アクアフェイシャルの効果と特徴

AE_Angle.jpg➢ 古い角質をトリプル作用で優しく取り除く

➢ 表皮のターンオーバーの促進と再生を促す

➢ 薬剤の浸透、照射の効果を高める

➢ 瑞々しい健康なお肌に生まれ変わり、透明感とバリア力が改善する

➢ 毛穴つまりの解消

➢ ニキビ・ニキビ跡の改善

使用薬剤

2種の専用ピーリング剤を使用します

➢ 【A液】乳酸を主体としたAHA(水溶性)+抗酸化・抗炎症作用のある10種類の天然植物成分配合のソリューション
→ 肌表面の古くなった角質を取り除きます。

➢ 【B液】サリチル酸を主体としたBHA(脂溶性)+レチノール、ビタミンなど抗酸化・抗炎症作用のある12種類の天然植物成分配合ソリューション
→ 肌表面だけでなく毛穴の中まで浸透し、皮脂を優しく軟化させ取り除きます。毛穴の汚れ、角栓の除去やニキビに効果的です。

【A液】乳酸 ベタイン アラントイン ツボクサエキス チャ葉エキス イタドリ根エキス オウゴン根エキス アルゲエキス ローズマリー葉エキス カンゾウ根エキス メリッサ葉エキス カミツレ花エキス カニナバラ果実エキス

【B液】アラントイン グリチルリチン酸2K リンゴ酸 ビフィズス菌培養溶解剤 エーデルワイスエキス クリサンテルムインジクムエキス マドンナリリーエキス アカツメクサ花エキス ツボクサエキス チャ葉エキス イタドリ根エキス オウゴン根エキス ローズマリー葉エキス カンゾウ根エキス カミツレ花エキス スイカズラ花エキス アセチルヘキサペプチド30 クエン酸 酢酸トコフェロール パルミチン酸レチノール トコフェロール サリチル酸 グリコール酸 ナイアシンアミド など 

アクアフェイシャルのリスクとダウンタイム

<痛み>無し<腫れ> 無し<内出血> 無し

・施術後は通常刺激感などはありません。
・痛みと腫れのない治療です。施術直後から基礎化粧やメイクをしてお帰り頂けます。
・施術中、軽い痒みやピリピリする刺激感を感じることがあります
・敏感肌の方や鼻の毛穴をしっかり吸引した場合は、施術後に軽い赤みやほてり感が、数時間から場合によっては1日続く場合がありますが、低刺激性の化粧水と保湿クリームで鎮静させることで消退します。
・2~3日間は、古くなった角質が脱落したり、ニキビの膿疱部分が破れたりして悪化したように見えますが、これは貯瘤していたものが排出される過程ですので心配はありません。 
・2~3日間は乾燥しやすく、刺激に敏感になります。新しい化粧品のご使用は数日お控えいただき、使い慣れた保湿クリームで十分に保湿してください。

アクアフェイシャルの持続と頻度

ae_ago01.jpg毛穴の詰まりが高度な場合は、2週間ごとに5~6回の施術が必要です。肌質改善目的に行う場合は、1か月に1度、数回行うとキメと透明感の高まりを感じていただくことができます。その後は、定期的なメンテナンスをおすすめします。
アクアフェイシャル施術後は様々な治療の効果が高まります。特にイオン導入やエレクトロポレーション前に受けて頂くと、薬剤の浸透レベルが格段にアップします。フォトフェイシャルM22やジェントルレーズプロ照射前に行うと、照射の効果も高まります。カウンセリング時に担当医師が、ご自身のお悩みに最適な併用治療をご案内します。


アクアフェイシャル施術の禁忌事項

 
                  
下記に該当される方は、この治療を受けられないことがあるのでご相談ください。
・激しい日焼け直後の方
・治療希望部位にヘルペスなど未治療の感染症及び炎症がある方
・治療希望部位にアトピー性皮膚炎やかぶれなど未治療の皮膚炎がある方
※ 炎症のある赤ニキビ、膿をもったニキビがあっても治療は受けられます。
※ 安全のため、他院での美容医療の治療歴を担当者にお知らせください。

カウンセリング予約

文字サイズの変更