概要

prxt.pngマッサージピールは、イタリアでの10年の臨床研究を経て、従来、強力なピーリング作用のある「トリクロロ酢酸(TCA)」を、「過酸化水素(H2O2)」と配合させる特許処方により、皮膚表面を守りながら真皮深層までアプローチする全く新しいピーリング治療です。浸透性の高い薬剤(PRX-T33®)をマッサージしながら塗るだけで、表皮のターンオーバーを高め、真皮に作用して、コラーゲンの再生を強力に促進します。肌にハリと弾力をもたらし、シワやたるみといったエイジング症状を改善させるほか、浅いにきび跡や毛穴の開きにも効果的です。また、強力な美白作用を持つコウジ酸も配合されており、くすみ改善や美白効果も得られます。従来のピーリングでは成し得ない、肌の奥深くからの改善をもたらす革新的な治療法として注目されています。

マッサージピールの適応

➢ 顔、首、デコルテ、バスト、手などのハリの低下を感じる方
➢ 小じわが気になる方
➢ 毛穴、キメの粗さなど肌の質感を改善したい方
➢ たるみ毛穴が気になる方
➢ くすみ・肝斑・色素沈着を改善したい方
➢ ニキビ跡にお悩みの方
➢ 注射やレーザーには抵抗感がある方
➢ 美容治療初心者の方
➢ 照射系のたるみやシミ治療の効果を高める併用治療もご希望の方

マッサージピール(PRX-T33)の効果と特徴

PRX-T33の成分と作用について

PRX-T33=33%トリクロロ酢酸(TCA)+低濃度過酸化水素(H₂O₂)+5%コウジ酸+安定剤

mpprx_t2.jpg

トリクロロ酢酸(TCA)33%

表皮での作用→角化細胞増殖因子の活性化、表皮のターンオーバー促進
真皮での作用→バイオリバイタライジング作用(線維芽細胞・成長因子の増殖などによるコラーゲンの再生)

トリクロロ酢酸(TCA)には、強いピーリング作用に加え、バイオリバイタライジング作用(成長因子の増殖などによるコラーゲンの再生)があり、傷跡やニキビ跡の凹凸を改善させる治療として海外では古くから使用されてきました。しかし、皮膚再生効果に優れている一方で、皮膚表面が白くなるフロスティングといった炎症のリスクやダウンタイム(赤み・かさぶた・長期的な黒ずみ)など表皮にもたらすダメージの大きさから、ニキビ跡にピンポイントで使う程度にとどめたり、ごく薄い濃度で使ったりするのが一般的でした。マッサージピール(PRX-T33)は、そのTCAを33%と高濃度で含有していますが、低濃度過酸化水素(H₂O₂)と混合することで、炎症を最小限に抑え、なおかつ従来のコラーゲンを生成する再生作用はそのまま保つことを可能にした画期的な処方となっています。

低濃度過酸化水素(H₂O₂)

表皮での作用→トリクロロ酢酸(TCA)の強すぎるピーリング作用を抑制して表皮を保護、角質層のタンパク質の変性を防いで水分を放出
真皮での作用→TCAのバイオリバイタライジング作用の強化・サポート、血行促進

過酸化水素を適切な低濃度にすることが、バイオリバイタライジング作用を促進することが実験により分かっています。PRX-T33では、低濃度過酸化水素を用いることで、高濃度TCAの表皮での強いピーリング作用を抑制し、ダウンタイム無く、TCA によるコラーゲン再生作用を促進させます。

コウジ酸 5%

・メラニンの生成抑制
・活性酸素の抑制
・キレート作用による、炎症後色素沈着抑制 
・AGEs抑制による抗糖化作用で黄ぐすみ予防

コウジ酸は、メラニンをつくる酵素の働きを抑えるだけでなく、メラニンの生成が始まる前の段階で「情報伝達物質の産生」「活性酸素の発生」「炎症」の3つのダメージを効果的に抑制し、メラニン生成を未然に防ぐことができます。また、年齢とともに糖化により生じる黄ぐすみのもと「AGEs(エージーイーズ)の産生」を抑える、抗糖化作用もあります。

TCAとH2O2の皮膚でのメカニズムについて(皮膚での相互作用について)

prxt_001.jpg

PRX-T33は、TCAが33%と真皮深層まで強力にアプローチできる高濃度でありながら、過酸化水素と極めて厳密なpH値で混合させることで、2つの物質が細胞レベルで相互作用し、TCAの刺激性を減らし、表皮を保護しながら、お肌にハリと弾力をもたらします。

