を感じることがあります。使用量と頻度を守ってください。


医療用まつげ・眉 美容液 ビマトプロストの禁忌事項
妊娠中の女性、ビマトプロストまたは、本剤に含まれる他の成分にアレルギー反応を示す方はご使用をお控えください。また、まぶたに未治療の炎症や感染がある方は、ご使用いただけないことがありますので、ご相談下さい。ご使用にあたっては、事前に必ず医師の診察をお受け下さい。眼の治療を受けている方や、持病をお持ちの方は、使用前にかかりつけの医師にご相談ください。

カウンセリング予約

文字サイズの変更