2015年9月30日

雑誌『GLOW(グロー)』2015年11月号 (9月28日発売 掲載ページP156~157)

『40代の乾燥肌には、外&内からのWケアを』に慶田院長の取材監修記事が掲載されました。

肌の乾燥を考える上で大切なのは、外的刺激から肌を守り、水分が失われないように
コントロールするバリア機能です。

GLOW世代は乾燥による肌トラブルやちりめんジワなどのお悩みが増えてくるお年頃。
なぜなら、年齢に伴って潤いを守るセラミドなどの角質細胞間脂質が少なくなるため
に、多くの場合40代前後から、肌の乾燥を感じやすくなのです。

最近の研究では、腸内環境の悪化により肌のバリア機能が低下し、乾燥肌の原因にな
ることも明らかになっています。

腸内の善玉菌が減少するGLOW世代は、外からの肌の保湿と腸内環境を整える内側から
とのWケアの徹底が重要です。

今回、肌の基本となるスキンケアと、内側からのケアとして腸内環境を整える美容法
について解説しています。

潤いの要であるミルクセラミド&真皮の弾力に関わるコラーゲンペプチド入りのヨー
グルトで美味しい美肌習慣を続けることもおすすめです。

夏の紫外線などのダメージは、秋に急速に乾燥といった肌トラブルを引き起こしかね
ません。

肌に夏の疲れを蓄積させないために、いち早く乾燥に負けない潤い肌へと立て直しま
しょう。

是非ご一読ください。

GLOW1jpg.jpgGLOW2.jpgGLOW3.jpg

2015年9月28日

テレビ朝日「中居正広のミになる図書館」9月22(火)OA

「知らなきゃ良かった」のコーナーに慶田先生が出演いたしました。

女優の水野真紀さんが実践する美容法について、皮膚科専門医としてコメントしました。
「料理中の蒸気を顔に浴びて保湿している。」
「鶏肉の脂などがお肌に潤いをもたらすような気がするので。」
ということですが、これは正しいのでしょうか?
「知りたくないとは思いますが、、、、この美容法はお勧めできません。」

料理中の蒸気を浴びて、皮膚が一瞬潤ったように感じても、それは一過性のもの。
水分が蒸発するときに、お肌のバリアが壊れ、かえって乾燥が進む可能性があります。
また、鶏の脂やコラーゲンは食べるとお肌の再生に役立ちますが、顔に塗っても酸化して刺激になる可能性があります。
また、料理中の蒸気は温度が不安定で、火傷のリスクもあり危険です。
本当の保湿は、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど水分を抱える性質のある成分を皮膚に塗ることで叶います。

水野さんは、可愛らしく残念がっていらっしゃいました。
正しいお手入れで、美肌をキープしましょう。

また、激しく皮膚を引っ張ったり、マッサージをしたり、表情を大きく動かすことは、皮膚を支えるコラーゲン線維やエラスチン、靭帯などに負担になるので、かえってシワができやすくなるというコメントもいたしました。

滑舌を良くする程度の早口言葉は問題ありませんが、強すぎるマッサージはひかえましょうね。

mini09221.jpgmini2_2.jpg15_3_510.jpg

mini09222.jpgmimi5.jpg

2015年9月19日

BSフジテレビ『華大の知りたい!サタデー』9月5日OA

今回のテーマは、ずばり「女性の薄毛」

最近、女性用ウィッグの売れ行きが好調で、薄毛に関する特集も多くなりました。
育毛治療に詳しい皮膚科専門医として、慶田院長が生出演してきました。
女性の薄毛の原因や特徴などを、博多花丸さん、大吉さん、根本美緒さんと会話形式で解説。

加齢だけでなく、女性男性型脱毛(FAGA)、産後脱毛、ストレスによる薄毛など女性の薄毛は様々。見た目としては、全体的に薄くなる「びまん性脱毛」が特徴です。また、毛包幹細胞と17型コラーゲンに関する最新の研究内容にも触れました。
治療としては、当院で「ダーマシャイン」による「育毛水光プラス」の施術を受けた患者様へのインタビューや治療の様子などがVTRで紹介され、最新治療で薄毛を改善できるということが分かりやすくお伝えできました。

さらに、薄毛予防としておすすめの食事やシャンプー方法、ストレッチなどセルフケアも欠かせません。

毛髪の再生は、角化つまりお肌の再生と同じように考えればよいわけですので、タンパク質(魚、肉、大豆)、コラーゲンの再生に必須のビタミンC、血流改善に役立つ良質な油(オメガ3)とビタミンE、腸内環境を整え代謝を調整する緑黄色野菜、海藻、ヨーグルトなど、院長がベストと思う実際に食べている食事を写真に撮ってご紹介しました。
シャンプーは地肌の汚れを優しく落とし、血流を高める「下から上へのなで洗い」がおすすめ。

頭皮のマッサージだけでなく、頭頸部の循環をアップさせる肩甲骨回しやストレッチもご紹介しました。
注射に抵抗のある方でも、パントガール内服やパントスチンの外用など、自宅でできるケアもあります。是非ご相談ください。

hana09191.jpghana09192.jpghana09193.jpg

2015年9月15日

雑誌『and GIRL/アンドガール』2015年10月号(9月12日発売 掲載ページP307)

