概要


ヘリオケアは体の内から確実に紫外線と活性酸素からお肌と眼を守るサプリメントです。塗る日焼け止めだけではお肌や眼を完全に紫外線の害から守ることができません。日焼けの赤みや眼の充血などの症状が出ない程度の紫外線で、遺伝子は傷つき、光老化と発癌のリスクが高まるからです。

ヘリオケアには主成分「ファーレンブロック」の他、抗酸化作用の高いビタミンC、E、D、ルテイン、リコピンも配合され、様々な原因で発生する活性酸素から体を守ります。世界34カ国以上で販売されており、美容と健康に感度の高い人々の新常識となりつつある「飲む日焼け止め」です。塗る日焼け止めと併用すればUVAとUVBを完全ブロックします。

ヘリオケア(飲む日焼け止め )の効果と特徴

ヘリオケアの有効成分

ファーレンブロック:強い抗酸化作用、細胞をDNAレベルから保護

ルテイン:強い抗酸化作用、目の保護作用

リコピン:癌リスクを低減作用、抗酸化作用でシミを抑制し、美白作用

ビタミンD:全身の健康状態を維持、皮膚や髪の若返り効果

ビタミンC・E:高い抗酸化作用で美白を維持


新しい4段階の皮膚保護作用
日焼け防止のみに焦点を合わせた従来品の作用を越えた新しい4段階の皮膚保護作用。

・抗酸化作用 
・免疫防御作用
・DNA保護作用
・皮膚構造維持作用

こんな方にオススメ

・日焼けを防ぎたい ・白い肌を保ちたい ・シワやたるみが気になる ・アウトドアスポーツが好き ・日中1時間以上外出することが多い ・敏感肌で強い日焼け止めが使えない ・リゾート地へ行く予定がある ・シミやイボのレーザー治療中 ・そばかすや肝斑がある

ヘリオケアの持続と頻度(服用方法)

・毎朝 1カプセル服用(服用30分程度で効果が出現するので外出する30分前がベスト)
・効果持続時間は4〜6時間(長時間日光を浴びる場合は4時間毎に追加服用が理想的)
・塗る日焼け止めと併用して服用下さい。
これまで副作用の報告も無く、安全性が高い薬のため、継続的に内服いただけます。


ヘリオケアの禁忌事項

ヘリオケアに含まれる成分は安全安心な天然由来、副作用の報告はありません。子供も使用可能です。(カプセルが大きいため4歳以上から推奨されます。)非常にまれですが、へリオケアに含まれる成分に過敏症のある方は服用いただけません。妊娠中・授乳中は安全性が未確認のためご使用はお控え下さい。詳しくは医師にご相談ください。


ヘリオケア(飲む日焼け止め )と他の施術比較

高濃度ビタミンC点滴(メガビタミン点滴)との比較
ヘリオケアの主成分ファーレンブロックは紫外線で発生する活性酸素を壊し、皮膚や眼を紫外線のダメージから守る画期的なサプリメントです。ビタミンC、D、E、ルテイン、リコピンといった、抗酸化作用の高い成分が理想的に配合されており、紫外線以外でも発生する活性酸素からも体を守り、免疫力を高めてくれます。持ち歩きが出来、紫外線が強くなってから外出先でも気軽に飲むことが出来ます。安全な天然成分のため、子供でも内服できる点も優れています。

一方、高濃度ビタミンC点滴は内服の50倍量を30分程度で静脈に点滴するため、メガビタミン点滴とも呼ばれており、紫外線、激しい運動、精神的ストレス、タバコ、大気汚染、食品添加物、活性酸素、抗がん剤などの薬剤で発生する活性酸素も強力に還元します。既に充分な量を摂っていると思われがちなビタミンCですが、ストレス社会に生きる私達は、精神的・肉体的ダメージによる活性酸素から身体を守るために、毎日、大量のビタミンCを消費しており、美肌効果を得るための摂取量には程遠いのが現状です。毎日のケアは「ヘリオケア」で、月に1~2度の集中治療は高濃度ビタミンC点滴でと上手く組み合わせるのが賢い選択です。


ヘリオケア(飲む日焼け止め )のポイント特徴

内服治療drag_img.png 治療効果★★★☆☆ 痛み☆☆☆☆☆ ダウンタイム☆☆☆☆☆

効果
■紫外線によるシミの予防 ■紫外線によるシワ・たるみの予防 ■紫外線による発癌の予防 ■白髪の予防 ■紫外線による眼障害の予防※痛みやダウンタイム、効果には個人差がありますので、あらかじめご了承ください。

ヘリオケア(飲む日焼け止め )のワンポイントアドバイスワンポイントアドバイス日焼け止めクリームを毎日塗ることが、美肌を守る基本であることは言うまでもありませんが、汗をかいて流れてしまっても、塗り直しが出来ないときもありますよね。しっかり日焼け止めを塗っているつもりでも、むらになっていることも多々あることでしょう。リゾートではラッシュガードの着用がベストですが、木陰やパラソルの下でファッションを楽しみたいのも女心。薄い衣類や窓ガラスも透過する紫外線は、放射能と同じで眼に見えないので、気づかないうちに老化を進行させ、シミ、シワ、たるみの原因になります。日焼け止めを塗れない眼への影響(白内障や翼状片など)も無視できません。肌が赤くならず、眼が充血していないレベルの紫外線で遺伝子に傷がつくことが分かっています。ヘリオケアは、体の中から活性酸素をブロックできる、家族みんなの強い味方。外で過ごす機会の多い、汗っかきの男性やお子様にもおすすめです。

ヘリオケア(飲む日焼け止め )の価格表

ヘリオケア 1箱(30カプセル/30日分) ¥6,000
お支払いについて

お支払い方法は、現金、デビットカード、クレジットカード一括払い(VISA・MASTER)があります。 クレジットカード2枚に分けてのお支払いや、現金、デビットカードとの併用も可能です。詳しくは、クリニックにお問合せください。

card
銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764

ヘリオケア(飲む日焼け止め )のよくある質問

【Q】
ヘリオケアを飲めば、日焼け止めを塗らなくても大丈夫ですか?

【A】
日焼け止めの効果を補うサプリメントです。露光部(日に当たるところ)は日焼け止めを塗りましょう。


【Q】
ヘリオケアは夏の間だけ飲めば良いですか?

【A】
日焼けが分からない(赤くならない)レベルの紫外線でも、光老化は進行します。一年中朝1回お飲みいただき、3月から10月の紫外線量が多い時期はお昼に1回追加で飲むのがベストです。

【Q】
ビタミンCなど飲んでいるのですが、ヘリオケアを一緒に飲んでも大丈夫ですか?

【A】
もちろん一緒に内服いただくことが出来ます。詳しくは医師にご相談下さい。

銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764

カウンセリング予約

文字サイズの変更