プロペシア(フィナステリド)の効果と特徴

プロペシア(フィナステリド)とは?

propecia. 2.jpg プロペシア(フィナステリド)は男性ホルモンの働きを抑える効果があり、前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、育毛効果が認められたために育毛剤(発毛剤)として注目されるようになりました。プロペシアは1997年に米国FDAによって認可されて以来、世界60カ国以上で承認・販売され、男性型脱毛症(AGA)に高い効果をあげてきました。

日本では2005年12月に厚生労働省の認可を受け、MSD株式会社(旧万有製薬)から販売開始となり、病院での処方が許可されました。

男性型脱毛症(AGA)の発生には男性ホルモンが強く関与していることが分かっています。プロペシア(フィナステリド)は、毛根で過剰に活性化された男性ホルモンの働きを正常レベルまで下げ、抜け毛を予防します。


プロペシア(フィナステリド)の作用機序

プロペシア/フィナステリドは脱毛因子DHTから毛根を守ります。男性ホルモンのテストステロンは5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変わります。DHTは非常に強い男性ホルモン作用を持ち、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、成長期にある毛髪に対して退行期及び休止期に移行する信号が出されます。

このため、ヘアサイクルの成長期が短くなり、髪が長く太く成長する前に抜け落ちるので、細く短い髪が多くなり薄毛・ハゲ症状が進行してしまいます。プロペシア(フィナステリド)は5αリダクターゼの働きを阻害する働きがありDHTを減らします。成長期が長くなることで、強く太い毛が育ちやすくなり、薄毛が改善するのです。

プロペシア(フィナステリド)の有効性

プロペシア/フィナステリドの有効率は98%!

プロペシア(フィナステリド)に最も反応するのは、脱毛が始まったばかりか、あるいは脱毛が進んでいる過程の方です。プロペシア(フィナステリド)は男性型脱毛の75%以上に発毛効果があり、抜け毛の減少に関しては98%で効果があるとの報告があります。男性型脱毛症AGAは何もしなければ確実に症状が進行するため、抜け毛が増えてきたら早めにプロペシア(フィナステリド)の内服を開始し、進行を防ぐことが肝心です。このデータは20歳以上50歳以下で脱毛症以外に心身ともに健康な中軽度までの男性型脱毛症(AGA)患者を対象としているので、50代以上では効果の期待値が下がる可能性があります。薄毛の進行が顕著な場合は、より積極的な発毛治療の併用をお勧めします。


プロペシア(フィナステリド)のリスクとダウンタイム


<痛み>ほとんど無し <腫れ>無し  <内出血>無し

少数ですが副作用にED・勃起不全(1%未満)や性欲減退(1~5%未満)等があります。 EDの症状がでたら、プロペシアを止めるか、止めたくない場合はバイアグラ等のED治療薬で治療します。
フィナステリドは最近までWADA(世界アンチ・ドーピング機関)により筋肉増強剤の使用を隠蔽する作用があることからドーピング剤のリストに入っていました。しかし検査技術の向上によりフィナステリドを使用していても筋肉増強剤などの検出が可能になったため2009年1月1日からは禁止薬剤のリストから外れています。

プロペシア(フィナステリド)の持続と頻度(内服方法)

1日1錠を毎日服用します。3カ月位で抜け毛の減少等の効果が現れてくる場合もありますが、確認までには6カ月の連日服用が必要です。効いている場合は6ヶ月位で脱毛の進行が止まって、増え始めます。特に右肩上がりの増毛効果が出るのは服用後半年から1年の間です。

MSDの発売後調査ではプロペシア6ヶ月以上の服用で90%の方が効果を実感できて満足しています。プロペシアの臨床試験は健康な20歳以上~50歳以下の男性で行われました。毛髪の再生力が低下してくる50代以降は効果が落ちる可能性が高いので、頭皮メソセラピー療法を中心とした攻めの発毛治療の併用をお勧めいたします。

プロペシア(フィナステリド)の禁忌事項

・プロペシアは成人男性専用の薬剤で女性や未成年者は服用できません。
•服用中の方は献血が禁止されています。(服用中止後1カ月間の休薬期間をおけば献血できます)
•錠剤を割らないようにしてください。割れたプロペシアが妊娠中の女性の体内に吸収されると胎児に影響するおそれがあります。


カウンセリング予約

文字サイズの変更