首元、デコルテ

首元、デコルテバレリーナのように美しくすっきりしたネックライン、鎖骨が綺麗に見える白くつややかなデコルテは憧れの的。

首元やデコルテは年齢がでやすく、しかも意外と人から見られています。首元・デコルテの皮膚はより薄く、汗腺と皮脂腺が少ないため、乾燥しやすくデリケートな部分です。お手入れは顔の「ついでに」という感覚の人が多いようで、日焼け止めも塗り忘れがち。チェックする習慣の少ない首元・デコルテの肌は、衰えの発見も遅れやすく、気付いたときはシワが深く年輪のように刻まれてしまいます。

また30歳頃からシミや脂漏性角化症(老人性いぼ)、アクロコルドンが少しづつ増えてきます。化粧でも隠せず老けて見えるので、アキュチップやCO?レーザーで除去するとよいでしょう。


銀座ケイスキンクリニックではお一人お一人に合わせた最適な治療をご提案し理想の首元、デコルテを作るお手伝いをさせていただいておりますので、お気軽にご相談下さい。


首元、デコルテの治療一覧

ウルセラ

urusera_img.png 深いシワの原因はお顔全体の土台ともいえる、スマス筋膜層と皮下組織を構成するコラーゲン線維の劣化が主体です。これまでのように、表皮から真皮といった浅い部分への施術では浅いシワは改善できても、深いシワの根本治療は出来ません。ウルセラシステムは、世界で初めて、スマス筋膜層と皮下組織、真皮の3層に働きかける超音波式リフトアップ治療器です。3層に点状の熱凝固点を作り、コラーゲン線維を収縮させ、大量のコラーゲン線維を再生させます。現時点では最も強力で効果の持続期間も長いリフトアップの最高峰照射機器と言えます。緩んだ皮膚を引き締め引き上げてから、シワにヒアルロン酸を注入すると、仕上がりが圧倒的にレベルアップします。

ウルセラについてさらに詳しく



ソノクィーン

ソノクイーン首のたるみやシワの原因はお顔全体の土台ともいえる、スマス筋膜層と皮下組織を構成するコラーゲン線維の劣化、顔面靭帯の衰えなどが複雑に絡み合って生じます。ソノクィーンは、ウルセラシステムと同様の仕組みで、超音波を用いて皮膚のたるみを強力にリフトアップする照射治療器です。皮膚の表面には傷をつけずに、高エネルギーを点状に正確に狙った層へ作用させます。施術直後には伸びたコラーゲン線維の収縮による引き締め効果が、長期的には新しいコラーゲン線維の再生により、緩んだ皮膚を強力に引き締めます。ソノクィーンは直径5mmという先端の小さなトランスデューサーで、首の横ジワ一点一点を丁寧に照射します。深部のたるみをウルセラ照射で引き上げ、浅層はソノクィーン照射を組み合わせるとより効果的です。

ソノクイーンについてさらに詳しく

タイタン

xeo.jpgのサムネール画像のサムネール画像首元、デコルテのたるみの原因は、加齢と共に伸びてしまったコラーゲン線維やエラスチン。タイタンの近赤外線光を照射することで、熱による即時的収縮と、数週間後から新しいコラーゲン線維の再生が始まります。肌の深部である真皮深層~脂肪織浅層に刺激を与え、「皮膚のリモデリング」による、首のたるみやシワを解消し、肌のハリをアップします。タイタンは、痛みが少なく、ダウンタイムが無い点も人気の治療です。



タイタンについてさらに詳しく


スマスアップ(SMAS-UP)

smas_up.png年齢と共に全身に現れるたるみは、真皮やスマス筋腱膜のコラーゲン線維が伸びてしまうことが原因です。たるみの解消には古いコラーゲン線維に代わって新しい太いコラーゲン線維に置き換えていく「サーマルトリートメント(熱治療)」による「リモデリング」が重要です。「スマスアップ」は真皮~脂肪織、筋膜まで深く、広く高周波を照射することでコラーゲン線維を再生し、皮膚や皮下組織の血行、リンパの流れも改善します。同時に、局所電気刺激により筋肉を最大限に活性化することで筋肉のたるみにも効果的な治療です。


スマスアップ(SMAS-UP)についてさらに詳しく

タイスマ(タイタン・スマスアップの混合治療)

smas_up.png『タイスマ』とは、タイタンとスマスアップの代表的なふたつのリフトアップ治療を同日に行い、真皮、脂肪組織~筋肉までトータル的に引き締め、首元、デコルテのハリやたるみを解消する治療です。





タイスマについてさらに詳しく

スカーレットRF

S_rf.png首元やデコルテなどのコラーゲン線維のゆるみが原因のたるみに重点的にスカーレットRFを照射すると、コラーゲン線維が増え、お肌がキュッとひきしまり、たるみが目立ちにくくなります。





スカーレットRFについてさらに詳しく

ヒアルロン酸注入(美人顔デザイン注入)

ヒアルロン酸によるしわ取りは、筋肉によるしわを改善するボトックスに対し比較的大きなしわや、くぼみに沿ってフィラーを注入することで内側からふっくらとした張りのある肌をつくります。首元をふっくらハリのある状態にすることでシワを目立たちにくくなります。

ヒアルロン酸注入(美人顔デザイン注入)についてさらに詳しく

ヒアルロン酸注入(非架橋製剤・水光注射)

