概要

sampleパントスチン(pantostin)は女性の遺伝性脱毛症(FAGA:女性の男性型脱毛症)の原因を抑制し、薄毛を改善する外用薬(医薬品)です。

パントスチンの有効成分アルファトラジオールは、酵素5αリダクターゼを阻害し、脱毛因子ジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑制し、FAGAによる抜け毛・薄毛を改善します。この、アルファトラジオールは女性ホルモンを主成分としたDHT抑制作用のある外用薬ですので、女性でも安心して使用できます。

パントスチンの効果と特徴

パントスチンの有効成分「アルファトラジオール」が、毛根に作用し、男女の遺伝性脱毛と加齢による抜け毛の原因を抑制し、薄毛を改善します。

遺伝性脱毛症は、男性の場合は早くから始まり、男性型脱毛症(AGA)として広く知られています。意外と知られていませんが、同様の脱毛症は女性にも見られ、女性の男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれています。加齢により女性ホルモンが減少すると、女性にも微量存在する男性ホルモンの影響を相対的に受けやすくなることが原因です。男性の場合、脱毛は主に額の生え際と後頭部に生じますが、女性では圧倒的に前頭部に生じます。年齢を重ねたり、更年期などでホルモン状態が変化したりすると症状が現れ、50歳以上の女性のほぼ半数にFAGAが認められます。

AGA治療には男性用内服薬(プロペシア錠、ミノキシジルタブレット)が用いられますが、女性への適応はありません。パントスチンは、女性のFAGA、男性のAGA共に高い忍容性があり、遺伝性脱毛症の初期症状が出た段階から使用できる外用剤です。

img_section04_tcm13-6625.jpg


pantstin-1.png
・毛包内で5α-リダクターゼという酵素の働きでテストステロン(男性ホルモン)から脱毛因子ジヒドロテストステロン(DHT)が作られる。

・DHTが毛根内にあるレセプター(受容体)と結びつく。

・毛を作る毛母細胞がDHTに攻撃され、毛の成長が阻害されヘアサイクルの成長期が短くなる。

・髪が長く太く成長する前に抜け落ちるので、細く短い髪が多くなり薄毛が進行する。


パントスチンの作用
pantstin-2.png
・パントスチンの有効成分アルファトラジオールは毛包内で酵素5α-リダクターゼを阻害し、テストステロンから毛根を傷めるDHTへの変換を阻止する。

・DHTが出来ないため、成長期が長くなり、毛の成長が守られる。

・再び太く強い髪が新しく作られ、薄毛が改善する。


パントスチンのリスクとダウンタイム

<痛み>無し <腫れ>無し  <内出血>無し
パントスチンに重篤な副作用はありません。リスクとしては、アルコール成分によって頭皮の炎症や発疹、発赤、かゆみが一時的に現れることがありますが使用頻度を調整すれば改善します。

パントスチンの持続と頻度について

1日1回、患部(脱毛部位)に直接パントスチンを塗布します。脱毛が改善してからは、2日に1回、3日に1回と使用頻度を減らす事が出来ます。パントスチンの効果を実感するまでに必要な期間は、3ヶ月~6ヶ月です。

これは、どの育毛・発毛治療にも共通して言える事ですが、治療の効果は、治療開始後すぐに始まりますが、効果を実感するには時間がかかります。理由は、新たに発毛した毛髪が、「視覚的」「触覚的」に分かるには、最低でも3cm程の成長が必要なためです。毛髪は、1ヶ月に1cm程しか成長しないので、効果の実感には最低でも3ヶ月が必要となります。


パントスチンの痛み
パントスチンの使用は、1日1回頭皮に散布するだけと簡単で、痛みや腫れなどもありません。育毛剤にありがちな、髪が濡れてしまったり、べたついてしまったりといった不快感もありません。

パントスチンの禁忌事項についてパントスチンに含まれる有効成分「アルファトラジオール」やその他の有効成分にアレルギー反応を示す方はご使用をお控えください。また、頭皮に未治療の炎症や感染がある方は、ご使用いただけないことがありますので、ご相談下さい。アルコール成分によって短期間の頭皮の炎症、発疹、発赤などが現れることがありますので、ご使用にあたっては、事前に必ず医師の診察をお受け下さい。

パントスチンと他の施術比較

パントガールとの比較
パントガールは、堅固で弾力性に富む毛髪構築に必要なアミノ酸、たんぱく質、ビタミンB群などを特別に組み合わせた栄養成分を含む内服薬です。女性の薄毛や抜け毛を改善し、発毛を促す内服薬として世界で初めて効果と安全性が認めらました。パントスチンでDHTによる毛根の攻撃から守りつつ、育毛効果のあるパントガールを内服するのが、女性の薄毛治療のホームケアとしてはベストと言えます。