PRX-T33を肌に塗布後、トリクロロ酢酸(TCA)と過酸化水素(H₂O₂)は、それぞれ異なるスピードで皮膚のバリアを通過し、異なる深さまで到達します。H₂O₂は、バリア機能に影響を及ぼすTCAと併用することにより、表層のバリアを素早く通過し、真皮乳頭層に至ります。一方、TCAはよりゆっくりと浸透していくので、既に先回りしたH₂O₂によって、TCA の強い炎症反応(ピーリング作用)が調整されます。その過程で、TCAとH₂O₂の化学反応により肌の内部で水分が発生します。治療直後から感じる即時的なハリ感はこの水分によるものだと考えられます。その後、TCAはゆっくりとより深層まで浸透して、真皮の線維芽細胞を刺激し、コラーゲン線維の形成を促します。このようにTCAとH₂O₂は相互作用により真皮層のコラーゲン生成を安全に行っています。

マッサージピール(PRX-T33)の肌への効果

ハリ改善効果

  真皮層まで浸透し、線維芽細胞増殖因子を活性化させます。この作用により、治療後数か月に渡り、真皮で新しいコラーゲンが生成されます。加齢や紫外線によって老化したお肌にハリと弾力をもたらします。

・小ジワや軽度のたるみの改善(肌のハリ・弾力を高める、引き締める)
・肌質の改善(キメを整えて、ツヤを与える)
・陥凹瘢痕の改善(肌を再生・ダメージの回復を促して、目立たなくさせる)

美白効果

マッサージピール(PRX-T33)には、強力な美白作用を持つコウジ酸が配合されています。コウジ酸は、メラニン生成を抑制するだけではなく、紫外線を浴びると発生する活性酸素の抑制作用、また、年齢とともに糖化により生じる黄ぐすみのもと「AGEs(エージーイーズ)」の産生を抑える、抗糖化作用もあります。

・肝斑の改善
・色素沈着、黒ずみの改善
・シミの予防
・黄ぐすみの改善

適応部位

施術適応部位が広く、顔以外にも首、デコルテ、バスト、手の甲の他、腹部、ストレッチマーク(妊娠線・肉割れ)など全身どの部位でも対応可能です。お気軽にご相談ください。


信頼と実績のある治療


マッサージピールに使うイタリアWiQo med社製のPRX-T33は、EU (欧州連合) 加盟国の安全基準条件を満たすことを証明するCEマークを取得しており、クラスIの医療機器として販売されています。また、ヨーロッパにおいても、90,000回を超える施術実績もあり、安全性と実績を兼ね備えた治療です。


マッサージピール(PRX-T33)の痛み


治療始めは何も感じないのですが、薬剤が浸透していくにつれて、多少ピリピリ、ムズムズする感覚がありますが、我慢できる程度です。また、人によって軽い灼熱感を感じます。ただし、薬剤を拭き取り冷やせば、すぐにおさまりますのでご安心ください。強い刺激感や灼熱感がある場合は施術者にお伝えください。その時点で反応を止め、クーリングします。


マッサージピール(PRX-T33)のリスクとダウンタイム

<痛み>ピリピリする感覚、熱感程度 <腫れ> 無し <内出血> 無し 

基本的に直後のダウンタイムがほとんどない治療です。入浴・洗顔・メイクなど当日から可能ですが、施術後の皮膚は刺激に敏感ですので、摩擦など強い刺激は与えないように注意してください。また、お肌の状態(乾燥や敏感肌など)によって反応の出方は異なりますが、以下のような症状を伴うことがあります。

赤み、膨疹、皮膚の乾燥:赤みやほてりが多少出る場合がありますが、大抵は数分~数時間後には引いてしまいます。また、かゆみに関しては、起こることは非常に稀ですが、コウジ酸に対するアレルギーが原因になる可能性はあります。治療中に(強い灼熱感やかゆみ)を感じた場合は、施術者にお伝えください。保湿を行うことで回復します。

治療数日後の軽い皮剥け:初回の治療後にみられるケースが多い反応ですが、翌日~数日後に薄い皮剥け(特に口周り)が起きることがあります。PRX-T33は、基本的にはピーリング作用が抑制されていますが、弱いピーリング作用とターンオーバー促進作用により起こるものと考えられます。数日で収まり、ツルっとした肌の生まれ変わりをご実感いただけます。皮ムケが起きている間は、メイクが可能ですが、皮は自然に剥がれ落ちるので、無理に剥がしたりせず、しっかり保護してください。治療を継続すると生じなくなる場合がほとんどです。

痂皮(かさぶた):薄い痂皮が出現したり、点状の痂皮が散発する場合があります。色素沈着のリスクになるので痂皮を無理に剥かないようにご注意ください。ほとんどの症状は適切な対処(1~2日間のステロイド外用や保湿)で問題なく治りますのでご安心ください。