通常のヒアルロン酸フィラー製剤は、ある程度深いシワや凹みのボリュームアップ効果に優れ、即効性がありながら効果の持続時間も長く満足度の高い治療です。ところが、たるみを伴い、皮下組織の薄い首の横ジワには適さない場合もあります。真皮のごく浅い層に、エッセンスタイプの非架橋ヒアルロン酸製剤を一滴ずつ注入する方法は、「水光注射」と呼ばれ、膨らませずナチュラルにシワを改善します。水光注射は、通常のヒアルロン酸フィラーよりも浅くに、ごく少量ずつ注入するため、自己のコラーゲン線維やヒアルロン酸の再生効率が良く、注入した製剤自体は1カ月ほどで分解されてしまいますが、効果は長く続きます。

ヒアルロン酸注入(非架橋製剤・水光注射)についてさらに詳しく


ボトックス注射(メソボトックス)

botx_s.png首には年齢が現れると昔から言われており、年輪のように刻まれた首の横ジワや喉元の縦ジワ(ターキーネック)は老けた印象を深めてしまいます。ボトックス注射(メソボトックス)は、皮膚の浅い層(真皮層)にごく少量注射されたボトックスが適切な範囲に拡散し、筋肉の表面線維だけの働きを弱めることにより、安全に首のシワを改善し、肌を引き締めます。線状の深いシワにはヒアルロン酸注入とのコンビネーション治療がおすすめです。

ボトックス注射(メソボトックス)についてさらに詳しく



PRP(多血小板血漿)注入


wprp_nayami_img.png自身の血液を採取し、白血球・血小板を凝縮して抽出した血漿を、皮膚の浅い部分に細かく注入する美容治療です。再生医療を応用し、ヒトが本来持っている創傷治癒の働きに着目して生まれたアンチエイジング術で、セルリバイブセラピー・白血球添加自己多血小板血漿注入療法ともいわれます。注入部位のコラーゲン線維がゆっくりと増えていくので、首の浅いシワをナチュラルに改善させます。

PRP(多血小板血漿)注入についてさらに詳しく

ショッピングスレッドリフト

shop1.jpgショッピングスレッドリフトは細い吸収糸が装着された、極細の特殊な針を皮下に挿入し、針を抜くと同時に糸のみを皮下に残します。挿入されたスレッド(糸)は6~8ヶ月で吸収されますが、その間、皮下組織に刺激を与え続け、新しいコラーゲン線維の生成を促します。首の年輪状のシワやたるみを強力に引き締め、リフトアップする効果が高い人気治療です。また、ハリ、きめ、つやなど肌質改善効果も期待できます。


ショッピングスレッドリフトについてさらに詳しく




カニューレスレッドリフト


kogu002.jpg

カニューレスレッドリフトは、ショッピングスレッドの効果を高めた進化形の吸収糸による切らないリフトアップ治療です。糸は小さなギザギザ(コグ)がついた生体安全性が高いPDO(Polydioxanone)で、組織に適度に引っ掛かるので、頬位置を上げ、たるんだ輪郭をリフトアップし、ほうれい線やマリオネットラインも直後から改善させます。最大のメリットは、ダウンタイムが少なく、効果が高いことです。糸が細い鋭針に装着されているショッピングスレッドと異なり、先端の丸い鈍針(カニューレ針)に装着してあるため、内出血はほとんど生じません。また、糸の太さもショッピングスレッドに比較してやや太く、棘(トゲ)の固定効果が高い点も魅力です。特に、50代以降の首のたるみとシワは、治療に難渋するので、ウルセラリフトとカニューレスレッドリフトのコンビネーション治療がおすすめです。



カニューレスレッドリフトについてさらに詳しく


ジェントルレーズ(Gentle LASE)

gentlelase.pngレーザーがメラニンの黒い色に吸収され、適切な熱反応が生じることで、シミ、くすみ、ムダ毛が改善されます。真皮上層のコラーゲン線維が増えることによりお肌のはりがアップします。また、ヒアルロン酸も産生されるため、水分保持力もアップし、お肌の潤いによるつやも出て、ナチュラルな素肌美を高めます。



ジェントルレーズ(Gentle LASE)についてさらに詳しく

アキュチップ(フォトブライト)

アキュチップアキュチップは従来のフォト治療器では、反応しにくかった色素の薄いシミ・そばかす、赤みに良く反応し、消すことができる最新の光治療機器です。照射スポットが直径6.35mmと小さいため薄くしたいシミ・赤みだけにピンポイントで照射することが可能です。





アキュチップ(フォトブライト)についてさらに詳しく

院内調合オリジナル化粧品

シミ治療に有効なレーザーや光治療の効果を高めるためにも、ご自宅でのホームケアは欠かせません。日本人のお肌はメラニン活性が高く、シミの治療に難渋する場合も少なくありません。そのため、積極的な治療をご希望の場合は、ダウンタイムを軽減するため、適切な内服薬と美白剤の外用を必ず併用して頂いています。ハイドロキノンクリーム、ルミキシルクリーム、VCAAローション(高濃度ビタミンC・アミノ酸)、ナビジョンTAエマルジョン(トラネキサム酸)によるメラニン色素の産生抑制効果、美白還元作用に加えて、既に増えてしまったメラニン色素を外に排出するピーリング効果のあるGAローションやレチノイン酸クリーム(トレチノインナノエッグ)をいくつか組み合わせることで、市販品には無い確実な美白効果を実感頂けるでしょう。

院内調合オリジナル化粧品についてさらに詳しく

カウンセリング予約

文字サイズの変更