パントガールと他の施術比較

パントスチンとの比較

パントスチンはFAGA(女性の男性型脱毛症)の原因を抑制し、薄毛を改善する外用薬です。有効成分アルファトラジオールは毛包内で酵素5α-リダクターゼを阻害し、テストステロン(男性ホルモン)から毛根を傷める脱毛因子ジヒドロテストステロン(DHT)への変換を阻止します。加齢などの影響で女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンの作用が相対的に高まり、前頭部を中心とした遺伝性脱毛(FAGA)が始まり50歳以上のほぼ半数に認められます。パントスチンの外用でDHTによる毛根の攻撃から守りつつ、育毛効果のあるパントガールを内服するのが、女性の薄毛治療のホームケアとしてはベストと言えます。

頭皮メソセラピー(ダーマローラー、スカーレットRF、育毛水光プラス)との比較

パントガールはストレス無く内服で育毛に有効な成分を摂取できる理想的なホームケア製品です。薄毛の初期段階や若年者には十分な効果がありますが、進行してしまった薄毛には、より積極的な攻める治療の併用が推奨されます。頭皮メソセラピーは針の刺激と発毛有効成分(成長因子、ミノキシジルなど)を毛根の毛母細胞にダイレクトに届けるので、確実な効果を得られる治療法です。薄毛の気になる頭皮にダーマローラーまたはスカーレットRFで細かい穴をあけ、毛髪の成長を促す薬剤を導入します。育毛水光プラスではダーマシャイン®®を使用することでこれらの薬剤を直接注入でき、効果がより高まります。

パントガールのポイント特徴

内服治療drag_img.png 治療効果★★★★☆ 痛み☆☆☆☆☆ ダウンタイム☆☆☆☆☆

効果
■女性の薄毛の改善 ■女性の育毛・発毛効果 ■髪のハリと弾力の改善 ■白髪の予防 ■もろくなった爪の改善※痛みやダウンタイム、効果には個人差がありますので、あらかじめご了承ください。

パントガールのワンポイントアドバイスワンポイントアドバイス
薄毛に悩む女性に、待望の『飲む育毛剤』です。いままで薄毛治療におけるターゲットの主眼は男性に置かれ、女性には気休め程度の外用薬しかありませんでした。しかし、出産・更年期などにおけるホルモンバランスの変化や、カラーリングやパーマによるヘアダメージにより、実に多くの女性が薄毛・抜け毛に悩んでいるのです。ハリ・コシがなくなったのは年齢のせいと諦めていませんか?パントガールは、1日3カプセルを内服するだけのお手軽さで、育毛に有効な栄養成分を効率的に毛髪に供給することが可能です。「育毛水光プラス」と併用することで、患者様にも非常にご満足頂いております。是非お試しください。

カウンセリング予約

文字サイズの変更