マッサージピール(PRX-T33)後の注意事項

・日常的に日焼け止めを使用し、紫外線から肌を守って下さい。
・保湿をしっかりと行ってください。
・施術後の皮膚は刺激に敏感となっていますので、摩擦などの刺激はしないようにしてください。
・レチノイン酸(トレチノイン)の使用は、マッサージピールを行う1週間前より、レチノールは3日前から一旦中止してください。なお、施術後の使用は3日後から再開してください。また、お肌の状態によっては、処置後軽い皮剥けが起きることがありますが、保湿を充分に行うことで改善します。


マッサージピール(PRX-T33)の治療頻度

マッサージピールは即効性のある治療なので、1回でも治療直後からハリ感や美白効果を実感できます。ただし治療直後のハリ感に関しては、トリクロロ酢酸(TCA)と過酸化水素(H₂O₂)が浸透する過程で、化学反応により即時的に肌内部で水分が発生するために感じるものだと考えられます。本来の作用であるコラーゲンの増生による肌の奥からのハリや弾力感は、繰り返し治療を重ねていくごとに徐々に出てくるものです。

治療後、真皮層のコラーゲン新生作用が1ヶ月間かけて作用するので、その効果を後押しするように、1~4週間間隔で4~6回の施術をお奨めします。肌状態や年齢によっても異なりますが、その後も定期的に継続することでさらに効果の持続が延長します。


マッサージピール(PRX-T33)の禁忌事項

下記に該当される方は、この治療を受けられない可能性がありますのでご相談ください。

・皮膚に未治療の炎症や傷のある方
・極度の敏感肌の方
・未治療の脂漏性皮膚炎の方
・トリクロロ酢酸(TCA)やコウジ酸のアレルギーがある方
・ラテックスアレルギーのある方
・ヘルペス治療中の方
・妊娠及び授乳中の方
・ニキビ治療で、ディフェリンゲル®や過酸化ベンゾイル(ベピオゲル®・デュアック配合ゲル®)の外用、イソトレチノイン(アキュテイン®、ロアキュテイン®・ロアキュタン®)などを内服中の方

マッサージピール(PRX-T33)と他の施術比較

通常のケミカルピーリングとの比較

通常のケミカルピーリングは、表皮(角層)に作用し古い角質をピーリングによって剥離させることで、ターンオーバーの滞ったお肌を活性化させて美肌に導く治療です。ニキビを減らし、毛穴の目立つ脂性肌の皮脂をコントロールし、ザラつきやくすみを改善します。それに対して、マッサージピール(PRX-T33)は、皮膚を剥離せずに、皮膚のより深層にある真皮細胞に働きかけ、「コラーゲンの生成を促進」してハリや弾力の回復を促す今までのピーリングとは一線を画した新しい治療法です。美白成分であるコウジ酸が配合されているので、くすみや肝斑へも効果的です。

マッサージピール(PRX-T33)と他の施術比較のポイント特徴

外用治療kuri-mu.png 治療効果★★☆☆☆ 痛み★☆☆☆☆ ダウンタイム★★★☆☆

効果
■小ジワや軽度のたるみの改善 ■肌質の改善(はり・きめ・手触り) ■陥凹瘢痕の改善 ■美白効果(肝斑・くすみ) 
■色素沈着、黒ずみの改善■シミの予防
※痛みやダウンタイム、効果には個人差がありますので、あらかじめご了承ください。

マッサージピール(PRX-T33)のワンポイントアドバイスワンポイントアドバイス14年前にTCA(トリクロロ酢酸)ピーリングを試した時、あまりのダウタイムのハードさに「TCA=怖い」というイメージが植え付けられていました。アトピックドライスキンの超敏感肌の自分自身に4回施術し「これは画期的!」と感動したので、早速モニターさんに施術してみました。一切の照射併用治療なく、シワシワの皮膚がふっくらと若返り、美白効果も高いことに驚きました。長期的な糖化抑制作用も魅力的です。短時間でダウンタイム無く、肌質を改善する新しい治療を是非お試しください。併用治療は、「ウルセラ」・「ジェネシス」・「タイタン」・「スマスアップ」・「フォトフェイシャル」などの照射系治療や、皮膚にたっぷりと美容成分を浸透させる「エレクトロポレーション」・「イオン導入」がおすすめです。

