ヒアルロン酸注入(手の甲)と他の施術比較

レディエッセ注入との比較
レディエッセは、ハイドロキシアパタイトハを主成分とした注入剤の一種で、手の甲のボリューム改善、鼻筋を通す、顎を形成する、額を高く形作るのに用いられます。注入してから1~2年程度で吸収されて持続期間が長い点、鼻筋など細く作りやすい点、比較的仕入れ原価が安い注入剤である点が好まれ、多くのクリニックで使用されています。銀座ケイスキンクリニックでは、レディエッセを使用しておりません。最大のデメリットは、溶解酵素が存在しないことです。

レディエッセに限らず、フィラーを注入した後、元に戻したいとご希望される方が稀にいらっしゃいます。ヒアルロン酸の場合、ヒアルロニダーゼというヒアルロン酸分解酵素を注射すれば、数時間でほとんどのヒアルロン酸を溶かして元に戻すことができますが、レディエッセの場合は溶解剤が存在しません。

万が一、血管内に注入されて塞栓を生じたり、細い動脈を圧排して血流障害が生じたりした際もヒアルロン酸フィラーなら24時間以内の適切な処置で壊死を免れることができます。これは何よりも重要なことです。さらに、レディエッセはヒアルロン酸に比べ、硬く白色の物質であるため、目の下や法令線などの柔らかい部位に注入すると、硬いしこりになって凸凹したり、白く透けたりしてしまうことがあります。このような場合、吸収されるまで1~2年の間、待っていただくしかありません。

また、注入したフィラーの周囲にバイオフィルムが形成され感染症が遷延した場合、ヒアルロン酸製剤であれば溶解することで、抗生剤の反応が良く早く治りますが、レディエッセは溶解できないため治療に難渋する可能性があります。同様の理由で、溶けない注入剤も使用しません。ほとんどの方に良い治療であっても、一部の方に不可逆的障害が生じる可能性がある施術は選択しないというのが、当院の理念です。


ヒアルロン酸注入(手の甲)のポイント特徴

注入治療needle.png 治療効果★★★★★ 痛み★☆☆☆☆ ダウンタイム★☆☆☆☆

効果
■手の若返り ■手のシワ改善 ■手の痩せ改善 ■手の骨感改善 ■手の血管透け改善※痛みやダウンタイム、効果には個人差がありますので、あらかじめご了承ください。

ヒアルロン酸注入(手の甲)のワンポイントアドバイスワンポイントアドバイス性はなぜネイルサロンに通うのでしょうか?手は最も見る機会が多いパーツであり、美しく整った爪としなやかな手を見ることで、気分が上がるからです。逆に、手のシミやシワ、骨ばってゴツゴツした手は自分の加齢をまざまざと見せつけられる気がしますし、美しいネイルも映えません。
自分自身の手に、自らヒアルロン酸を注入した後、10年前のふくふくした手を見て注入していない右手の老化に愕然としました。注入部は肌まで明るく輝き、こんなに気持ちが上向くものかと正直驚きました。それもそのはず、顔は1日2~3回しか見ないのですが、手はパソコン仕事、施術の際など良く目に入ります。

当院では、ジュビダームビスタ ボリューマを使用しますので、注入後のむくみも少なく、安全で凸凹しません。効果も2年以上持続するので、実はコスパも良い施術。手背のシミ治療イボ治療とセットで受けて頂くと、白魚のような手も夢ではないのです。


ヒアルロン酸注入(手の甲)の施術の流れflowドクター診察、カウンセリング施術前に、担当する医師が骨格や肌質、肌年齢などの診察を行います。理想とする状態について細かく伺いながらカウンセリングを行い、注入する部位や量など治療プランを決めていきます。

flow同意書記入タッフより治療内容・施術後の注意・治療費・治療スケジュールなど詳細をご案内させていただき、同意書にサインいただきます。この間に麻酔のテープを貼りますので、痛みに弱い方もご安心下さい。

flowヒアルロン酸注入ロングカニューラ針を使用し、丁寧に注入いたしますので、痛みはもちろん、施術後の内出血などのダウンタイムもかなり軽減されています。仕上がりを、途中でご確認頂きながら治療を進めるので、ご安心ください。

flow終了刺入部に肌色のテープ貼って、施術は終了です。メイクルームで数年前に若返ったご自分の手をご覧ください。スキンケアは針孔を避けて優しく行って頂ければ、直後から可能です。当日は飲酒、激しい運動、長風呂など、血流を上げる行為は避け、早めにご就寝ください。

カウンセリング予約

文字サイズの変更