頭皮メソセラピー(ダーマローラー、スカーレットRF、育毛水光プラス)との比較
パントスチンはDHTの攻撃から毛根を守る重要な成分アルファトラジオールを含み、男性用のプロペシア(フィナステリド)に相当します。パントスチンで毛を守りつつ、攻めの治療で発毛を促すことで、毛量を増やす効果が高まります。頭皮メソセラピーは針の刺激と発毛有効成分(成長因子、ミノキシジルなど)を毛根の毛母細胞にダイレクトに届けるので、確実な効果を得られる治療法です。薄毛の気になる頭皮にダーマローラーまたはスカーレットRFで細かい穴をあけ、毛髪の成長を促す薬剤を導入します。育毛水光プラスではダーマシャイン®®を使用することでこれらの薬剤を直接注入でき、効果がより高まります。

パントスチンのポイント特徴

外用治療kuri-mu.png 治療効果★★★☆☆ 痛み☆☆☆☆☆ ダウンタイム☆☆☆☆☆

効果
■女性の薄毛の改善 ■女性の育毛・発毛効果 ■産後脱毛の改善※痛みやダウンタイム、効果には個人差がありますので、あらかじめご了承ください。

パントスチンのワンポイントアドバイスワンポイントアドバイス
脱毛症は遺伝する場合があり、男性における若ハゲは有名ですが、女性においても20代後半からゆっくりと進むことがあります。でも遺伝だから・・・と諦めることはありません。今は遺伝性の脱毛症も治療が出来る時代です。パントスチンは、脱毛の原因となる酵素の働きを抑えることで毛根を守り、脱毛を止める効果があります。内服薬のパントガールとの併用がお勧めです。気になりだしたら早めのケアで、健康で艶やかな髪の毛を保ちましょう。

パントスチンの価格表

パントスチン 100ml ¥10,000
お支払いについて

お支払い方法は、現金、デビットカード、クレジットカード一括払い(VISA・MASTER)があります。 クレジットカード2枚に分けてのお支払いや、現金、デビットカードとの併用も可能です。詳しくは、クリニックにお問合せください。

card
銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764

パントスチンのよくある質問

【Q】
パントスチンの効果はどのくらいで出ますか?その後も塗り続ける必要がありますか?

【A】
治療の効果は、治療開始後すぐに始まりますが、効果を実感するには時間がかかります。理由は、新たに発毛した毛髪が、「視覚的」「触覚的」に分かるには、最低でも3cm程の成長が必要なためです。毛髪は、1ヶ月に1cm程しか成長しないので、効果の実感には最低でも3ヶ月が必要となります。これは、どの育毛・発毛治療にも共通して言えることですのでご了承下さい。パントスチンによって良い結果が得られた後も、効果を持続させ、髪を美しく保つためには、6~12ヵ月以上の長期継続使用をおすすめ致します。


【Q】
効果が出てきて気に入っているのですが、パントスチンはずっと塗り続けても大丈夫ですか?

【A】
パントスチンは忍容性が良好で、副作用報告も無いため、長期にわたって外用できる理想的な医薬品です。


【Q】
びまん性脱毛症なのか遺伝性脱毛症(FAGA)なのか良くわからないのですが。

【A】
びまん性脱毛症は、頭皮全体の髪の毛が均等に抜け落ち、特に女性に多くみられ、年齢には関係なく起こります。薄毛の自覚に伴い増加する抜け毛が最初の徴候で、症状が進むにしたがって次第に髪の分け目の部分の地肌などが透けて見えるようになってきます。一方、女性の遺伝性脱毛症(FAGA)は前頭部に見られ、女性ホルモンの減少する40代以降に目立ってきます。これらは、混在することもあり、どちらにも有効なパントガール内服、パントスチン外用を併用するホームケアをお勧めします。

【Q】
早く結果を出したいので、他に効果的な併用治療はありますか?

【A】
パントスチンはDHTによる毛根の攻撃を競合的に阻害する「守りの治療」です。抜け毛や毛が細くなることを防ぎますが、発毛・育毛にはパントガールの内服や成長因子やミノキシジルを直接毛根に作用させる頭皮メソセラピー(ダーマローラー、スカーレットRF、育毛水光プラス)の併用が推奨されます。薄毛の気になる頭皮にダーマローラーまたはスカーレットRFで細かい穴をあけ、毛髪の成長を促す薬剤を導入します。育毛水光プラスではダーマシャイン®®を使用することでこれらの薬剤を直接注入でき、効果がより高まります。いずれも育毛・発毛作用のある薬液(成長因子、ミノキシジルなど)を直接毛母に作用するので、確実な効果を得られる治療です。


銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:00~18:00) 0120-282-764

カウンセリング予約

文字サイズの変更