マッサージピール(PRX-T33)の施術の流れflowドクター診察、カウンセリング施術前に、担当する医師が気になる症状や部位についてお伺いします。肌の状態を診て、施術する部位や回数など治療プランを決めていきます。 注意点、治療のアフターケアについても詳しく説明いたしますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。

flow同意書記入スタッフより治療内容・施術後の注意・治療費・治療スケジュールなど詳細をご案内させていただき、同意書にサインを頂戴します。この間に麻酔クリームを外用しますので、痛みに弱い方もご安心下さい。

flowマッサージピール(PRX-T33)肌に薬剤(PRX-T33)を塗布します。薬剤を浸透させるために、マッサージしながらやさしく擦りこんでしっかりと薬剤を浸透させます。最初は何の刺激もありませんが、薬剤が皮膚の深い部分に浸透するに従い、多少のピリピリ感や熱感を感じることがありますが、拭き取って冷やすと治まるので特に問題ありません。

flowアフターケア拭き取りを行い、冷却後、パックし、鎮静させます。その後、マッサージピール(PRX-T33)専用の保湿クリーム(処置費用に含まれます)をたっぷりと塗ります。

flow終了治療後すぐに、肌のハリ感と滑らかさ、透明感を実感頂けます。ダウンタイムがないので、すぐにメイクをしてお帰りいただけます


マッサージピール(PRX-T33)の効果を高めるホームケアアイテム

マッサージピール(PRX-T33)の効果を高めるために、アフターケアとしてピーリング美容液「WiQo SMOOTHING FACE FLUID」と保湿クリーム「WiQo NOURISHING AND MOISTURIZING FACE CREAMS」の併用が推奨されています。もともと治療補助のために開発されたアイテムですが、コラーゲンの生成促進(ピーリング美容液)や、高い保湿効果(保湿栄養クリーム)があるので、治療をされていない方にもご使用いただけます。

WiQo 顔用美容液(8%グリコール酸入 PH3~3.5)30ml

 

WiQo2.png海外において大規模な臨床実験を実施した医療機関専売の美容液です。8%のグリコール酸を肌に良いバランスで配合しています。pH値が約3と低いにも関わらず、どんな肌のタイプにおいても、灼熱感などを感じることなく使用することができます。低pH値のヒドロキシ酸を含有する製品は、皮膚の再生促進効果があることが以前から知れています。細胞内のゴルジ体のコラーゲン生成に関わる酵素を活性化させ、コラーゲン生成を促します。皮膚に潤いを与え、マッサージピール後の肌を酸性に保つことで、皮膚の再生プロセスが促進され施術効果を高め、長期持続させることが可能になります。

※ママッサージピール(PRX-T33)の施術の翌日から1日1回ご使用ください。日常の美容ピーリング剤としてもお使いいただけます。



WiQo 顔用保湿ナリシングクリーム

 

WiQo.pngマッサージピール後の皮脂膜を回復させることで、天然の皮膚バリアを修復し、トラブルの元となる皮膚からの水分の蒸散を防ぎます。また、乾燥が気になる方に、とてもお勧めの保湿栄養クリームです。 シアバターを配合し肌を鎮静しながら保護、またエキナセアの抗炎症作用とヒアルロン酸分解を抑制する作用により高い水分保持効果があります。顔にもボディにも使用が可能です。


おすすめの併用治療

マッサージピール(PRX-T33)は、下記を除くほぼ全ての治療と同日併用が可能です。

・ケミカルピーリング
・アクアフェイシャル
・レチノールイオン導入

※マッサージピール(PRX-T33)施術後は2週間あければ施術可能です。

マッサージピール(PRX-T33)と併用して、各種レーザーやRF治療、ウルセラ照射と併用すると、バイオリバイタライジング作用(線維芽細胞、成長因子の増殖などによるコラーゲン再生)がより高まり、相乗効果が望めます。

マッサージピール(PRX-T33)価格表

部位 トライアル 1回
顔 / 顎下~首1周 / デコルテ / 両手の甲&指 / 各1部位 \15,000 \16,000
顎下~首前面 / うなじ~首後面 / 両脇 各1部位 \12,000
顎下~首前面 ~デコルテ \25,000
顔~顎下~首前面 \25,000
顔~顎下~首前面~デコルテ \38,000
顔+両手の甲&指 \29,000
バスト / ヒップ / 背中(上 or 下) 腹部 / 上腕外側 / 前腕外側 \29,000
フリー部位(20cm角) \12,000
お支払いについて

