ピコレーザー(ピコセカンドレーザー・ピコウエイ)のよくある質問

【Q】
レーザーは痛いと聞きますが、ピコレーザー(ピコウェイ)はどうですか?

【A】従来のレーザーの場合、パチパチとゴムで弾かれたような痛みは、照射パワーの上昇に比例して痛みも大きくなります。ピコレーザーはピコ秒という極めて短い時間での照射なので、光熱作用がほとんどなく衝撃波によりメラニンを除去するため、照射エネルギーをあげても痛みが少ないため、1回の治療でより大きな効果を出すことができます。痛みに弱い方、10ショット以上の照射の方には外用麻酔を併用しますので、よりストレスなく治療できます。ピコトーニング照射は奥でチクチクする軽い痛みがあります。ピコフラクショナル照射前には全顔に麻酔を塗りますが、奥でチクチクした感覚があります。

【Q】
ピコレーザーの照射後、患部にテープを貼ったりしますか?何か注意点はありますか?

【A】ピコレーザー(ピコウェイ)は腫れや赤みがほとんど出ない治療なので、施術当日から洗顔・洗髪・入浴も可能です。ピコスポット照射した患部には1~2日の間炎症を止める軟膏を塗っていただき、その上からメイクも出来ます。ただし、洗顔やメイクの際にスポット照射部への強い摩擦は1~2週間は避けてください。ピコトーニング照射はノーダウンタイム施術です。ピコフラクショナル照射後はメイクはせず、お帰りください。翌日以降はフルメイク可能です。そしてピコレーザーは3つの照射方法いずれの場合も、照射後の皮膚は乾燥しやすく紫外線に弱くなっているので、保湿と紫外線対策を入念に行うようお願いしています。

【Q】
妊娠中なのですが、施術を受けることは可能ですか?

【A】ご妊娠中の方でもピコレーザーをお受けいただくことは可能です。但し、痛みに敏感な方はお腹が張ることがございますので体調の良い時に施術をお受けください。妊娠出産に関する知識が豊富な医師が担当いたしますのでご安心下さい。

【Q】
ピコレーザー(ピコウェイ)には自宅でどのような併用療法が必要ですか?

【A】以下の併用療法を行うことで相乗効果が得られます。
シミ治療...外用剤(ハイドロキノンクリームやルミキシルクリーム・レチノイン酸クリーム・レチノールオイル)と内服薬(ビタミンC・E、トラネキサム酸、ハイチオール)の併用療法をおすすめしています。特にピコスポット照射の場合、併用療法を守らないと、炎症後色素沈着が目立つ可能性があります。なお、肝斑に対するピコトーニング照射もホームケアが欠かせません。

【Q】
ピコレーザー(ピコウェイ)が従来のQスイッチよりも優れている点はどこですか?

【A】従来のQスイッチレーザー治療では、1回では全ての色素を取り切れず、多くの治療回数が必要となっていました。ピコウェイの最先端技術は、Qスイッチのパルス幅「ナノ秒(10億分の1秒)」の1000分の1の時間である「1秒のわずか1兆分の1」という超短パルス幅です。強力な衝撃波を生み出すことで光音響効果を与え、その結果極めて安全かつ効果的に色素を体内に吸収しやすく細かく破砕します。その後、細かく粉砕された色素は、マイクロファージと呼ばれるお掃除役の細胞に貪食され、体の代謝によってリンパ管を通して体外へと排出されます。細かく破砕された色素粒子のほうがよりお掃除の効率が良く、早く無くなるため、従来機では取り切れなかった色素まで消すことができ、より短い期間で治療が完了します。

【Q】
ピコレーザー(ピコウェイ)が他のピコレーザーよりも優れている点はどこですか?

【A】ピコウェイは、現在市場に流通するどの美容医療レーザーよりも高いピークパワーと、超短パルス幅(375ピコ秒)を有しています。つまり、瞬間的に高いピークパワーを持つことで、小さなメラニン顆粒でも、確実にターゲットだけを狙い撃ちできる破壊力を持っているのでより少ない治療回数で効果の高い治療をすることができます。皮膚に余計なダメージを与えないので、日本人で問題となる、照射後半年続く色素沈着が圧倒的に生じにくくなり、出たとしても軽く短期間で消失します。世界最高峰の機器を導入しましたので是非ご体験ください。

カウンセリング予約

文字サイズの変更