PRP(多血小板血漿)注入の効果と特徴

0613_001.jpg

ご自身の血液から作る、安心、安全な自己型注入剤

PRP(多血小板血漿)注入療法は、ご自身の血液から専用の自己型注入剤を作り、血小板と白血球の放出する成長因子によって、シワ・たるみなどの老化症状を改善させる新しい美容再生治療です。

失われた組織や器官の再建を行う再建外科の中でも「自分の生きた細胞から失った組織を再生させる」という組織工学に基づいており、副作用などの問題がない安定した治療としてさまざまな分野での研究と応用が進められています。歯科医療では、歯周組織再生法(インプラント治療)に多血小板血漿注入が導入され、その再生スピードの速さが注目を集めていますが、美容医療においても人気メニューのひとつとして既に定着しています。自己の血液を用いているためアレルギー反応のリスクが非常に低く、緩やかな効果が1年以上続くため、自然な変化を求める場合に適しています。

成長因子による自己細胞の再生・成長
PRPを老化症状の気になる真皮浅層に注入すると、創傷治癒過程で出現する様々な自身の成長因子が誘導されます。簡単に言うと、注入エリアは「ケガをした」とだまされる訳です。成長因子により線維芽細胞が刺激されて、自身のコラーゲン線維、エラスチンやヒアルロン酸が産生され、微小循環が改善します。この過程は3週間後頃から徐々に始まり、少しずつ皮膚にハリが出現し、肌の若返りと再生が進むにつれ、ちりめんジワ、目の下のクマ、くぼみ、たるみ、ニキビ跡のクレーター、毛穴の開大などが改善します。

今まで難しいとされていた目周りのシワ、たるみも解決
落ちくぼんだ上まぶた、目の下のたるみやちりめんジワは治療が難しい部位です。深い凹みはヒアルロン酸注入でボリュームアップさせることができますが、細かいシワを1度で完全に消そうと大量に注入すると不自然になることもあります。PRP(多血小板血漿)注入は、ごく自然に数年前の弾むようなお肌に年齢を戻すことができる、画期的な「リバースエイジング治療」なのです。

欧米認定機関マーク取得の高い安全性
多血小板血漿注入法には幾つかの種類がありますが、製品の安全性や有効性を検証するアメリカFDAの認可とヨーロッパCEマークを取得しているのは「SELPHYL」のみであり、唯一、基礎データに裏打ちされた美容再生療法です。「SELPHYL」キットを用いたPRP(多血小板血漿)注入治療(セルリバイブ)は、血液から多血小板血漿を作る過程で、従来のPRP(多血小板血漿)注入(ACR法)よりも血小板の濃度を高め、適量の白血球を残すことによって、より高い組織の再生効果が得られます。

少量の血液ですぐに治療が可能
通常の血液検査と同規格のスピッツ1本(約8ml)の血液を採取し、30分ほどで、約1.0mlのPRPを精製できます。1.0mlのPRPで両目の下、2.0mlのPRPで額~目周り、4.0mlのPRPでお顔~首までの治療が可能です。広範囲への注入には痛みと内出血が少ないダーマシャイン®を使うPRP水光プラスが人気です。

再生医療関連法への対応について

『再生医療等の安全性の確保等に関する法律』(平成25年法律第85号)施行に伴い、再生医療等を提供する医療機関(美容クリニック含む)は、国へ治療内容(再生医療等提供計画)を届け出ることが義務付けられています。 また提出する「再生医療等提供計画」は、地方厚生局の認定を受けた「認定再生医療等委員会」による適合審査を経ることが必要です。美容目的や疾病治療をうたい、効果が不確かな再生医療が自由診療で安易に広がることに規制がかかることで、患者様により安心して治療を受けていただけるようになりました。

銀座ケイスキンクリニックは、2015年4月に「特定細胞加工物製造届書」を関東信越厚生局に提出しました。2015年11月にPRP(多血小板血漿)注入治療(皮膚組織再生を目的とする多血小板血漿療法)に関する「再生医療等提供計画」を一般財団法人日本肌再生医学会認定再生医療委員会により適切と認められ、関東信越厚生局の認可を得ております。今後も、定期的な報告を行いながら、安全な再生医療のご提供に努めてまいります。


PRP(多血小板血漿)注入のリスクとダウンタイム<痛み>チクチクする程度 <腫れ> 部位により1~3日間 <内出血>部位により10日程度

34Gナノニードルという極細針で1~2mm間隔で細かく注入するため、麻酔をしてもチクチクした感覚があります。額や頬、鼻唇溝などは当日のみの軽いむくみが出る程度です。目周りへの注入直後は、針痕の赤み、小さな内出血斑、腫れ、多少の凹凸、軽い圧痛が出現します。腫れと圧痛は、注入エリアをケガした様に騙すことで、創傷治癒過程にスイッチが入り、さまざまな成長因子が放出される過程で生じる必要な反応です。程度には個人差がありますが、若い方ほど腫れやすく、ご年齢が上がるほど内出血しやすくなります。目周りの腫れは1~3日間ほどで消えていきます。

内出血のリスクは、止血点滴の併用、十分な冷却と圧迫止血、極細針を使用することで、かなり軽減されますが、目周りは小さな青あざになりやすい部位のためご了承下さい。お化粧(コンシーラー)でカバーできる程度の場合がほとんどで、1週間~10日ほどで消失します。治療直後はパウダーファンデーションのみのメイクとして下さい。翌日以降は、通常通りのメイクやスキンケアが可能です。長風呂、激しい運動、飲酒は当日のみお控え下さい。

※血栓溶解剤を使用している方や毛細血管拡張の見られるお肌の方は内出血のリスクが高くなります。


PRP(多血小板血漿)注入の持続と頻度について

PRP(多血小板血漿)注入はヒアルロン酸フィラー注入のように、直後からボリュームアップ効果を実感していただける治療ではありません。注入のご自身の創傷治癒力を利用し、線維芽細胞の活性化とコラーゲン線維の増生により真皮の厚みをナチュラルに増やす再生治療のため、臨床効果は1ヵ月後から少しずつ出現し、約半年間に渡って細胞の活性・再生が促されます。一度増えたコラーゲン線維は消えることはなく、年に1~2回の施術で若さをキープできます。初期治療や老化の程度によっては2~3ヵ月後に再注入すると理想的な効果が期待できます。
また、熱による創傷治癒を利用した照射治療(ウルセラ・スカーレットRF・タイタン・ジェネシス・スマスアップなど)を併用すると、相乗効果があります。効果の実感や持続には肌年齢や併用治療により個人差があります。

PRP(多血小板血漿)注入の痛み

注入前に表面麻酔のクリームを使用し、34Gナノニードルという極細針を使用し注入するので、チクチクする程度です。目の下は痛みを感じやすい部位のため、ブロック麻酔も併用いたしますのでご安心下さい。


PRP(多血小板血漿)注入の禁忌事項について

下記に該当される方は、この治療を受けることが難しい場合がありますのでご相談ください。キシロカインにアレルギーのある方は事前にお知らせ下さい。
・真性ケロイドの方、重度の肥厚性瘢痕の既往のある方
・ご希望部位に無治療の皮膚炎や感染がある方
・妊娠中の方
・重症の糖尿病・膠原病・精神疾患・急性感染症のある方
出血しやすくなるため、アスピリンなど血栓予防薬の内服をされている方は施術 5 日前から使用を中止してください。

カウンセリング予約

文字サイズの変更