フラクショナルCO₂レーザーと他の施術比較

スカーレットRFとの比較
スカーレットRFは、針刺激による創傷治癒効果と高周波(RF)の熱効果を融合させた最新式リフトアップ治療器です。真皮内で25本のマイクロニードル電極から直接RFを照射します。施術の深さは0.5〜3.5ミリ、表皮はもちろん、真皮から皮下組織上層までの広範囲深部照射が可能です。既存の経皮的RF照射と比較して、コラーゲン密度の増加が格段にアップしており、毛穴・シワ・ニキビ跡・たるみ治療に最適です。ミクロの針孔は直ぐに閉じ、赤みもほとんど出ず、フラクショナルCO₂レーザーのようにざらつきも出ません。フラクショナルCO₂レーザーの方がモザイク状にお肌を入れ替える効果が高く、ダメージの強いお悩みにも十分対応できます。

フラクセルとの比較
フラクセルはフラクショナルレーザーの先駆け機種で、エルビウム・グラスレーザーという種類のレーザーです。穴を開けないタイプのフラクショナルレーザーです。点状に照射されたレーザーの熱で、柱状にコラーゲン線維が熱変性し、太く変わります。一方CO₂(炭酸ガス)レーザーは、波長10,600nmの水を標的としたレーザーです。細胞内の水分と反応し熱エネルギーを発生させ、治療部位を瞬間的に切開・蒸散・凝固させます。フラクショナルCO2レーザーはこの炭酸ガスレーザーをフラクショナルテクノロジーで、小さな点状に照射することで、小さなミクロの穴が開き、より確実なお肌の入れ替えとタイトニングを可能にしました。

フラクショナルCO₂レーザーのポイント特徴

照射治療light.png 治療効果★★★★★ 痛み★★☆☆☆ ダウンタイム★★★☆☆

効果
■肌質改善(ハリ・キメ) ■ちりめんジワの改善 ■美白効果 ■目まわりのたるみの改善 ■ニキビ跡の改善 ■毛穴の引き締め ■傷痕の改善 ■妊娠線の改善 ■毛穴のブツブツ(毛孔性苔癬)の改善 ■糖化肌の改善 ■アトピー性皮膚炎後のダーティーネック・ダーティースキンの改善※痛みやダウンタイム、効果には個人差がありますので、あらかじめご了承ください。

フラクショナルCO₂レーザーのワンポイントアドバイスワンポイントアドバイスフラクショナルCO₂レーザーはお肌をモザイク状にリニューアルさせる夢のようなレーザー機器です。シミ、しわ、毛穴の開き、ニキビ跡、くすみ・・・「老化肌を赤ちゃん肌に入れ替えたい」と考えたことはありませんか?レーザーで開ける穴は小さく24時間で再上皮化するのでダウンタイムは最小限。1ケ月毎6回繰り返すと新しい肌に再構築されます。たるんだまぶたをすっきりさせる「フラクショナルアイリフト」も大人気。マドンナリフトと比べて腫れが少ないので続けやすいのも魅力です。私も小鼻の毛穴を引き締めるため年に数回照射しています。

フラクショナルCO₂レーザーの施術の流れflowドクター診察、カウンセリング施術前に、担当する医師がお肌や頭皮の状態を診て、注入する範囲や回数、併用療法などの治療プランを決めていきます。注意点やアフターケアについても詳しく説明いたしますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。

flow同意書記入スタッフより治療内容・施術後の注意・治療費・治療スケジュールなど詳細をご案内させていただき、同意書にサインを頂戴します。この間に麻酔クリームを塗りますので、痛みに弱い方もご安心下さい。

flowフラクショナルCO₂レーザーの照射外用麻酔が十分に効いてから、フラクショナルCO2レーザーの照射を行います。ところにより熱い感覚がありますがいずれも施術の間だけです。ニキビ跡や毛穴の気になる部位には重ねて照射します。フラクショナルアイリフトの場合は、点眼麻酔後、手術用コンタクトシェルを挿入してから照射します。

flow終了治療直後に出来たレーザーの小さな穴から成長因子のカクテル製剤「ダーマヒール」、美白に有効なトラネキサム酸などを10分ほど導入しながら冷却して施術は終了です。メイクルームにご案内し、担当者から注意点などのご説明を致します。フラクショナルアイリフトを受けられる方は、お帰りの際に治療後の赤みを覆うためのサングラスをご用意ください。

カウンセリング予約

文字サイズの変更