お支払い方法は、現金、デビットカード、クレジットカード一括払い(VISA・MASTER)があります。 クレジットカード2枚に分けてのお支払いや、現金、デビットカードとの併用も可能です。詳しくは、クリニックにお問合せください。

card
銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764

マッサージピール(PRX-T33)の症例写真

40代女性 マッサージピール 6回施術

美容治療初めての患者様。全体的なハリのなさとシワっぽさがお悩み。ダウンタイムが無く、気軽にできるシンプルな治療からスタートしたいとのご要望によりマッサージピールを6回施術。ホームケア(レチノイン酸クリーム・ハイドロキノン)、シワや美白効果のある照射系治療の併用もなく、6回施術後は、肌全体にハリがもたらされ、特に口周りと目の下のシワが浅くなっているのは顕著です。さらにコウジ酸の作用で、くすみが取れて肌の明るさが1トーンアップしてとても満足されていました。

prxt11_1.png
prxt11_2.png
prxt11_3.png


その他症例写真

prxt12_1.png.jpg
prxt13_1.jpg
prxt14_1.jpg
prxt15_1.jpg
prxt16_1.jpg

マッサージピール(PRX-T33)のよくある質問

【Q】
マッサージピールは、治療中に刺激感(痛み)はありますか?

【A】治療始めは何も感じないのですが、薬剤が浸透していくにつれて、多少ピリピリ、ムズムズする感覚がありますが、我慢できる程度です。また、人によって軽い灼熱感を感じます。ただし、薬剤を拭き取り冷やせば、すぐにおさまりますのでご安心ください。

【Q】
マッサージピールは、通常のケミカルピーリングと、どこが違いますか?

【A】通常のケミカルピーリングは、表皮(角層)に作用し古い角質をピーリングによって剥離させることで、ターンオーバーの滞ったお肌を活性化させて美肌に導く治療です。ニキビを減らし、毛穴の目立つ脂性肌の皮脂をコントロールし、ザラつきやくすみを改善します。それに対して、マッサージピール(PRX-T33)は、皮膚を剥離せずに、皮膚のより深層にある真皮細胞に働きかけ、「コラーゲンの生成を促進」してハリや弾力の回復を促す今までのピーリングとは一線を画した新しい治療法です。

【Q】
他のピーリング、ホームピーリングを行っている場合、どれくらい空けたら施術が可能ですか?

【A】2週間ほど空けて頂ければ、ほとんどの場合、問題ありません。マッサージピールは皮膚表面への反応は少ないですが、乾燥している状態や、他のピーリング治療の直後は、敏感になっており、赤みや軽い皮剥けが起きる可能性があります。ピーリング剤の種類や強さ、お肌の状態によっては、期間を空ける必要がない場合もありますので、直接ご相談ください。

【Q】
マッサージピールはどの施術と併用するのがおすすめですか?

【A】各種レーザーやRF治療、ウルセラ照射と併用すると、コラーゲン生成に拍車をかけ、肌のハリ・弾力を一層高めます。また、皮膚にたっぷりと美容成分を浸透させる「エレクトロポレーション」「イオン導入」との相性も抜群で、即時にハリ・キメ・ツヤを高めて、肌そのものを若返らせます。マッサージピールの刺激を鎮静する効果も。

【Q】
マッサージピールの治療後に気をつけることはありますか?

【A】肌が乾燥しやすくなりますので、保湿を心がけてください。

【Q】
マッサージピールはシミやくすみにも効果的ですか?

【A】トリクロロ酢酸の持つ、ターンオーバー促進作用によりメラニンを速やかに排出させ肌色を1トーン明るくさせます。また、高いシミ予防効果のある「コウジ酸」も配合されており、メラニンを生成する酵素チロシナーゼの活性を抑えるだけでなく、メラニンの生成が始まる前の段階から3つの紫外線ダメージ(情報伝達物質・活性酸素・炎症)も抑制します。こうしたメラニンの生成を早い段階から食い止める作用が、シミが濃くなるのを防ぎ、シミが増えるのを事前に予防します。定期的に治療することでシミの出来にくい透明感のある肌に導きます。ただし、マッサージピールだけで既にできてしまっているシミ(老人性色素斑)が取れるほどの効果は期待できません。

【Q】
マッサージピールは肝斑があっても大丈夫ですか?

【A】マッサージピールの有する弱いピーリング作用とコウジ酸の美白作用により、肝斑の改善が期待できます。
ただし、肝斑は、摩擦刺激が悪化原因になることがあるので、診察でお肌の状態をよく確認し、肝斑のある箇所に対しては十分に注意して施術いたしますのでご安心ください。

【Q】
マッサージピールはまぶたも可能ですか?

【A】眉上までは、施術することができます。もともと皮膚バリアが弱い部位なので、湿疹や乾燥がなく、ご希望の方にのみ短時間施術するようにしています。

銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764

カウンセリング予約

文字サイズの変更