シミ・あざ(身体)

シミ、あざ"あざ"とは医学的には生まれた時から存在する先天性の"あざ"と、成長に従い現れてくる後天性の"あざ"に大分されます。皮膚の色素細胞やその他に皮膚を構成する細胞や血管からなる異常です。

あざは分かりやすく色調で分類すると"黒あざ"、"茶あざ"、"青あざ"に分けられる「メラニン系のあざ」と"赤あざ"と呼ばれる「血管腫」などがあります。黒あざの代表は「母斑細胞母斑(色素性母斑)」いわゆるホクロでCO₂レーザーを用いて削ります。

"茶あざ"の代表「扁平母斑」と"青あざ"の代表「太田母斑」は"シミ"と見間違えやすく、皮膚科専門医の診断が重要です。保険治療が有効な場合もありますのでは関連施設にご紹介致します。

"赤あざ"の代表はいちご状血管腫と単純性血管腫で、Vビームレーザーのある関連施設へご紹介致します。30代から徐々に増える「老人性血管腫:cherry angioma」はロングパルスNd;YAGレーザーの高出力部分照射が有効です。ダウンタイムが少なくおすすめの治療法です。"あざ"ではなく"シミ"(老人性色素斑・日光性色素斑)と診断がつけばアキュチップやジェントルレーズ(Gentle LASE)の照射を選択しています。

シミ・あざ(身体)の治療一覧

アキュチップ(フォトブライト)

xeo.jpgのサムネール画像のサムネール画像"あざ"ではなく"シミ"(老人性色素斑・日光性色素斑)場合、このアキュチップの照射を選択します。アキュチップは従来のフォト治療器では、反応しにくかった色素の薄いシミに反応し、消すことができる最新の光治療機器です。照射スポットが直径6.35mmと小さいため、鼻周りのケアや、薄くしたいシミだけにピンポイントで照射することが可能です。



アキュチップ(フォトブライト)についてさらに詳しく



ジェントルレーズ(Gentle LASE)

gentlelase.png黒い色に反応するアレクサンドライトレーザーの特徴を生かして、濃いシミ~薄いシミまで繰り返し照射することにより、かさぶたなどのダウンタイムを出さずに少しずつ薄くし、お肌の色むらを改善します。






ジェントルレーズ(Gentle LASE)についてさらに詳しく


CO₂レーザー

co2.jpgのサムネール画像黒あざの代表は「母斑細胞母斑(色素性母斑)」いわゆるホクロの場合、CO₂レーザーを用いて削ります。細胞の水分に反応する10600nmの波長をもつレーザーで、隆起した部分、メラニンを含めたほくろ全体を蒸散させて削り取る治療です。ほくろの部分をレーザーで蒸散させることによって除去するので、治療後は小さく浅い穴があいた状態になり、軽度の浸出液を伴うじゅくじゅくした生傷の状態になります。傷は、創傷治癒により、1週間~10日前後で皮膚が再生し、盛り上がり治癒します。CO₂レーザーは出血もなく、周囲のお肌を傷めることも無く、唇、乳輪、外性器などの粘膜移行部、瞼(まぶた)、まつげの間など眼瞼縁など全身の小腫瘍を手術できます。


CO₂レーザーについてさらに詳しく


ロングパルスNd:YAGレーザー(血管腫治療)

30代から徐々に増える「老人性血管腫:cherry angioma」はロングパルスNd;YAGレーザーの高出力部分照射が有効です。ダウンタイムが少なくおすすめの治療法です。

ロングパルスNd:YAGレーザー(血管腫治療)についてさらに詳しく

カウンセリング予約

文字サイズの変更