ボトックス注射(ガミースマイル)の効果と特徴

photoガミースマイルの治療方法は大きく分けて2種類あります。メスを一切使わずに治療する「ボトックス注射」と、「骨削り術(上歯ぐきの幅を狭める手術)」です。ダウンタイム(日常生活に支障が出る期間)や合併症、費用面から、軽症~中等症例ではボトックス注射による治療が手軽で効果的です。

※「ボトックス」とは本来、アラガン社の製品を指す名称です。銀座ケイスキンクリニックで使用しているボツリヌストキシン製剤はアラガン社製のボトックスビスタ(厚生労働省認可)ですから安心です。

ボトックス注入によるガミースマイル治療

ボトックスは、筋肉の動きを弱める作用があります。この効果を利用してガミースマイルを治療するのがボトックス法です。 ガミースマイルの原因は「過剰な上唇の挙上(上唇が上がりすぎる状態)」なので、ボトックスを使いこの状態を抑制します。上唇の上げ下げをコントロールしている上唇挙筋群にボトックスを注入して治療するので、メスを使う手術と比べて、ダウンタイム(日常生活の制限)もなく手軽な治療です。



・注入後の日常生活にも全く支障が無い。
・副作用もほとんどない(安全性の高いボツリヌストキシン製剤を使用するため)
・アレルギーテストが不要。
・1回の注入で約4~6ヶ月効果が持続(注入を中止すれば自然に元に戻ります)


ガミースマイルは、笑ったときに上唇が上がり、歯茎の大部分が見えてしまうため、容姿の問題だけでなく、人前で笑えないなどといったメンタル面への支障もあり、お悩みの方も多い症状です。このボトックス注射法であれば注入による痛みや腫れはほとんどなく、周囲の人に気づかれず美しい笑顔を作ることが出来ます。お悩みの方は是非、銀座ケイスキンクリニックにご相談ください。

アラガンのVST認定医
vst.png

ボトックス注射(ガミースマイル)のリスクとダウンタイム<痛み>ほとんど無し <腫れ> 無し <内出血> 全く無い~針痕が5日程度
治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。極細の針で両頬に2ヶ所ずつ少量注射するだけなので、内出血を生じない人のほうが多く、出てしまった場合も針の周りに小さな青あざが数日出る程度です。また、銀座ケイスキンクリニックでは、Stat Veinにて血管の走行を確認して出来るだけ血管を避けて注射することで、内出血のリスクを最小限にしています。

ボトックスを作用させるべき上唇挙筋は小さく細い筋肉です。安全性の高い薬剤を使用し、熟練した医師が注入を行わないと、アンバランスな結果になることがあります。

ボトックス注射(ガミースマイル)持続と頻度について

ボトックス注入の効果は徐々に現れ、約2週間で効果が安定します。その後は、徐々に効果が失われてきます。目安として4~6ヶ月に一度の追加が必要になります。効果には個人差があり、一度に多量の注入をしても効果が長くなる事はありません。追加を希望される場合も症状が安定する2週間はお待ちください。


ボトックス注射(ガミースマイル)の痛み注入前に表面麻酔のクリームを使用し、34Gナノニードルという極細針を使用し注入いたしますので、痛みはもちろん、施術後の内出血などのダウンタイムもかなり軽減されています。もちろん個人差はございますが、実際に注射を受けた方は『思ったほど痛くない』『全然痛くない』とおっしゃっています。

ボトックス注射(ガミースマイル)の禁忌事項について
・以前にボトックスで治療して異常反応があった方
・妊婦、授乳中の女性
・子供を作る計画があり避妊をしていない女性
・脊髄、末梢神経の病気に罹患している場合
※筋萎縮性側索硬化症、運動性ニューロパチー、重症筋無力症、ランバート・イートン症候群といわれる全身性の神経筋接合部の障害を持っている方。
詳細はお問い合わせ下さい。

カウンセリング予約

文字サイズの変更