クマ

くま目の下のクマは、いくつかの原因が重なって生じていることが多く、複数の治療法を組み合わせ、時間をかけての治療が必要となる場合も少なくありません。


「全てのクマに効く」治療法はありません。また、どのような最新治療であっても、症状に適していなければ効果を期待できません。銀座ケイスキンクリニックでは「クマ」の原因に合わせて、様々な治療法の中から、ベストな治療を選び、その方にとって最も効果的なお見立てをオーダーメイドでご提案しています。


クマには大きく4種類のクマがあり、治療方法も異なります。
1種類のクマだけという方は稀で、ほとんどの方が複数のクマが混在していますので、コンビネーション治療が求められます。

茶グマ
皮膚の代謝が低下し、メラニンの沈着、角層の重層化によるクマ。また遺伝による体質やアレルギーなどによる皮膚基礎疾患、こすりすぎや皮膚炎による炎症後色素沈着でも生じます。茶グマの治療は、シミ治療で改善することができます。

青グマ
冷えや疲れで血流がうっ滞し、青っぽく見えるクマ。皮膚が薄く色白な人で目立ちやすくなります。小児期から認める場合もあります。青グマの治療は下まぶたのコラーゲン線維を厚くするような治療で改善することができます。

たるみグマ(黒クマ)
加齢変化で生じた目の下のコラーゲン線維の劣化で、皮膚の伸びやたるみ、細かいシワが生じ、陰影が目立って出来るクマ。眼窩内脂肪が突出することで生じる、目の下の目袋(buggy eye)もたるみグマの仲間です。たるみグマ(黒クマ)の治療は、たるんだ皮膚を引き締める照射系治療で改善することができます。ごく軟らかいヒアルロン酸(非架橋・低架橋製剤)やPRP(多血小板血漿)注入などで、シワをふっくらさせるのも有効です。

凹みグマ(へこみグマ)
加齢変化で生じた目の下の陥没、陥凹が目立つクマ。凹みグマの治療は、ヒアルロン酸注入で、凹んだ部分をボリュームアップするのが一番です。目周りの皮膚がたるんだ加齢肌では、皮膚を引き締める照射系治療を組み合わせないと、たるみが目立ってしまったり、新しいシワが増えたりすることがあります。お肌の状態の見極めと、正確な注入が求められます。

銀座ケイスキンクリニックでは様々な原因にあわせて、ひとりひとりにあった適切なクマ治療を行なっておりますので、まずは、お気軽にご相談ください。


クマの治療一覧(たるみ治療+シミ治療になります)

ヒアルロン酸注入【たるみグマ・凹みグマ】

nayami_kuma_01.jpg目の下のクマができる原因の中に、皮膚のたるみと凹み(ボリュームの減少)があります。加齢などにより、皮下脂肪が減少し、皮膚が薄くなって、目の下から頬の中央が痩せて凹むと、疲れて老けて見えてしまいます(凹みグマ)。また、皮膚がたるみ浅いシワがたくさんできると、細かい影が見えてきます(たるみクマ・黒クマ)。このタイプのクマを解消するためには、凹んだ部分にヒアルロン酸を注入し、持ち上げる治療法が一番です。ヒアルロン酸はもともと私たちの体の皮膚や関節などに含まれている成分ですので、体内に注入してもアレルギーなどを生じる事もほとんどな安全な治療です。

ヒアルロン酸注入(たるみグマ)さらに詳しく



PRP(多血小板血漿)注入【青グマ、たるみグマ】


wprp_nayami_img.png眼輪筋の透けによる青ぐまは、筋肉の上にある皮膚を厚くすることにより解消されます。極水光プラスやPRP水光プラスの繰り返し治療により、白く太いコラーゲン繊維線維が増え、透けにくく、ハリのある肌になり、青みが目立たなくなります。たるみぐまに対しては、極水光プラスの施術直後よりヒアルロン酸の潤い感、軽いボリュームアップ効果により、たるみの影、くぼみが解消されてハリのある潤いのある目元になります。極水光プラスやPRP水光プラスを2~3回繰り返すと、ご自身の真皮内線維成分が増加し、たるみが軽快してきます。