特集『ガールな人の健康法45連発!』「抗酸化パワーでサビない女になるために!"水素で美活"が大流行中!」に慶田院長の監修記事が掲載されました。

最近ジワジワとファンが増えている"水素"の特集で、その美容効果について解説しています。水素は強力な抗酸化作用を持ち、アンチエイジングに効果を発揮します。
飲んだり、お肌に作用させたりとアイテム数も増えてきました。

本誌では当院でも人気の医療機関専用品「ハイドロフォースリッチオイル」も紹介されました。オイルの中に水素が発生する特殊なパウダーが含まれており、手の上で化粧水に2~3滴混ぜて使用します。

水素(H2)が肌をサビさせる活性酸素に結びつくことで、無害な水(H2O)へと変化します。シミ、シワ、たるみの予防や、乾燥、ニキビなどのトラブル肌におすすめです。ホームケアとして、手軽に水素を取り入れ、肌のゆらぎを防ぎましょう。

是非ご一読ください。

andGir.jpgandGir2.jpgandGir3.jpgandGir4.jpg

雑誌『Marisolマリソル』2015年10月号(9月7日発売 掲載ページP262~263)

特集「帰ってきた!マリソルアンチエイジング探検隊Hyper!VOL.22」に当院が掲載されました。

夏の紫外線は、シミ、シワ、ニキビ、乾燥など秋の肌に疲れの爪痕を残しています。
特に暑い時期は、エアコンにより肌が乾燥に傾いたり、ついつい保湿の手入れがおろそかになりがちです。夏の間にじわじわと乾燥が進行した大人肌は、大気が乾燥し始める今時期に疲れの症状がくっきりと現れ始めます。

マリソルライターのI澤さまが、仕事で多忙だった夏のメンテナンスに当院のスカーレットRFを受けにお越しになり、カウンセリング~施術までを体験形式でご紹介くださいました。

今回ご紹介いただいたスカーレットRFは、、医療用極細針による創傷治癒と、高周波(RF)によりコラーゲン線維を増やし、引き締まった肌をよみがえらせる夢の治療法。
少々のチクチクした痛みは伴うものの、2週間後に肌の柔らかさ、ニキビの改善、化粧ノリの良さなど、確実な効果を実感してご満足いただきました。
針を使った施術は、痛みや施術直後の肌の状態など、気にかかる事が様々です。その中でもスカーレットRFは、初心者の方にトライしやすいメニュー。写真やイラストがたっぷりの記事で、とても楽しくわかりやすい内容となっています。

今回の記事でスカーレットRFの全てがご理解いただけそうです。マリソル世代の夏のお疲れ肌に、少し贅沢なメンテナンスはいかがでしょうか。それがナチュラルな美しさをキープする秘訣ともいえます。まずは皮膚科専門医の的確な診断を受けることが大切。
是非ご一読ください。


mariso.jpgmariso1.jpgmariso2.jpg

2015年9月 7日

GINGERムック本『読めば、やせ体質!女医たちのやせるテクニック』(8月27日発売 掲載ページP118~119)

雑誌『GINGER』の人気ダイエット企画を書籍化したもので、39人の女性医師たちがやせる食事法&生活習慣を公開しています。
慶田院長は"燃焼生活"で健康的な美肌&美ボディをつくっています。
無理はせず、でも確実に美しくやせる「理論はしっかり&ルールは簡単」な、39名の女医式ダイエットのワザが学べる内容となっています。
実体験に基づくダイエットアイデアは、美ボディキープに役立つヒントが盛りだくさんです。
是非、ご一読ください。

GINGERout.jpg

2015年9月 3日

患者様の声

customer.png

たくさんの患者様から当院への感想を頂いております。

voice001.png

voice002.png

voice003.png

voice004.png

voice005.png

voice006.png

voice007.png

voice008.png

voice009.png

voice010.png

銀座ケイスキンクリニックへのお問合せはこちら

お電話でのご予約はこちら(受付時間/10:30~19:30) 0120-282-764

テレビ朝日「中居正広のミになる図書館」9月1(火)OA

「知らなきゃ良かった」のコーナーに慶田先生が出演いたしました。

ビタミンCが日焼けに良いので、レモンをかじるという、女優の笛木優子さんが実践する美容法は正しいのでしょうか。実は、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類やキュウリ、イチジク、キウイ、セリ科の野菜(セロリ、パセリ、大葉、明日葉、パクチー、三つ葉)には光毒性のあるソラレンという成分が含まれるため、紫外線の感受性を高めてしまいます。

そのため、日の出ている間に摂取するとかえってシミや色素沈着の原因となる場合がありお勧めできません。笛木優子さんはとても残念がっていらっしゃいました。

米国では、柑橘類の摂取で紫外線による皮膚がんのリスクが高まるという論文も発表されています。もちろん、ビタミンCはシミの予防に有効ですが、ソラレンを含まずビタミンCの含有量が高い、赤キャベツ、赤玉ねぎ、パプリカ、小松菜、カリフラワー、キャベツなどが安心です。皮膚科専門医として正しい紫外線対策について解説しています。

ここからは、放送されませんでしたが、、、

実は紫外線対策は、事前にするのがベストで、あとから日焼けのダメージを無かったことに出来る成分はありません。ビタミンCとE、ルテインやリコペンなどをあらかじめ摂取しておくと、MEDを高め、日焼しにくくする効果はあるので、夏の間は特に気を付けたいですね。

是非、ご参考になさってください。

2015-09-03 12.22.08.jpg2015-09-03 12.24.14.jpg

カウンセリング予約

文字サイズの変更