PRP(多血小板血漿)注入についてさらに詳しく


ウルセラ【たるみグマ】

urusera.png目の下のたるみグマは、生理的に非常に薄く、伸びるように出来ている目周りの皮膚が、加齢に伴って、伸びてたるんでしまうことで生じます。これは、皮膚の土台とも言える、筋腱膜層、皮下組織、真皮を支えるコラーゲン線維が劣化することが原因です。このような皮膚に、ヒアルロン酸を注入しても、新しいシワやたるみが目立つ可能性が高く、慎重に適応を見極める必要があります。ウルセラシステムは、世界で初めて、スマス筋膜層と皮下組織、真皮の3層に働きかける超音波式リフトアップ治療器です。3層に点状の熱凝固点を作り、コラーゲン線維を収縮させ、大量のコラーゲン線維を長期間にわたって再生させ、目周りの皮膚を引き締めます。現時点では最も強力で効果の持続期間も長い、最高峰照射機器と言えます。ウルセラアイリフトは、緩んだ皮膚を強力に引き締め、目の下の目袋(buggy eye)も改善します。ヒアルロン酸を注入の前処置としてもおすすめの治療です。

ウルセラについてさらに詳しく

フラクショナルCO₂レーザー【茶グマ、青グマ、たるみグマ】

co2.png 物理的刺激で炎症を繰り返しやすいアイホールの茶ぐまの色素沈着。通常の治療で治りにくい場合は、表皮のメラニン量が増えているだけでなく、真皮までメラニン色素がおちていることも。難治性の茶ぐまには、フラクショナルCO₂レーザーでメラニン色素ごと肌の入れ替えをすることで明るい肌色に整えることが可能です。青ぐまは、目の周りの皮膚が薄いため、下床の筋肉が透けて見えることで起こります。フラクショナルCO₂レーザーで白色の真皮コラーゲン繊維線維を増やすと、その透けを抑えて青ぐまを目立ちにくくすることができます。たるみくまは目の周りの皮膚のたるみによりおこります。フラクショナルCO₂レーザーによってコラーゲン繊維線維やエラスチンなどの線維成分が増えると、このたるみが解消され、ハリのある目元に生まれ変わります。

フラクショナルCO₂レーザーについてさらに詳しく

スカーレットRF【青グマ、たるみグマ】

S_rf.png眼輪筋の透けによる青ぐまは、筋肉の上にある皮膚を厚くすることにより解消されます。針刺激による創傷治癒効果と高周波(RF)の熱効果で皮膚をふっくらと厚くし青みが目立たなくなります。たるみぐまに対しては、スカーレットRFの施術によるリフトアップ効果により、たるみの影、くぼみが解消されてハリのある潤いのある目元になります。



スカーレットRFについてさらに詳しく

水光プラス(ダーマシャイン®)【青グマ、たるみグマ】

da-ma_s.png眼輪筋の透けによる青ぐまは、筋肉の上にある皮膚を厚くすることにより解消されます。極水光プラスの繰り返し治療により、白く太いコラーゲン繊維線維が増え、透けにくく、ハリのある肌になり、青みが目立たなくなります。たるみぐまに対しては、極水光プラスの施術直後よりヒアルロン酸の潤い感、軽いボリュームアップ効果により、たるみの影、くぼみが解消されてハリのある潤いのある目元になります。極水光プラスを2~3回繰り返すと、ご自身の真皮内線維成分が増加し、たるみが軽快してきます。



水光プラス(ダーマシャイン®)についてさらに詳しく

ジェントルレーズ(Gentle LASE)【茶グマ】

gentlelase.png色素沈着が原因の茶ぐまですが、この色素沈着はお肌のメラニン活性が高まって出来てしまいます。ジェントルレーズ(Gentle LASE)はメラニンを多く含む細胞を壊し、透明感のある新しいお肌に変えていきます。色素沈着を解消することで茶ぐまを改善します。




ジェントルレーズ(Gentle LASE)についてさらに詳しく

イオン導入(イオントフォレーシス)【茶グマ、たるみグマ】

S_rf.pngメラニンの合成を防ぐビタミンCや排泄を高めるビタミンAをイオンの力で皮膚に浸透させ茶グマの治療と予防に役立ちます。ビタミンAは、マイルドにターンオーバーを促し、シミの原因となる過剰なメラニンを排出します。また、ビタミンAは真皮でコラーゲンやエラスチン、グリコサミノグリカンの生成を促すことで、真皮の構造を強固にします。また、コラーゲンが壊されないよう保護する役割もあり、シワを防ぎ、改善するために欠かせません。イオン導入で医療用レチノールを高容量で浸透させることで、ハリのあるお肌に導き、初期のたるみグマを改善します。


イオン導入(イオントフォレーシス)についてさらに詳しく

カウンセリング予約

文字サイズの変更